OHNUMA Shinobu

J-GLOBAL         Last updated: Oct 15, 2019 at 05:38
 
Avatar
Name
OHNUMA Shinobu
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/673f6c665738304bafc4145f5ac3f364.html
Affiliation
Tohoku University
Section
University Hospital University Hospital Surgery Gastrointestinal and Colorectal Surgery
Job title
Assistant Professor
Degree
医学博士(Tohoku University)
Other affiliation
Tohoku University

Research Areas

 
 
  • Clinical surgery / Digestive surgery / 
  • Clinical surgery / Digestive surgery / Colorectal Surgery
  • Clinical surgery / General surgery / Functional analyses of alternative splicing of mulidrug resistance linked ABC transporters expressed in gastrointestinal cancers
  • Clinical surgery / Digestive surgery / Identification and functional analyses of pharmacogenomic biomarkers involved in 5-FU mediated adverse event

Academic & Professional Experience

 
May 2012
 - 
Mar 2013
助教, 東北大学病院
 
Mar 2011
 - 
Apr 2012
厚生労働技官, 国立療養所東北新生園
 
Nov 2010
 - 
Feb 2011
医員, 東北大学病院
 
Sep 2007
 - 
Oct 2010
Visiting Fellow, Laboratory of Cell Biology, Transport Biochemistry Section, National Institutes of Health (NIH), National Cancer Institute (NCI),
 
Apr 2007
 - 
Aug 2007
医員, 東北大学病院
 
Apr 2003
 - 
Mar 2007
大学院生, 東北大学大学院
 
Jun 1999
 - 
Mar 2003
医員, 東京都立豊島病院
 
May 1999
   
 
研究生, 東京医科大学
 
May 1996
 - 
Apr 1999
外科シニアレジデント, 東京都立駒込病院
 
May 1994
 - 
Mar 1996
内科初期研修医, 山形市立病院済生館
 

Education

 
Apr 2003
 - 
Mar 2007
Division of Medical Sciences, Tohoku University Graduate School of Medicine
 
