兼子 裕規

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/08 05:04
 
アバター
研究者氏名
兼子 裕規
所属
名古屋大学
部署
医学部附属病院 眼科
職名
病院講師
学位
博士(医学)(名古屋大学)

研究キーワード

 
 

経歴

 
2008年4月
 - 
2010年12月
Research fellow, Department of Ophthalmology & Visual Sciences, University of Kentucky
 
2011年1月
 - 
2012年9月
市立四日市病院眼科
 
2012年10月
 - 
2014年7月
名古屋大学 医学部附属病院 眼科 助教
 
2012年10月
 - 
2014年7月
名古屋大学医学部附属病院眼科助教
 
2014年8月
 - 
2016年4月
名古屋大学 大学院医学系研究科 総合医学専攻 頭頸部・感覚器外科学 助教
 

学歴

 
 
 - 
2002年3月
名古屋大学 医学部 
 
 
 - 
2008年3月
名古屋大学 医学系研究科 
 

Misc

 
Koji M Nishiguchi, Makoto Nakamura, Hiroki Kaneko, Shu Kachi, Hiroko Terasaki
Investigative Ophthalmology &amp Visual Science   49(2) 781-787   2007年   [査読有り]
Identification of photoreceptor precursors in the pars plana during ocular development and after retinal injury
Koji M Nishiguchi, Hiroki Kaneko, Makoto Nakamura, Shu Kachi, Hiroko Terasaki
Investigative Ophthalmology & Visual Sciences   49(1) 422-428   2008年   [査読有り]
Hiroki Kaneko, Koji M Nishiguchi, Makoto Nakamura, Shu Kachi, Hiroko Terasaki
Investigative Ophthalmology & Visual Sciences   49(2) 781-787   2008年
Characteristics of bone marrow-derived microglia in the normal and injured retina
Hiroki Kaneko, Koji M Nishiguchi, Makoto Nakamura, Shu Kachi, Hiroko Terasaki
Investigative Ophthalmology & Visual Sciences   49(9) 4162-4168   2008年   [査読有り]
Generation of immature retinal neurons from proliferating cells in the pars plana after retinal histogenesis in mice with retinal degeneration
Koji M Nishiguchi, Hiroki Kaneko, Makoto Nakamura, Shu Kachi, Hiroko Terasaki
Molecular vision   15 187-199   2009年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
TLR3 Inhibitors Blocks Double Stranded RNA-Induced Retinal Degeneration
Kaneko, M.E. Kleinman, W. Cho, J.Z. Baffi, K. Saito, M.G. Rich, R.J.C. Albuquerque, J. Ambati.
ARVO2009 Annual Meeting   2009年4月   
都市部の若手~中堅眼科医における水晶体嚢外摘出術に対する実態調査
兼子裕規,藤岡千重子,杉本浩多,古橋里衣子
第66回日本臨床眼科学会   2012年10月25日   
今日の白内障手術は超音波を使用した手術(EPA)が主流である。そのため若手眼科医が前世代の白内障手術術式である水晶体嚢外摘出術(ECCE)を経験する機会が減ってきている。今回東海地方の多くの若手眼科医にアンケートを行い、ECCE術式選択が必要と考えられる症例に直面した際にどのような判断をとるかなど、意見を聴取した。

競争的資金等の研究課題

 
萎縮型加齢黄斑変性のモデルマウス確立と、その病態の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月
抗アレルギー治療は滲出型加齢黄斑変性に対する新たな治療法になりえるのか?
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月