FUKUHARA Noriko

J-GLOBAL         Last updated: Aug 30, 2019 at 18:19
 
Avatar
Name
FUKUHARA Noriko
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/c5b17d6f5b78ba3a85d149f0f7e65ed8.html
Affiliation
Tohoku University
Section
University Hospital University Hospital Internal Medicine Hematology and Rheumatology
Job title
Lecturer
Degree
医学博士(Tohoku University)

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
Sep 2008
Graduate School, Division of Medical Sciences, Tohoku University
 
 
 - 
Mar 1999
Faculty of Medicine, Tohoku University
 

Committee Memberships

 
Jan 2011
 - 
Today
日本臨床腫瘍研究グループ  プロトコール小委員会委員
 

Published Papers

 
Nakagawa R, Onishi Y, Kawajiri A, Onodera K, Furukawa E, Sano S, Saito K, Ichikawa S, Fujiwara T, Fukuhara N, Harigae H
Annals of hematology   98(8) 1999-2001   Aug 2019   [Refereed]
Munakata W, Ando K, Hatake K, Fukuhara N, Kinoshita T, Fukuhara S, Shirasugi Y, Yokoyama M, Ichikawa S, Ohmachi K, Gion N, Aoi A, Tobinai K
Cancer science   110(5) 1686-1694   May 2019   [Refereed]
Saito K, Fujiwara T, Hatta S, Morita M, Ono K, Suzuki C, Fukuhara N, Onishi Y, Nakamura Y, Kawamata S, Shimizu R, Yamamoto M, Harigae H
Molecular and cellular biology   39(7)    Apr 2019   [Refereed]
Fukuhara N, Ishizawa K
Japanese journal of clinical oncology   49(4) 306-310   Apr 2019   [Refereed]
Fujishima F, Katsushima H, Fukuhara N, Konosu-Fukaya S, Nakamura Y, Usubuchi H, Sato S, Ota Y, Yashima-Abo A, Nakamura T, Nakaya N, Harigae H, Sasano H, Ichinohasama R
Human pathology   85 112-118   Mar 2019   [Refereed]
Tobinai K, Uchida T, Fukuhara N, Nishikawa T
International journal of hematology   109(3) 366-368   Mar 2019   [Refereed]
Ochi T, Onishi Y, Nasu K, Onodera K, Kobayashi M, Ichikawa S, Fujiwara T, Fukuhara N, Yamada-Fujiwara M, Harigae H
Biology of blood and marrow transplantation : journal of the American Society for Blood and Marrow Transplantation   25(2) e55-e59   Feb 2019   [Refereed]
Ono K, Onishi Y, Kobayashi M, Hatta S, Nasu K, Watanabe S, Ichikawa S, Okitsu Y, Fukuhara N, Harigae H
Annals of hematology   98(1) 219-220   Jan 2019   [Refereed]
Maruyama D, Nagai H, Fukuhara N, Kitano T, Ishikawa T, Nishikawa T
Journal of clinical and experimental hematopathology : JCEH   59(2) 98-100   2019   [Refereed]
Shimada S, Nakamichi T, Yamada G, Narumi K, Usubuchi H, Yamamoto T, Ichikawa S, Fukuhara N, Miyazaki M, Harigae H, Sato H, Ito S
CEN case reports   7(2) 248-252   Nov 2018   [Refereed]
Ono K, Onishi Y, Kobayashi M, Ichikawa S, Hatta S, Watanabe S, Okitsu Y, Fukuhara N, Ichinohasama R, Harigae H
Internal medicine (Tokyo, Japan)   57(17) 2573-2579   Sep 2018   [Refereed]
Ogura M, Yamamoto K, Morishima Y, Wakabayashi M, Tobinai K, Ando K, Uike N, Kurosawa M, Gomyo H, Taniwaki M, Nosaka K, Tsukamoto N, Shimoyama T, Fukuhara N, Yakushijin Y, Ohnishi K, Miyazaki K, Sawada K, Takayama N, Hanamura I, Nagai H, Kobayashi H, Usuki K, Kobayashi N, Ohyashiki K, Utsumi T, Kumagai K, Maruyama D, Ohmachi K, Matsuno Y, Nakamura S, Hotta T, Tsukasaki K, Japan Clinical Oncology Group- Lymphoma Study Group (JCOG-LSG).
Cancer science   109(9) 2830-2840   Sep 2018   [Refereed]
Ichikawa S, Fukuhara N, Onishi Y, Ichinohasama R, Harigae H
Clinical lymphoma, myeloma & leukemia   18(9) e369-e372   Sep 2018   [Refereed]
Miyamoto K, Fukuhara N, Maruyama D, Shibata T, Nakamura K, Ishizawa K, Tsukasaki K, Nagai H, Lymphoma Study Group of the Japan Clinical Oncology Group.
Japanese journal of clinical oncology   48(8) 777-780   Aug 2018   [Refereed]
Ichikawa S, Fukuhara N, Hatta S, Himuro M, Katsushima H, Nasu K, Ono K, Inokura K, Kobayashi M, Onishi Y, Fujii H, Ishizawa K, Ichinohasama R, Harigae H
Internal medicine (Tokyo, Japan)   57(14) 2051-2055   Jul 2018   [Refereed]
Fujishima F, Katsushima H, Fukuhara N, Konosu-Fukaya S, Nakamura Y, Sasano H, Ichinohasama R
The Tohoku journal of experimental medicine   245(3) 159-165   Jul 2018   [Refereed]
Yamaguchi M, Suzuki R, Kim SJ, Ko YH, Oguchi M, Asano N, Miyazaki K, Terui Y, Kubota N, Maeda T, Kobayashi Y, Amaki J, Soejima T, Saito B, Shimoda E, Fukuhara N, Tsukamoto N, Shimada K, Choi I, Utsumi T, Ejima Y, Kim WS, Katayama N
Cancer science   109(6) 2056-2062   Jun 2018   [Refereed]
Mishima E, Suzuki T, Takeuchi Y, Seiji K, Fukuhara N, Takase K, Harigae H, Abe T, Ito S
Journal of clinical hypertension (Greenwich, Conn.)   20(4) 798-804   Apr 2018   [Refereed]
Katsushima H, Fukuhara N, Konosu-Fukaya S, Himuro M, Kitawaki Y, Ichikawa S, Ishizawa K, Sasano H, Harigae H, Ichinohasama R
Leukemia & lymphoma   59(3) 758-762   Mar 2018   [Refereed]
Onodera K, Fujiwara T, Onishi Y, Itoh-Nakadai A, Okitsu Y, Fukuhara N, Ishizawa K, Shimizu R5, Yamamoto M, Harigae H.
Blood.   128(4) 508-518   Jun 2016   [Refereed]
[Epub ahead of print]
Ohashi K, Fujiwara T, Onodera K, Saito Y, Ichikawa S, Kobayashi M, Okitsu Y, Fukuhara N, Onishi Y, Harigae H
The Tohoku journal of experimental medicine   244(1) 41-52   Jan 2018   [Refereed]
Ichikawa S, Fukuhara N, Hatta S, Himuro M, Nasu K, Ono K, Okitsu Y, Kobayashi M, Onishi Y, Ri M, Ichinohasama R, Harigae H
