國分亙彦

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/20 18:09
 
アバター
研究者氏名
國分亙彦
所属
情報・システム研究機構
部署
国立極地研究所 研究教育系生物圏研究グループ
職名
助教
学位
博士(理学)
科研費研究者番号
90580324

プロフィール

研究課題と活動状況: 動物に装着可能な小型機器(データロガー)を海洋性高次捕食者である海鳥類に取り付けることで、行動・生態やその周辺の海洋環境を明らかにする研究に中心的に取り組んでいる。特に、高次捕食動物の生存に必要不可欠な採餌行動に着目し、これまで可視化することの難しかった採餌の詳細なタイミング・場所を詳細に調べ、衛星による環境データ等とも組み合わせることで採餌にとって重要な海洋環境を明らかにしている。このような視点から、海洋性高次捕食者を指標として、近年注目されている、極域の急激な海洋環境変化が、海洋生態系に及ぼす影響を探っている。具体的には、南極半島域や東南極地域に生息するペンギン類、アザラシ類、ミズナギドリ類、北半球のベーリング海に生息するウミガラス類、ミツユビカモメ類を対象種として、データロガーを取り付け、回収する極域のフィールドワークに取り組んでいる。これらのデータを用いて、動物の行動軌跡と海洋環境の空間分布を関連付けるGIS解析、動物の行動の個体差を考慮した統計解析手法といったデータ解析手法を駆使しながら、海洋生態系に関わる雑誌に論文を発表している。極域観測歴: (1)ベーリング海・アリューシャン列島域付近のおしょろ丸北洋航海(2003-2005年)、(2)ベーリング海船とジョージ島における海鳥類調査(2006年・2013-2015年)、(3)南極ロス海における開洋丸南極調査航海(2004-2005年)、(4)南極半島域キングジョージ島におけるペンギン調査(2006-2007年・2009-2010年・2014-2015年)、(5)東南極域デイビス基地におけるペンギン調査(2011-2012年・2012-2013年)、(6)南極昭和基地におけるペンギン・アザラシ・飛翔性鳥類調査(2016-2018年:第58次日本南極地域観測隊に越冬隊員として参加)

研究分野

 
 

