大橋 啓之

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/26 03:40
 
アバター
研究者氏名
大橋 啓之
 
オオハシ ケイシ
所属
早稲田大学
部署
研究院(研究機関)/附属機関・学校 ナノ・ライフ創新研究機構
職名
上級研究員(研究院教授)
学位
博士(工学)(名古屋大学)
科研費研究者番号
50740560

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1998年5月
 - 
2014年3月
日本電気株式会社 中央研究所 主席研究員、研究部長等
 
2004年10月
 - 
2006年3月
理化学研究所 フロンティア研究システム 長波長光調査研究チーム チームリーダー
 
2006年4月
 - 
2011年5月
株式会社半導体先端テクノロジーズ プログラムマネージャ(半導体MIRAIプロジェクト光配線テーマリーダー)
 
2014年4月
 - 
2015年3月
早稲田大学 ナノ理工学研究機構 上級研究員(研究院教授)
 
2015年4月
   
 
早稲田大学 ナノ・ライフ創新研究機構 上級研究員(研究院教授)
 

委員歴

 
1999年4月
 - 
2005年3月
日本応用磁気学会  評議員
 
2001年4月
 - 
2002年3月
光産業技術振興協会  近接場光研究会委員
 
2001年4月
 - 
2003年3月
先端加工機械技術振興協会  機能性材料の3次元微細加工調査研究会委員
 
2002年4月
 - 
2007年3月
製造科学技術センター  ナノレベル電子セラミックス技術推進委員会 推進委員
 
2003年4月
 - 
2004年3月
理化学研究所  フロンティア研究システム 戦略検討委員
 

受賞

 
2015年10月
Waseda-EDGE Demo Day 最優秀賞 動物生体バランス
受賞者: 大橋啓之,島岡未来子,丸山祐丞,片岡孝介
 
2006年8月
応用物理学会 応用物理学会JJAP論文賞 Si Nano-Photodiode with a Surface Plasmon Antenna
受賞者: 石勉,藤方潤一,牧田紀久夫,馬場寿夫,大橋啓之
 
2006年3月
表面技術協会 表面技術協会技術賞 高密度用超小型磁気ヘッドの開発研究と実用化
受賞者: 逢坂哲彌,高井まどか,大橋啓之,齋藤美紀子,溝下義文,越川誉生
 

論文

 
Ohashi, Keishi; Kuroiwa, Shigeki; Hideshima, Sho; Nakanishi, Takuya; Osaka, Tetsuya
Electronics and Communications in Japan   100(9) 50-55   2017年9月
© 2017 Wiley Periodicals, Inc. The concept of unobtrusive physiological balance sensing system implementing biosensors is discussed. Biosensors connected with a data system are expected to play a significant role when we extend the sensing objects...
Ohashi, Keishi; Osaka, Tetsuya
ECS Transactions   75(39) 1-9   2017年1月   [査読有り][招待有り]
A biosensing system is commercialized based on a concept of physiological balance for healthcare. The addition of low-cost biochemical sensors to the sensing system would help with scientific prescriptions based on contemporary medicine. As a cand...
大橋 啓之;黒岩 繁樹;秀島 翔;中西 卓也;逢坂 哲彌
電気学会論文誌. E, センサ・マイクロマシン部門誌   136(8) 357-361   2016年8月   [査読有り]
The concept of unobtrusive physiological balance sensing system implementing biosensors is discussed. Biosensors connected with a data system is expected to play a significant role when we extend the sensing objects from body to mind and spirit. H...
Hattori, Wataru; Ohashi, Keishi; Fukuda, Hiroshi
2014 International Conference on the Internet of Things, IOT 2014   103-107   2014年10月
© 2014 IEEE. We propose tag-antenna-based sensing (TABS) for detecting objects and people using a low-cost near-field traveling-wave reader antenna. This technology is inspired by TABS, which enables the use of ordinary far-field radio-frequency i...
大橋啓之
まぐね   8(6) 288-291   2013年12月
技術開発には様々な人が携わり各人ごとのストーリーがある.私は1970年代末から磁気ヘッドの仕事に携わり貴重な経験をさせていただいた.その一部は,今,研究開発に取り組んでいる人のお役に立つこともあると思い,編集部から与えていただいた機会を利用して,これまであまり書かれなかったようなことを中心にまとめてみた.

書籍等出版物

 
『入力革命』 1-3 「センシングシートで優しく見守る」
大橋啓之、服部渉 (担当:分担執筆)
日経BP社   2014年10月   ISBN:978-4822276409
『ディスプレイ技術年鑑 2015』 3-3「センシングシートで優しく見守る」
大橋啓之、服部渉 (担当:分担執筆)
日経BP社   2014年10月   ISBN:978-4822276324
『化学便覧応用化学編 第7版』 第19.7.2項「光配線」
大橋啓之 (担当:分担執筆)
丸善   2014年1月   ISBN:978-4621087596
Group IV Photonics for Sensing and Imaging
K. Ohashi, R. A. Soref, G. Roelkins, H. Minamide, and Y. Ishikawa, editors (担当:編者)
Cambridge University Press   2013年6月   ISBN:978-1627482417
『プラズモン基礎理解の徹底と応用展開』 第8章「受光用デバイス用途光(情報伝送、センシング、イメージング)」
大橋啓之 (担当:分担執筆)
情報機構   2011年3月   ISBN:978-4904080733

講演・口頭発表等

 
Gradient tint smart window using metallo-supramolecular polymer
Masayoshi Higuchi, Yuki Seino, Keishi Ohashi
第67回高分子学会年次大会   2018年5月24日   高分子学会
Metallo-supramolecular polymer is a new type polymer composed of metal ions and multitopic organic ligands. The polymer is expected to show unique electrochemical and/or optical properties due to the electronic interaction between the metals and...
大橋啓之
人間機械協奏技術コンソーシアム第3回公開シンポジウム   2017年11月6日   
Shigeki Kuroiwa, Ryota Takibuchi, Akane Matsuzaka, Sho Hideshima, Naoto Kaneko, Hirotaka Minagawa, Katsunori Horii, Iwao Waga, Takuya Nakanishi, Keishi Ohashi, Toshiyuki Momma, Tetsuya Osaka
232nd ECS Meeting   2017年10月1日   The Electrochemical Society
The sensing of biomarkers in the body is very effective for diagnosis of disease and monitoring of human health condition. However, blood sampling of mental stress markers is stressful for those who do not feel serious health concerns when they wa...
Keishi Ohashi
3rd International Workshop on Chromogenic Materials and Devices   2017年9月27日   National Institute for Materials Science (NIMS)
Keishi Ohashi and Tetsuya Osaka
Pacific Rim Meeting on Electrochemical and Solid-State Science 2016   2016年10月4日   The Electrochemical Society
Sensor network systems using mobile phones with several physical sensors can collect big data related to human health. The addition of low-cost chemical sensors to the sensor system increases the scientific prescription based on contemporary medic...

競争的資金等の研究課題

 
皮膚健康モニタリング超薄膜
科学技術振興機構: 大学発新産業創出プログラム
研究期間: 2016年9月 - 2017年3月
人工核酸によるバイオマーカー簡易検出センサの技術開発
科学技術振興機構: 研究成果最適展開支援プログラム A-STEP
研究期間: 2015年12月 - 2017年11月
超高速・超低電力・超大面積エレクトロクロミズム
科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業
研究期間: 2015年10月 - 2021年3月

その他

 
2015年8月
「超EDGE人材」認定、早稲田大学EDGE人材育成プログラム