Journal of clinical and experimental hematopathology : JCEH   58(1) 39-42   2018   [Refereed]
Hasegawa S, Fujiwara T, Okitsu Y, Kato H, Sato Y, Fukuhara N, Onishi Y, Shimizu R, Yamamoto M, Harigae H
Experimental hematology   56 31-45.e2   Dec 2017   [Refereed]
Fujiwara T, Fukuhara N, Ichikawa S, Kobayashi M, Okitsu Y, Onishi Y, Furuyama K, Harigae H
Annals of hematology   96(11) 1955-1957   Nov 2017   [Refereed]
Saito K, Fujiwara T, Ota U, Hatta S, Ichikawa S, Kobayashi M, Okitsu Y, Fukuhara N, Onishi Y, Ishizuka M, Tanaka T, Harigae H
Biochemistry and biophysics reports   11 105-111   Sep 2017   [Refereed]
Murata M, Maeda Y, Masuko M, Onishi Y, Endo T, Terakura S, Ishikawa Y, Iriyama C, Ushijima Y, Goto T, Fujii N, Tanimoto M, Kobayashi H, Shibasaki Y, Fukuhara N, Inamoto Y, Suzuki R, Kodera Y, Matsushita T, Kiyoi H, Naoe T, Nishida T
Cancer science   108(8) 1634-1639   Aug 2017   [Refereed]
Ishii K, Onishi Y, Miyamura N, Fukuhara N, Ishizawa K, Nakanishi M, Ohnaka S, Miyasaka T, Kanno E, Kawakami K, Harigae H, Kaku M
Journal of medical virology   89(7) 1265-1273   Jul 2017   [Refereed]
Suzuki H, Kikuchi K, Fukuhara N, Nakano H, Aiba S
The Journal of dermatology   44(6) 651-655   Jun 2017   [Refereed]
Inokura K, Fujiwara T, Saito K, Iino T, Hatta S, Okitsu Y, Fukuhara N, Onishi Y, Ishizawa K, Shimoda K, Harigae H
Experimental hematology   49 56-67.e5   May 2017   [Refereed]
Maruyama D, Hatake K, Kinoshita T, Fukuhara N, Choi I, Taniwaki M, Ando K, Terui Y, Higuchi Y, Onishi Y, Abe Y, Kobayashi T, Shirasugi Y, Tobinai K
Cancer science   108(5) 1007-1012   May 2017   [Refereed]
Ogura M, Ishizawa K, Maruyama D, Uike N, Ando K, Izutsu K, Terui Y, Imaizumi Y, Tsukasaki K, Suzuki K, Izumi T, Usuki K, Kinoshita T, Taniwaki M, Uoshima N, Suzumiya J, Kurosawa M, Nagai H, Uchida T, Fukuhara N, Choi I, Ohmachi K, Yamamoto G, Tobinai K, Japanese Bendamustine Lymphoma Study Group.
International journal of hematology   105(4) 470-477   Apr 2017   [Refereed]
Fujiwara T, Sasaki K, Saito K, Hatta S, Ichikawa S, Kobayashi M, Okitsu Y, Fukuhara N, Onishi Y, Harigae H
Biochemical and biophysical research communications   485(2) 380-387   Apr 2017   [Refereed]
Kanehira M, Fujiwara T, Nakajima S, Okitsu Y, Onishi Y, Fukuhara N, Ichinohasama R, Okada Y, Harigae H
Stem cells (Dayton, Ohio)   35(3) 739-753   Mar 2017   [Refereed]
Shirai T, Fujii H, Saito R, Nasu K, Kamogawa Y, Fukuhara N, Fujita Y, Shirota Y, Ishii T, Harigae H
Arthritis & rheumatology (Hoboken, N.J.)   69(3) 682-683   Mar 2017   [Refereed]
[Successful Treatment of Severe and Refractory Thrombotic Thrombocytopenic Purpura with Early Rituximab Administration].
Ichikawa S, Himuro M, Okitsu Y, Fukuhara N, Watanabe M, Hatta S, Kobayashi M, Onishi Y, Matsumoto M, Harigae H
Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine   106(1) 99-106   Jan 2017   [Refereed]
Ishizawa K, Fukuhara N, Nakaseko C, Chiba S, Ogura M, Okamoto A, Sunaga Y, Tobinai K
Japanese journal of clinical oncology   47(1) 54-60   Jan 2017   [Refereed]
Fukuhara N
[Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   58(10) 2020-2025   2017   [Refereed]
Maruyama D, Nagai H, Fukuhara N, Kitano T, Ishikawa T, Shibayama H, Choi I, Hatake K, Uchida T, Nishikori M, Kinoshita T, Matsuno Y, Nishikawa T, Takahara S, Tobinai K
Cancer science   107(12) 1785-1790   Dec 2016   [Refereed]
Fujita T, Ichikawa S, Okitsu Y, Fukuhara N, Yoshinaga T, Yazaki M, Harigae H
International journal of hematology   104(6) 641-643   Dec 2016   [Refereed]
濾胞性リンパ腫に対する無治療経過観察と合理的な治療介入基準
福原 規子
血液内科 科学評論社   73(1) 13-16   Jun 2016   [Invited]
Katsushima H, Fukuhara N, Ichikawa S, Ota Y, Takeuchi K, Ishizawa K, Sasano H, Harigae H, Ichinohasama R.
Leuk Lymphoma.   1-9   May 2016   [Refereed]
[Epub ahead of print]
再発・難治低悪性度B細胞リンパ腫に対するPl3‐Kinase阻害薬の有効性
福原規子
血液内科 科学評論社   72(4) 439-444   Apr 2016   [Invited]
Aiko Kondo, Tohru Fujiwara, Yoko Okitsu, Noriko Fukuhara, Yasushi Onishi, Yukio Nakamura, Kenichi Sawada, Hideo Harigae
International Journal of Hematology   103(4) 387-395   Apr 2016   [Refereed]
Pan X, Nariai N, Fukuhara N, Saito S, Sato Y, Katsuoka F,Kojima K, Kuroki Y Danjoh I, Saito R, Hasegawa S, Okitsu Y, Kondo A, Onishi Y, Nagami F, Kiyomoto H, Hozawa A, Fuse N, Nagasaki M, Shimizu R, Yasuda J, Harigae H, Yamamoto M.
Br J Haematol.      Jan 2016   [Refereed]
[Epub ahead of print]
Ichikawa S, Takahashi T, Katsushima H, Fukuhara N, Ichinohasama R, Harigae H
Intern Med   55(2) 191-196   Jan 2016   [Refereed]
未治療濾胞性リンパ腫に対する合理的な治療選択
福原規子
血液内科 科学評論社   72(1) 51-55   Jan 2016   [Invited]
【副腎腫瘍の新しいマネジメント】 副腎原発悪性リンパ腫の臨床病理学的特徴(解説/特集)
市川 聡, 福原 規子, 一迫 玲, 張替 秀郎
腎臓内科・泌尿器科 科学評論社   2(4) 372-377   Oct 2015   [Invited]
Saito Y, Fujiwara T, Ohashi K, Okitsu Y, Fukuhara N, Onishi Y, Ishizawa K, Harigae H.
PLoS One.   10(9)    Sep 2015   [Refereed]
Shun Yoshida,Hiroshi Kuroda, Noriko Fukuhara,Hidehiko Konno,Mika Watanabe, Tetsuya Akaishi, Maki Tateyama,Masashi Aoki
J Neurol Sci.   352(1-2) 117-119   May 2015   [Refereed]
びまん性大細胞型B細胞リンパ腫におけるBACH2発現の臨床病理学的意義
市川 聡、福原 規子
血液内科 科学評論社   70(1) 82-86   Jan 2015   [Invited]
