渡邉 智裕

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/20 20:50
 
アバター
研究者氏名
渡邉 智裕
所属
近畿大学
部署
医学部 内科学教室 (消化器内科部門)
職名
准教授
学位
博士(医学)(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
近畿大学医学部 消化器内科 准教授
 
2016年4月
 - 
現在
京都大学大学院医学研究科 消化器内科学 非常勤講師
 
2011年4月
 - 
2016年3月
京都大学大学院医学研究科 特定准教授
 
2007年4月
 - 
2011年3月
京都大学大学院医学研究科 消化器内科学 助教
 
2006年10月
 - 
2007年3月
京都大学医学部附属病院 消化器内科 医員
 
2003年4月
 - 
2006年9月
米国国立衛生研究所 粘膜免疫研究室 博士研究員
 
2002年4月
 - 
2003年3月
京都大学大学院医学研究科 ツムラ免疫研究基金 奨学生
 
1995年6月
 - 
1998年3月
神戸市立中央市民病院 消化器内科専攻医
 
1993年6月
 - 
1995年5月
神戸市立中央市民病院  内科研修医
 

学歴

 
1998年
 - 
2002年
京都大学大学院 医学研究科 内科系専攻
 
1987年
 - 
1993年
京都大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2019年1月
 - 
現在
日本消化器免疫学会  学会のあり方委員
 