Apr 1988
 - 
Mar 1994
Faculty of Medicine, Yamagata University
 

Awards & Honors

 
Sep 2013
優秀ポスター賞
 
Oct 2011
優秀演題賞
 

Published Papers

 
Kanehara K, Ohnuma S, Kanazawa Y, Sato K, Kokubo S, Suzuki H, Karasawa H, Suzuki T, Suzuki C, Naitoh T, Unno M, Abe T
Scientific reports   9(1) 12739   Sep 2019   [Refereed]
[A Case of Curatively Resected Rectal Cancer with Preservation of Urinary Function after Chemotherapy].
Mochizuki Y, Karasawa H, Une N, Ohnuma S, Suzuki H, Imoto H, Yamamura A, Kohyama A, Aoki T, Watanabe K, Tanaka N, Musha H, Kamei T, Naitoh T, Unno M
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   46(4) 820-822   Apr 2019   [Refereed]
[A Case of Laparoscopically Resected Giant Rectal Cancer Following Neoadjuvant Chemoradiotherapy].
Aizawa T, Karasawa H, Ohnuma S, Suzuki H, Imoto H, Yamamura A, Kohyama A, Aoki T, Watanabe K, Tanaka N, Musha H, Motoi F, Kamei T, Naitoh T, Unno M
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45(13) 1931-1933   Dec 2018   [Refereed]
[Two Cases of Locally Recurrent Rectal Cancer Successfully Treated by Carbon Ion Radiotherapy].
Kanehara K, Ohnuma S, Suzuki H, Yamamura A, Karasawa H, Kohyama A, Aoki T, Watanabe K, Tanaka N, Musha H, Motoi F, Kamei T, Naitoh T, Unno M
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45(13) 1940-1942   Dec 2018   [Refereed]
[A Small Rectal Neuroendocrine Tumor of Less Than 5mm with Lymph Node Metastasis].
Kokubo S, Ohnuma S, Suzuki H, Imoto H, Yamamura A, Karasawa H, Kohyama A, Aoki T, Watanabe K, Tanaka N, Musha H, Motoi F, Kamei T, Naitoh T, Unno M
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45(13) 1985-1987   Dec 2018   [Refereed]
広汎子宮全摘・骨盤リンパ節郭清術後に生じた尿管による絞扼性腸閉塞の1例
小林 実, 大沼 忍, 村上 恵, 鈴木 秀幸, 山村 明寛, 唐澤 秀明, 神山 篤史, 青木 豪, 渡辺 和宏, 武者 宏昭, 内藤 剛, 海野 倫明
日本腹部救急医学会雑誌   38(7) 1149-1152   Nov 2018
絞扼性腸閉塞はさまざまな原因によって腸管が絞扼・壊死する疾患であり、緊急手術を要する。今回、尿管が索状物となり絞扼性腸閉塞を発症した1例を経験した。症例は60歳女性、腟悪性黒色腫に対して腟全摘、広汎子宮全摘、骨盤・鼠径リンパ節郭清術を施行した。手術1ヵ月半後に突然の上腹部痛を主訴に当院救急外来に搬送され、夜間帯に婦人科に入院となった。翌日になり絞扼性腸閉塞が疑われたため、緊急手術を行った。術中所見では、回腸が骨盤前面で索状物により絞扼され壊死に陥っていた。索状物が右尿管である可能性も考えら...
Hirosawa T, Ishida M, Ishii K, Kanehara K, Kudo K, Ohnuma S, Kamei T, Motoi F, Naitoh T, Selaru FM, Unno M.
PLoS One   13(11) e206643   Nov 2018   [Refereed]
Ishii K, Ishida M, Sugisawa N, Murakami M, Ono T, Tachibana T, Imoto H, Aoki T, Kudoh K, Ohnuma S, Sakata N, Musha H, Morikawa T, Motoi F, Kamei T, Naitoh T, Unno M
Surgery today   48(10) 916-920   Oct 2018   [Refereed]
Sugisawa N, Ohnuma S, Ueda H, Murakami M, Sugiyama K, Ohsawa K, Kano K, Tokuyama H, Doi T, Aoki J, Ishida M, Kudoh K, Naitoh T, Ambudkar SV, Unno M
Molecular pharmaceutics   15(9) 4021-4030   Sep 2018   [Refereed]
Watanabe K, Nagao M, Suzuki H, Karasawa H, Ohnuma S, Musha H, Funayama Y, Kamei T, Naitoh T, Unno M
Surgery today   48(4) 455-461   Apr 2018   [Refereed]
[Endoscopy-Assisted Partial Duodenal Resection for Duodenal Adenoma in a Patient with Familial Adenomatous Polyposis].