Fujiwara, Tohru Okamoto, Koji Niikuni, Ryoyu Takahashi, Kiwamu Okitsu, Yoko Fukuhara, Noriko Onishi, Yasushi Ishizawa, Kenichi Ichinohasama, Ryo Nakamura, Yukio Nakajima, Motowo Tanaka, Tohru Harigae, Hideo
Biochem Biophys Res Commun   454(1) 102-108   Nov 2014   [Refereed]
Nakajima, Shinji Fujiwara, Tohru Ohguchi, Hiroto Onishi, Yasushi Kamata, Mayumi Okitsu, Yoko Fukuhara, Noriko Ishizawa, Kenichi Harigae, Hideo
Leuk Lymphoma   55(11) 2605-2613   Nov 2014   [Refereed]
Kamata, Mayumi Okitsu, Yoko Fujiwara, Tohru Kanehira, Masahiko Nakajima, Shinji Takahashi, Taro Inoue, Ai Fukuhara, Noriko Onishi, Yasushi Ishizawa, Kenichi Shimizu, Ritsuko Yamamoto, Masayuki Harigae, Hideo
Haematologica   99(11) 1686-1696   Nov 2014   [Refereed]
Fujiwara, Tohru Fukuhara, Noriko Funayama, Ryo Nariai, Naoki Kamata, Mayumi Nagashima, Takeshi Kojima, Kaname Onishi, Yasushi Sasahara, Yoji Ishizawa, Kenichi Nagasaki, Masao Nakayama, Keiko Harigae, Hideo
Ann Hematol   93(9) 1515-1522   Sep 2014   [Refereed]
Ichikawa, Satoshi Fukuhara, Noriko Katsushima, Hiroki Takahashi, Taro Yamamoto, Joji Yokoyama, Hisayuki Sasaki, Osamu Fukuhara, Osamu Nomura, Jun Ishizawa, Kenichi Ichinohasama, Ryo Muto, Akihiko Igarashi, Kazuhiko Harigae, Hideo
Cancer Sci   105(4) 437-444   Apr 2014   [Refereed]
Fujiwara, Tohru Saitoh, Haruka Inoue, Ai Kobayashi, Masahiro Okitsu, Yoko Katsuoka, Yuna Fukuhara, Noriko Onishi, Yasushi Ishizawa, Kenichi Ichinohasama, Ryo Harigae, Hideo
J Biol Chem   289(12) 8121-8134   Mar 2014   [Refereed]
Ichikawa, Satoshi Kim, Mihyun Hasegawa, Shin Ohashi, Keiichi Kondo, Aiko Kato, Hiroki Kamata, Mayumi Okitsu, Yoko Fukuhara, Noriko Onishi, Yasushi Ishizawa, Kenichi Harigae, Hideo
J Clin Exp Hematop   54(3) 237-241   2014   [Refereed]
悪性リンパ腫患者に合併する腫瘍崩壊症候群の特徴とマネジメントのポイント
那須健太郎
血液内科   68(4) 552-556   2014   [Refereed]
関節リウマチ患者に併発するメトトレキサート関連リンパ増殖性疾患
鴨川由起子、藤井博司
血液内科   68(4) 500-504   2014   [Refereed]
Kato, Hiroki Onishi, Yasushi Okitsu, Yoko Katsuoka, Yuna Fujiwara, Tohru Fukuhara, Noriko Ishizawa, Kenichi Takagawa, Masanori Harigae, Hideo
Ann Hematol   92(12) 1711-1712   Dec 2013   [Refereed]
Inoue, Ai Fujiwara, Tohru Okitsu, Yoko Katsuoka, Yuna Fukuhara, Noriko Onishi, Yasushi Ishizawa, Kenichi Harigae, Hideo
Exp Hematol   41(12) 1062-76.e1   Dec 2013   [Refereed]
Fujiwara, Tohru Alqadi, Yarob Wael Okitsu, Yoko Fukuhara, Noriko Onishi, Yasushi Ishizawa, Kenichi Harigae, Hideo
Exp Hematol   41(3) 303-15.e1   Mar 2013   [Refereed]
Ohba, Rie Furuyama, Kazumichi Yoshida, Kenichi Fujiwara, Tohru Fukuhara, Noriko Onishi, Yasushi Manabe, Atsushi Ito, Etsuro Ozawa, Keiya Kojima, Seiji Ogawa, Seishi Harigae, Hideo
Ann Hematol   92(1) 1-9   Jan 2013   [Refereed]
Ichikawa, Satoshi Fukuhara, Noriko Inoue, Ai Katsushima, Hiroki Ohba, Rie Katsuoka, Yuna Onishi, Yasushi Yamamoto, Joji Sasaki, Osamu Nomura, Jun Fukuhara, Osamu Ishizawa, Kenichi Ichinohasama, Ryo Harigae, Hideo
Exp Hematol Oncol   2(1) 19-19   2013   [Refereed]
Fujiwara, Tohru Ikeda, Takashi Nagasaka, Yuki Okitsu, Yoko Katsuoka, Yuna Fukuhara, Noriko Onishi, Yasushi Ishizawa, Kenichi Ichinohasama, Ryo Tomosugi, Naohisa Harigae, Hideo
PLoS One   8(9) e75568-e75568   2013   [Refereed]
Fujiwara, Tohru Okitsu, Yoko Katsuoka, Yuna Fukuhara, Noriko Onishi, Yasushi Ishizawa, Kenichi Harigae, Hideo
FEBS Open Bio   3 428-432   2013   [Refereed]
Inokura, Kyoko Onishi, Yasushi Shimosegawa, Kenji Okitsu, Yoko Katsuoka, Yuna Fujiwara, Tohru Fukuhara, Noriko Ishizawa, Kenichi Harigae, Hideo
Ann Hematol   91(11) 1825-1826   Nov 2012   [Refereed]
急性リンパ球性白血病を発症した5番染色体長腕部欠失を伴う骨髄異形成症候群(5q-MDS)の一症例
関修, 熊谷由紀, 鈴木千恵, 渡邊治樹, 佐藤光子, 長沢光章, 賀来満夫, 福原規子, 石澤賢一, 張替秀郎
日本検査血液学会雑誌   13(学術集会) S105-S105   Jun 2012   [Refereed]
Fujiwara, Tohru Yokoyama, Hisayuki Okitsu, Yoko Kamata, Mayumi Fukuhara, Noriko Onishi, Yasushi Fujimaki, Shinichi Takahashi, Shinichiro Ishizawa, Kenichi Bresnick, Emery H Harigae, Hideo
PLoS One   7(9) e40959-e40959   2012   [Refereed]
Ohguchi Hiroto, Ohba Rie, Onishi Yasushi, Fukuhara Noriko, Okitsu Yoko, Yamamoto Joji, Ishizawa Kenichi, Ichinohasama Ryo, Harigae Hideo
Ann Hematol   90(9) 1113-1114   Sep 2011   [Refereed]
Onishi Yasushi, Sasaki Osamu, Ichikawa Satoshi, Inokura Kyoko, Katsuoka Yuna, Ohtsuka Ohba Rie, Okitsu Yoko, Kohata Katsura, Ohguchi Hiroto, Fukuhara Noriko, Yokoyama Hisayuki, Yamada Minami Fujiwara, Yamamoto Joji, Ishizawa Kenichi, Kameoka Junichi, Harigae Hideo
Biol Blood Marrow Transplant   17(7) 1093-1097   Jul 2011   [Refereed]
Miura Yukiko, Fukuhara Noriko, Yamamoto Joji, Kohata Katsura, Ishizawa Kenichi, Ichinohasama Ryo, Harigae Hideo
Tohoku J Exp Med   224(2) 151-160   Apr 2011   [Refereed]
Miura, Yukiko Fukuhara, Noriko Yamamoto, Joji Kohata, Katsura Ishizawa, Kenichi Ichinohasama, Ryo Harigae, Hideo
Tohoku J Exp Med   224(2) 151-160   2011   [Refereed]
妊娠合併ITP症例の後方視的検討
沖津庸子, 亀岡淳一, 鎌田真弓, 小林匡洋, 大場理恵, 福原規子, 大口裕人, 木幡桂, 山本譲司, 横山寿行, 千坂泰, 石澤賢一, 鈴木宗三, 八重樫伸生, 張替秀郎
日本血栓止血学会誌   21(2) 209-209   Apr 2010   [Refereed]
後天性第X因子低下症の一例
沖津庸子, 鈴木宗三, 鎌田真弓, 小林匡洋, 福原規子, 大口裕人, 木幡桂, 山本譲司, 横山寿行, 石澤賢一, 亀岡淳一, 張替秀郎
東北止血・血栓研究会会誌   XXIII(1) 12-16   Mar 2010   [Refereed]

