門倉 広

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/18 23:12
 
アバター
研究者氏名
門倉 広
 
カドクラ ヒロシ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/0e7d0c63988511d969d32c13b37c77cd.html
所属
東北大学
部署
多元物質科学研究所 有機・生命科学研究部門 生体分子構造研究分野
職名
准教授
学位
農学博士(農芸化学専攻)(東京大学)
科研費研究者番号
70224558
ORCID ID
0000-0001-7308-7141

研究分野

 
 

経歴

 
2013年
 - 
現在
東北大学多元物質科学研究所 准教授
 
2008年
 - 
2013年
奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科 国際リサーチフェロー/研究員
 
2002年
 - 
2008年
ハーバード大学医学部微生物分子遺伝学科 Instructor
 
2000年
 - 
2002年
ハーバード大学医学部微生物分子遺伝学科 Visiting Assistant Professor
 
1990年
 - 
2000年
東京大学農学部/大学院農学生命科学研究科 助手
 

学歴

 
1985年
 - 
1990年
東京大学大学院農学系研究科農芸化学専攻  
 
1983年
 - 
1985年
東京大学農学部農芸化学科  
 
1981年
 - 
1983年
東京大学教養学部理科二類  
 

論文

 
Fujimoto T, Inaba K, Kadokura H.
Protein Science   28(1) 30-40   2019年1月   [査読有り][招待有り]
Fujimoto T, Nakamura O, Saito M, Tsuru A, Matsumoto M, Kohno K, Inaba K, Kadokura H.
Journal of Biological Chemistry   293(48) 18421-18433   2018年11月   [査読有り]
Tsuchiya Y, Saito M, Kadokura H, Miyazaki J-I, Tashiro F, Imagawa Y, Iwawaki T, Kohno K.
Journal of Cell Biology   217(4) 1287-1301   2018年   [査読有り]
Okumura M, Kadokura H, Inaba K.
Free Radical Biology and Medicine   83 314-322   2015年   [査読有り][招待有り]
Okumura M, Kadokura H, Hashimoto S, Yutani K, Kanemura S, Hikima T, Hidaka Y, Ito L, Shiba K, Masui S, others
Journal of Biological Chemistry   289(39) 27004-27018   2014年   [査読有り]
Kadokura H, Saito M, Tsuru A, Hosoda A, Iwawaki T, Inaba K, Kohno K.
Biochemical and Biophysical Research Communications   440(2) 245-250   2013年   [査読有り]
Tsuru A, Fujimoto N, Takahashi S, Saito M, Nakamura D, Iwano M, Iwawaki T, Kadokura H, Ron D, Kohno K.
Proceedings of the National Academy of Sciences, USA   110(8) 2864-2869   2013年   [査読有り]
Nakayashiki T, Saito N, Takeuchi R, Kadokura H, Nakahigashi K, Wanner BL, Mori H.
Journal of Bacteriology   195(9) 2039-2049   2013年   [査読有り]
Chng SS, Dutton RJ, Denoncin K, Vertommen D, Collet J-F, Kadokura H, Beckwith J.
Molecular Microbiology   85(5) 996-1006   2012年   [査読有り]
Chng SS, Xue M, Garner RA, Kadokura H, Boyd D, Beckwith J, Kahne D.
Science   337(6102) 1665-1668   2012年   [査読有り]
Sopha P, Kadokura H, Yamamoto Y-h, Takeuchi M, Saito M, Tsuru A, Kohno K.
Cell Structure and Function   37(2) 177-187   2012年   [査読有り]
Shinya S, Kadokura H, Imagawa Y, Inoue M, Yanagitani K, Kohno K.
Nucleic Acids Research   39(12) 5245-5254   2011年7月   [査読有り]
Yanagitani K, Kimata Y, Kadokura H, Kohno K.
Science   331(6017) 586   2011年   [査読有り]
Ohtsu I, Wiriyathanawudhiwong N, Morigasaki S, Nakatani T, Kadokura H, Takagi H.
Journal of Biological Chemistry   285(23) 17479   2010年   [査読有り]
Kadokura H, Beckwith J.
Antioxidants & Redox Signaling   13(8) 1231-1246   2010年10月   [査読有り]
Yamamoto Y-h, Kimura T, Momohara S, Takeuchi M, Tani T, Kimata Y, Kadokura H, Kohno K.
Cell Structure and Function   35(2) 107-116   2010年   [査読有り]
Kadokura H, Beckwith J.
Cell   138(6) 1164-1173   2009年9月   [査読有り]
Eser M, Masip L, Kadokura H, Georgiou G, Beckwith J.
Proceedings of the National Academy of Sciences, USA   106(5) 1572   2009年   [査読有り]
Zhou Y, Cierpicki T, Jimenez RHF, Lukasik SM, Ellena JF, Cafiso DS, Kadokura H, Beckwith J, Bushweller JH.
Molecular Cell   31(6) 896-908   2008年9月   [査読有り]
Kadokura H, Beckwith J.
Redox Biochemistry   113   2007年   [査読有り]
Kadokura H.
Antioxidants & Redox Signaling   8(5-6) 731-733   2006年6月   [査読有り]
Segatori L, Murphy L, Arredondo S, Kadokura H, Gilbert H, Beckwith J, Georgiou G.
Journal of Biological Chemistry   281(8) 4911   2006年   [査読有り]
Sevier CS, Kadokura H, Tam VC, Beckwith J, Fass D, Kaiser CA.