Hirashima T, Ohnuma S, Karasawa H, Watanabe K, Imoto H, Aoki T, Kudoh K, Tanaka N, Nagao M, Musha H, Motoi F, Kamei T, Naitoh T, Unno M
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45(3) 518-520   Mar 2018   [Refereed]
石田 晶玄, 元井 冬彦, 佐藤 英昭, 村上 恵, 前田 晋平, 工藤 克昌, 大沼 忍, 水間 正道, 中川 圭, 海野 倫明
日本静脈経腸栄養学会雑誌   33(1) 641-646   Mar 2018
伊勢 一郎, 渡辺 和宏, 長尾 宗紀, 大沼 忍, 唐澤 秀明, 鈴木 秀幸, 内藤 剛, 海野 倫明
日本大腸肛門病学会雑誌   71(3) 133-138   Mar 2018
[Multidisciplinary Treatment for Squamous Cell Carcinoma of the Anal Canal].
Karasawa H, Ohnuma S, Watanabe K, Tsuchiya T, Imoto H, Aoki T, Kudoh K, Tanaka N, Nagao M, Abe T, Musha H, Motoi F, Kamei T, Naitoh T, Unno M
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44(12) 2009-2010   Nov 2017   [Refereed]
[A Case of Curatively Resected Ascending Colon Cancer with Ovarian Metastasis and Peritoneal Dissemination after Chemotherapy].
Mochizuki Y, Karasawa H, Shimodaira H, Ohnuma S, Watanabe K, Maeda S, Nagao M, Aoki T, Kudo K, Tanaka N, Musha H, Motoi F, Kamei T, Naitoh T, Unno M
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44(12) 1711-1713   Nov 2017   [Refereed]
[A Case of Leiomyosarcoma of the Small Intestine with Intestinal Hemorrhage Due to Intraluminal Penetration].
Tsuchiya T, Tanaka N, Nagao M, Watanabe K, Imoto H, Ohnuma S, Musha H, Watanabe M, Murakami K, Fujishima F, Motoi F, Naitoh T, Unno M
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44(12) 1068-1070   Nov 2017   [Refereed]
Takahashi H, Takahashi M, Ohnuma S, Unno M, Yoshino Y, Ouchi K, Takahashi S, Yamada Y, Shimodaira H, Ishioka C
BMC cancer   17(1) 723   Nov 2017   [Refereed]
Murakami M, Ohnuma S, Fukuda M, Chufan EE, Kudoh K, Kanehara K, Sugisawa N, Ishida M, Naitoh T, Shibata H, Iwabuchi Y, Ambudkar SV, Unno M
Drug metabolism and disposition: the biological fate of chemicals   45(11) 1166-1177   Nov 2017   [Refereed]
Okamura R, Hida K, Yamaguchi T, Akagi T, Konishi T, Yamamoto M, Ota M, Matoba S, Bando H, Goto S, Sakai Y, Watanabe M, Japan Society of Laparoscopic Colorectal Surgery., Watanabe K, Otsuka K, Takemasa I, Tanaka K, Ikeda M, Matsuda C, Fukuda M, Hasegawa J, Akamoto S, Shiozawa M, Tsuruta A, Akiyoshi T, Kato T, Tsukamoto S, Ito M, Naito M, Kanazawa A, Takahashi T, Ueki T, Hayashi Y, Morita S, Yamaguchi T, Nakanishi M, Hasegawa H, Okamoto K, Teraishi F, Sumi Y, Tashiro J, Yatsuoka T, Nishimura Y, Okita K, Kobatake T, Horie H, Miyakura Y, Ro H, Nagakari K, Hidaka E, Umemoto T, Nishigori H, Murata K, Wakayama F, Makizumi R, Fujii S, Sunami E, Kobayashi H, Nakagawa R, Enomoto T, Ohnuma S, Higashijima J, Ozawa H, Ashida K, Fujita F, Uehara K, Maruyama S, Ohyama M, Yamamoto S, Hinoi T, Yoshimitsu M, Okajima M, Tanimura S, Kawasaki M, Ide Y, Hazama S, Watanabe J, Inagaki D, Toyokawa A
Annals of gastroenterological surgery   1(3) 199-207   Sep 2017   [Refereed]
金原 圭吾, 大沼 忍, 唐澤 秀明, 渡辺 和宏, 工藤 克昌, 石田 晶玄, 佐藤 聡子, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
日本消化器外科学会雑誌   50(9) 754-761   Sep 2017