Misc

 
B細胞性リンパ腫
福原 規子
日本リンパ網内系学会会誌   59 96-96   May 2019
再発又は難治性のCD30陽性古典的ホジキンリンパ腫/全身性未分化大細胞リンパ腫に対するBrentuximab Vedotin再治療の安全性及び有効性に関する後方視的検討
山本 豪, 福原 規子, 辻村 秀樹, 張 高明, 柴山 浩彦, 矢内 友子, 渋谷 和憲, 伊豆津 宏二
日本リンパ網内系学会会誌   59 134-134   May 2019
免疫抑制療法中に濾胞性リンパ腫と古典的ホジキンリンパ腫を合併した2例
渡邊 正太郎, 福原 規子, 古川 瑛次郎, 佐野 沙矢香, 齋藤 慧, 市川 聡, 大西 康, 中村 直哉, 一迫 玲, 張替 秀郎
日本リンパ網内系学会会誌   59 134-134   May 2019
クローン病に合併したびまん性大細胞型B細胞リンパ腫再発に対して臍帯血移植を施行した一例
古川 瑛次郎, 福原 規子, 中川 諒, 川尻 昭寿, 齋藤 慧, 小野寺 晃一, 市川 聡, 大西 康, 張替 秀郎
日本リンパ網内系学会会誌   59 147-147   May 2019
巨大な膵形質細胞腫を伴った再発難治性多発性骨髄腫の1例
古川 瑛次郎, 市川 聡, 福原 規子, 齋藤 慧, 佐野 沙矢香, 中川 諒, 川尻 昭寿, 小野寺 晃一, 大西 康, 張替 秀郎
臨床血液   60(4) 331-331   Apr 2019
Daratumumab併用療法後にCD38陰性化を伴って病勢増悪を来した再発難治性多発性骨髄腫の1例
齋藤 慧, 古川 瑛次郎, 佐野 沙矢香, 中川 諒, 川尻 昭寿, 小野寺 晃一, 市川 聡, 大西 康, 福原 規子, 張替 秀郎
臨床血液   60(4) 337-337   Apr 2019
【血液疾患に合併する感染症とその対策】悪性リンパ腫治療における感染症の動向とその対策
市川 聡, 福原 規子
血液内科   78(3) 321-326   Mar 2019
【リンパ腫update I:WHO 2017、臨床的事項、低悪性度Bリンパ腫】慢性リンパ球性白血病/小細胞リンパ腫とマントル細胞リンパ腫
齋藤 慧, 福原 規子, 一迫 怜
病理と臨床   37(3) 242-249   Mar 2019
【日本血液学会造血器腫瘍診療ガイドライン2018年版-リンパ腫-】濾胞性リンパ腫
伊豆津 宏二, 福原 規子
臨床血液   60(3) 236-237   Mar 2019
免疫不全に合併したNTM症 MonoMAC症候群
福原 規子, 藤原 亨, 張替 秀郎
結核   94(3) 168-168   Mar 2019
家族支援が奏効した血液腫瘍患者の2例
長谷川 涼子, 今野 朱美, 大西 康, 福原 規子, 福土 審, 張替 秀郎
心身医学   59(1) 79-79   Jan 2019
【悪性リンパ腫の最新分類と新規治療】注目の新薬 Polatuzumab Vedotin(抗CD79b抗体薬物複合体)
市川 聡, 福原 規子
最新医学   73(11) 1492-1497   Nov 2018
Polatuzumab vedotin(Pola)は、成熟B細胞表面に発現しているCD79bに対する抗体と、微小管阻害薬であるmonomethyl auristatin Eを結合させた抗体薬物複合体で、B細胞腫瘍に対する実験レベルでの高い抗腫瘍効果が確認された後、単剤治療および化学療法併用での効果が確認され、治療開発が進んでいる。とりわけ、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)での効果が高いことが確認されつつあり、DLBCLの標準治療であるR-CHOP療法とPola併用の第III相試...
X連鎖性鉄芽球性貧血の細胞モデルの解析(Characterization of in vitro model of X-linked sideroblastic anemia)
齋藤 慧, 藤原 亨, 八田 俊介, 小野寺 晃一, 市川 聡, 福原 規子, 大西 康, 中村 幸夫, 張替 秀郎
臨床血液   59(9) 1498-1498   Sep 2018
再発/難治性の成熟B細胞腫瘍日本人患者に対するibrutinibの第I相試験 最終解析結果(Ibrutinib in Japanese patients with relapsed/refractory B-cell malignancies: phase 1 final analysis)
内田 俊樹, 飛内 賢正, 福原 規子, 棟方 理, 蒔田 真一, 小林 美希, 齊藤 繁紀, 山口 洋平, 西川 智章
臨床血液   59(9) 1502-1502   Sep 2018
日本人再発難治性MCL患者に対するIbrutinibの第II相試験 最終解析結果(Phase 2 study of ibrutinib in Japanese patients with relapsed/refractory MCL: final analysis)
福原 規子, 永井 宏和, 丸山 大, 北野 俊行, 石川 隆之, 柴山 浩彦, 崔 日承, 畠 清彦, 内田 俊樹, 錦織 桃子, 木下 朝博, 松野 吉宏, 西川 智章, 飛内 賢正
臨床血液   59(9) 1502-1502   Sep 2018
再発または難治性の日本人低悪性度B細胞リンパ腫患者に対するコパンリシブの第Ib相試験(Phase Ib study of copanlisib in Japanese patients with relapsed/refractory indolent B-cell lymphoma)
福原 規子, 丸山 大, 畠 清彦, 永井 宏和, 亀崎 健次郎, 小坂 さおり, 飛内 賢正
臨床血液   59(9) 1502-1502   Sep 2018
初発進行期、末梢性T細胞リンパ腫に対するTHP-COP療法の第II相試験(THP-3試験)(A phase II study of THP-COP in newly diagnosed advanced peripheral T-cell lymphoma: THP-3 study)
小椋 美知則, 大間知 謙, 鈴木 律朗, 熱田 由子, 伊藤 達也, 大屋敷 一馬, 矢野 真吾, 日高 道弘, 安藤 潔, 福原 規子, 森下 剛久, 鈴木 孝世, 塚崎 邦弘, 小林 直樹, 塚本 憲史, 小澤 幸泰, 山本 一仁, 堀田 知光, 木下 朝博
臨床血液   59(9) 1549-1549   Sep 2018
既治療CTCL患者に対するモガムリズマブの国際共同第III相比較試験(Phase III trial of mogamulizumab vs. vorinostat in previously treated cutaneous T-cell lymphoma)
飛内 賢正, 菅谷 誠, 福原 規子, 戸倉 新樹
臨床血液   59(9) 1549-1549   Sep 2018
CD56陽性皮膚T細胞リンパ腫6例の後方視的解析(A clinicopathological analysis of CD56-positive cutaneous T cell lymphoma)
大地 哲朗, 福原 規子, 佐野 沙矢香, 那須 健太郎, 小林 匡洋, 市川 聡, 沖津 庸子, 大西 康, 藤原 実名美, 藤村 卓, 一迫 玲, 張替 秀郎
臨床血液   59(9) 1549-1549   Sep 2018
Aggressive lymphomaに対するDA-EPOCH -/+ Rituximab療法の忍容性と安全性に関する後方視的解析(A retrospective analysis of tolerability and safety of DA-EPOCH ± Rituximab for aggressive lymphoma)
松田 真一朗, 末廣 陽子, 富田 直人, 伊豆津 宏二, 福原 規子, 今泉 芳孝, 島田 和之, 仲里 朝周, 吉田 功, 高橋 勉, 鈴木 律朗, 山口 素子, 鈴宮 淳司
臨床血液   59(9) 1556-1556   Sep 2018
大量化療前導入治療R-CHOP-14とR-CHOP-14/CHASERの比較試験 JCOG0908(R-CHOP-14 vs. R-CHOP-14/CHASER induction prior to HDT in poor-risk untreated DLBCL: JCOG0908)
丸山 大, 鏡味 良豊, 柴田 大朗, 飛内 賢正, 山本 一仁, 今泉 芳孝, 内田 俊樹, 島田 和之, 皆内 康一郎, 福原 規子, 小林 泰文, 山内 寛彦, 辻村 秀樹, 半下石 明, 富永 亮, 末廣 陽子, 吉田 真一郎, 井上 佳子, 鈴木 左知子, 得平 道英, 楠本 茂, 黒田 純也, 薬師神 芳洋, 高松 泰, 久保田 寧, 野坂 生郷, 森島 聡子, 中村 栄男, 堀田 知光, 森島 泰雄, 塚崎 邦弘, 永井 宏和
臨床血液   59(9) 1556-1556   Sep 2018
T-LGL白血病に対するシクロスポリンA治療 単施設の経験(Cyclosporine A treatment for T-cell large granular lymphocytic leukemia: a single-center experience)
大西 康, 藤原 実名美, 佐野 沙矢香, 中川 諒, 川尻 昭寿, 齋藤 慧, 小野寺 晃一, 市川 聡, 福原 規子, 藤原 亨, 張替 秀郎
臨床血液   59(9) 1569-1569   Sep 2018
未治療移植非適応多発性骨髄腫に対するMPB療法変法のランダム化第II相試験(JCOG 1105)(Randomized phase II study to optimize MPB in untreated transplant-ineligible myeloma: JCOG1105)
飯田 真介, 丸山 大, 小川 岳人, 楠本 茂, 福原 傑, 福原 規子, 瀬尾 幸子, 宮崎 香奈, 吉満 誠, 黒田 純也, 塚本 憲史, 辻村 秀樹, 半下石 明, 山内 高弘, 内海 貴彦, 水野 石一, 高松 泰, 永田 泰之, 皆内 康一郎, 大塚 英一, 花村 一朗, 徳永 隆之, 吉田 真一郎, 山崎 聡, 末廣 陽子, 神山 祐太郎, 宮本 憲一, 渡部 裕子, 塚崎 邦弘, 永井 宏和
臨床血液   59(9) 1610-1610   Sep 2018
