梶原 祐輔

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/05 19:31
 
アバター
研究者氏名
梶原 祐輔
 
カジワラ ユウスケ
eメール
yusuke.kajiwarakomatsu-u.ac.jp
所属
公立小松大学
部署
生産システム科学部生産システム科学科
職名
准教授
学位
修士(工学)(金沢大学), 博士(工学)(金沢大学)

プロフィール

2018年4月公立小松大学生産システム科学部,准教授,現在に至る. 深層学習とIoTを用いたヒューマンエラー予兆の検知と人間の心理状態の予測に関する研究に従事.2013月4月立命館大学情報理工学部助教.行動と生体信号から作業者の認知負荷・ストレス・注意散漫・感情・覚醒度を推定する研究に従事.また高齢者の掃除の丁寧さから生活意欲を推定する研究に従事.2013年3月金沢大学大学院自然科学研究科電子情報科学専攻博士後期課程修了 独居老人を対象としたニオイセンサを用いた見守りシステムや可視光センサを用いた浴室内の転倒検知システムの研究・開発に従事. 2011年3月金沢大学大学院自然科学研究科電子情報工学専攻博士前期課程修了.ALS患者を対象とした眼球運動を用いたコミュニケーションツールの研究・開発に従事.2016年9月に日常生活のバイタルサインから気分を推定する研究において,International Conference of Universal Researchers SESSION BEST PAPERを受賞した.2013年9月には,Androidスマートフォンの音量設定自動化手法に関する研究で,情報処理学会MBL研究会優秀論文賞を受賞した.
 日常生活における健康増進やうつ病予防を目的とし、ウェアラブルデバイスを用いて取得した生体情報や気象情報を用いた機械学習による気分予測 、歩行と気分変化の関連性を解析、画像処理手法を用いた軟性膀胱鏡の操作支援等の医療福祉システムの研究開発や、深層学習を用いた単調作業におけるヒューマンエラー予兆の検知やユーザの性格とRFIDタグを用いて取得したユーザの足取りから身体的疲労状態を識別、トピックモデルを用いたECサイト解析などのIoT技術や画像処理技術、自然言語処理技術を用いた応用システムの研究開発に従事している。

研究分野

 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
公立小松大学 生産システム科学部生産システム科学科 准教授
 
2013年4月
 - 
2018年3月
立命館大学情報理工学部助教
 

学歴

 
2005年4月
 - 
2009年3月
東京電機大学 理工学部 情報システム工学科
 
2009年4月
 - 
2011年3月
金沢大学大学院 自然科学研究科 電子情報工学専攻
 
2011年4月
 - 
2013年3月
金沢大学大学院 電子情報科学専攻 
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
2018年3月
システム制御情報学会  SCI'18実行委員
 
