福光 延吉

J-GLOBALへ         更新日: 19/07/19 20:23
 
アバター
研究者氏名
福光 延吉
 
フクミツ ノブヨシ
所属
神戸大学
部署
医学研究科
職名
准教授
学位
博士(医学)(東京慈恵会医科大学(第2744号))

研究分野

 
 

委員歴

 
2018年2月
 - 
現在
Annals of Gastroenterology and the Digestive System  Editorial Board
 
2017年10月
 - 
現在
呼吸器核医学会  評議委員
 
2017年9月
 - 
現在
日本核医学会FBPA-PET戦略会議  FBPA-PET臨床評価ワーキンググループ委員
 
2013年
 - 
現在
日本医学物理学会  医学物理士認定機構委員会委員
 
2017年
 - 
2017年
日本放射線腫瘍学会  第31回学術大会査読委員
 

受賞

 
2015年12月
筑波大学 筑波大学医学医療系教員業績評価表彰 筑波大学医学医療系教員業績評価表彰
 
2003年
日本核医学会 日本核医学会賞
 
ベンゾジアゼピン受容体の情動ストレスによる変化
2002年4月
千葉核医学研究会 千葉核医学研究会賞 36. 情動ストレスに伴うベンゾジアゼピン受容体の変化
 

論文

 
Self-sacrificial templated synthesis of a three-dimensional hierarchial microporous honey-like ZnO/ZnCo2O4 hybrid for carbon monoxide sensing
78. Kaneti YV, Septiani NLW, Saptima I, Jiang X, Yuliarto B, Shiddiky MJA, Fukumitsu N, Kang YM, Golberg D, Yamauchi Y
Journal of Materials Chemistry A   7 3415-3425   2019年7月   [査読有り]
Hiroshima Y, Fukumitsu N, Saito T, Numajiri H, Murofushi KN, Ohnishi K, Nonaka T, Ishikawa H, Okumura T, Sakurai H
Radiotherapy and oncology : journal of the European Society for Therapeutic Radiology and Oncology   136 37-43   2019年7月   [査読有り]
Joraku A, Hatano K, Kawai K, Kandori S, Kojima T, Fukumitsu N, Isobe T, Mori Y, Sakata M, Hara T, Nasu K, Minami M, Iizumi Y, Nishiyama H
Annals of nuclear medicine   33(2) 119-127   2018年11月   [査読有り]
Saptiama I, Kaneti YV, Yuliarto B, Kumada H, Tsuchiya K, Fujita Y, Malgras V, Fukumitsu N, Sakae T, Hatano K, Ariga K, Sugahara Y, Yamauchi Y
Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)   25(18) 4843-4855   2019年3月   [査読有り]
Nakamura M, Fukumitsu N, Kamizawa S, Numajiri H, Nemoto Murofushi K, Ohnishi K, Aihara T, Ishikawa H, Okumura T, Tsuboi K, Sakurai H
Journal of radiation research   59(5) 632-638   2018年9月   [査読有り]

Misc

 
高性能Mo吸着剤の開発
福光 延吉, 山内 悠輔, Saptima Indra, 有賀 克彦, 籏野 健太郎, 熊田 博明, 藤田 善孝, 土谷 邦彦
核医学   55(1) 106-106   2018年12月
奥村敏之, 福光延吉, 沼尻晴子, 野中哲生, 大西かよ子, 水本斉志, 室伏景子, 溝口信貴, 中尾朋平, 石川仁, 坪井康次, 櫻井英幸
胆と膵   39(7) 661‐666-666   2018年7月
胆道癌手術の根治性を高めるために、術後補助療法として放射線治療が適用されてきた。照射は胆管断端部と領域リンパ節に、消化管の耐容線量を考慮しながら45〜54Gy/5〜6週を照射するのが一般的である。照射による予後延長効果を示唆する報告がなされてきたが、亜部位別の検討はまだ十分になされていない。また近年は化学放射線療法として実施されることが多いが、治療に伴う有害事象を抑えることが求められている。陽子線はその特異的な線量分布から、少ない門数で標的部位に均一な線量を照射することが可能であり、消化管...
有効なモリブデン吸着材の開発
福光 延吉, 山内 悠輔, Saptima Indra, 有賀 克彦, 籏野 健太郎, 熊田 博明, 鈴木 善貴, 土谷 邦彦
核医学   55(Suppl.) S209-S209   2018年11月
神戸陽子線センター 開設後1年の現状と課題
出水 祐介, 美馬 正幸, 福光 延吉, 鈴木 毅, 河村 淳史, 小阪 嘉之, 副島 俊典
日本小児血液・がん学会雑誌   55(4) 309-309   2018年10月
新規がん治療オンコサーミアによる放射線増感効果 治療抵抗性の克服に向けて
松本 孔貴, 林 淳子, 関野 雄太, 福光 延吉, 斎藤 高, 石川 仁, 櫻井 英幸
Thermal Medicine   34(Suppl.) 154-154   2018年8月

書籍等出版物

 
放射線治療計画ガイドライン2016年版
福光 延吉 (担当:分担執筆, 範囲:原発性肝細胞癌、胆道癌)
金原出版   2016年   
肝癌の診療を極める 基本から最前線まで
福光 延吉; 奥村 敏之; 櫻井 英幸 (担当:共著, 範囲:粒子線治療)
文光堂   2014年   

講演・口頭発表等

 
PETと放射線治療
福光 延吉
PETサマーセミナー2018   2018年8月   
放射線治療計画支援システムの開発が肝臓癌放射線治療に与える効果
福光 延吉; 奥村 敏之;櫻井 英幸
第54回日本肝癌研究会   2018年6月   
Simulation study of proton beam therapy using concomitant boost technique for unresectable pancreatic cancers
福光 延吉;奥村 敏之;廣嶋 悠一;沼尻 晴子;室伏根本 景子;大西 かよ子;粟飯原輝人;石川仁;坪井康次;櫻井 英幸
PTCOG57   2018年   
The use of image analysis software system to evaluate the geometrical accuracy of proton beam irradiation in the liver
N.,Fukumitsu;H.,Hashii;Y.,Ohshiro;M.,Mizumoto;T.,Hashimoto;T.,Okumura;T.,Sakae;K.,Tsuboi;H.,Sakurai
51st Annual Meeting of the American-Society-for-Radiation-Oncology   2009年11月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
 99Mo/99mTc国産化を推進する空間構造に優れた新規アルミナ吸着剤の開発
日本学術振興会: 基盤研究B
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 福光 延吉
 小児がん放射線治療の啓蒙と発展を目指した研究会の開催
がんの子供を守る会: がんの子どもを守る会治療研究助成
研究期間: 2018年 - 2018年    代表者: 福光 延吉
 多孔性アルミナを用いた99Mo/99mTcジェネレータ用吸着材の開発
筑波大学: 産学連携強化プロジェクト
研究期間: 2018年 - 2018年    代表者: 籏野 健太郎
 安全で高いホウ素中性子捕捉療法効果を目指したホウ素含有ナノ粒子製剤の開発
AMED: シーズA
研究期間: 2016年 - 2017年    代表者: 福光 延吉
 多孔性アルミナを用いた99Mo/99mTcジェネレータ用吸着材の開発
筑波大学: 産学連携強化プロジェクト
研究期間: 2016年 - 2017年    代表者: 福光 延吉