成熟T細胞性リンパ腫に対する臍帯血移植 10例の報告(Umbilical cord blood transplantation for mature T-cell lymphoma: report of 10 cases)
佐野 沙矢香, 大西 康, 古川 瑛次郎, 中川 諒, 齋藤 慧, 川尻 昭寿, 小野寺 晃一, 市川 聡, 福原 規子, 張替 秀郎
臨床血液   59(9) 1680-1680   Sep 2018
転写因子GATA-2の制御因子同定のためのスクリーニング法の確立(Establishment of a screening system to identify novel GATA-2 transcriptional regulators)
大橋 圭一, 藤原 亨, 小野寺 晃一, 齋藤 陽, 市川 聡, 小林 匡洋, 沖津 庸子, 福原 規子, 大西 康, 張替 秀郎
臨床血液   59(9) 1696-1696   Sep 2018
びまん性大細胞型B細胞リンパ腫におけるsIL-2R値の層別化予後因子としての意義(Serum sIL-2R level is a prognostic stratification marker of diffuse large B-cell lymphoma)
市川 聡, 福原 規子, 小林 匡洋, 沖津 庸子, 大西 康, 一迫 玲, 石澤 賢一, 張替 秀郎
臨床血液   59(9) 1785-1785   Sep 2018
ダラツムマブ投与中にサイトメガロウイルス抗原血症陽性化を示した多発性骨髄腫の2例(Two cases of multiple myeloma with cytomegalovirus antigenemia during daratumumab therapy)
小林 匡洋, 佐野 沙矢香, 大地 哲朗, 那須 健太郎, 市川 聡, 福原 規子, 大西 康, 亀岡 淳一, 張替 秀郎
臨床血液   59(9) 1805-1805   Sep 2018
【血液疾患に対する新規治療薬の現状と今後の課題】 B細胞性腫瘍に対するイブルチニブおよびidelalisib
福原 規子
血液内科   77(2) 230-235   Aug 2018
【血液疾患を見逃さないために-プライマリ・ケアと専門医コンサルトのタイミング】血液疾患患者に対する一般診療上の注意点 治療終了後のフォローアップを依頼されたら
小林 匡洋, 福原 規子
Medicina   55(8) 1152-1154   Jul 2018
<文献概要>Point ◎貧血の治療開始と同時に原因を検索し,消化管悪性腫瘍や慢性炎症などを鑑別する.◎寛解に至った造血器腫瘍患者では,二次がんや心筋障害などに注意する.◎再発が考えられる血球減少やリンパ節腫脹などは血液内科に紹介する.
short tandem repeat(STR)-PCR法を用いた造血幹細胞移植後のキメリズム解析の評価
関 修, 成田 香魚子, 大西 康, 福原 規子, 藤原 亨, 藤原 実名美, 張替 秀郎
日本検査血液学会雑誌   19(学術集会) S163-S163   Jun 2018
全身治療歴を有するCTCL患者を対象とした、モガムリズマブ第III相国際共同治験の成績
戸倉 新樹, 宮垣 朝光, 加藤 雪彦, 佐野 栄紀, 福原 規子, 米倉 健太郎, 上原 治朗, 波部 幸司, 岡本 祐之, 清原 英司, 宇原 久, 濱田 利久, 和田 秀文, 菅谷 誠, 飛内 賢正
日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集   34回 129-129   Jun 2018
リツキシマブ単剤療法の役割
福原 規子
日本リンパ網内系学会会誌   58 88-88   May 2018
【臨床で遭遇する難治な血液疾患の病態解析研究と治療の進歩】 再発・再燃濾胞性リンパ腫の治療
福原 規子
血液内科   76(4) 480-486   Apr 2018
Dasatinibによる治療を行ったphiladelphia染色体陽性骨髄異形成症候群
大地 哲朗, 大西 康, 佐野 沙矢香, 大橋 圭一, 那須 健太郎, 市川 聡, 小林 匡洋, 沖津 庸子, 福原 規子, 張替 秀郎
臨床血液   59(4) 448-448   Apr 2018
【T細胞リンパ腫の診断と新たな治療開発】 再発・治療抵抗性T細胞リンパ腫に対する救援化学療法
福原 規子
血液内科   75(6) 715-718   Dec 2017
【悪性リンパ腫の新規標的治療薬】 PI3K(phosphatidylinositol-3-kinase)阻害薬
福原 規子
血液フロンティア   28(1) 31-36   Dec 2017
Phosphatidylinositol-3-kinase(PI3K)阻害薬は,乳癌や消化器癌など多くの固形癌においても注目される標的治療薬であり,造血器腫瘍ではおもにB-cell receptor(BCR)を介したシグナル伝達系を標的とした薬剤として,慢性リンパ性白血病および低悪性度B細胞リンパ腫への有効性が明らかとなり治療開発が進められてきた。本稿では,低悪性度B細胞リンパ腫を対象としたPI3K阻害薬として,idelalisibおよびcopanlisibについて概説する。(著者抄録)
移植後リンパ増殖性疾患の再発に対して大量化学療法、自家末梢血幹細胞移植を施行し完全寛解を達成した1例
櫻井 一貴, 福原 規子, 市川 聡, 氷室 真仁, 沖津 庸子, 渡邊 正太郎, 大地 哲朗, 那須 健太郎, 八田 俊介, 小林 匡洋, 大西 康, 張替 秀郎
臨床血液   58(12) 2473-2473   Dec 2017
臨床研究におけるリツキシマブ血中濃度測定のバリデーション
佐藤 祥子, 福原 規子, 伏見 千佳子, 中田 郁美, 相澤 千恵, 猪倉 恭子, 石澤 賢一, 鈴木 常義
臨床薬理   48(Suppl.) S294-S294   Nov 2017
【がん免疫療法の躍進】がん免疫療法の臨床 がん種別治療 Hodgkinリンパ腫に対する抗PD-1抗体療法
福原 規子
医学のあゆみ   263(1) 92-96   Oct 2017
Hodgkinリンパ腫(HL)に対する免疫療法では、PD-1/PD-L1シグナルを標的にした開発が中心である。PD-L1/PD-L2遺伝子異常を高率に認められることが以前より知られていたが、予後や抗PD-1抗体治療の反応性などに影響する可能性も少数例ながら報告されたことから、PD-1経路の活性化がHLの病態に大きくかかわっていることが示唆される。2016年12月再発または難治性の古典的HLを対象としてnivolumabが適応拡大となり、自家移植やbrentuximab vedotin既治療...
濾胞性リンパ腫に対する治療戦略
福原 規子
臨床血液   58(10) 2020-2025   Oct 2017
濾胞性リンパ腫(follicular lymphoma,FL)はrituximabの臨床導入により治療成績は向上したが,依然治癒は困難とされている。FLの治療方針は,限局期,低腫瘍量・進行期,高腫瘍量・進行期に分けて検討される。低腫瘍量では,無治療経過観察が標準療法と考えられていたが,rituximab単剤の有用性が示唆されている。高腫瘍量では,化学療法にrituximabを併用することで全生存割合の改善を認められており,導入化学療法としてR-CHOP療法やR-bendamustine療法...
【免疫チェックポイント阻害薬 がん薬物療法の新時代】 各腫瘍における免疫チェックポイント阻害薬の現状 ホジキンリンパ腫
大地 哲朗, 福原 規子
薬事   59(12) 2420-2423   Sep 2017
<Points>抗PD-1モノクローナル抗体であるニボルマブ療法が、再発・難治性古典的ホジキンリンパ腫に対して適応拡大となり、自家移植後の再発例やブレンツキシマブベトチン既治療例に対しても有効性が示された。ニボルマブは、同種造血幹細胞移植における移植片対宿主病(GVHD)の発症やステロイド治療抵抗性に影響する可能性がある。(著者抄録)
サルコイド反応を伴う末梢性T細胞リンパ腫の1例
中嶋 夏磯, 水芦 政人, 佐々木 留伊, 大竹 映香, 遠野 久幸, 日高 高徳, 神林 由美, 岡田 修子, 相場 節也, 市川 聡, 福原 規子, 一迫 玲, 村井 孝弥
日本皮膚科学会雑誌   127(10) 2341-2341   Sep 2017
血液悪性疾患に対する骨髄内臍帯血移植
村田 誠, 前田 嘉信, 増子 正義, 福原 規子, 西田 徹也, 寺倉 精太郎, 石川 裕一, 谷本 光音, 柴崎 康彦, 鈴木 律朗, 小寺 良尚, 清井 仁, 直江 知樹
日本癌学会総会記事   76回 P-2373   Sep 2017
造血器腫瘍患者の終末期に関連した意思決定に関する意識調査
李 美玲, 今野 朱美, 福原 規子, 宮下 光令, 張替 秀郎
Palliative Care Research   12(Suppl.) S543-S543   Jun 2017
【免疫表現型に基づいたリンパ系腫瘍の理解】 末梢T細胞性リンパ腫の免疫表現型とnormal counterpart
八田 俊介, 福原 規子, 一迫 玲
血液内科   74(6) 791-797   Jun 2017
皮膚筋炎との鑑別を要したPrimary Cutanous Aggressive Epidermotropic CD8+T-cell lymphomaの1例
吉田 紗彩, 照井 仁, 山崎 研志, 相場 節也, 福原 規子, 張替 秀郎
日本皮膚科学会雑誌   127(5) 1151-1151   May 2017
濾胞性リンパ腫診療の現在の到達点と今後の課題
福原規子
血液内科   74(4) 481-486   Apr 2017
脳病変を伴った皮膚原発CD8陽性劇症型表皮向性細胞障害性T細胞リンパ腫に対して臍帯血移植を施行した1例
市川 聡, 福原 規子, 八田 俊介, 氷室 真仁, 那須 健太郎, 小野 浩弥, 渡邉 真威, 猪倉 恭子, 小林 匡洋, 大西 康, 石澤 賢一, 一迫 玲, 張替 秀郎
臨床血液   58(4) 403-403   Apr 2017
当科で経験したEBV陽性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の2例
渡邉 真威, 小林 匡洋, 小野 浩弥, 氷室 真仁, 那須 健太郎, 八田 俊介, 市川 聡, 福原 規子, 大西 康, 張替 秀郎
臨床血液   57(12) 2604-2604   Dec 2016