Misc

 
【最新版 "腸閉塞"を極める!】疾患別 診断と治療 慢性偽性腸閉塞症
渡辺 和宏, 内藤 剛, 神山 篤史, 唐澤 秀明, 鈴木 秀幸, 大沼 忍, 武者 宏昭, 亀井 尚, 海野 倫明
臨床外科   73(7) 830-834   Jul 2018
<文献概要>ポイント ◆慢性偽性腸閉塞症(CIPO)の診断は,(1)慢性の腸閉塞症状,(2)腸管拡張所見,(3)器質的狭窄を認めない,の3項目が基本となる.◆CIPOは原発性と続発性に分類され,鑑別が重要である.◆治療の中心は栄養管理・薬物治療であるが,難治の場合には外科治療が考慮されることもある.◆小腸限局型・大腸小腸型では腸管切除の有効率は低いため,胃瘻造設や小腸瘻造設などの減圧手術にとどめる.
唐澤 秀明, 高木 尚之, 大沼 忍, 亀井 尚, 内藤 剛, 海野 倫明
手術   72(3) 307-313   Mar 2018
【究極のこだわり 直腸癌に対する腹腔鏡下手術】 男性狭骨盤症例の腹腔鏡下低位前方切除術
大沼 忍, 内藤 剛, 村上 恵, 鈴木 秀幸, 井本 博文, 山村 明寛, 唐澤 秀明, 神山 篤史, 青木 豪, 渡辺 和宏, 田中 直樹, 武者 宏昭, 元井 冬彦, 亀井 尚, 海野 倫明
消化器外科   40(13) 1765-1771   Dec 2017
渡辺 和宏, 柴田 近, 小川 仁, 長尾 宗紀, 羽根田 祥, 工藤 克昌, 神山 篤史, 鈴木 秀幸, 三浦 康, 内藤 剛, 鹿郷 昌之, 田中 直樹, 大沼 忍, 佐々木 宏之, 海野 倫明, 福島 浩平
胃と腸   48(5) 731-736   May 2013
潰瘍性大腸炎(UC)の術後の排便機能は概ね良好であり,QOLは術前と比べて同等以上であるとする報告が多い.その一方で,UCの術後には,回腸嚢炎をはじめとした特徴的な晩期合併症を生じることがある.また,現在では選択される頻度は低いが,結腸全摘・回腸直腸吻合術を行った症例では,残存直腸の炎症再燃や癌化が問題となる.これらのUCの特徴を十分理解したうえで診療に当たる必要がある.厚生労働省の「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」班からは,回腸嚢炎診断基準,回腸嚢炎治療指針などが報告されており,U...
【必読イレウスの診断から治療まで】 機械的イレウス 単純性イレウス 腸壁以外の病変によるイレウス
大沼 忍, 三浦 康, 内藤 剛, 鹿郷 昌之, 森川 孝則, 田中 直樹, 羽根田 祥, 渡辺 和宏, 佐々木 宏之, 工藤 克昌, 柴田 近, 海野 倫明, 佐々木 巖
外科   74(3) 239-244   Mar 2012
腸壁以外の病変によるイレウスは、イレウス例全体の10%以下である。イレウスをきたす腸壁以外の病変として、腫瘍の播種・転移、腸管外腫瘤、索状物、膿瘍、動脈瘤、血腫、子宮内膜症などがあげられる。その診断には、閉塞部位の同定のみならずその病因をも示唆する造影CTが有用である。閉塞の原因を除去することが治療の原則であるが、腫瘍の播種によるイレウスの場合は姑息的な治療になることが多く、症例に見合った適切な治療法を選択することが必要である。(著者抄録)

