柴田 典人

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/21 17:43
 
アバター
研究者氏名
柴田 典人
所属
津山工業高等専門学校
部署
総合理工学科 先進科学系
職名
准教授
学位
博士(理学)(姫路工業大学)

研究キーワード

 
 

経歴

 
2016年
 - 
現在
津山工業高等専門学校 総合理工学科先進科学系 准教授
 
2015年
 - 
2016年
京都大学霊長類研究所 研究員
 
2012年
 - 
2015年
京都大学大学院理学研究科 再生生物学特別講座 特定准教授
 
2007年
 - 
2012年
京都大学大学院理学研究科 生物多様性学特別講座 特定助教
 
2005年
 - 
2007年
京都大学大学院理学研究科 分子発生学講座 研究員(科学研究)
 

学歴

 
1996年
 - 
1999年
兵庫県立姫路工業大学大学院 博士後期過程 生命科学専攻
 
1994年
 - 
1996年
高知大学理学研究科 修士課程 生物学専攻
 
1990年
 - 
1994年
高知大学 理学部 生物学科
 

委員歴

 
2014年5月
 - 
2014年5月
Asian PlanNet 第1回アジアプラナリア会議運営委員
 
2011年11月
 - 
2011年11月
第1回国際プラナリア会議運営委員
 

受賞

 
2010年5月
日本発生生物学会 Development, Growth & Differentiation Editor-in-Chief Prize
受賞者: 柴田 典人, Labib Rouhana, 阿形清和
 

論文

 
Teramoto M, Kudome-Takamatsu T, Nishimura O, An Y, Kashima M, Shibata N, Agata K
Development, growth & differentiation   58(7) 609-619   2016年9月   [査読有り]
Shibata N, Kashima M, Ishiko T, Nishimura O, Rouhana L, Misaki K, Yonemura S, Saito K, Siomi H, Siomi MC, Agata K
Developmental cell   37(3) 226-237   2016年5月   [査読有り]
Kashima M, Kumagai N, Agata K, Shibata N
Development, growth & differentiation   58(2) 225-237   2016年2月   [査読有り]
L. Rouhana; J.A. Weiss; D.J. Forsthoefel; H. Lee; R.S. King; T. Inoue; N. Shibata; K. Agata; P.A. Newmark
Developmental Dynamics   242(6) 718-730   2013年6月   [査読有り]
Shibata, N., Hayashi, T., Fukumura, R., Fujii, J., Kudome-Takamatsu, T., Nishimura, O., Sano, S., Fuyan, S., Suzuki, N., Araki, R., Abe, M., and Agata, K.
Int. J. Dev. Biol.   56(1-3) 93-102   2012年2月   [査読有り]
Sakurai T, Lee H, Kashima M, Saito Y, Hayashi T, Kudome-Takamatsu T, Nishimura O, Agata K, Shibata N
The International journal of developmental biology   56(1-3) 173-182   2012年   [査読有り]
J. Tasaki; N. Shibata; O. Nishimura; K. Itomi; Y. Tabata; F. Son; N. Suzuki; R. Araki; M. Abe; K. Agata; Y. Umesono
Development   138(12) 2417-2427   2011年6月   [査読有り]
J. Tasaki; N. Shibata; T. Sakurai; K. Agata; Y. Umesono
Development Growth and Differentiation   53(3) 389-400   2011年4月   [査読有り]
L. Rouhana; N. Shibata; O. Nishimura; K. Agata
Developmental Biology   341(2) 429-443   2010年5月   [査読有り]
T. Hayashi; N. Shibata; R. Okumura; T. Kudome; O. Nishimura; H. Tarui; K. Agata
Development Growth and Differentiation   52(1) 131-144   2010年1月   [査読有り]
N. Shibata; L. Rouhana; K. Agata
Development Growth and Differentiation   52(1) 27-41   2010年1月   [査読有り]
[Planarian RNA world].
Agata K, Shibata N
Tanpakushitsu kakusan koso. Protein, nucleic acid, enzyme   54(16 Suppl) 2140-2146   2009年12月   [査読有り]
S. Higuchi; T. Hayashi; H. Tarui; O. Nishimura; K. Nishimura; N. Shibata; H. Sakamoto; K. Agata
Mechanisms of Development   125(7) 631-645   2008年7月   [査読有り]
M. Yoshida-Kashikawa; N. Shibata; K. Takechi; K. Agata
Developmental Dynamics   236(12) 3436-3450   2007年12月   [査読有り]
S. Higuchi; T. Hayashi; I. Hori; N. Shibata; H. Sakamoto; K. Agata
Development Growth and Differentiation   49(7) 571-581   2007年9月   [査読有り]
K. Sato; N. Shibata; H. Orii; R. Amikura; T. Sakurai; K. Agata; S. Kobayashi; K. Watanabe
Development Growth and Differentiation   48(9) 615-628   2006年12月   [査読有り]
K. Agata; E. Nakajima; N. Funayama; N. Shibata; Y. Saito; Y. Umesono
Seminars in Cell and Developmental Biology   17(4) 503-509   2006年8月   [査読有り]
T. Hayashi; M. Asami; S. Higuchi; N. Shibata; K. Agata
Development Growth and Differentiation   48(6) 371-380   2006年8月   [査読有り]
K. Kurimoto; Y. Muto; N. Obayashi; T. Terada; M. Shirouzu; T. Yabuki; M. Aoki; E. Seki; T. Matsuda; T. Kigawa; H. Okumura; A. Tanaka; N. Shibata; M. Kashikawa; K. Agata; S. Yokoyama
Journal of Structural Biology   150(1) 58-68   2005年4月   [査読有り]
N. Shibata; N. Tsunekawa; S. Okamoto-Ito; R. Akasu; A. Tokumasu; T. Noce
Molecular Reproduction and Development   67(1) 1-7   2004年1月   [査読有り]
N. Shibata; Y. Umesono; H. Orii; T. Sakurai; K. Watanabe; K. Agata
Developmental Biology   206(1) 73-87   1999年   [査読有り]