Books etc

 
白血病リンパ腫骨髄腫今日の診断と治療
木崎昌弘 ed. 福原規子、亀岡淳一 (Part:Joint Work, 悪性リンパ腫の診断アプローチ, 330-337)
中外医学社   Oct 2011   

Conference Activities & Talks

 
Establishment and Characterization of in Vitro Model of X- Linked Sideroblastic Anemia
Kei Saito,Tohru Fujiwara,Shunsuke Hatta,Yoko Okitsu,Noriko Fukuhara,Yasushi Onishi,Yukio Nakamura,Hideo Hairgae
ASH59th Annual Meeting&Exposition   9 Dec 2017   
Role of GATA2 in the Maintenance of the Bone Marrow Microenviroment
Shin Hasegawa, Tohru Fujiwara, Yoko Okitsu, Hiroki Kato, Yuki Sato, Noriko Fukuhara, Yasushi Onishi, Kenichi Ishizawa, Ritsuko Shimizu, Masayuki Yamamoto, Hideo Harigae
ASH59th Annual Meeting&Exposition   9 Dec 2017   
Clinicopathological analysis of primary gastrointestinal T-cell lymphoma
Shunsuke Hatta, Noriko Fukuhara, Satoshi Ichikawa, Masahiro Kobayashi, Yasushi Onishi, Hiroki Kato, Hisayuki Yokoyama, Joji Yamamoto, Sayaka Sano, Koichi Onodera, Shinji Hasegawa, Sinji Nakajima,Mayumi Kamata, Hiroki Katsushima
第79回日本血液学会学術集会   20 Oct 2017   
Generation of induced pluripotent stem cell-derived erythroblasts of X-linked sideroblastic anemia
Shunsuke Hatta, Tohru Fujiwara, Takako Yamamoto, Mayumi Kamata, Noriko Fukuhara, Yasushi Onishi, Yoshiko Tamai, Yukio Nakamura, Shin Kawamata, Hideo Harigae
第79回日本血液学会学術集会   20 Oct 2017   
Bach1 and Bach2 orchestrate erythro-myeloid differentiation responding to environmental changes
Hiroki Kato, Ari Itoh, Mitsuyo Matsumoto, Risa Shibuya, Yuki Sato, Masahiro Kobayashi, Akihiko Muto, Tohru Fujiwara, Hideo Harigae, Kazuhiko Igarashi
第79回日本血液学会学術集会   20 Oct 2017   
Exploring the mechanism of FOG-1-dependent transcriptional regulation in erythroid cells
Tohru Fujiwara, Katsuyuki Sasaki, Kei Saito, Shunsuke Hatta, Satoshi Ichikawa, Masahiro Kobayashi, Yoko Okitsu, Noriko Fukuhara, Yasushi Onishi, Hideo Harigae
第79回日本血液学会学術集会   20 Oct 2017   
濾胞性リンパ腫に対する治療戦略
福原 規子
第79回日本血液学会学術集会 教育講演   20 Oct 2017   
転写因子Bach1による鉄応答と赤血球造血の調節
五十嵐和彦、加藤浩貴、池田正俊、小林匡洋、張替秀郎
第41回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会   23 Sep 2017   
ALAS2遺伝子変異を認めた大球性鉄芽球性貧血の一例
藤原 亨、福原規子、猪俣美津恵、大西 康、古山和道、張替秀郎
第41回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会   23 Sep 2017   
同種造血幹細胞移植後患者における糖化フェリチン測定の有用性
鈴木千恵、八田俊介、藤原 亨、小林匡洋、市川 聡、福原規子、大西 康、張替秀郎
第41回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会   23 Sep 2017   
移植後リンパ増殖性疾患の再発に対して大量化学療法、自家末梢血幹細胞移植を施行し完全寛解を達成した一例
櫻井一貴、福原規子、市川 聡、氷室真仁、沖津庸子、渡邊正太郎、大地哲朗、那須健太郎、八田俊介、小林匡洋、大西 康、張替秀郎
第124回日本血液学会東北地方会   9 Sep 2017   
難治性胃潰瘍を合併した後天性血友病の1例
高橋浩彦、渡邊正太郎、市川 聡、沖津庸子、福原規子、大地哲朗、那須健太郎、小林匡洋、大西 康、張替秀郎
第212回日本内科学会東北地方会   9 Sep 2017   
腸腰筋膿瘍との鑑別が困難であった未分化大細胞リンパ腫
小山千佳、大地哲朗、渡邊正太郎、那須健太郎、小林匡洋、市川 聡、沖津庸子、大西 康、福原規子、張替秀郎
第212回日本内科学会東北地方会   9 Sep 2017   
EXPLORING THE MECHANISM OF FOG1-DEPENDENT TRANSCRIPTIONAL REGULATION IN ERYTHROID CELLS
Tohru Fujiwara、Katsuyuki Sasaki、Kei Saito、Shunsuke Hatta、Satoshi Ichikawa、
22nd European Hematology Association   22 Jun 2017   
ESTABLISHMENT OF IN VIVO AND IN VITRO MODEL OF X-LINKED SIDEROBLASTIC ANEMIA
Kei Saito、Tohru Fujiwara、Masanobu Morita、Yoko Okitsu、Noriko Fukuhara、
22nd European Hematology Association   22 Jun 2017   
最重症型再生不良性貧血に対するupfrontの臍帯血移植
渡邊正太郎、大西康、小野浩弥、八田俊介、氷室真仁、市川聡、小林匡洋、沖津庸子、福原規子、張替秀郎
第211回日本内科学会東北地方会   17 Jun 2017   
けいれんで発症し著名な血圧高値を認めた大動脈炎症候群の1例
星陽介、永井泰地、石井悠翔、藤田洋子、白井剛志、城田祐子、藤井博司、石井智徳、張替秀郎
第211回日本内科学会東北地方会   17 Jun 2017   
GENERATION OF INDUCED PLURIPOTENT STEM CELL-DERIVD ERYTHROBLASTS FROM A PATIENT WITH X-LINKED SIDEROBLASTIC ANEMIA
Shunsuke Hatta、Tohru Fujiwara、Takako Yamamoto、Mayumi Kamata、Yoshiko Tamai、Yukio Nakamura、Shin Kawamata、Hideo Harigae
Biennial World Meeting (BioIron 2017)   7 May 2017   
再発難治性濾胞性リンパ腫の経過中に初感染と考えられる重症水痘症を発症した一例
櫻井一貴、市川聡、氷室真仁、福原規子、八田俊介、小林匡洋、大西康、張替秀郎
医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ2017 (第114回日本内科学会)   15 Apr 2017   
Outcome of umbilical cord blood transplantation in adult patients with chronic active Epstein-Barr Virus infection.
Yasushi Onishi, Masahiro Kobayashi, Shunsuke Hatta, Satoshi Ichikwa, Noriko Fukuhara, Tohru Fujiwara, Minami Yamada Fujiwara, Hideo Harigae.
European Society for Blood and Marrow Transplantation 2017   26 Mar 2017   
臍帯血移植にて血液腫瘍に併存した自己免疫疾患の改善を求めた3例
小林匡洋、大西康、小野浩弥、渡邊真威、八田俊介、市川聡、福原規子、藤原実名美
第39回日本造血細胞移植学会総会   2 Mar 2017   
Up-frontで自家造血幹細胞移植併用大量化学療法を施行したAITL4例の検討
八田俊介、大西康、福原規子、小林匡洋、市川聡、那須健太郎、渡邊真威、小野浩弥、藤原亨、藤原実名美、張替秀郎
第39回日本造血細胞移植学会総会   2 Mar 2017   
脳病変を伴った皮膚原発CD8陽性劇症型表皮向性細胞障害性T細胞リンパ腫に対して臍帯血移植を施行した一例
