鹿子木 康弘

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/04 20:15
 
アバター
研究者氏名
鹿子木 康弘
 
カナコギ ヤスヒロ
URL
https://sites.google.com/site/luzimukanghongyasuhirokanakogi/
所属
追手門学院大学
部署
心理学部 心理学科
職名
准教授
学位
博士(文学)(京都大学)
科研費研究者番号
30742217

研究分野

 
 

経歴

 
2018年6月
   
 
ATR 客員研究員
 
2017年11月
 - 
2018年5月
ATR 連携研究員
 
2016年4月
 - 
2018年3月
NTTコミュニケーション科学基礎研究所 日本学術振興会特別研究員(PD)
 
2013年4月
 - 
2016年3月
京都大学大学院 特定助教
 
2012年4月
 - 
2013年3月
東京大学大学院 特別研究員
 
2010年4月
 - 
2012年3月
京都大学大学院 文学研究科 日本学術振興会特別研究員(DC2)
 

受賞

 
2018年7月
日本赤ちゃん学会 Young Investigator's Award(YIA)
受賞者: 奥村優子・鹿子木康弘・小林哲生・板倉昭二.
 
2017年9月
日本認知科学会 第5回野島久雄賞
 
2012年10月
関西心理学会第124回大会 研究奨励賞
受賞者: 奥村優子・鹿子木康弘・板倉昭二.
 
2011年11月
関西心理学会第123回大会 研究奨励賞
受賞者: 鹿子木康弘・奥村優子・井上康之・北崎充晃・板倉昭二.
 

論文

 
Communicative hand-waving gestures facilitate object learning in preverbal infants
Hirai, M., & Kanakogi, Y.
Developmental Science      2019年   [査読有り]
乳児期における社会的学習:誰から,どのように学ぶのか
奥村優子・鹿子木 康弘
心理学評論   61 191-203   2018年   [査読有り]
Tanaka, Y., Kanakogi, Y., Kawasaki, M., & Myowa-Yamakoshi, M.
Developmental Cognitive Neuroscience   30 31-40   2018年   [査読有り]
国際的競争の中で乳児研究を行う:その意義と課題
鹿子木康弘・奥村優子
発達心理学研究   29 164-171   2018年   [査読有り][招待有り]
Okumura, Y., Kanakogi, Y., Kobayashi, T., & Itakura, S.
Cognition   116 418-424   2017年   [査読有り]
Preverbal infants affirm third party interventions that protect victims from aggressors.
Kanakogi, Y., Inoue, Y., Matsuda, G., Butler, D., Hiraki, K., & Myowa-Yamakoshi, M.
Nature Human Behaviour,      2017年   [査読有り]
Goal attribution toward non-human objects during infancy predicts imaginary companion status during preschool years.
Moriguchi, Y., Kanakogi, Y., Todo, N., Okumura, Y., Shinohara, I., & Itakura, S.
Frontiers in Psychology      2016年   [査読有り]
Nishimura, Y., Kanakogi, Y., & Myowa-Yamakoshi, M.
Infant Behavior and Development   43 66-74   2016年   [査読有り]
Lee, H., Kanakogi, Y., & Hiraki, K.
Royal Society Open Science   2 140361   2015年   [査読有り]
12カ月児における方言話者に対する社会的選好
奥村優子・鹿子木康弘・竹内祥惠・板倉昭二.
心理学研究   85 248-256   2014年   [査読有り]

Misc

 
乳児の言語発達メカニズムを探る:視線追従と語彙獲得の関連.
奥村優子・鹿子木康弘・小林哲生・板倉昭二
電子情報通信学会技術研究報告   118(49)    2018年
野島賞受賞に際して思うこと.
鹿子木康弘
認知科学   24(4) 1-3   2017年
心に刻まれた正義―乳児は弱者の味方なのか?―
鹿子木康弘・小林哲生
電子情報通信学会技術研究報告   151-155   2017年
発達においてwe-modeが担う機能及びそのメリット―平井論文へのコメント―.
鹿子木康弘
心理学評論   59 270-273   2016年
乳児期の視線追従及び物体処理と言語発達の関連―語彙カテゴリに基づく分析―.
奥村優子・小林哲生・鹿子木康弘・板倉昭二
電子情報通信学会技術研究報   115 233-236   2015年
計算論的アプローチのメリットと妥当性.
鹿子木康弘
ベビーサイエンス   35-36   2015年
Lee, H., Kanakogi, Y., & Hiraki, K.
Proceedings of the 3rd International Conference on Human-Agent Interaction   85-89   2015年
原初的な同情的態度の更なる検証に向けて.
鹿子木康弘
ベビーサイエンス   13 40-42   2013年
「アイ・スクラッチ課題」で計測できる主体性とは何か.
鹿子木康弘
ベビーサイエンス   12 -32   2012年
Nishio, S., Ogawa, K., Kanakogi, Y., Itakura, S., & Ishiguro, H.
Proceedings - IEEE International Workshop on Robot and Human Interactive Communication   809-814   2012年   [査読有り]

書籍等出版物

 
発達初期の社会的認知スキル
鹿子木康弘 (担当:分担執筆, 範囲:114-125)
新曜社   2018年3月   
社会性・道徳性の発達
奥村優子・鹿子木康弘 (担当:分担執筆, 範囲:171-188)
東京大学出版会   2018年1月   
発達早期のミラーニューロンシステム―他者の動きの意味を理解する.
鹿子木康弘 (担当:分担執筆, 範囲:53-58)
ミネルヴァ書房 発達148   2016年   
ロボットは人の心をもてるのか―共感性が秘密の鍵.
今福理博・鹿子木康弘・河合祐司・前原由喜夫 (担当:分担執筆, 範囲:117-132)
誠信書房 高校生のための心理学講座―こころの不思議を解き明かそう   2016年   
乳幼児期の向社会性―赤ちゃんは生まれながらにやさしいのか?
鹿子木康弘 (担当:分担執筆, 範囲:8-13)
ミネルヴァ書房 発達114   2015年   
乳児における他者理解:知覚と行為の関係性から.
鹿子木康弘 (担当:分担執筆, 範囲:43-72)
ミネルヴァ書房 発達科学の最前線   2014年   