Conference Activities & Talks

 
クローン病における再(再々)手術率の検討および頻回の再手術例に対する新吻合法の有用性の検討
渡辺 和宏, 長尾 宗紀, 鈴木 秀幸, 大沼 忍, 唐澤 秀明, 田中 直樹, 工藤 克昌, 青木 豪, 井本 博文, 武者 宏昭, 元井 冬彦, 亀井 尚, 内藤 剛, 海野 倫明
日本消化器病学会雑誌   Apr 2018   
手術を要した腸管型ベーチェット病の再発形式と長期予後
伊勢 一郎, 渡辺 和宏, 長尾 宗紀, 大沼 忍, 唐澤 秀明, 鈴木 秀幸, 武者 宏昭, 元井 冬彦, 石田 孝宣, 亀井 尚, 内藤 剛, 海野 倫明
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2018   
マップ作成によるクローン病狭窄病変好発部位の検討
鈴木 秀幸, 長尾 宗紀, 渡辺 和宏, 大沼 忍, 唐澤 秀明, 村上 恵, 武者 宏昭, 元井 冬彦, 石田 孝宣, 亀井 尚, 内藤 剛, 海野 倫明
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2018   
当院における病的肥満症に対する減量手術の治療成績
井本 博文, 田中 直樹, 武者 宏昭, 大沼 忍, 長尾 宗紀, 渡辺 和宏, 工藤 克昌, 内藤 剛, 亀井 尚, 石田 孝宣, 海野 倫明
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2018   
腹腔鏡下幽門側胃切除における予後規定因子の検討
武者 宏昭, 村上 恵, 井本 博文, 鈴木 秀幸, 唐澤 秀明, 青木 豪, 工藤 克昌, 田中 直樹, 渡辺 和宏, 長尾 宗紀, 大沼 忍, 元井 冬彦, 内藤 剛, 亀井 尚, 石田 孝宣, 海野 倫明
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2018   
pT因子によるStageII大腸癌の細分化は妥当である
宇根 範和, 大沼 忍, 唐澤 秀明, 渡辺 和宏, 村上 恵, 鈴木 秀幸, 井本 博文, 青木 豪, 工藤 克昌, 田中 直樹, 長尾 宗紀, 武者 宏昭, 亀井 尚, 石田 孝宣, 内藤 剛, 海野 倫明
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2018   
遺伝子発現によるサブタイプ分類を利用したStageII結腸癌再発リスク予測 多施設共同研究による検証(55 STAR試験)
楠本 哲也, 神藤 英二, 沖 英次, 下川 元継, 冨田 尚裕, 石黒 めぐみ, 大沼 忍, 橋口 陽二郎, 山口 茂樹, 田中 正文, 森田 勝, 多田 幸代, 松嶋 朋子, 長谷 和生
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2018   
クローン病における再(再々)手術率の検討および頻回の再手術例に対する新吻合法の有用性の検討
渡辺 和宏, 長尾 宗紀, 鈴木 秀幸, 大沼 忍, 唐澤 秀明, 田中 直樹, 工藤 克昌, 青木 豪, 井本 博文, 武者 宏昭, 元井 冬彦, 石田 孝宣, 亀井 尚, 内藤 剛, 海野 倫明
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2018   
安全に配慮した高難度腹腔鏡下膵切除 Referee systemを用いた安全な腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術の導入
森川 孝則, 石田 晶玄, 高舘 達之, 畠 達夫, 伊関 雅裕, 有明 恭平, 益田 邦洋, 青木 豪, 大沼 忍, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 水間 正道, 武者 宏昭, 中川 圭, 林 洋毅, 宮城 重人, 元井 冬彦, 石田 孝宣, 亀井 尚, 内藤 剛, 海野 倫明
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2018   
膵手術と短期成績(Lateral pancreatico-jejunostomy)