市川聡、福原規子、八田俊介、氷室真仁、那須健太郎、小野浩弥、渡邊真威、猪倉恭子、小林匡洋、大西康、石澤賢一、一迫玲、張替秀郎
第123回日本血液学会東北地方会   19 Feb 2017   
皮膚筋炎にびまん性大細胞型B細胞リンパ腫を合併した1例
渡邉正太郎,市川聡,福原規子,八田俊介,那須健太郎,小野浩弥,渡邉真威,大西 康,藤井博司,張替秀郎
第210回日本内科学会東北地方会   18 Feb 2017   
GATA2 regulates dendritic cell differentiation
Koichi Onodera,Tohru Fujiwara, Yasushi Onishi, Ari Itoh-Nakadai,Yoko Okitsu,Noriko Fukuhara, Kenichi Ishizawa,Ritsuko Shimizu, Masayuki Yamamoto, Hideo Harigae
第78回日本血液学会学術集会   13 Oct 2016   
Impact of TET2 on iron metabolism in erythroblasts: A potential link to ring sideroblast formation
Kei Saito, Kyoko Inokura, Tohru Fujiwara, Shunsuke Hatta, Yoko Okitsu, Noriko Fukuhara, Yasushi Onishi, Kenichi Ishizawa, Kazuya Shimoda, Hideo Harigae
第78回日本血液学会学術集会   13 Oct 2016   
Identification of a novel mitochondrial protein FAM210B associated with erythroid differentiation
Aiko Kondo, Tohru Fujiwara, Yoko Okitsu, Noriko Fukuhara, Yasushi Onishi, Yukio Nakamura, Kenichi Sawada, Hideo Harigae
第78回日本血液学会学術集会   13 Oct 2016   
Primary duodenal and small-intestinal follicular lymphoma;signal center experience
Satoshi Ichikawa, Noriko Fukuhara, Masahito Himuro, Mai Watanabe, Shunsuke Hatta,
第78回日本血液学会学術集会   13 Oct 2016   
Evaluation of glycosylated ferritin in patients after allo-HSCT
Shunsuke Hatta, Chie Suzuki, Yasushi Onishi, Masahhiro Kobayashi, Satoshi Ichikawa, Noriko Fukuhara, Tohru Fujiwara, Minami Fujiwara, Junichi Kameoka, Hideo Harigae
第78回日本血液学会学術集会   13 Oct 2016   
当科で経験したEBV陽性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の2例
渡邉真威、小林匡洋、小野浩弥、氷室真仁、那須健太郎、八田俊介、市川聡、
第122回日本血液学会東北地方会   10 Sep 2016   
脳死肺移植後に発症した移植後リンパ増殖性疾患の一例
石際康平、市川聡、福原規子、小野浩弥、渡邉真威、那須健太郎、八田俊介、大西康、松田安史、岡田克典、張替秀郎
第122回日本血液学会東北地方会   10 Sep 2016   
腸管上皮細胞モデルにおけるALAの代謝
齋藤慧、藤原亨、田中徹、張替秀郎
第40回日本鉄バイオサイエンス学会   10 Sep 2016   
前縦隔腫瘍の経過中に発症した最重症型再生不良性貧血
小野浩弥、氷室真仁、渡邉真威、小林匡洋、市川聡、福原規子、大西康、張替秀郎
第209回日本内科学会東北地方会   10 Sep 2016   
臍帯血移植後早期に再燃したがGVL効果にて持続的寛解を得られたγδT‐Cell lymphomaの一例
市川聡、福原規子、氷室真仁、大橋圭一、鈴木琢磨、沖津庸子、小林匡洋、大西康、一迫玲、張替秀郎
第56回日本リンパ網内系学会総会   1 Sep 2016   
宮城県内において5年間で新規発症したマントル細胞リンパ腫43例のうちCD5/CD10/CyclinD1に異常発言を呈した7例の検討
勝嶌浩紀、福原規子、市川聡、張替秀郎、一迫玲
第56回日本リンパ網内系学会総会   1 Sep 2016   
誌上発表
The efficacy of radiommunotherapy in patients with relapsed indolent B cell lymphoma in our hospital
氷室真仁ほか
第14回日本臨床腫瘍学会学術集会   28 Jul 2016   
意識障害を伴う癌性髄膜炎に進展したNK細胞慢性リンパ増殖異常症の1例
永井泰地、渡邉真威、氷室真仁、八田俊介、市川聡、福原規子、大西康、張替秀郎、西山修平
第208回日本内科学会東北地方会   9 Jul 2016   
Improvement of Autoimmune Disease after Cord Blood Transplantation for Hematological Malignancies;Two Cases
Masahiro Kobayashi,Yasushi Onishi,Mai Watanabe,Shunsuke Hatta,Noriko Fukuhara,Tohru Fujiwara,Minami Fujiwara,Hideo Harigae
The 7th JSH International Symposium 2016 in Awaji   13 May 2016   
Philadelphia染色体陽性ALLに対する同種造血幹細胞移植36例の後方視的解析
小林匡洋、大西康、横山寿行、佐々木治、突田真紀子、沖津庸子、福原規子、藤原亨、藤原実名美、張替秀郎
第38回日本造血細胞移植学会総会   4 Mar 2016   
急性骨髄性白血病および骨髄異形成症候群に対する臍帯血移植の成績:前処置法と病期の影響
渡邉真威、大西康、氷室真仁、小野寺晃一、突田真紀子、小林匡洋、沖津庸子、福原規子、藤原亨、藤原実名美、張替秀郎
第38回日本造血細胞移植学会総会   4 Mar 2016   
同種造血幹細胞移植後成人患者における心理状態とスピリチュアリティを含めたQOL評価
門馬香菜江、大西康、沖津庸子、福原規子、大槻久美、坂本祐子、片岡ひとみ、張替秀郎
第38回日本造血細胞移植学会総会   4 Mar 2016   
癌性髄膜炎併発分化大細胞リンパ腫に対してbrentuximab Vedotin(BV)療法を施行した一例
八田俊介、氷室真仁、渡邉真威、市川聡、小林匡洋、沖津庸子、福原規子、大西康
第121回日本血液学会東北地方会   21 Feb 2016   
癌性髄膜炎併発未分化大細胞リンパ腫に対してBrentuximab Vedotin(BV)療 法を施行した一例
第121回日本血液学会東北地方会   21 Feb 2016   
癌性髄膜炎併発未分化大細胞リンパ腫に対してbrentuximab Vedotin (BV)療法を施行した一例
八田俊介、氷室真仁、渡邉真威、市川聡、小林匡洋、沖津庸子、福原規子、大西康、張替秀郎
第121回日本血液学会東北地方会   21 Feb 2016   
早期にrituximabを投与した難治性血栓性血小板減少性紫斑病の1例
市川聡、氷室真仁、沖津庸子、福原規子、渡邉真威、突田真紀子、小林匡洋、大西康、張替秀郎、奈良県立医科大学輸血部 松本雅則
第207回日本内科学会東北地方会   20 Feb 2016   
Impaired Lysophosphatidic Acid Receptor 3 Signaling in Mesenchymal Stromal Cells Promotes Multiple Myeloma Progression through Cellular Senescence and Transdifferentiation into Tumor-Associated Fibroblasts
Masahiko Kanehira, Tohru Fujiwara, Shinji Nakajima, Yoko Okitsu, Yasushi Ohnishi, Noriko Fukuhara, Ryo Ichinohasama, Hideo Harigae,
57th ASH Annual Meeting and Exposition   5 Dec 2015   
Phase 1b and Pharmacokinetic Study of Idelalisib in Japanese Patients with Relapsed or Refractory (R/R) Indolent B-Cell Non-Hodgkin Lymphoma (iNHL) or Chronic Lymphocytic Leukemia (CLL)
Tomohiro Kinoshita, Noriko Fukuhara, Hirokazu Nagai, Koji Izutsu, Yukio Kobayashi, Yusuke Higuchi, Hideo Harigae, Takashi Tokunaga, Henry Adewoye, Michelle Robeson, Shringi Sharma, Masato Fukui, Jie Gao, Christine Christenson, Kensei Tobinai
57th ASH Annual Meeting and Exposition   5 Dec 2015   
ONLINE PUBLICATION ONLY

