谷口 清

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/21 05:06
 
アバター
研究者氏名
谷口 清
 
ヤグチ キヨシ
eメール
yaguchikoshigaya.bunkyo.ac.jp
所属
文教大学
部署
人間科学部臨床心理学科
職名
教授
学位
教育学博士(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1987年4月
 - 
2001年3月
秋田大学助教授・教授
 
2001年4月
 - 
2005年3月
東京慈恵会医科大学 医学部 教授
 
2005年4月
   
 
文教大学 教授 
 

学歴

 
1978年4月
 - 
1981年3月
東北大学 教育学研究科 教育心理学専攻
 

論文

 
言語音のピッチ変化に対する自閉症スペクトラム児の知覚過程
諸橋 茜 谷口 清
人間科学研究(文教大学人間科学部)   38 187-197   2017年3月
アタッチメントの形成と脳-パーソナリティ発達のメカニズムを考える―
谷口 清
心理科学   37 38-47   2016年12月   [査読有り]
長期欠席と不登校の背景因子-相談担当者への聞き取り調査から-
谷口清 小柴孝子
人間科学研究(文教大学人間科学部)   35 121-128   2014年3月
学齢期におけるいじめ・対人トラブルと発達障害
自閉症スペクトラム研究」   10 19-27   2013年3月   [査読有り]
ω3多価不飽和脂肪酸の摂取量とうつの関連性
萩谷久美子・岡田斉・石原俊一・谷口清・中島滋
臨床栄養   122(1) 95-99   2013年1月   [査読有り]

Misc

 
⑩神経・生理心理学
谷口清
こころの科学2017特集号「公認心理師入門:知識と技術」   44-47   2017年8月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
発達臨床心理学:脳・心・社会からの子どもの理解と支援
谷口清
遠見書房   2018年3月   ISBN:978-4-86616-047-4
子どもの成長過程で出会う様々な困難(不適応)-アタッチメントの形成不全や虐待、学習症(LD)、注意欠如多動症(ADHD)、自閉症などの発達障害、いじめや不登校をいかに支援するか。子どもの健やかな成長と家族及び社会の幸福に寄与することを目指す発達臨床心理学の入門書
生理心理学と精神生理学
堀忠雄・尾崎久記(監修)坂田省吾・山田冨美雄(編)高砂美樹、谷口清他
北大路書房   2017年5月   ISBN:978-4-7628-2972-7
自閉症スペクトラム辞典
日本自閉症スペクトラム学会
教育出版   2012年3月   ISBN:978-4-316-80190-2
スクールカウンセラー活用マニュアル
細川廣、藤原一夫、谷口清 編著 (担当:共著)
コレール社(東京)   2005年   
新・心理学の基礎知識
中島義明、繁桝算男、箱田裕司他編 (担当:共著)
有斐閣   2005年   

講演・口頭発表等

 
心理学における共感研究の課題・世代の継承と心理学の理論的課題
谷口清・岡村達也・石原俊一・二村英幸
人間科学部共同研究、大学院人間科学研究科共同研究 報告書   2013年3月   
【シンポジウム】発達の脳メカニズムと教育:自閉症の社会脳仮説にふれながら
日本教育心理学会第49回総会シンポジウム「子ども育てと脳科学」   2007年9月16日   
発達科学:「発達」への学際的アプローチ
本田時雄、高梨一彦監訳
ブレーン出版   2006年12月20日   
【シンポジウム】自閉症スペクトラムの対人認知と社会性障害:発達心理学と認知神経科学の対話
谷口 清,熊谷高幸,神尾陽子,千住 淳,宮尾益知,伊藤良子
第5回日本自閉症学会大会シンポジウム   2006年8月19日   
P300 amplitude dissociation between auditory and visual oddball paradigm in the children with high function autism.
Yaguchi, K., Tojo, Y., Senju, A.
5th Forum of European Neuroscience   2006年7月9日