林 美里

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/01 14:54
 
アバター
研究者氏名
林 美里
所属
京都大学

論文

 
チンパンジー研究者、母になる―ヒトの生後六歳から六歳六カ月までの発達
林 美里
発達   160    2019年10月
霊長類の「文化」
林 美里
モンキー   4(2) 40-41   2019年9月
Water games by mountain gorillas: implications for behavioral development and flexibility—a case report
Costa R, Hayashi M, Huffman MA, Kalema‑Zikusoka G, Tomonaga M
Primates      2019年8月   [査読有り]
チンパンジー研究からヒトの社会問題をかんがえる
林 美里
モンキー   4(1) 12-13   2019年6月
チンパンジー研究者、母になる―ヒトの生後五歳六カ月から六歳までの発達
林 美里
発達   158    2019年4月
チンパンジーの喜怒哀楽
林 美里
モンキー   3(4) 94-95   2019年
大型類人猿における物にかかわる知性の発達
林 美里
科学   88(11) 1114-1118   2018年11月   [招待有り]
チンパンジー研究者、母になる―ヒトの生後五歳から五歳六カ月までの発達
林 美里
発達   156 94-101   2018年10月
チンパンジーとヒトの発達をはかる「ものさし」 (大型類人猿探訪 第10回)
林 美里
モンキー   3(2) 38-39   2018年9月
ちびっこチンパンジーたちの18年
林美里・高島友子・打越万喜子・前田典彦・鈴木樹理・友永雅己・松沢哲郎
科学   88(8) 772-773   2018年8月

Misc

 
Hierarchical complexity in stone-tool use by wild chimpanzees and nesting-cup manipulation by captive chimpanzees
林 美里
Protolang 6      2019年9月   [依頼有り]
チンパンジーとヒト幼児の入れ子のカップ操作にみる階層性と効率性の発達
林 美里・竹下秀子
第35回日本霊長類学会大会      2019年7月
Change of behavior and space use in a captive group of chimpanzees after an expansion of enclosures
Hayashi M, Costa R, Maeda N
The 14th International Conference on Environmental Enrichment      2019年6月
脳性まひのチンパンジーにおける発達支援とその評価
櫻庭陽子, 山田信宏, 高橋一郎, 川上文人, 高塩純一, 竹下秀子, 林美里, 友永雅己
動物の行動と管理学会2019年度春季研究発表会      2019年3月
Assessing the impact of mountain gorilla ecotourism in Bwindi Impenetrable National Park, Uganda
Costa, R., Hayashi, M., Huffman, M. A., Kalema-Zikusoka, G., Arajova, L., Bercovitch, F., Tomonaga, M.
The 11th International Symposium on Primatology and Wildlife Science      2019年3月
Development of combinatory manipulation in captive great apes and humans: an implication for tool-using behavior in the wild
林 美里
第63回プリマーテス研究会      2019年1月
脳性まひチンパンジーにおけるまひ側を指標としたリハビリテーション評価の試み
櫻庭陽子, 山田信宏, 高橋一郎, 川上文人, 高塩純一, 竹下秀子, 林美里, 友永雅己
SAGA21      2018年11月
Assessing the impact of mountain gorilla ecotourism in Bwindi Impenetrable National Park, Uganda
Costa, R., Hayashi, M., Huffman, M. A., Kalema-Zikusoka, G., Arajova, L., Bercovitch, F., Tomonaga, M.
SAGA21      2018年11月
急性脊髄炎による四肢不全麻痺を発症したチンパンジー・レオ ―10年以上にわたる長期リハビリテーションの取り組み
林 美里
第39回バイオメカニズム学術講演会      2018年11月   [依頼有り]
Assessing the impact of mountain gorilla ecotourism in Bwindi Impenetrable National Park, Uganda
Costa, R., Hayashi, M., Huffman, M. A., Kalema-Zikusoka, G., Arajova, L., Bercovitch, F., Tomonaga, M.
The 10th International Symposium on Primatology and Wildlife Science      2018年9月

書籍等出版物

 
チンパンジーの心の発達
林 美里 (担当:分担執筆, 範囲:子安増夫・郷式徹(編)「心の理論:第2世代の研究へ」(Pp. 15-26))
新曜社   2016年3月   
From handling stones and nuts to tool-use.
Hayashi M, Inoue-Nakamura N (担当:分担執筆)
(The chimpanzees of Bossou and Nimba) (ed. Matsuzawa T, Humle T, Sugiyama Y) p.175-182 Springer, Tokyo.   2011年   
「物遊び」から発達をとらえる
林美里 (担当:分担執筆)
中川尚史・友永雅己・山極寿一(編) 日本のサル学のあした─霊長類研究という「人間学」の可能性(WAKUWAKU ときめきサイエンスシリーズ3). 京都, 京都通信社. 202-207   2012年   

講演・口頭発表等

 
比較発達心理学 [招待有り]
林 美里
日本心理学会公開シンポジウム 高校生のための心理学講座   2019年9月21日   
チンパンジー研究者、母になる [招待有り]
林 美里
第55回京大モンキー日曜サロン   2019年5月12日   
飼育下と野生のチンパンジーにみる母子関係 ~社会性の発達を支える双方向の愛着形成~ [招待有り]
林 美里
SAGA21   2018年11月17日   
物とかかわる知性の発達と進化 [招待有り]
林 美里
中部大学第11回創発セミナー   2018年10月30日   
チンパンジーの研究からヒトを知る [招待有り]
林 美里
第13回京都大学附置研究所・センターシンポジウム   2018年3月17日