講演・口頭発表等

 
うわさを信じる7歳児、信じない5歳児:パートナー選択課題におけるうわさの効果の検討.
篠原亜佐美・鹿子木康弘・奥村優子・小林哲生
日本認知科学会第35回大会   2018年8月   日本認知科学会
発達早期の社会的認知−行為理解,道徳判断,社会的学習− [招待有り]
土曜カフェ   2018年7月   
乳児の学習におけるcue(手がかり)の効果比較:顕示手がかりと注意手がかりを用いた検討.
奥村優子・鹿子木康弘・小林哲生・板倉昭二
日本赤ちゃん学会第18回学術集会   2018年7月   日本赤ちゃん学会
発達早期の社会的認知−行為理解,道徳判断,社会的学習−発達 [招待有り]
CAPS研究会   2018年5月   
音声模倣を促進する要因:乳児の口注視と話者のアイコンタクト.
今福理博・鹿子木康弘・Butler David・明和政子.
日本発達心理学会第29回大会   2018年3月   日本発達心理学会
When do children begin to utilize gossip to evaluate others?
Shinohara, A., Kanakogi, Y., Okumura, Y., & Kobayashi, T.
Workshop on Gossip, Reputation and Honesty   2018年3月   
発達早期の道徳・向社会性:我々は生まれながらに正しく,やさしいのか? [招待有り]
公正研究会   2018年2月   
Strategic reputation management: Children adjust their sharing behavior in accordance with an observer's mental state.
Shinohara, A., Kanakogi, Y., & Myowa, M.
Budapest CEU Conference on Cognitive Development   2018年1月   
発達早期の道徳・向社会性:赤ちゃんは生まれながらに正しく,やさしいのか? [招待有り]
Morality mod Science   2017年12月   
赤ちゃんは生まれながらに正しく,やさしいのか? [招待有り]
乳幼児研究わくわくシンポ   2017年12月   
5,7歳児はうわさを基に他者評価をするのか:向社会行動・信頼行動を指標とした検討.
篠原亜佐美・鹿子木康弘・奥村優子・小林哲生.
日本人間行動進化学会第10回大会   2017年12月   日本人間行動進化学会
発達早期の社会的認知:行為理解と道徳的評価. [招待有り]
計測自動制御学会 ライフエンジニアリング部門シンポジウム2017   2017年9月   
6-8歳児における良い評判を得るための方略:第三者の知識状態を考慮できるか?
篠原亜佐美・鹿子木康弘・明和政子.
日本心理学会第81回大会   2017年9月   日本心理学会
乳児期の音声模倣における発話知覚と産出の関連.
今福理博・鹿子木康弘・明和政子.
日本赤ちゃん学会第17回学術集会   2017年7月   日本赤ちゃん学会
正義の肯定?:乳児は正義の行為の意図を考慮できるのか?
鹿子木康弘・井上康之・松田剛・David Butler・開一夫・明和政子
日本赤ちゃん学会第17回学術集会   2017年7月   日本赤ちゃん学会
心に刻まれた正義:乳児は弱者を助ける第三者を肯定する.
日本発達心理学会第28回大会シンポジウム「発達心理学を日本から発信する―若手研究者からの挑戦―」   2017年3月   日本発達心理学会
心に刻まれた正義―乳児は弱者の味方なのか?
鹿子木康弘・小林哲生
HCS2017年1月研究会   2017年1月   ヒューマンコミュニケーション基礎研究会,
Rudimentary sympathy in children and adults: Effects of culture and community on preference for others in distress.
Kitazaki, M., Inoue, Y., Kanakogi, Y., Abdullah, A. M., Kondo, R., Nishiwaki, Y., Ismail, Z., Minami, T., Nakauchi, S., & Itakura, S.
Budapest CEU Conference on Cognitive Development,   2017年1月   
Preverbal infants affirm third party interventions aiding victims from aggressors.
Kanakogi, Y., Inoue, Y., Matsuda, G., Butler, D., Hiraki, K., & Myowa-Yamakoshi, M.
Budapest CEU Conference on Cognitive Development,   2017年1月   
発達早期における社会的認知−他者理解,向社会性,正義感の研究紹介− [招待有り]
認知発達理論分科会第51回例会   2016年12月   

競争的資金等の研究課題

 
乳幼児期における向社会性の発達メカニズムの解明:その性質と変容プロセスに着目して
日本学術振興会: 科学研究費補助金 (特別研究員奨励費 (PD) )
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 鹿子木康弘
他者の行為理解の発達プロセス及びそのメカニズムの解明:知覚と行為の関連から
日本学術振興会: 科学研究費補助金 (特別研究員奨励費 (DC2) )
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 鹿子木康弘

社会貢献活動

 
“共感する心”を科学する 「赤ちゃんは生まれながらに正しく,やさしいのか?」
【その他】  日本心理学会  日本心理学会公開シンポジウム  2018年3月
“共感する心”を科学する 「赤ちゃんは生まれながらに正しく,やさしいのか?」
【その他】  日本心理学会  日本心理学会公開シンポジウム  2017年11月
京都大学アカデミックデイ2013 「ヒトの心のはたらきの発達」
【その他】  京都大学アカデミックデイ2013  2013年12月
学問発見講座 「赤ちゃん学のすすめ」
【その他】  2013年10月