KIKUCHI Katsuko

J-GLOBAL         Last updated: Feb 26, 2019 at 15:47
 
Avatar
Name
KIKUCHI Katsuko
E-mail
kkikuchimed.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/7b1d64716c76554b66407dac34e0084b.html
Affiliation
Tohoku University
Section
University Hospital University Hospital Sense Organ&Rehabilitation Medicine Dermatology
Job title
Lecturer
Degree
医学博士(Tohoku University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Oct 1994
 - 
Apr 1997
Foundation for Basic Cutaneous Reseach
 

Education

 
 
 - 
Mar 1989
Faculty of Medicine, Tohoku University
 

Committee Memberships

 
Jan 2017
 - 
Today
日本香粧品学会・みらい検討委員会  委員
 
Jun 2015
 - 
Today
日本香粧品学会  理事
 
Apr 2015
 - 
Today
日本皮膚科学会 ガイドライン委員会  委員
 
Jan 2015
 - 
Today
日本美容皮膚科学会  機関誌編集委員長
 
Jul 2014
 - 
Today
日本美容皮膚科学会  理事
 

Published Papers

 
Kumakura S, Nakamichi T, Suzuki N, Yamakage S, Ishikawa A, Fujikura E, Sato S, Aoki T, Musha H, Kikuchi K, Nagasawa T, Sato H, Ito S, Miyazaki M
Internal medicine (Tokyo, Japan)      Feb 2019   [Refereed]
【小児先天性皮膚疾患】臨床例 10代の姉弟にみられた基底細胞母斑症候群(Gorlin症候群)
遊佐 志乃, 菊地 克子, 岡田 修子, 福與 なおみ, 相場 節也
皮膚病診療   41(1) 21-24   Jan 2019
<文献概要>症例のポイント ・基底細胞母斑症候群(basal cell nevus syndrome:BCNS)に特徴的な症状を認めた10代の姉弟例を経験した.・姉の顔面の褐色丘疹は臨床ならびに病理組織像から基底細胞母斑と診断した.・基底細胞母斑症候群では手掌・足底の小陥凹が小児期から出現する皮膚症状として診断価値が高い.
Tsuchiya S, Sawada S, Takeda K, Takahashi K, Nakajima T, Kohata M, Kurosawa S, Satake C, Imai J, Kikuchi K, Aiba S, Katagiri H
Endocrine journal      Nov 2018   [Refereed]
Kikuchi K, Nozawa K, Yamazaki N, Nakai Y, Higashiyama A, Asano M, Fujiwara Y, Kanda S, Ohe Y, Takashima A, Boku N, Inoue A, Takahashi M, Mori T, Taguchi O, Inoue Y, Mizutani H
The Journal of dermatology      Nov 2018   [Refereed]
【丈夫な皮膚をつくる/正しい保湿剤の使い方】 保湿剤の作用機序
菊地 克子
WOC Nursing   6(8) 11-16   Aug 2018
<Point>▼保湿剤にはエモリエントタイプとモイスチャライザータイプがある▼エモリエント(狭義)は、皮膚表面を油脂成分が覆い閉塞効果で間接的にゆっくりと角層水分量を増加させる▼モイスチャライザーは、水を吸着する成分と水を直接補うため、速効的に角層水分量を増加させる▼O/W型やW/O型のモイスチャライザーは、基剤に閉塞効果のある油脂成分も配合しているため、保湿効果は持続的である(著者抄録)

Books etc

 
皮膚科頻用訳のコツと落とし穴
菊地克子 (Part:Joint Work, エモリエントとモイスチャライザーには効果に差がある?86〜87頁)
文光堂   Feb 2016   
皮膚疾患最新の治療2015-2016
菊地克子 (Part:Joint Work, 多発性汗腺膿瘍163頁)
南光堂   Jan 2015   
美肌科学の最前線
菊地克子 (Part:Joint Work, 老化と皮膚生理指標の変化54〜60頁)
シーエムシー出版   Apr 2014   
皮膚科臨床アセット15母斑と母斑症
菊地克子 (Part:Joint Work, 毛細血管拡張性運動失調症259〜264頁)
中山書店   Sep 2013   
思春期の皮膚トラブルFAQ
菊地克子 (Part:Joint Work, 思春期の皮膚トラブルとスキンケアのポイントは?35〜38頁)
診断と治療社   Oct 2012   

Conference Activities & Talks

 
4mmデルマパンチによる皮膚生検で診断できたintravascular large B cell lymphomaの1例
柿崎彩, 藤村卓, 島田遼子, 水芦政人, 菊地克子, 相場節也
日本皮膚科学会宮城地方会   3 Dec 2011   
Macular lymphocytic arteritisの2例
島田遼子, 芳賀貴裕, 鍵本香子, 菊地克子, 相場節也, 今泉勤, 熊坂久美子
日本皮膚科学会宮城地方会   3 Dec 2011   
Erythema papulatum centrifugumの2例
島田遼子, 菊地克子, 相場節也
日本皮膚科学会宮城地方会   3 Dec 2011   
保湿保護剤をプラスすると何がどういいの?
菊地克子
第62回日本皮膚科学会中部支部学術大会   19 Nov 2011   
外陰部に生じた開口部形質細胞症の4例
石橋昌也, 菊地克子, 間山浩, 東條玄一, 涌澤千尋, 相場節也
第75回日本皮膚科学会東部支部学術大会   17 Sep 2011   

Research Grants & Projects

 
角層機能、香粧品科学、生体計測工学
Project Year: Sep 1990 - Today

Social Contribution

 
[日本国内] ドクターサーチみやぎ健康セミナー
[Others]  18 Dec 2011 - Today
ひとりで悩まないで!大きく変わったニキビ治療という市民向けセミナーで基調講演「ニキビはどうしてできるの?」を行い、その後、パネルディスカッションを行った。
健康の医学教室
[Others]  27 Oct 2015
市民むけ講演の講師を務めた。演題名:健やかでキレイな肌を保つために知って欲しいこと、するべきこと
日本認知症学会
[Others]  2 Oct 2015
第34回日本認知症学会学術集会のランチョンセミナーの講師を務めた。演題名:皮膚科医から見た高齢者の皮膚トラブルとその対応
宮城県薬剤師会
[Others]  25 Aug 2015
第3回宮城県薬剤師会分業対策研修会にて講演会の講師を務めた。演題名:よく診る皮膚疾患の外用剤の使い方
会津医学会
[Others]  25 Feb 2015
講演会の講師を務めた。演題名:皮膚科医から見た高齢者の皮膚トラブルとその対応

Others

 
Jan 2014   がん治療に伴う皮膚変化の評価方法と標準的ケアの確立に関する研究
抗がん剤とくに分子標的薬によって生じる皮膚障害ならびに放射線治療によって生じる皮膚障害の客観的指標を用いた評価方法を確立する。さらにそれらを用いて治療によって改善した症状を客観的に評価することにより、標準的治療方法を開発する。また、これらの治療により皮膚障害を生じた患者に対して推奨されるスキンケア、治療方法のガイドライン(手引き)の出版をめざす。
Dec 2010   ミストが皮膚に及ぼす影響の調査
ミストが皮膚に及ぼす影響の調査
Jul 2009   ミストが皮膚に及ぼす影響の調査
ミストが皮膚に及ぼす影響の調査
Sep 2008   経表皮水分蒸散量代替値測定機器の有効性の検証
経表皮水分蒸散量代替値測定機器の有効性の検証
Oct 2007   女性の顔面皮膚に対しての2種類の保湿クリームの有用性比較検討試験
女性の顔面皮膚に対しての2種類の保湿クリームの有用性比較検討試験