2018年11月
 - 
現在
日本消化器内視鏡学会  近畿支部評議員
 
2018年10月
 - 
現在
若手膵臓研究会  世話人
 
2017年4月
 - 
現在
消化器病学サイエンス  編集委員
 
2016年1月
 - 
現在
日本消化器病学会  近畿支部評議員
 
2014年12月
 - 
現在
日本内科学会  近畿支部評議員
 
2011年7月
 - 
現在
日本消化器免疫学会  評議員
 
2014年1月
 - 
2016年3月
分子消化器病  編集委員
 

受賞

 
2019年
ヤクルトバイオサイエンス研究財団 特別研究助成
 
2017年
武田科学振興財団 生命科学研究助成
 
2017年
内藤記念科学振興財団 内藤記念科学奨励金・研究助成
 
2017年
ヤクルトバイオサイエンス研究財団 一般研究助成
 
2017年
小林がん学術振興会 研究助成
 
2017年
喫煙科学研究財団 研究助成
 
2017年
先進医薬研究振興財団  血液医学研究助成
 
2016年
加藤記念難病研究助成基金 研究助成
 
2011年
日本消化器病学会  学術研究助成金
 
2011年
持田記念医学薬学振興財団  研究助成金
 
2010年
膵臓病研究財団 膵臓病研究奨励賞
 
2010年
アステラス病態代謝研究会 研究助成金
 
2010年
武田科学振興財団 医学系研究継続助成
 
2010年
ヤクルトバイオサイエンス研究財団 一般研究助成
 
2010年
先進医薬振興財団 血液医学研究助成
 
2010年
日本ヘリコバクター学会 上原 H. pylori 最優秀賞
 
2009年
細胞科学研究財団 研究助成
 
2009年
アボットジャパン アレルギー学術奨励賞
 
2009年
ウイルス肝炎研究財団 研究奨励金
 
2009年
加藤記念難病研究助成基金 研究助成
 
2009年
清水免疫学振興財団 研究助成
 
2008年
上原記念生命科学財団 研究助成金
 
2008年
武田科学振興財団 医学系研究助成
 
2008年
膵臓病研究財団 研究奨励金
 
2008年
金原一郎記念医学医療振興財団 研究助成
 
2008年
藤原記念財団 研究助成
 
2007年
ヤクルトバイオサイエンス研究財団 一般研究助成
 
2007年
住友財団 基礎科学研究助成
 
2007年
アステラス病態代謝研究会 研究助成金
 
2007年
持田記念医学薬学振興財団  研究助成金
 
2007年
京都免疫ワークショップ 石坂公成 奨励賞
 
2006年
清水免疫学振興財団 研究助成
 
2003年
アステラス病態代謝研究会 海外留学補助金
 

論文

 
Minaga K, Watanabe T, Kamata K, Takenaka M, Yasukawa S, Kudo M
Am J Gastroenterol      2019年   [査読有り]
Minaga K, Watanabe T, Chung H, Kudo M
World J Gastroenterol   25(19) 2308-2314   2019年   [査読有り][招待有り]
Komeda Y, Watanabe T, Sakurai T, Kono M, Okamoto K, Nagai T, Takenaka M, Hagiwara S, Matsui S, Nishida N, Tsuji N, Kashida H, Kudo M
World J Gastroenterol   25(12) 1502-1512   2019年3月   [査読有り]
Tanaka H, Kamata K, Takenaka M, Yoshikawa T, Ishikawa R, Okamoto A, Yamazaki T, Nakai A, Omoto S, Minaga K, Yamao K, Sakurai T, Watanabe T, Nishida N, Chiba Y, Kitano M, Kudo M
Dig Liver Dis      2019年   [査読有り]
Minaga K, Yoshikawa T, Yamashita Y, Akamatsu H, Ikenouchi M, Ishii T, Matsumoto H, Iwagami H, Nakatani Y, Hatamaru K, Takenaka M, Akamatsu T, Uenoyama Y, Watanabe T, Ono K, Chiba Y, Kudo M
Dig Dis Sci      2019年   [査読有り]
Yamao K, Takenaka M, Yoshikawa T, Ishikawa R, Okamoto A, Yamazaki T, Nakai A, Omoto S, Kamata K, Minaga K, Hagiwara S, Sakurai T, Nishida N, Chiba Y, Watanabe T, Kudo M
Intern Med      2019年   [査読有り]
Okamoto A, Watanabe T, Kamata K, Minaga K, Kudo M.
Intern Med      2019年   [査読有り]
Yoshikawa T, Watanabe T, Minaga K, Kamata K, Kudo M
Mod Rheumatol   29(2) 219-225   2019年   [査読有り][招待有り]
Tanaka H, Watanabe T, Nagai T, Minaga K, Kamata K, Komeda Y, Kudo M
Clin J Gastroenterol      2019年2月   [査読有り]
Kono M, Sakurai T, Okamoto K, Nagai T, Komeda Y, Kashida H, Minaga K, Kamata K, Takenaka M, Hagiwara S, Watanabe T, Nishida N, Enoki E, Inoue H, Matsumura I, Kudo M.
Intern Med      2019年   [査読有り]
Kono M, Sakurai T, Okamoto K, Masaki S, Nagai T, Komeda Y, Kamata K, Minaga K, Yamao K, Takenaka M, Watanabe T, Nishida N, Kudo M
Intern Med      2019年   [査読有り]
Minaga K, Yamashita Y, Ogura T, Takenaka M, Shimokawa Y, Hisa T, Itonaga M, Kato H, Nishikiori H, Okuda A, Matsumoto H, Uenoyama Y, Watanabe T, Chiba Y, Higuchi K, Kudo M, Kitano M
Dig Endosc      2019年   [査読有り]
Sakurai T, Komeda Y, Nagai T, Kamata K, Minaga K, Yamao K, Takenaka M, Hagiwara S, Watanabe T, Nishida N, Kashida H, Nakagawa K, Kudo M
Digestion      2019年   [査読有り]
自己免疫性膵炎2019 腸内細菌叢からみた発症機序
渡邉 智裕、鎌田 研、吉川 智恵、三長 孝輔、工藤 正俊
肝胆膵   78(2) 189-195   2019年2月   [招待有り]
Watanabe T, Minaga K, Kamata K, Kudo M, Strober W
Trends Immunol   39(11) 874-889   2018年   [査読有り][招待有り]
