後藤大輔

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/05 04:05
 
アバター
研究者氏名
後藤大輔
所属
情報・システム研究機構
部署
国立極地研究所
職名
助教
学位
博士(理学)

研究分野

 
 

経歴

 
2013年10月
 - 
現在
国立極地研究所 気水圏研究グループ 助教
 
2012年4月
 - 
2013年9月
国立極地研究所 北極観測研究センター 特任研究員
 
2011年10月
 - 
2012年3月
東北大学 理学部附属大気海洋変動観測研究センター 特別教育研究教員
 

学歴

 
2008年4月
 - 
2011年9月
東北大学大学院 理学研究科 地球物理学専攻 博士課程
 
2006年4月
 - 
2008年3月
東北大学大学院 理学研究科 地球物理学専攻 修士課程
 
2002年4月
 - 
2006年3月
東北大学 理学部 物理学科
 

委員歴

 
2016年8月
 - 
現在
地球温暖化観測推進事務局/環境省・気象庁  温室効果ガス観測データ標準化WG 委員
 
2015年5月
 - 
現在
Ny-Ålesund Science Managers Committee (NySMAC)  国立極地研究所 代表者
 
2012年4月
 - 
2016年3月
GRENE  データアーカイブWG 委員
 

受賞

 
2018年1月
日本気象学会 SOLA論文賞
 

論文

 
Gravitational separation of the stratospheric air over Syowa, Antarctica and its connection with meteorological fields
Shigeyuki Ishidoya, Satoshi Sugawara, Yoichi Inai, Shinji Morimoto, Hideyuki Honda, Chusaku Ikeda, Yoshihiro Tomikawa, Sakae Toyoda, Daisuke Goto, Shuji Aoki, and Takakiyo Nakazawa
Atmospheric Science Letters, accepted      2018年   [査読有り]
Ryo Fujita, Shinji Morimoto, Taku Umezawa, Kentaro Ishijima, Prabir K. Patra, Douglas E. J. Worthy, Daisuke Goto, Shuji Aoki, and Takakiyo Nakazawa
Journal of Geophysical Research: Atmospheres, 123, 4695–4711. https:// doi.org/10.1002/2017JD027972      2018年5月   [査読有り]
Sugawara, S., Ishidoya, S., Aoki, S., Morimoto, S., Nakazawa, T., Toyoda, S., Inai, Y., Hasebe, F., Ikeda, C., Honda, H., Goto, D., and Putri, F. A.
Atmos. Chem. Phys., 18, 1819-1833, https://doi.org/10.5194/acp-18-1819-2018, 2018.      2018年2月   [査読有り]
Daisuke Goto, Shinji Morimoto, Shuji Aoki, Satoshi Sugawara, Shigeyuki Ishidoya, Yoichi Inai, Sakae Toyoda, Hideyuki Honda, Gen Hashida, Takashi Yamanouchi, and Takakiyo Nakazawa
SOLA   13 224-229   2017年12月   [査読有り]
Shinji Morimoto, Ryo Fujita, Shuji Aoki, Daisuke Goto, and Takakiyo Nakazawa
Tellus B, 69:1, 1380497, DOI: 10.1080/16000889.2017.1380497      2017年10月   [査読有り]
Goto, D., Morimoto, S., Ishidoya, S., Aoki, S. and Nakazawa, T.
J. Geophys. Res. Biogeosci., 122, doi:10.1002/2017JG003845.      2017年5月   [査読有り]
Daisuke Goto, Shinji Morimoto, Shuji Aoki, Prabir K. Patra and Takakiyo Nakazawa
Tellus B: 2017, 69, 1311767, http://dx.doi.org/10.1080/16000889.2017.1311767      2017年4月   [査読有り]
坪井一寛、中澤高清、松枝秀和、町田敏暢、青木周司、森本真司、後藤大輔、下坂琢哉、加藤健次、青木伸行、渡邉卓朗、向井人史、遠嶋康徳、勝又啓一、村山昌平、石戸谷重之、藤谷徳之助、小出寛、髙橋正臣、川﨑照夫、滝沢厚詩、澤庸介
気象研究所技術報告 第79号      2017年3月
池田忠作, 青木周司, 森本真司, 菅原敏, 本田秀之, 豊田栄, 石戸谷重之, 中澤高清, 長谷部文雄, 稲飯洋一, 林政彦, 柴田隆, 後藤大輔, HalimurrahmanMukri, MoedjiSoedjarwo, Ninong Komala, Fanny A. Putri, Thohirin Chodijah, Agus Hidayat, Afif Budiyono, Thomas Djamaluddin, 飯嶋一征, 田村誠, 井筒直樹, 吉田哲也
宇宙航空研究開発機構研究開発報告   JAXA-RR-16-008 33-48   2017年3月   [査読有り]
INTERCOMPARISON EXPERIMENTS OF STANDARD GASES FOR JMA/WCC ACTIVITY
T. Kawasaki, A. Takizawa, M. Takahashi, H. Koide, T. Nakazawa, S. Aoki, S. Morimoto, K. Kato, T. Shimosaka, N. Aoki, T. Watanabe, T. Machida, Y. Tohjima, H. Mukai, K. Katsumata, T. Fujitani, S. Murayama, S. Ishidoya, D. Goto, H. Matsueda, Y. Sawa and K. Tsuboi
GAW Report of 18th WMO/IAEA Meeting on Carbon Dioxide, Other Greenhouse Gases and Related Tracers Measurement Techniques (GGMT-2015)   No. 229 104-109   2016年9月

