米倉 律

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/02 02:55
 
アバター
研究者氏名
米倉 律
 
ヨネクラ リツ
所属
日本大学
部署
法学部新聞学科
職名
准教授
学位
修士(政治学)(早稲田大学)
科研費研究者番号
20734726

研究分野

 
 

経歴

 
1994年4月
 - 
1998年7月
日本放送協会 広島放送局 ディレクター
 
1998年7月
 - 
2001年7月
日本放送協会 報道局 ディレクター
 
2001年7月
 - 
2010年6月
日本放送協会 放送文化研究所 研究員
 
2003年4月
 - 
2005年3月
早稲田大学 現代政治経済研究所 客員研究員
 
2007年4月
 - 
2012年3月
東洋大学 社会学部 非常勤講師
 

学歴

 
1988年
 - 
1992年
早稲田大学 政治経済学部 政治学科
 
1992年
 - 
1994年
早稲田大学 大学院 政治学研究科 政治思想史専攻
 

委員歴

 
2015年5月
   
 
日本マス・コミュニケーション学会  企画委員
 
2013年6月
 - 
2015年6月
日本マス・コミュニケーション学会  理事(編集担当)
 

論文

 
震災テレビ報道における情報の「地域偏在」とその時系列変化~地名(市町村名)を中心としたアーカイブ分析から~
米倉律
『ジャーナリズム&メディア』   (第10号)    2017年3月   [招待有り]
地域メディアが伝える震災と復興――東日本大震災の被災地で活動するジャーナリスト達の5年――
米倉律
『日本オーラル・ヒストリー研究』   第12号 39-57   2016年9月   [査読有り]
テレビ番組における訪日外国人、国内在住外国人の表象~地上波民放の「外国、外国人関連バラエティ番組」を中心に~
米倉律
『ジャーナリズム&メディア』   8号 189-205   2015年3月   [査読有り]
放送史研究における資料の現状とオーラル・ヒストリーの可能性
『日本オーラル・ヒストリー研究』   第11号 3-14   2015年9月   [招待有り]
放送関連資料のデジタル・アーカイブ化に向けた試み~「放送文化アーカイブ」構想の現状と課題~
米倉律、阿辺川武、村上聖一、東山一郎、島田匠子
『放送研究と調査』   58-72   2014年8月

Misc

 
書評:大石裕・山腰修三ほか著『メディアの公共性―転換期における公共放送』(慶応義塾大学出版会、2016)
『三田社会学』   (第22号) 157-160   2017年7月
書評:NHK放送文化研究所編『テレビ・ドキュメンタリーを創った人々』(NHK出版、2016)
産経新聞      2017年2月
書評:森田創著『紀元2600年のテレビドラマ ブラウン管が映した時代の交差点』(講談社、2016)
産経新聞      2016年8月
放送番組資料のアーカイブ化とその活用
米倉律
『ジャーナリズム&メディア』   8号 161-165   2015年3月   [依頼有り]
書評:太田省一著『紅白歌合戦と日本人』(筑摩書房、2013年)
米倉律
『ジャーナリズム&メディア』   8号 337-339   2015年3月

書籍等出版物

 
放送論
島崎哲彦、池田正之、米倉律(共編著) (担当:共編者, 範囲:第Ⅺ章、放送と市民 第Ⅻ章、海外の放送事情)
学文社   2009年4月   
メディアの地域貢献~「公共性」実現に向けて
早稲田大学メディア文化研究所編(代表編者=森治郎、野口美都)
一藝社   2010年12月   
新版 概説・マス・コミュニケーション
早川善次郎編著
学文社   2010年4月   
グローバル・コミュニケーション論―メディア社会の共生・連帯をめざして
小野善邦編 (担当:共著, 範囲:第20章、変化するデジタル時代の情報行動)
世界思想社   2007年12月   
「ザ・ベストテン」の作り方
テレビ美術研究会編
双葉社   2012年12月   

講演・口頭発表等

 
「スタジオセット(美術)から見る日本人とテレビ」 [招待有り]
共立女子大学文芸学部研究集会   2017年10月21日   共立女子大学文芸学部文芸メディアコース
震災テレビ報道における情報の「地域遍在」とその時系列変化
米倉律
“3月ジャーナリズム”化する震災テレビ報道   2017年1月28日   日本大学法学部新聞学研究所
放送史研究における資料の現状とオーラル・ヒストリーの可能性 [招待有り]
日本オーラル・ヒストリー学会第12回大会、シンポジウム「オーラル・ヒストリーで編み直す放送史」   2014年9月7日   日本オーラル・ヒストリー学会
テレビ番組資料のデジタル・アーカイブ化と相互連携 [招待有り]
日本大学新聞学研究所シンポジウム「3.11震災に関するテレビ映像資料アーカイブをめぐって」   2014年3月7日   
テレビ・ジャーナリズムの可能性と課題はどう捉えれらていたか~1960年代前半の放送業界誌における議論を中心に~ [招待有り]
メディア史研究会シンポジウム「テレビ放送開始60年~テレビ・ジャーナリズムの原点を探る」   2013年9月7日