2016年4月
 - 
2017年3月
システム制御情報学会  SCI'17実行委員
 
2015年4月
 - 
2016年3月
システム制御情報学会  SCI'16実行委員
 
2013年4月
 - 
2014年3月
情報処理学会  関西支部幹事補佐
 

受賞

 
2016年9月
International Conference of Universal Researchers SESSION BEST PAPER
 
2013年3月
金沢大学 金沢大学大学院自然科学科長賞
 

論文

 
Predicting emotion and engagement of worker in order picking based on behavior and pulse wave acquired by wearable device
Yusuke Kajiwara, Toshihiko Shimauchi, Haruhiko Kimura
sensors   19(1) 1-22   2019年1月   [査読有り]
Developing an intelligent library gate to detect unauthorized borrowing
Y. Kajiwara, H. Kimura, T. Shimauchi
Society for Science and Technology   7(2) 145-148   2018年12月   [査読有り]
Directing Students to Meta-Recognition Utilizing Good Learning Behavior in E-Learning
Y. Yamauchi , Y. Kajiwara, H. Shimakawa, F. Harada
International Journal of Web Engineering   6(1) 1-7   2018年6月   [査読有り]
Prediction of Crossing Driveways of a Distracted Pedestrian from Walking Characteristics
H. Kitamura, F. Harada, Y. Kajiwara, H. Shimakawa
International Journal of Internet of things   7(1) 1-9   2018年2月   [査読有り]
Estimating Emotion for Each Personality by Analyzing BVP
E. Takemoto, Y. Kajiwara, H. Shimakawa
Journal of Mechanics Engineering and Automation   8(2) 92-102   2018年6月   [査読有り]
Figuring out Distraction Degree from Working Memory Consumption for Pedestrian Safety
Y. Uemura, Y. Kajiwara, H. Shimakawa
International Journal of Internet of Things   6(1) 1-8   2017年6月   [査読有り]
島吉翔太, 梶原祐輔, 島川博光
電気学会論文誌C   137(5) 768-769   2017年5月   [査読有り]
A Mood Prediction System for Preventing Diseases Using Biological Information and Weather Information
Y. Kajiwara, M. Nakamura, H. Kimura, T. Oyabu
Electronics and Communications in Japan   100(2) 12-24   2017年1月   [査読有り]
Assessing Posture and Movement of Beginner Farmer with Wearable Sensors
R. Tatsuta, D. T. D. Phuong, Y. Kajiwara, H. Shimakawa
International Journal of Latest Research in Engineering & Technology, (IJLRET)   3(2) 1-13   2017年2月   [査読有り]
梶原祐輔, 上田芳弘, 池岡政輝, 木村春彦
電気学会論文誌C   136(10) 1495-1496   2016年10月   [査読有り]
島吉翔太, 岡村瞬, 梶原祐輔, 島川博光
システム制御情報学会   29(8) 381   2016年8月   [査読有り]
大薮多可志, 梶原祐輔, 河内雅典, 木村春彦
科学・技術研究会   5(1) 34   2016年6月   [査読有り]
梶原祐輔, 清水潤一, 上田芳弘, 木村春彦
科学技術研究会   5(1) 112   2016年6月   [査読有り]
Feature extraction of Japanese spa resort hotel by Chinese students
T. Oyabu, Y. Kajiwara, H. Ban, H. Kimura
International Society for Tourism Research   1(1) 29-34   2016年6月   [査読有り]
Y. Kajiwara, K. Oshima, H. Kimura
Sensors and materials   28(4) 358   2016年4月   [査読有り]
Y. Kajiwara, H. Kimura, T. Oyabu
Sensors and materials   28(4) 368   2016年4月   [査読有り]
T. Oyabu, Y. Kajiwara, H. Kimura
Sensors and materials   28(4) 388   2016年4月   [査読有り]
Y. Kajiwara, M. Ueno, T. Hasegawa, M. Nakamura, H. Kimura
Electronics and Communications in Japan   99(4) 29-40   2016年4月   [査読有り]
Touch Gesture and Pupil Reaction on Mobile Terminalto Find Occurrences of Interested Items in Web Browsing.
S. Ito, Y. Kajiwara, F. Harada, H. Shimakawa
Scientific & Academic Publishing, International Journal of Web Engineering   5(1) 1-9   2016年2月   [査読有り]
Estimating Brain Vigor in Discussion from Behavior Reaction for Stressful Load.
S. Okamura, Y. Kajiwara, H. Shimakawa
International Research Journal of Computer Science   3(2) 28-34   2016年2月   [査読有り]

書籍等出版物

 
”人工知能”の導入による生産性、効率性の向上、新製品開発への活用
梶原 祐輔 (担当:共著, 範囲:282-289)
株式会社技術情報協会   2018年5月   
ヒューマンエラーの理論と対策
梶原祐輔, 島川博光
株式会社エヌティーエス   2018年5月   
ひと見守りテクノロジー ~遠隔地の高齢者を中心とした、異変察知の機器開発から各種事例、次世代展望まで~
島吉翔太, 梶原祐輔, 島川博光
株式会社エヌ・ティー・エス   2017年9月   ISBN:978-4-86043-513-4
安全確保のためのIoT技術の活用
梶原祐輔
電気評論   2016年5月   
ヒューマンエラーのない社会を目指して
梶原祐輔
日本繊維機械学会誌『せんい』巻頭言   2016年2月   