書籍等出版物

 
ニーオルスン基地開設25周年記念誌
国立極地研究所 国際北極環境研究センター   2017年3月   

講演・口頭発表等

 
南極大気のモニタリング観測
後藤大輔、平沢尚彦、塩原匡貴、猪上淳、當房豊
南極観測シンポジウム 2018   2018年7月31日   
A regional to global simulation of the mole fraction, carbon and hydrogen isotope ratios of atmospheric methane
Ryo Fujita, Shamil Maksyutov, Shinji Morimoto, Shuji Aoki, Takakiyo Nakazawa, Heon-Sook Kim, Taku Umezawa, Daisuke Goto, Toshinobu Machida
Japan Geoscience Union Meeting 2018   2018年5月   
スバールバル諸島ニーオルスン基地における大気中二酸化炭素、メタン、一酸化炭素濃度の変動
村山昌平、森本真司、後藤大輔、青木周司、中澤高清、石島健太郎、前田高尚、 石戸谷重之、菅原敏、藤田遼
日本気象学会2018年度春季大会   2018年5月   
Temporal variations of the mole fraction, carbon and hydrogen isotope ratios of atmospheric methane in the Hudson Bay Lowlands, Canada
Ryo Fujita, Shinji Morimoto, Taku Umezawa, Kentaro Ishijima, Prabir K. Patra, Douglas E. J. Worthy, Daisuke Goto, Shuji Aoki, and Takakiyo Nakazawa
Fifth International Symposium on Arctic Research   2018年1月   
Terrestrial Biospheric and Oceanic CO2 Uptake Estimated from Long-term Measurements of Atmospheric CO2 Mole Fraction, δ13C and δ(O2/N2) at Ny-Ålesund, Svalbard
Daisuke Goto, Shinji Morimoto, Shigeyuki Ishidoya, Shuji Aoki and Takakiyo Nakazawa
Fifth International Symposium on Arctic Research   2018年1月   
Short-term variations in atmospheric potential oxygen at Ny-Ålesund, Svalbard
Daisuke Goto, Shinji Morimoto, Shuji Aoki, Prabir K. Patra, and Takakiyo Nakazawa
8th Symposium on Polar Science   2017年12月   
Arctic Research/Observation Site: Ny-Ålesund Station in Svalbard
Hiroshi Miyaoka, Masataka Shiobara, Masami Uchida, Daisuke Goto, Hiroyuki Enomoto
8th Symposium on Polar Science   2017年12月   
Observations of mole fractions and isotope ratios of the atmospheric greenhouse gases
Shinji Morimoto, Daisuke Goto, Ryo Fujita and Shuji Aoki
8th Symposium on Polar Science   2017年12月   
Vertical profiles and temporal variations of greenhouse gases in the stratosphere over Syowa Station, Antarctica
Daisuke Goto, Shinji Morimoto, Shuji Aoki, Satoshi Sugawara, Shigeyuki Ishidoya, Yoichi Inai, Sakae Toyoda, Hideyuki Honda, Gen Hashida, Takashi Yamanouchi, and Takakiyo Nakazawa
8th Symposium on Polar Science   2017年12月   
マルチクロックトレーサーによる大気年代の推定
菅原 敏, 青木 周司, 森本 真司, 中澤 高清, 稲飯 洋一, 豊田 栄, 石戸谷 重之 後藤 大輔, 梅澤 拓, 長谷部 文雄, 石島 健太郎
大気球シンポジウム   2017年11月9日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
大気中アルゴン濃度測定システムの開発と海洋・陸上生物圏のCO2吸収量定量評価
日本学術振興会: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 後藤大輔

社会貢献活動

 
成層圏の温室効果気体の変動
【講師】  たちかわ市民交流大学協働企画公開講座 極域科学シリーズ第13回 極域における最新の研究テーマとその成果  2018年2月21日
時の動き「極地における温室効果ガスモニタリング」
【寄稿】  一般社団法人日本ボイラ協会  ボイラ・ニュース 平成29年5月号  2017年5月15日
二酸化炭素のはなし
【講師】  国立極地研究所  サイエンスカフェ  2017年2月18日 - 2017年2月18日
昭和基地の大気中CO2濃度が400ppmを突破
【報告書執筆】  国立極地研究所  プレスリリース  2016年7月12日
立川市の大気の二酸化炭素濃度を測ってみよう
【講師】  国立極地研究所  子供向けサイエンスカフェ めざせ!極地の研究者 第二回大気の研究者編   2015年3月14日