石田 晶玄, 元井 冬彦, 畠 達夫, 伊関 雅裕, 高舘 達之, 有明 恭平, 益田 邦洋, 青木 豪, 大沼 忍, 深瀬 耕二, 水間 正道, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 林 洋毅, 中川 圭, 武者 宏昭, 森川 孝則, 石田 孝宣, 亀井 尚, 内藤 剛, 海野 倫明
日本外科学会定期学術集会抄録集   Apr 2018   
再生不良性貧血治療中に発症したメッケル憩室出血の一切除例
市川 英孝, 唐澤 秀明, 村上 恵, 工藤 克昌, 大沼 忍, 林 洋毅, 中川 圭, 武者 宏昭, 元井 冬彦, 亀井 尚, 内藤 剛, 海野 倫明
日本腹部救急医学会雑誌   Feb 2018   
当科における臨時・緊急膵手術症例の検討
森川 孝則, 元井 冬彦, 水間 正道, 畠 達夫, 伊関 雅裕, 高舘 達之, 有明 恭平, 益田 邦洋, 青木 豪, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 大沼 忍, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 武者 宏昭, 中川 圭, 林 洋毅, 亀井 尚, 内藤 剛, 海野 倫明
日本腹部救急医学会雑誌   Feb 2018   
高浸透圧を利用したslug法(ナメクジ法)によるストーマ脱・直腸脱・浮腫腸管ストーマ造設の手技
渡辺 和宏, 神山 篤史, 唐澤 秀明, 鈴木 秀幸, 大沼 忍, 武者 宏昭, 渡邊 涼子, 亀井 尚, 内藤 剛, 海野 倫明
日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会誌   Jan 2018   
当科における胃GISTに対する腹腔鏡下手術の治療成績の検討
小野 翼, 井本 博文, 武者 宏昭, 大沼 忍, 田中 直樹, 長尾 宗紀, 渡辺 和宏, 工藤 克昌, 青木 豪, 唐澤 秀明, 杉沢 徳彦, 内藤 剛, 亀井 尚, 海野 倫明
日本内視鏡外科学会雑誌   Dec 2017   
腹腔鏡下幽門側胃切除術における併施手術施行症例の検討
武者 宏昭, 井本 博文, 唐澤 秀明, 青木 豪, 工藤 克昌, 渡辺 和宏, 田中 直樹, 長尾 宗紀, 大沼 忍, 内藤 剛, 亀井 尚, 海野 倫明
日本内視鏡外科学会雑誌   Dec 2017   
パルスウォータージェットメスの腹腔鏡下大腸切除への応用
唐澤 秀明, 大沼 忍, 渡辺 和宏, 井本 博文, 青木 豪, 工藤 克昌, 田中 直樹, 長尾 宗紀, 武者 宏昭, 亀井 尚, 内藤 剛, 海野 倫明
日本内視鏡外科学会雑誌   Dec 2017   
腹腔鏡下幽門側切除術の短期成績におけるリスク因子の検討
田中 直樹, 武者 宏昭, 井本 博文, 青木 豪, 工藤 克昌, 唐澤 秀明, 渡辺 和宏, 長尾 宗紀, 大沼 忍, 亀井 尚, 内藤 剛, 海野 倫明
日本内視鏡外科学会雑誌   Dec 2017   
胃癌・大腸癌の重複癌に対する腹腔鏡下同時切除症例の検討
相澤 卓, 唐澤 秀明, 杉沢 徳彦, 井本 博文, 青木 豪, 工藤 克昌, 田中 直樹, 渡辺 和宏, 長尾 宗紀, 大沼 忍, 武者 宏昭, 亀井 尚, 内藤 剛, 海野 倫明
日本内視鏡外科学会雑誌   Dec 2017   
膵体尾部境界に関する外科解剖的考察
石田 晶玄, 森川 孝則, 高舘 達之, 畠 達夫, 青木 豪, 工藤 克昌, 大沼 忍, 深瀬 耕二, 林 洋毅, 中川 圭, 武者 宏昭, 内藤 剛, 亀井 尚, 海野 倫明
日本内視鏡外科学会雑誌   Dec 2017   
開腹手技と腹腔鏡手技の利点を組み合わせた重症潰瘍性大腸炎に対するHALS大腸亜全摘術の術野展開
渡辺 和宏, 長尾 宗紀, 井本 博文, 唐澤 秀明, 青木 豪, 工藤 克昌, 田中 直樹, 大沼 忍, 武者 宏昭, 亀井 尚, 内藤 剛, 海野 倫明
日本内視鏡外科学会雑誌   Dec 2017   

Social Contribution

 
ブルーリボンキャラバン もっと知ってほしい大腸がんのこと 2016 in 仙台
[Lecturer, Planner]  15 Oct 2016
大腸癌の啓発活動
NPO法人 NEXTSURG 市民公開講座 大腸がんの予防と治療
[Lecturer]  21 Feb 2015
大腸癌の啓発活動
ブルーリボンキャラバン もっと知ってほしい大腸がんのこと 2013 in 仙台
[Lecturer]  27 Jun 2013
大腸癌の啓発活動