鬼沢 直哉

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/28 09:49
 
アバター
研究者氏名
鬼沢 直哉
 
オニザワ ナオヤ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/5503dee1c6a2ce553dbeb9ba62d8efcd.html
所属
東北大学
部署
電気通信研究所
職名
助教
学位
博士(工学)(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年12月
 - 
現在
東北大学 電気通信研究所 助教
 
2018年10月
 - 
現在
JST さきがけ研究員(兼任)
 
2013年12月
 - 
2018年11月
東北大学 学際科学フロンティア研究所 助教
 
2015年6月
   
 
Southern Brittany大学 客員准教授
 
2012年4月
 - 
2013年9月
McGIll大学 博士研究員
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2009年3月
東北大学大学院 工学研究科 電気・通信工学専攻 博士後期課程
 
2004年4月
 - 
2006年3月
東北大学大学院 工学研究科 電気・通信工学専攻 博士前記課程
 
2000年4月
 - 
2004年3月
東北大学 工学部 通信工学科
 

委員歴

 
2017年1月
 - 
2019年12月
Technical Committee on Multiple-Valued Logic of IEEE Computer Society  Members-at-Large
 
2017年9月
 - 
2019年5月
2019 IEEE International Symposium on Asynchronous Circuits and Systems  Publication chair
 
2014年9月
 - 
2016年5月
2016 IEEE International Symposium on Multiple Valued Logic  Secretary
 

受賞

 
2016年5月
IEEE Technical Committee on Multiple-Valued Logic Kenneth C. Smith Early Career Award for Microelectronics Research in 46th IEEE International Symposium on Multiple-Valued Logic (ISMVL)
受賞者: Naoya Onizawa
 
2014年12月
一般財団法人青葉工学振興会 一般財団法人青葉工学振興会第20回青葉工学研究奨励賞 非同期式信号処理に基づく高速・低電力VLSIの実現に関する研究
 
2014年8月
Falling Walls Lab 3rd place at Falling Walls Lab Sendai 2014 Paradigm Shift in Computing
受賞者: Naoya Onizawa
 
2014年5月
IEEE Best Paper Finalist (2014 IEEE International Symposium on Asynchronous Circuits and Systems)
受賞者: N. Onizawa, S. Matsunaga, T. Hanyu
 
2010年7月
IEEE Best Paper Award (2010 IEEE Computer Society Annual Symposium on VLSII)
受賞者: N. Onizawa, T. Funazaki, A. Matsumoto, T. Hanyu
 

論文

 
S. Smithson, N. Onizawa, B. H. Meyer, W. J. Gross, and T. Hanyu
IEEE Trans. on Circuits and Syst. I Reg. Papers   66(6) 2263-2274   2019年6月   [査読有り]
Study of Stochastic Invertible Multiplier Designs
K. Nishino, S. Smituhson, N. Onizawa, B. H. Myer, W. J. Gross, H. Yamagata, H. Fujita, and T. Hanyu
Proc. IEEE International Conference on Electronics, Circuits & Systems (ICECS) 2018   649-650   2018年12月   [査読有り]
N. Onizawa, M. Imai, T. Yoneda, and T. Hanyu
Microelectronics Journal   82 46-61   2018年12月   [査読有り]
W. J. Gross, N. Onizawa, K. Matsumiya, and T. Hanyu
Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE,   E9-N(4) 406-422   2018年10月   [査読有り][招待有り]
N. Onizawa, S. Koshita, S. Sakamoto, M. Kawamata, and T. Hanyu
Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE,   E9-N(4) 23-435   2018年10月   [査読有り]
Naoya Onizawa, Daisaku Katagiri, Kazumichi Matsumiya, Warren J. Gross, and Takahiro Hanyu
IEEE Journal on Emerging and Selected Topics in Circuits and Systems (JETCAS)   8(3) 444-453   2018年9月   [査読有り]
J.-P. Diguet, N. Onizawa, M. Rizk, M. J. Sepulveda, A. Baghdadi, and T. Hanyu
IEEE Trans. on Very Large Scale Integration (VLSI) Systems,   26(12) 2696-2708   2018年12月   [査読有り]
N. Onizawa, S. Koshita, S. Sakamoto, M. Abe, M. Kawamata, and T. Hanyu
IEEE Trans. on Very Large Scale Integration (VLSI) Systems   25(10) 2724-2735   2017年10月   [査読有り]
A. Arash, F. Leduc-Primeau, N. Onizawa, T. Hanyu, and W. J. Gross
IEEE Trans. on Very Large Scale Integration (VLSI) Systems   25(10) 2688-2699   2017年10月   [査読有り]
N. Onizawa, D. Katagiri, W. J. Gross, and T. Hanyu
IEEE Trans. on Nanotechnology   15(5) 705-714   2016年9月   [査読有り]

