書籍等出版物

2001年10月

バスケットボール競技における戦術的連係プレイの分析的研究オンボール・スクリーン、「ピックアンドロールプレイ」についてー研究分析

  • 岩本良裕
  • ,
  • 中山大輔
  • ,
  • 門多嘉人
  • ,
  • 加藤敏明
  • ,
  • 古村溝

担当区分
共著
担当範囲
77~82ページ
記述言語
日本語
著書種別
その他

バスケットボール競技の連係プレイであるスクリーン・プレイのうち、オンボール・スクリーンとして多く使用されているピックアンドロールプレイを取り上げ、このプレイによって得ることが出来るシュート可能空間と時間についてプレイ進行中のそれらの変化について分析を行った。ゲーム分析資料収集、参考文献収集を担当し抽出不可能。