HORI Shiro

J-GLOBAL         Last updated: Nov 28, 2019 at 03:34
 
Avatar
Name
HORI Shiro
E-mail
horishiroadm.fukuoka-u.ac.jp
Affiliation
Fukuoka University
Section
Central Research Institute
Degree
Doctor of art(Waseda university)
Research funding number
10532814

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1983
   
 
Ministry of economy, trade and industry
 
Jul 1998
 - 
Jul 2000
アジア通商調整官, 経済産業省通商政策局
 
Jul 2000
 - 
Jul 2002
Director, planning division, deparatment of industrial development, JICA
 
Jul 2002
 - 
Jun 2004
Director, New energy promotion office, Agency of natural resources and energy,
 
Jun 2004
 - 
Jul 2006
Director, environment protection office, METI
 

Education

 
Apr 2006
 - 
Mar 2013
global society, faculty of social science, waseda university
 

Published Papers

 
Member state commitments and international environmental regimes: Can appeals to social norms strengthen flexible agreements?
Shiro Hori
Environemntal Science and Policy   54 263-267   2015   [Refereed]
The Evolution of International Environmental Regimes: Responding to the Difficulty of Effective Implementation in Developing countries
Shiro HORI
The Waseda Journal of Social Science   vol.25 113-123   Mar 2015
International environmental regimes are developing a style of governance based on commitments and obligations of the involved parties and the mechanisms designed to ensure compliance. In this article, we investigate the ongoing changes of the regu...
The role of CSR in promoting energy saving actions in two Asian cities
Shiro Hori, Mami Shinozaki, Daisuke Nogata, Toshiyuki Fujita
Energy Policy   69 116-121   Apr 2014   [Refereed]
A covariance Structure Analysis on the Woody Biomass Utilization of Companies in Maniwa, Okayama Japan,
Yuemeng ZENG, Kayoko KONDO, Shiro HORI
Journal of Environmental Information Science   41(5) 15-24   Mar 2013   [Refereed]
The determinants of household energy-saving behavior: Survey and comparison in five major Asian cities.
Shiro HORI, Kayoko KONDO, Daisuke NOGTA, Han BEN
Energy Policy   52 354-362   Jan 2013   [Refereed]

Misc

 
アジア途上国都市における低炭素型発展メカニズムの研究
堀史郎、林徹夫、近藤加代子、藤田敏之、外井哲志、石川精一
   Mar 2010
環境省環境総合研究費報告書

Books etc

 
Shiro HORI, Yukari TAKAMURA, Toshiyuki FUJITA, Norichika KANIE (eds) (Part:Joint Work)
Springer   Jul 2019   ISBN:978-981-13-3593-8
This book analyzes the interplay between development and the environment, focusing on how to forge social consensus and practices in the international community. Since the Rio Earth Summit in 1992, sustainable development has increasingly attracte...
Understanding the energy transition
Shiro HORI, Atushi KUROSAWA (Part:Joint Work)
kyoritu publication   Jun 2016   ISBN:978-4-329-00597-6
ニュースで流れる様々エネルギーの課題を取り上げて、専門的な知識が無い方でも理解できるよう、新しいエネルギー供給やサービス形態の登場や社会制度の変革など、エネルギー産業のみならず幅広いビジネスの世界まで網羅したエネルギーに関する解説。
Environmental Policy( Chapter16) in Basic Studies in Environmental Knowledge, Technology, Evaluation, and Strategy: Introduction to East Asia Environmental Studies
shiro HORI (Part:Joint Work, Chapter16.Environmental Policy)
springer   Mar 2016   ISBN:978-4-431-55817-0
第十六章環境の社会経済分析、『東アジア環境学入門』
堀史郎 (Part:Joint Work, 第十六章環境の社会経済分析)
花書院   Mar 2015   ISBN:978-4-86561-030-7
Further utilization of biomass through local power
近藤加代子、大隈修、美濃輪智朗、堀史郎 (Part:Joint Work)
海鳥社   Mar 2013   ISBN:978-4-87415-883-8

Conference Activities & Talks

 
企業の気候変動行動に関する考え方=日本企業へのアンケート調査から=
堀史郎・近藤加代子・早渕百合子・畢亦凡・松野新世
環境経済・政策学会2019年大会   29 Sep 2019   環境経済政策学会
企業の気候変動に関する戦略、行動を調べるため、日本企業を対象としてアンケート調査を実施し、CO2削減行動などの通常の行動は、社会的要請と有意な関係があること、数値目標や長期ビジョンなどの長期的行動は、国際枠組みの規範と有意な関係があることがわかった。
堀史郎、何劼
環境科学会 2019 年会   14 Sep 2019   環境科学会
中国の鉄鋼業の生産削減をめぐる国際フォーラムの動きと中国政府の政策について、関連性を分析した。その結果、鉄鋼業のCO2は、減少の傾向はみられたが、近年、生産量が上向いていることから、再びCO2が増加に転じる可能性があることを指摘した。
Shiro HORI
society for environmental economics and policy studies   8 Sep 2018   society fro environmental economics and policy studies
起用が環境対策や気候変動対策を行う上での世界的な枠組みの構築が進んでおり、このような枠組みが企業の気候変動行動の規範となって機能することを検証する。企業の規範として成立する条件を調べ、既存の国際枠組みによってどのような進化が生じているか調べた。
China’s climate change policy: the interplay between political sentiments and external commitments
Shiro HORI, Katsu KA
41th IAEE International Conference   13 Jun 2018   IAEE
堀史郎
第32回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス、エネルギー資源学会   2 Feb 2016   エネルギー資源学会

Research Grants & Projects

 
気候変動の新たな国際枠組みにおける実効性を確保する国際環境レジームの設計
基盤研究(B)
Project Year: Apr 2017 - Mar 2020
本研究は、気候変動枠組み条約パリ協定など、加盟国の自主的な約束を規定するレジームにおける実効性の確保に必要な方策を明らかにする。本研究では加盟国の協力を高める措置について、レジーム制度論の分析とゲーム理論に基づく協力行動のモデル分析を相互にフィードバックする方法で、その最適解を求める。さらに、実効性を確保するレジームや制度を評価し、最適なレジームやガバナンスを推計する。このように学際的な分析手法を統合して、実効性ある国際環境レジームの設計を可能とする。
地域におけるバイオマス利活用の事業、経済性分析シナリオの研究
環境省: 
Project Year: Apr 2010 - Mar 2013    Investigator(s): 堀史郎(2011,9から近藤先生)
アジア途上国都市における低炭素発展のメカニズム
地球環境戦略研究機関: 
Project Year: Jun 2009 - Mar 2012    Investigator(s): 堀史郎(2011,9より林先生)

Others

 
reviewer
Energy Policy
Environmental Science and Policy
Energy Journal
Energy Economics