小坂 泉

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/02 03:03
 
アバター
研究者氏名
小坂 泉
 
コサカ イズミ
所属
日本大学
部署
生物資源科学部森林資源科学科
職名
助教
学位
博士(生物資源科学)(日本大学)
科研費研究者番号
80608951

研究分野

 
 

経歴

 
2005年4月
 - 
2006年3月
武蔵大学 非常勤講師
 
2006年4月
 - 
2011年3月
国土防災技術株式会社
 
2011年4月
 - 
2014年3月
日本大学生物資源科学部 助手
 
2014年4月
   
 
日本大学生物資源科学部 助教
 

学歴

 
1994年4月
 - 
1998年3月
日本大学 農獣医学部 林学科
 
2000年4月
 - 
2003年3月
日本大学 生物資源科学研究科 生物環境科学専攻
 

委員歴

 
2014年4月
   
 
日本森林学会  企画広報 主事
 

論文

 
スギ林分の間伐が根系生長と表層崩壊防止機能に与える影響
掛谷亮太、瀧澤英紀、小坂泉、園原和夏、石垣逸朗、阿部和時
日本緑化工学会誌   42(2) 299-307   2016年11月   [査読有り]
冷温帯落葉広葉樹林における渦相関法によるフラックスの連続観測
小坂泉、野中翔平、大塚羽純、関崎良美、田口裕也、清水伸大、瀧澤英紀、阿部和時
関東森林研究   67(1) 77-80   2016年3月   [査読有り]
ブナが優占する冷温帯落葉広葉樹林における相対的な葉量がCO2フラックスに与える影響-2014年と2015年のデータ比較-
野中翔平、小坂泉、瀧澤英紀、阿部和時
関東森林研究   67(1) 101-104   2016年3月   [査読有り]
奥利根源流部の多雪地森林小流域における融雪期の水質形成について
豊泉恭平、前島健人、大類和希、小坂泉、長坂貞郎、瀧澤英紀
関東森林研究   67(1) 93-96   2016年3月   [査読有り]
複雑地形上に立地する落葉広葉樹林における乱流特性
芦葉弥生、小坂泉、中村貴雄、雨松里美、瀧澤英紀、阿部和時
関東森林研究   66(2) 293-296   2015年8月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
冷温帯落葉広葉樹林における熱フラックスの季節および年変化
小坂泉、野中翔平、浅香渉、瀬戸萌子、髙松美月、瀧澤英紀、阿部和時
第128回日本森林学会大会   2017年3月28日   
利根川源流部の多雪地森林小流域における融雪期の流出特性
瀧澤英紀、玉乃井梓、豊泉恭平、小坂泉
第128回日本森林学会大会   2017年3月27日   
ブナが優占する冷温帯落葉広葉樹林における波長域の異なる短波放射量の透過・反射特性
野中翔平・小坂泉・浅香渉・瀬戸萌子・高松美月・瀧澤英紀・阿部和時
第6回関東森林学会大会   2016年10月18日   
冷温帯落葉広葉樹林における熱収支インバランスの特徴
浅香渉・小坂泉・野中翔平・瀬戸萌子・高松美月・瀧澤英紀・阿部和時
第6回関東森林学会大会   2016年10月18日   
冷温帯落葉広葉樹林における異なる斜面方位での土壌呼吸量の観測
瀬戸萌子・小坂泉・野中翔平・浅香渉・高松美月・瀧澤英紀・阿部和時
第6回関東森林学会大会   2016年10月18日