Misc

 
鬼沢直哉, 松宮一道,羽生貴弘
IEICE Fundamental Review   11(1) 28-39   2017年7月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Stochastic Computing: Techniques and Applications,
N. Onizawa, W. J. Gross and T. Hanyu (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 9 (Brain-Inspired Computing))
Springer   2019年2月   ISBN:978-3-030-03729-1
百花繚覧 vol. 1
鬼沢 直哉 (担当:分担執筆, 範囲:第5章(人間的(脳型)コンピューティングによる安全で快適な暮らしの実現に向けて))
東北大学出版   2019年1月   ISBN:978-4861633133
N. Onizawa, T. Funazaki, A. Matsumoto, and T. Hanyu (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 2)
Springer   2012年   ISBN:978-94-007-1488-5

講演・口頭発表等

 
Stochastic Computing for Brainwrae LSI [招待有り]
N. Onizawa, W. J. Gross, and T. Hanyu
26th IEEE International Symposium on Asynchronous Circuits and Systems, Special Session   2019年5月12日   
Stochastic Computing for Brainware LSI [招待有り]
N. Onizawa, S. Koshita, S. Sakamoto, M. Kawamata, and T. Hanyu, W. J. Gross and T. Hanyu
The 2019 RIKEN International Workshop on Neuromorphic Computing   2019年3月11日   
Efficient CMOS Invertible Logic Using Stochastic Computing
N. Onizawa, S. C. Smithson, B. H. Meyer, W. J. Gross and T. Hanyu
The 6th International Symposium on Brainware LSI   2020年3月2日   
確率的演算に基づく省エネルギー脳型LSI実現の展望 [招待有り]
鬼沢 直哉
2018年電子情報通信学会ソサイエティ大会   2018年9月14日   
ストカスティック演算に基づくインバーティブルロジック回路の構成
西野海斗,鬼沢直哉,羽生貴弘
2018年電子情報通信学会ソサイエティ大会   2018年9月12日   
Energy-Efficient Brainware LSI Based on Stochastic Computation [招待有り]
鬼沢 直哉
2018 Emerging Technologies CMOS (ETCMOS)   2018年5月9日   
Energy-Efficient Brainware LSI Based on Stochastic Computation [招待有り]
鬼沢 直哉
5th IEEE Global Conference on Signal and Information Processing (GlobalSIP)   2017年11月14日   
ストカスティック演算に基づく省エネルギー脳型LSI実現の展望 [招待有り]
鬼沢 直哉
第30回回路とシステムのワークショップ   2017年5月11日   
ストカスティック演算による脳型LSI実現の展望 [招待有り]
鬼沢 直哉
IEEE広島支部共催講演会   2016年11月7日   
Stochastic Implementation of Gammatone Filters for Auditory Processing, [招待有り]
鬼沢 直哉
1st Workshop on Stochastic Computing and Related Topics   2016年6月20日   

競争的資金等の研究課題

 
エッジ型学習用ハードウェア実現に向けたインバーティブルロジックの創成
JST: 戦略的創造研究推進制度(個人研究型)
研究期間: 2018年10月 - 2022年3月    代表者: 鬼沢 直哉
脳型コンピューティング向けダーク・シリコンロジックLSIの基盤技術開発
科学研究費補助金: 基盤研究(S)
研究期間: 2016年4月 - 2021年3月    代表者: 羽生 貴弘
超並列ストカスティック演算に基づく大規模な人間的視覚処理ハードウェア実現への挑戦
科学研究費補助金: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 鬼沢 直哉
確率的演算に基づく超低消費電力IPパケット処理LSI実現に関する研究
科学研究費補助金: 若手研究(A)
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 鬼沢 直哉

特許

 
羽生 貴弘, 望月 明, 鬼沢 直哉, 玉越 晃, 大野 英男
羽生 貴弘, 鬼沢 直哉, 大野 英男
羽生 貴弘, 松永 翔雲, 鬼沢 直哉, ガウデット,ヴィンセント
羽生 貴弘, 松永 翔雲, 鬼沢 直哉, ガウデット,ヴィンセント
羽生 貴弘, 鬼沢 直哉, 松本 敦