論文

 
Identification of marine Important Bird and Biodiversity Areas for penguins around the South Shetland Islands and South Orkney Islands
Maria P. Dias, Ana Paula Bertoldi Carneiro, Victoria Warwick-Evans, Colin Harris, Katharina Lorenz, Ben Lascelles, Harriet L. Clewlow2,4, Michael J. Dunn, Jefferson T. Hinke, Jeong-Hoon Kim, Nobuo Kokubun, Fabrizio Manco, Norman Ratcliffe, Mercedes Santos, Akinori Takahashi, Wayne Trivelpiece, Philip N. Trathan
Ecology and Evolution   00 1-10   2018年10月   [査読有り]
Global Monitoring of Persistent Organic Pollutants (POPs) Using Seabird Preen Gland Oil
Yamashita R, Takada H, Nakazawa A, Takahashi A, Ito M, Yamamoto T, Watanabe YY, Kokubun N, Sato K, Wanless S, Daunt F, Hyrenbach D, Hester M, Deguchi T, Nishizawa B, Shoji A, Watanuki Y
Archives of Environmental Contamination and Toxicology   75 545-556   2018年10月   [査読有り]
Inter-annual climate variability affects foraging behavior and nutritional state of thick-billed murres breeding in the southeastern Bering Sea
Nobuo Kokubun, Akinori Takahashi, Rosana Paredes, Rebecca Young, Nobuhiko N. Sato, Takashi Yamamoto, Dale M. Kikuchi, Evgenia Kitaiskaia, Motohiro Ito, Yutaka Watanuki, Alexis Will, R. Lauth, Mark D. Romano, Alexander S. Kitaysky
Marine Ecology Progress Series   593 195-208   2018年4月   [査読有り]
Managing fishery development in sensitive ecosystems: Identifying penguin habitat use to direct management in Antarctica
Trathan PN, Warwick-Evans V, Hinke JT, Young EF, Murphy EJ, Carneiro APB, Dias MP, Kovacs KM, Lowther AD, Godø OR, Kokubun N, Kim JH, Takahashi A, Santos M
Ecosphere   Accepted    2018年   [査読有り]
Spatial scales of marine conservation management for breeding seabirds
Oppel S, Bolton M, Carneiro A, Dias M, Green JA, Masello JF, Owen E, Phillips RA, Quillfeldt P, Beard A, Bertrand S, Blackburn J, Boersma PD, Borges A, Broderick AC, Catry P, Cleasby I, Clingham E, Creuwels J, Crofts S, Cuthbert RJ, Dallmeijer H, Davies R, Davies D, Dilley B, Dinis HA, Dossa J, Dunn MJ, Efe MA, Fayet AL, Figueiredo L, Frederico AP, Gjerdrum C, Godley BJ, Granadeiro JP, Guilford T, Hamer KC, Hazin C, Hedd A, Henry L, Hernández-Montero M, Hinke J, Kokubun N, Leat E, McFarlane-Tranquilla L, Metzger B, Militão T, Montrond G, Mullié W, Padget O, Pearmain E, Pollet IL, Puetz K, Quintana F, Ratcliffe N, Ronconi RA, Ryan P, Saldanha S, Shoji A, Sim J, Small C, Soanes L, Takahashi A, Trathan PN, Trivelpiece W, Veen J, Wakefield E, Weber N, Weber S, Zango L, González-Solís J, Croxall JP
Marine Policy   Accepted    2018年   [査読有り]
Nobuo Kokubun, Takashi Yamamoto, Nobuhiko Sato, Yutaka Watanuki, Alexis Will, Alexander Kitaysky, Akinori Takahashi
Biogeosciences   13 2579-2591   2016年4月   [査読有り]
Nobuo Kokubun, Won Young Lee, Jeong-Hoon Kim, Akinori Takahashi
Polar Science   9(4) 393-400   2015年12月   [査読有り]
Nobuo Kokubun, Takashi Yamamoto, Dale M. Kikuchi, Alexander Kitaysky, Akinori Takahashi
Plos One   10(e0138850)    2015年10月   [査読有り]
Nobuhiko N. Sato, Nobuo Kokubun, Takashi Yamamoto, Yutaka Watanuki, Alexander S. Kitaysky, Akinori Takahashi
Biology Letters   11(20150358)    2015年8月   [査読有り]
Won Young Lee, Nobuo Kokubun, Jin-Woo Jung, Hosung Chung, Jeong-Hoon Kim
Animal Cells and Systems   19(4) 274-281   2015年7月   [査読有り]
Kokubun N, Choy E-J, Kim J-H, Takahashi A
Ornithological Science   14: 13-20   2015年1月   [査読有り]
Andrew J. Constable, Jessica Melbourne-Thomas, Stuart P. Corney, Kevin R. Arrigo, Christophe Barbraud, David K.A. Barnes, Nathaniel L. Bindoff, Philip W. Boyd, Angelika Brand, Daniel P. Costa, Andrew T. Davidson, Hugh W. Ducklow, Louise Emmerson, Mitsuo Fukuchi, Julian Gutt, Mark A. Hindel, Eileen E. Hofmann, Graham W. Hosie, Takahiro Iida, Sarah Jacob, Nadine M. Johnston, So Kawaguchi, Nobuo Kokubun, Philippe Koubbi, Mary-Anne Lea, Azwianewi Makhado, Rob A. Massom, Klaus Meiners, Michael P. Meredith, Eugene J. Murphy, Stephen Nicol, Kate Richerson, Martin J. Riddle, Stephen R. Rintoul, Walker O. Smith Jr., Colin Southwell, Jonathon S. Stark, Michael Sumner, Kerrie M. Swadling, Kunio T. Takahashi, Phil N. Trathan, Dirk C. Welsford, Henri Weimerskirch, Karen J. Westwood, Barbara C. Wienecke, Dieter Wolf-Gladrow, Simon W. Wright, Jose C. Xavier, Philippe Ziegler
Grobal Change Biology   20: 3004-3025   2014年   [査読有り]
Kokubun N, Kim J-H, Takahashi A
Polar Biology   36: 1857-1864   2013年   [査読有り]
Kokubun N, Kim J-H, Shin H-C, Naito Y, Takahashi A
The Journal of Experimental Biology   214: 3760-3767   2011年   [査読有り]
南極ロス海域での海鳥類の分布特性
國分亙彦, 安間洋樹, 村瀬弘人, 永延幹男
水産海洋研究   74: 42-43   2010年
Kokubun N, Takahashi A, Mori Y, Watanabe S, Shin H-C
Marine Biology   157: 811-825   2010年   [査読有り]
Ito M, Takahashi A, Kokubun N, Kitaysky A.S, Watanuki Y
Aquatic Biology   31: 279-287   2010年   [査読有り]
Kokubun N, Takahashi A, Ito M, Matsumoto K, Kitaysky A.S, Watanuki Y
Aquatic Biology   8: 289-298   2010年   [査読有り]
Structure of the marine ecosystem of the Ross Sea, Antarctica —overview and synthesis of the results of a Japanese multidisciplinary study by Kaiyo-Maru and JARPA—
Naganobu M, Murase H, Nishiwaki S, Yasuma H, Matsukura R, Takao Y, Taki K, Hayashi T, Watanabe Y, Yabuki T, Yoda Y, Noiri Y, Kuga M, Yoshikawa K, Kokubun N, Iwami T, Itoh K, Goto M, Isoda T, Matsuoka K, Tamura T, Fujise Y
Bulletin of the Japanese Society of Fisheries Oceanograph   74: 1-12   2010年   [査読有り]
Mori Y, Kokubun N, Shin H-C, Takahashi A
Polar Biology   33: 1437-1438   2010年   [査読有り]