Protein Science   14(6) 1630-1642   2005年6月   [査読有り]
Kadokura H, Nichols L, Beckwith J.
Journal of Bacteriology   187(4) 1519-1522   2005年2月   [査読有り]
Kadokura H, Tian HP, Zander T, Bardwell JCA, Beckwith J.
Science   303(5657) 534-537   2004年1月   [査読有り]
Kadokura H, Katzen F, Beckwith J.
Annual Review of Biochemistry   72 111-135   2003年
Suzuki K, Sami M, Kadokura H, Nakajima H, Kitamaoto K.
International Journal of Food Microbiology   76(3) 223-230   2002年6月   [査読有り]
Kadokura H, Beckwith J.
EMBO Journal   21(10) 2354-2363   2002年5月   [査読有り]
Kadokura H, Beckwith J.
Nature Cell Biology   3(11) E247-E249   2001年11月
Xu XY, Kadokura H, Okubo A, Kitamoto K, Yamazaki S.
Applied Microbiology and Biotechnology   56(3-4) 442-447   2001年8月   [査読有り]
Kadokura H, Kawasaki H, Yoda K, Yamasaki M, Kitamoto K.
Journal of General and Applied Microbiology   47(3) 133-141   2001年6月   [査読有り]
Kadokura H, Bader M, Tian HP, Bardwell JCA, Beckwith J.
Proceedings of the National Academy of Sciences, USA   97(20) 10884-10889   2000年9月   [査読有り]
Maruyama JI, Ohnuma H, Yoshikawa A, Kadokura H, Nakajima H, Kitamoto K.
Journal of Bioscience and Bioengineering   90(1) 118-120   2000年7月   [査読有り]
Haruta M, Murata M, Kadokura H, Homma S.
Phytochemistry   50(6) 1021-1025   1999年3月   [査読有り]
Sami M, Suzuki K, Sakamoto K, Kadokura H, Kitamoto K, Yoda K.
Journal of General and Applied Microbiology   44(5) 361-363   1998年10月   [査読有り]
Haruta M, Murata M, Hiraide A, Kadokura H, Yamasaki M, Sakuta M, Shimizu S, Homma S.
Bioscience Biotechnology and Biochemistry   62(2) 358-362   1998年2月   [査読有り]
A new and rapid method for determination of beer-spoilage ability of lactobacilli
Sami M, Yamashita H, Kadokura H, Kitamoto K, Yoda K, Yamasaki M.
Journal of the American Society of Brewing Chemists   55(4) 137-140   1997年10月   [査読有り]
Sami M, Yamashita H, Hirono T, Kadokura H, Kitamoto K, Yoda K, Yamasaki M.
Journal of Fermentation and Bioengineering   84(1) 1-6   1997年   [査読有り]
Chang YC, Kadokura H, Yoda K, Yamasaki M.
Biochemical and Biophysical Research Communications   219(2) 463-468   1996年2月   [査読有り]
Physiological and biochemical analysis of the effects of alkaline phosphatase overproduction in Escherichia coli
Kadokura H, Watanabe K, Tsuneizumi K, Yoda K, Yamasaki M.
Journal of Bacteriology   177(12) 3596-3600   1995年6月   [査読有り]
bfr1(+), a novel gene of Schizosaccharomyces pombe which confers brefeldin A resistance, is structurally related to the ATP-binding cassette superfamily
Nagao K, Taguchi Y, Arioka M, Kadokura H, Takatsuki A, Yoda K, Yamasaki M.
Journal of Bacteriology   177(6) 1536-1543   1995年3月   [査読有り]
Kadokura H, Yoda K, Watanabe S, Kikuchi Y, Tamura G, Yamasaki M.
Applied Microbiology and Biotechnology   41(2) 163-169   1994年4月   [査読有り]
Production and secretion in Escherichia coli of hepatitis B virus pre-S2 antigen as fusion proteins with β-lactamase
Kadokura H, Yoda K, Imai M, Yamasaki M.
Applied and Environmental Microbiology   56(9) 2742-2747   1990年9月   [査読有り]
Molecular cloning of the protocatechuate 4,5-dioxygenase genes of Pseudomonas paucimobilis
Noda Y, Nishikawa S, Shiozuka K, Kadokura H, Nakajima H, Yoda K, Katayama Y, Morohoshi N, Haraguchi T, Yamasaki M.
Journal of Bacteriology   172(5) 2704-2709   1990年5月   [査読有り]
Secretion of Bacillus subtilis α-amylase in the periplasmic space of Escherichia coli.
Tachibana K, Yoda K, Watanabe S, Kadokura H, Katayama Y, Yamane K, Yamasaki M, Tamura G.
Journal of General Microbiology   133(7) 1775-1782   1987年7月   [査読有り]
Tachibana K, Imai M, Okamoto H, Yoda K, Kadokura H, Katayama Y, Yamasaki M.
Biotechnology Letters   8(10) 677-682   1986年10月   [査読有り]

