瀬谷 安弘

J-GLOBALへ         更新日: 19/12/04 20:51
 
アバター
研究者氏名
瀬谷 安弘
 
セヤ ヤスヒロ
URL
https://sites.google.com/site/yseya08/home
所属
愛知淑徳大学
部署
人間情報学部
職名
准教授
学位
博士(理学)(東京都立大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
愛知淑徳大学 人間情報学部 准教授
 
2012年4月
 - 
2016年3月
立命館大学 情報理工学部知能情報学科 助教
 
2008年6月
 - 
2012年3月
東北大学加齢医学研究所産学官連携研究員
 
2007年4月
 - 
2008年5月
甲南大学知的情報通信研究所博士研究員
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2007年3月
東京都立大学 理学研究科 身体運動科学専攻博士課程
 
2002年4月
 - 
2004年3月
東京都立大学大学院 理学研究科 身体運動科学専攻修士課程
 
1998年4月
 - 
2002年3月
中央大学 文学部 教育学科 心理学コース
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
日本バーチャルリアリティ学会  VR心理学研究委員会委員
 
2016年7月
 - 
現在
電気学会(C部門):知覚情報技術(CPI)委員会  知・技の伝承と複合現実型実応用協同研究委員会委員
 
2019年4月
 - 
2019年12月
Asia Color Association  5th Asia Color Association Steering Committee
 
2018年4月
 - 
2018年12月
Asia Color Association  4th Asia Color Association Technical Committee
 
2012年4月
 - 
2016年3月
日本光学会  光科学および光技術調査委員会 委員
 

受賞

 
2017年8月
日本感性工学会 優秀発表賞
受賞者: 塩崎 景子・瀬谷 安弘・篠田 博之
 
2016年
日本感性工学会 優秀発表賞
受賞者: 山田翔吾・篠田博之・瀬谷安弘
 
2014年8月
日本感性工学会 優秀発表賞(鮎川・篠田・瀬谷)
受賞者: 鮎川翔一・篠田博之・瀬谷安弘
 
2014年8月
日本感性工学会 優秀発表賞(中川・篠田・瀬谷)
受賞者: 中川亮・篠田博之・瀬谷安弘
 
2009年9月
アスタキサンチン研究会 研究奨励賞
 

論文

 
Effects of weapon presence on spatial allocation of visual attention
Seya, Y.
Proceedings of 5th Asia Color Association   368-372   2019年12月
Effect of the red background on impression toward dogs
Nakamura, H., & Seya Y.
Proccedings of 5th Asia Color Association   362-367   2019年12月
Nomura, Y., Ikuta, S., Yokota, S., Mita, J., Oikawa, M., Matsushima, H., Amano, A., Shimonomura, K., Seya, Y., & Koike, C.
Neuroscience Research   148 28-33   2019年11月   [査読有り]
初年次教育科目「基礎ゼミ」が大学での学びの評価に及ぼす効果の検討
中村紘子・瀬谷安弘・林大輔・佐藤朝美・岡部晋典
愛知淑徳大学人間情報学部 愛知淑徳大学論集人間情報学部篇   9 1-10   2019年3月   [査読有り]
Seya, Y., &Shinoda, H.
Attention, Perception, & Psychophysics   80 2008-2021   2018年11月   [査読有り]
瀬谷安弘・森美津樹
日本感性工学会論文誌   17(4) 507-513   2018年8月   [査読有り]
Dissociation between perception and action in induced motion: A comparison between tennis players and novices
Fechner Day Proceedings of 33rd Annual Meeting of the International Society for Psychophysics   166-170   2017年10月
Seya, Y., & Shinoda, H.
International Journal of Affective Engineering   15 213-222   2016年7月   [査読有り]
Color appearance shift by a surround color for pseudo-cataract observers
Muramoto, T., Shinoda, H., & Seya, Y.
Proceedings of The 3rd Asia Color Association Conference   143-146   2016年5月
Simulation algorithm for dichromatic color appearance using projector lighting
Sun, S., Shinoda, H., & Seya, Y.
Proceedings of The 3rd Asia Color Association Conference   179-182   2016年5月
Lighting for a sense of continuity between real and virtual spaces
Fushii, Y., Shinoda, H., & Seya, Y.
Proceedings of The 3rd Asia Color Association Conference   183-186   2016年5月
The effects of luminance and color on vection
Shiozaki, K., Seya, Y., & Shinoda, H.
Proceedings of The 3rd Asia Color Association Conference   187-190   2016年5月
Seya, Y., Shinoda, H., & Nakaura, Y.
Vision Research   117 16-24   2015年12月   [査読有り]
Seya, Y., & Mori, S.
Experimental Brain Research   233(6) 1845-1854   2015年5月   [査読有り]
Space Brightness Affected by a Scenic View through a Window
Yamada, S., Seya, Y., & Shinoda, H.
Proceedings of the Midterm Meeting of the International Color Association 2015   1211-1216   2015年5月
Seya, Y., Yamaguchi, M., & Shinoda, H.
Frontiers in Psychology   6(406) 1-12   2015年4月   [査読有り]
Seya, Y., Ishihara, M., & Imanaka, K.
Attention, Perception, & Psychophysics   77(1) 220-233   2015年1月   [査読有り]
Seya, Y., Tsuji, T., & Shinoda, H.
i-Perception   5(7) 630-640   2014年12月   [査読有り]
The effect of color and velocity on vection.
Yamaguchi, M., Seya, Y., & Shinoda, H.
Proceedings of the 2nd Asia Color Association   292-295   2014年9月
Color management of display for the exact same color appearance under different illuminations.
Kurita, N., Shinoda, H., & Seya, Y.
Proceedings of the 2nd Asia Color Association   204-207   2014年9月