Misc

 
極限環境の生物 コウテイペンギン -南極の冬という極限の環境を生き抜く工夫‐
國分亙彦
Milsil   7(3) 16-19   2014年5月   [依頼有り]
熱狂科学研究所 第2回 -南極生物研究-
國分亙彦 (インタビュー記事)
子供の科学   2009年5月号   2009年

書籍等出版物

 
生物の科学 遺伝 2019年1月号
國分亙彦 (担当:分担執筆, 範囲:【特集 ペンギン -行動と研究最前線】 第5節 気候変動とペンギンの生態)
エヌ・ティー・エス   2019年1月   
第12章 南極海の海鳥の分布を探る 南極海 -氷の海の生態系-
永延 幹男, 藤瀬 良弘, 村瀬 弘人 (共著・分担執筆)
東海大学出版会   2012年   
第5章 鳥類 第5節: ペンギンたちの未来を左右するもの バイオロギング -最新科学で解明する動物の生態学-
日本バイオロギング研究会 (共著・分担執筆)
京都通信社   2010年   

講演・口頭発表等

 
Important foraging areas of chinstrap and gentoo penguins on King George Island, Antarctica
Nobuo Kokubun
Scietific Committee of Antarctic Research (SCAR)   2016年8月26日   
Study on foraging habitat of penguins by bio-logging approaches: Toward the monitoring of Antarctic coastal ecosystem [招待有り]
Nubuo Kokubun
20th International Symposium on Polar Sciences, Korea Polar Research Institute   2014年5月27日   
Ocean Thermal Structure affects foraging behaviour of thick-billed murres
Nobuo Kokubun
Pacific Seabird Group   2014年2月22日   
Intra-seasonal variations in foraging habitat and behaviour of Adelie penguins in the Prytz Bay
Nobuo Kokubun
International Penguin Conference   2013年9月3日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
長期行動計測による南極の高次捕食動物の越冬生態の解明
日本学術振興会: 科研費若手B
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 國分亙彦
音声データを用いた海洋動物の生態観測の新手法の開発
情報・システム研究機構: 平成27年度融合シーズ探索
研究期間: 2015年9月 - 2016年3月    代表者: 國分亙彦
(1)日本学術振興会 特別研究員DC2・PD 課題名:「南極半島域の温暖化がペンギン類の採餌行動に及ぼす影響に関する研究」2008-2009年度
(2)日本学術振興会 海外特別研究員 課題名:「南極海沿岸域における海氷変動パターンとペンギンの生態的応答に関する研究」(受入研究機関:オーストラリア南極局)2011年度-2012年度

社会貢献活動

 
南極ワークショップ「ペンギン博士になろう!」
【講師】  青梅市・福生市・羽村市  子ども体験塾 真夏の北極・南極展   2016年7月19日
南極のペンギンと環境変動
【講師】  神奈川県立川崎図書館  サイエンスカフェ 第43回  2015年9月3日
北極の生物と環境変動
【講師】  立川市協働講座 たちかわ市民交流大学  2015年2月25日
極地に暮らす生き物たち
【講師】  立川地域文庫連絡会  たちかわ読書ウィーク 第33回立川地域文庫まつり  2013年11月2日
ペンギンから見た南極の海
【講師】  国立極地研究所  国際極年(IPY)ジュニアサミット  2009年3月1日