JOH Yoshiko

J-GLOBAL         Last updated: Nov 21, 2018 at 05:06
 
Avatar
Name
JOH Yoshiko

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2005
 - 
Mar 2008
Bunkyo University Faculty of Human Science
 

Education

 
Apr 1996
 - 
Mar 2004
Human Environmental studies, Graduate School, Doctral Research Course in Human Culture, Ochanomizu University
 

Published Papers

 
Investigation of work values and the concept of marriage of college students at a women's college.
Hironobu Jyoujima, Touko Shirakawa, Tatuo Koda, Yoshiko Joh
Bulletin of Living Science   (34) 149-158   Mar 2012
Study of the Effects of Self-disclosure and Receiving Social Support from Friends on Perceived-being-accepted among University Students: The effectiveness of promoting skills for client’s self-disclosure.
Bulletin of Human Science   (34) 63-71   Mar 2012
Stress-management for Home Caregivers
((財)パブリックヘルスリサーチセンターストレス科学研究所「ストレス科学研究」   (26) 8-13   Mar 2011
The relationship of hardiness to personalities, stressors, stress reactivity and lifestyle
Bulletin of Human Science   (32) 9-19   Mar 2010
Development ofPsychological Assertion Behavior Scale and Investigation of Its Reliability and Validity
Kazuhiro Kaneko, Arisa Imai, Takao Kato, Satoshi Tsunemoto, Yoshiko Joh
Bulletin of Living Science   (32) 57-66   Mar 2010

Books etc

 
がん患者のこころに寄り添うために―サイコオンコロジーの基礎と実践―サイコロジスト編
大木桃代、小林孝雄、城佳子他27名
進行交易(株)医書出版部   Apr 2014   ISBN:978-4-88003-597-0
心理職が医療従事者のチームの一員としてがん患者のケアにあたる上で最低限必要とされる心理学・医学・看護学・薬学・栄養学・法学など多方面からの基礎知識や理論を提示し、実践で留意すべき点や心構えについても記述した専門的書籍。
日々の生活に役立つ心理学
大木桃代、小林孝雄、田積徹、城佳子他11名 (Part:Joint Work, 第10章)
川島書店   Mar 2014   ISBN:978-4-7610-0897-0
科学的な理論に基づいた心理学の知識を記し、同時に日常生活への応用事例を掲載して、理論と応用を融合させた心理学のテキスト。
ナースが知りたい患者さんの心理学
Momoyo Ohki, Takao Kobayashi
西東社   Mar 2013   ISBN:978-4-7916-2006-7
Encyclopedia of Stress Science
日本ストレス学会・財団法人パブリックヘルスリサーチセンター(編)
実務教育出版   Jun 2011   ISBN:978-4-7889-6084-8
がん患者のこころに寄り添うために―サイコオンコロジーの基礎と実践―ナース編
Momoyo Ohki
Shinko Trading Company Ltd.   Apr 2010   ISBN:978-4-88003-592-5

Conference Activities & Talks

 
腰痛難治化に関連する心理的要因の検討 -腰痛難治化に関連する認知と行動を測定する尺度の開発-
城 佳子(文教大学人間科学部)・見山明(PCP センター)・関根星介(増本整形外科クリニック)
日本健康心理学会第27回大会   1 Nov 2014   日本健康心理学会
刺激欲求性と自己効力感がハーディネスに及ぼす影響
城 佳子・武居寛也
日本心理学会第78回大会   11 Sep 2014   日本心理学会
健康楽観性尺度作成の試み
城 佳子
日本健康心理学会第26回大会   7 Sep 2013   日本健康心理学会
大学生の食行動とストレス
日本健康心理学会第25回大会   Sep 2012   東京家政大学
自己開示・ソーシャルサポートが被受容感に及ぼす影響の検討―被開示スキルとの関連を通して―
日本健康心理学会第24回大会   2011   日本健康心理学会理事会