Misc

 
有効視野の特性とその計測方法
瀬谷安弘
光学   42(9) 473-474   2013年9月

書籍等出版物

 
アスタキサンチンの機能と応用(第5章 眼疾患;3視覚疲労とアスタキサンチン)
瀬谷安弘,今中國泰
シーエムシー出版   2012年8月   

講演・口頭発表等

 
Anticipation skills of badminton players regarding overhead strokes revealed by using a temporal occlusion method
42nd European Conference on Visual Perception   2019年8月   
客観的・主観的指標に基づく有効視空間の乖離
知覚情報研究会   2019年8月   
認知的競合課題成績と読書習慣との関連性
知覚情報研究会   2019年8月   
Effective visual space for a simplified first-person shooter game in a VR environment measured by visual masking method
The 15th Asia-Pacific Conference on Vision   2019年8月   
時間的遮蔽法を用いたバドミントン選手におけるオーバーヘッドストロークの予測特性の検討
電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会   2019年3月   
セルフトークがバドミントンパフォーマンスに及ぼす影響
日本人間工学会第27回システム大会   2019年3月   
歩きスマホが視覚的注意に及ぼす影響
知覚情報研究会   2019年3月   
視野制限法を用いたVR環境における有効視空間の測定
第32回VR心理学研究委員会   2018年12月   
サッカー熟練者の予測スキル-時間的遮蔽方を用いた検討-
日本基礎心理学会第37回大会   2018年11月   
時間的遮蔽法を用いたサッカー熟練者における予測スキルの検討-ドリブル突破場面における偽装動作の影響-
スポーツ心理学会第45回大会   2018年10月   
マウスオペラント学習系における時間分解能評価
視覚科学フォーラム 2018   2018年9月   
VR環境上における視野制限法を用いた有効視空間特性の解明
第20回日本感性工学会大会   2018年9月   
Enhancement of vection by optical flow with multiple colors
41st European Conference on Visual Perception   2018年8月   
色がベクションに及ぼす影響−色数とベクションの関係−
知覚情報研究会   2018年5月   
視野制限法によるVR環境における有効視空間の検討
知覚情報研究会   2018年5月   
凶器の存在がフランカー課題成績に及ぼす影響
第13回日本感性工学会春季大会   2018年3月   
衛生マスクの着用が顔の魅力および印象評価に及ぼす影響
日本人間工学会第26回システム大会   2018年3月   
時間的遮蔽法を用いたサッカー熟練者における予測スキルの検討
電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会   2018年3月   
サッカー熟練者における1対1場面での偽装動作の予測能力
知覚情報研究会   2018年2月   
Dissociation between perception and action in induced motion: A comparison between tennis players and novices
Fechner Day Proceedings of 33rd Annual Meeting of the International Society for Psychophysics   2017年10月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
移動視標の将来を予測する視覚~表象的慣性~の獲得過程に関する認知行動科学的研究(分担)
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(A)
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月    代表者: 今中 國泰
オプティカルフローに基づく自動車走行速度知覚の解明及び予測モデルの構築
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(C)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 瀬谷 安弘
究極の視覚UDとしてのアダプティブ視環境の創造(分担)
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 篠田 博之
接近・後退運動する物体を追従時の注意の空間的移動特性に関する心理物理学的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金若手研究(B)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 瀬谷 安弘
日本学術振興会: 海外特別研究員(辞退)
研究期間: 2012年4月       代表者: 瀬谷 安弘
東北大学: 若手研究者等海外派遣プログラム
研究期間: 2012年1月 - 2012年3月    代表者: 瀬谷 安弘
反応時間計測から見た自動車運転時における有効視野に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金若手研究(B)
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 瀬谷 安弘
反応時間計測から見た追従性眼球運動時における注意の移動に関する研究
日本学術振興課: 科学研究費補助金:若手研究(スタートアップ)
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月    代表者: 瀬谷 安弘