講演・口頭発表等

 
『機械学習と ウェアラブルセンサを用いたココロの可視化』  ~耳朶脈波・動作による感情・没頭の推定およびその活用の留意点~ [招待有り]
梶原 祐輔
2018年12月4日   
時系列解析の基礎、状態空間モデル、データのノイズ除去技術、隠れマルコフモデル・粒子フィルタによる応用例 [招待有り]
梶原 祐輔
2018年11月27日   
機械学習と生体計測情報によるココロの可視化 [招待有り]
梶原 祐輔
センサ・アクチュエータ・マイクロナノ/ウィーク 2018 次世代センサ総合シンポジウム “ニーズとシーズの出会い”   2018年9月27日   
Automatic Assessment of Student Understanding Level using Virtual Reality
Shota Hashimura, Hiromitsu Shimakawa, Yusuke Kajiwara
Federated Conference on Computer Science and Information Systems   2018年9月9日   
Estimation of Intimacy Change in Team Using Vital Signs
Yuto Hattori, Tomoki Tanaka, Yusuke Kajiwara, Hiromitsu Shimakawa
Federated Conference on Computer Science and Information Systems   2018年9月9日   
Estimation of Student Understandings from Pulse Wave Changes Caused by Load in Preparatory
Atsushi Hagihara, Hiromitsu Shimakawa, Yusuke Kajiwara
Federated Conference on Computer Science and Information Systems   2018年9月9日   
ウェアラブルバイタルセンサと機械学習を用いたココロの可視化技術~生体信号の変化とストレス・感情推定とその活用の留意点~ [招待有り]
梶原 祐輔
テックデザインセミナー   2018年9月4日   
『機械学習と ウェアラブルセンサを用いたココロの可視化』 ~耳朶脈波・動作による感情・ストレスの推定およびその活用の留意点~ [招待有り]
梶原 祐輔
トリケップスセミナー   2018年8月28日   
機械学習とウェアラブルセンサを用いたココロの可視化技術~2者間の脈拍変動の類似性を利用した親密度の推定~  [招待有り]
梶原 祐輔
技術情報協会セミナー   2018年8月7日   
機械学習によるヒューマンエラー予兆検知とココロの可視化~ [招待有り]
梶原 祐輔
サイエンス&テクノロジーセミナー   2018年6月26日   
生体信号処理技術とR・機械学習による効果的なデータ分析および応用〜 [招待有り]
梶原 祐輔
日本テクノセンターセミナー   2018年5月8日   
行動センシングとAIによるヒューマンエラー対策. [招待有り]
梶原祐輔, 植村喜弘, 島川博光
日本原子力学会春の大会   2018年3月26日   
機械学習によるココロの可視化-ワクワク感、楽しさ等の推定技術 [招待有り]
梶原 祐輔
“ワクワク感”の定量評価技術   2018年3月20日   
深層学習を利用した人間の状態推定~ストレス・注意散漫度・ヒューマンエラー予兆の推定~ [招待有り]
R&D支援センターセミナー   2018年3月5日   
ウェアラブルバイタルセンサと機械学習によるココロの可視化技術 [招待有り]
Tech Design技術講習会   2017年12月19日   
ディープラーニングとウェアラブルセンサを用いたココロの可視化 [招待有り]
トリケップスセミナー   2017年10月3日   
Rと機械学習によるデータ分析の実践とストレス・感情分析への応用 [招待有り]
日本テクノセンターセミナー   2017年9月26日   
IoT技術と人工知能によるヒューマンエラー対策 [招待有り]
CMCリサーチセミナー   2017年9月19日   
Estimating Emotion for Each Personality to Prevent School Dropout
SENSORDEVICES 2017   2017年9月14日   
ディープラーニングとウェアラブルバイタルセンサを用いたココロの可視化 [招待有り]
トリケップスセミナー   2017年5月26日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
視覚障害者のための歩きスマホから身を守る支援システムの開発
学術振興会: 科研費(基盤C)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 新田 雅道
情動と気分変化を利用した快/不快ストレス予測に基づく労働者のうつ病予防支援の研究
日本学術振興会: 科研費(若手B)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 梶原 祐輔

社会貢献活動

 
8/1〜8/7 夏休み特別企画 ヒルズロボットラボ 〜いろいろなロボットとふれよう〜
【講師】  サイエンスヒルズこまつ  2018年8月6日 - 2018年8月6日
人工知能基礎
【講師】  大学コンソーシアム石川  2018年7月4日 - 2018年7月4日