Blood 2015 126:5089; published ahead of print December 4, 2015
GATA-2 Regulates Dendritic Cell Differentiation
Koichi Onodera, Tohru Fujiwara, Yasushi Onishi, Ari Itoh-Nakadai, Yoko Okitsu, Noriko Fukuhara, Kenichi Ishizawa, Ritsuko Shimizu, Masayuki Yamamoto, Hideo Harigae
57th ASH Annual Meeting and Exposition   5 Dec 2015   
Phase II study of R-High-CHOP/CHASER followed by LEED therapy with ASCT in untreated MCL (JCOG0406)
Dai Maruyama、Kazuhito Yamamoto、Taro Shibata、Kensei Tobinai、Kiyoshi Ando、Mitsutoshi Kurosawa、Hiroshi Gomyo、Naokuni Uike、Norifumi Tsukamoto、Noriko Fukuhara、Tatsu Shimoyama、Masafumi Taniwaki、Kisato Nosaka、Yoshihiro Matsuno、Tomomitsu Hotta、Kunihiro Tsukasaki、Yasuo Morishima、MichinoriOgura
第77回日本血液学会学術集会   16 Oct 2015   
Photodynamic diagnosis of minimal residual disease in multiple myeloma with 5-aminolevulinic acid
Keita Iwaki、Tohru Fujiwara、Takako Ito、Masahiro Kobayashi、Makiko Tsukita、Yoko Okitsu、Noriko Fukuhara、Yasushi Onishi、Minami Fujiwara、Hideto Tamura、Tohru Tanaka、Hideo Harigae
第77回日本血液学会学術集会   16 Oct 2015   

Others

 
Apr 2017   難治がんの標準的治療法の開発に関する臨床研究(6-4)
①研究開発の目的及び内容
研究事務局(主)として、研究代表者とともに当研究の医学的管理、参加施設の監督・指導、進捗管理、有害事象発生時の対処、モニタリングレポートの対応、case report formレビューを行う。自施設での当試験適格患者を登録し、治療計画にのっとり適切に治療を行う。
②当該年度における研究開発項目、マイルストーン及び研究開発方法
研究代表者と共に、試験の進捗管理を行う。自施設で患者登録し、治療計画に沿って適切に治療を行う。登録患者の末梢血検体をBBJで保存する。
Sep 2015   治験実施優良者・福原規子
治験実施優良者・福原規子
Jun 2014   高齢者多発性骨髄腫患者に対する至適な分子標的療法の確立と治療効果および有害事象を予測するバイオマーカーの探索的研究
日本医療研究開発機構研究費(革新的がん医療実用化研究事業)
患者登録・治療・追跡