Misc

 
【器官の発生と再生の基礎】 プラナリアにみる個体再生の細胞・分子生物学的基盤
柴田 典人, 李 河映, 鹿島 誠
生体の科学   65(3) 259-265   2014年6月
プラナリアのRNAによる幹細胞制御
阿形清和、柴田 典人
蛋白核酸酵素   54(16) 2140-2146   2009年12月   [依頼有り]
Book Review 中辻憲夫著. 「ヒトES細胞 なぜ万能か」
柴田 典人
蛋白核酸酵素   47(14) 1974   2002年   [依頼有り]
【再生医療 急速に進む実用化への道】 幹細胞システムと再生
柴田 典人, 小川 和也, 阿形 清和
治療学   35(10) 1035-1039   2001年10月
【幹細胞システム】 個体の再生産のための幹細胞システム ヒドラ,プラナリア,ホヤの場合
阿形 清和, 柴田 典人
細胞工学   16(12) 1790-1798   1997年12月

書籍等出版物

 
ギルバート発生生物学
阿形清和・高橋淑子監訳 (担当:共訳, 範囲:幹細胞という概念 (325-337))
メディカル・サイエンス・インターナショナル   2015年3月   
生き物たちのつづれ織り(上)多様性と普遍性が彩る生物模様
阿形清和・森哲監修 (担当:共著, 範囲:やわらかな細胞―無性生殖の担い手 (100-111))
京大出版   2012年8月   

講演・口頭発表等

 
Coordination of expression of genes by PIWI during differentiation of neoblasts
Shibata, N.
4th European Meeting on Planarian Biology   2016年   
全能性幹細胞の適切な分化を保証する分子機構
柴田典人
兵庫県立大学理学研究科第34回生命科学セミナー   2016年   
PIWIによる全能性幹細胞システムの多段階制御
柴田典人、鹿島誠、齋藤都暁、塩見春彦、塩見美喜子、阿形清和
第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会合同大会   2015年   
全能性幹細胞システムにおけるPIWI-piRNAによるレトロウイルス抑制機構
柴田典人
第2回霊長類への展開に向けた幹細胞・発生・エピゲノム研究   2015年   
Attempt to obtain new insight into PIWI function in planarians
Hikichi, M., Kashima, M., Saito, M., Siomi, H., Siomi, M., Agata, K. and Shibata, N
日本発生生物学会第48回大会   2015年   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
細胞の全能性を制御するRNA機構の解明
文部科学省: 新学術領域研究(研究領域提案型)
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 柴田 典人
プラナリア休止期幹細胞の解析
内藤財団: 内藤記念特定研究助成金
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 柴田 典人
プラナリア幹細胞システムの分子基盤の解析
内藤財団: 内藤記念特定研究助成金
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 柴田 典人

社会貢献活動

 
アートなカタチの再生
【企画, 運営参加・支援】  札幌国際芸術祭2014  2014年8月21日 - 2014年8月21日
再生生物学トレーニングコース
【講師, 企画, 運営参加・支援】  新学術領域研究「三次元構造を再構築する再生原理の解明」、基礎生物学研究所  2013年8月27日 - 2013年8月30日