Misc

 
門倉 広
化学と生物   48(10) 695-705   2010年10月   [依頼有り]
レドックスバイオロジー最前線〜蛋白質科学と細胞生物学の接点
門倉 広
特定領域研究「タンパク質の社会」領域ニュース   6 35-36   2010年   [依頼有り]
生体内におけるジスルフィド結合形成の仕組み
門倉 広
蛋白質 核酸 酵素   48(10) 1386-1393   2003年   [依頼有り]
FASEB Summer Research Conference "Protein Folding in the Cell” に参加して
門倉 広
特定領域研究「タンパク質の一生」シャペロンニュースレター   (11) 30-31   2003年   [依頼有り]
小膜体膜上の蛋白質透過性チャンネル
門倉 広
蛋白質 核酸 酵素   36 59-60   1991年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Redox Biochemistry
Kadokura, H., Beckwith, J. (担当:共著, 範囲:Disulfide bond formation in bacteria: p 113-120)
John Wiley & Sons, Inc   2008年   
実験応用生命化学
門倉 広 (担当:分担執筆)
朝倉書店   1994年3月   

講演・口頭発表等

 
Observing co-translational oxidative folding of a cell surface protein in the ER of mammalian cells [招待有り]
門倉 広
京都産業大学タンパク質動態研究所・新学術領域「新生鎖の生物学」合同国際シンポジウム講演   2018年8月28日   
Observing cotranslational oxidative folding of a cell surface membrane protein [招待有り]
門倉 広
Microbial Genetics and Genomics VII 国際会議講演 Asilomar Conference Grounds, CA, USA    2017年5月4日   
Observing disulfide bond formation in a cell surface protein as the polypeptide chain elongates from the ribosome in mammalian cells
門倉 広
Nascent Chain Biology Meeting 国際シンポジウム講演 富士レークホテル(河口湖)   2016年9月2日   
哺乳動物分泌蛋白質の新生鎖上にジスルフィド結合を形成する仕組み [招待有り]
門倉 広
第16回 日本蛋白質科学会年会 ワークショップ講演 福岡国際会議場   2016年6月9日   
Mechanisms of disulfide bond formation in nascent polypeptide chains in the ER of mammalian cells [招待有り]
門倉 広
From cytosol to ER: Translation, translocation and modification. 国際シンポジウム講演 東北大学片平キャンパス   2015年11月30日   
分泌タンパク質新生ポリペプチド鎖にジスルフィド結合を形成する仕組み [招待有り]
門倉 広
第87回 日本生化学会大会 シンポジウム講演 京都国際会館   2014年10月17日   
分泌タンパク質新生ポリペプチド鎖の酸化的フォールディングの解析 [招待有り]
門倉 広
第14回 日本蛋白質学会大会 ワークショップ講演 ワークピア横浜   2014年6月27日   
Towards the understanding of thiol-dependent redox networks in the ER of mammalian cells
門倉 広
Microbial Genetics and Genomics VII 国際会議講演 フランス・パリ・パスツール研究所   2014年4月18日   
哺乳動物細胞小胞体内におけるジスルフィド結合形成を解析する為の新規アッセイ系の作製 [招待有り]
門倉 広
京都産業大学総合生命科学部 セミナー講演   2012年3月8日   
反応中間体の解析から見えてきた、生体内における分泌蛋白質の酸化的フォールディングの仕組み [招待有り]
門倉 広
第84回 日本生化学会大会 シンポジウム講演 京都国際会館   2011年9月21日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
ヒト由来細胞小胞体におけるタンパク質のジスルフィド結合形成機構
基盤研究(B)
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月    代表者: 門倉 広
新生鎖の立体構造形成を支えるジスルフィド結合形成システムの解明
新学術領域研究 分担
研究期間: 2014年6月 - 2019年3月
有用タンパク質の生産に必要なPDIファミリータンパク質
野田産研研究助成
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 門倉 広
哺乳動物細胞小胞体におけるタンパク質のジスルフィド結合形成機構
基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 門倉 広
哺乳動物細胞小胞体におけるタンパク質のジスルフィド結合形成機構
基盤研究(C)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 門倉 広

社会貢献活動

 
特別訪問研修生の受け入れ(イギリス Glasgow大学 大学院生)
【助言・指導】  2017年2月
高校生徒による「多元物質科学研究所見学」仙台向山高等学校理数科
【講師, 実演】  2015年11月27日
東北大学付属研究所等一般公開・片平まつり
【企画, 運営参加・支援】  2015年10月10日 - 2015年10月11日
特別訪問研修生の受け入れ(ドイツ Duisburg-Essen大学 大学院生)
【助言・指導】  2015年9月 - 2015年10月
国際学術雑誌Antioxidants & Redox Signaling特集号の副編集者
【編集, 報告書執筆】  2004年9月 - 2005年12月