Sakuma Y, Kodama Y, Eguchi T, Uza N, Tsuji Y, Shiokawa M, Maruno T, Kuriyama K, Nishikawa Y, Yamauchi Y, Tsuda M, Ueda T, Matsumori T, Morita T, Tomono T, Kakiuchi N, Mima A, Sogabe Y, Marui S, Kuwada T, Okada A, Watanabe T, Nakase H, Chiba T, Seno H
Sci Rep   8(1) 8829   2018年   [査読有り]
Kono M, Komeda Y, Sakurai T, Okamoto A, Minaga K, Kamata K, Hagiwara S, Inoue H, Enoki E, Matsumura I, Watanabe T, Kudo M
J Crohns Colitis   12(4) 499-502   2018年   [査読有り]
Kamata K, Watanabe T, Minaga K, Strober W, Kudo M
Curr Protoc Immunol   120(Feb 21) 15.31.1-15.31.8   2018年   [査読有り][招待有り]
Okamoto K, Watanabe T, Komeda Y Okamoto A, Minaga K, Kamata K, Yamao K, Takenaka M, Hagiwara S, Sakurai T,Tanaka M, Sakamoto H, Fujimoto K,Kudo M
Front. Immunol   9 918-922   2018年   [査読有り]
Minaga K, Takenaka M, Omoto S, Miyata T, Kamata K, Yamao K, Imai H, Watanabe T, Kitano M, Kudo M
J Med Ultrason   45(1) 161-165   2018年   [査読有り]
Nishiyama H, Nagai T, Kudo M, Okazaki Y, Azuma Y, Watanabe T, Goto S, Ogata H, Sakurai T
Biochem Biophys Res Commun.   495(1) 273-279   2018年   [査読有り]
Otsuka Y, Kamata K, Minaga K, Takenaka M, Watanabe T, Kudo M
Intern Med   57(21) 3075-3078   2018年   [査読有り]
Kamata K, Takenaka M, Minaga K, Nakai A, Omoto S, Miyata T, Yamao K, Imai H, Sakurai T, Watanabe T, Nishida N, Kudo M
Endosc Ultrasound   7(5) 349-350   2018年   [査読有り]
Yamao K, Kitano M, Takenaka M, Minaga K, Sakurai T, Watanabe T, Kayahara T, Yoshikawa T, Yamashita Y, Asada M, Okabe Y, Hanada K, Chiba Y, Kudo M
Gastrointest Endosc   88(1) 66-75.e2   2018年   [査読有り]
Nishida N, Nishimura T, Kaido T, Minaga K, , Yamao K, Kamata K, Takenaka M, Ida H, Hagiwara S,MinamiY, Sakurai T Watanabe T, ,Kudo M
Cancers   10 367-367   2018年   [査読有り]
Hagiwara S, Nishida N, Watanabe T, Ida H, Sakurai T, Ueshima K, Takita M, Komeda Y, Nishijima N, Osaki Y, Kudo M
Antivir Ther   23 513-521   2018年   [査読有り]
Yoshida A, Hagiwara S, Watanabe T, Nishida N, Ida H, Sakurai T, Komeda Y, Yamao K, Takenaka M, Enoki E, Kimura M, Miyake M, Kawada A, Kudo M
Intern Med   57(17) 2505-2509   2018年   [査読有り]
Kamata K, Takenaka M, Minaga K, Omoto S, Miyata T, Yamao K, Imai H, Nakai A, Tanaka H, Chiba Y, Watanabe T, Sakurai T, Nishida N, Chikugo T, Matsumoto I, Takeyama Y, Kitano M, Kudo M
Dig Endosc   30(5) 659-666   2018年   [査読有り]
Bang U, Watanabe T, Bendtsen F
Eur J Gastroenterol Hepatol   30(3) 346-351   2018年   [査読有り]
Minaga K, Watanabe T, Kamata K, Asano N, Kudo M
World J Gastroenterol   24(16) 1725-1733   2018年   [査読有り][招待有り]
IgG4関連疾患の病因と自然免疫
渡邉 智裕、鎌田 研、三長 康輔、工藤 正俊
リウマチ科   60(4) 347-352   2018年   [招待有り]
IgG4
渡邉 智裕、工藤正俊
消化器病学サイエンス   2(3) 41-41   2018年   [招待有り]
自然免疫反応が膵臓の慢性炎症に果たす役割
渡邉 智裕、三長 孝輔、鎌田 研、工藤 正俊
膵臓   33(4) 737-741   2018年   [査読有り][招待有り]
EUSによる消化管疾患の診断―現状と最新の話題 造影ハーモニックEUSによる消化管粘膜下腫瘍の診断
鎌田研, 竹中完, 石川嶺, 吉川智恵, 岡本彩那, 山崎友裕, 中井敦史, 大本俊介, 三長孝輔, 山雄健太郎, 櫻井俊治, 松井繁長, 渡邉智裕, 西田直生志, 樫田博史, 工藤正俊
胃と腸   53(13) 1795-1799   2018年   [招待有り]
Watanabe T, Yamashita K, Arai Y, Minaga K, Kamata K, Nagai T, Komeda Y, Takenaka M, Hagiwara S, Ida H, Sakurai T, Nishida N, Strober W, Kudo M
J Immunol   198(10) 3886-3896   2017年   [査読有り]
Watanabe T, Kudo M, Strober W
Mucosal Immunol   10(2) 283-298   2017年   [査読有り][招待有り]
Watanabe T, Asano N, Kudo M, Strober W
Proc Jpn Acad Ser B Phys Biol Sci   93(8) 578-599   2017年   [査読有り][招待有り]
Watanabe T, Yamashita K, Kudo M
Curr Top Microbiol Immunol   401 115-128   2017年   [査読有り][招待有り]
Kamata K, Takenaka M, Nakai A, Omoto S, Miyata T, Minaga K, Matsuda T, Yamao K, Imai H, Chiba Y, Sakurai T, Watanabe T, Nishida N, Chikugo T, Matsumoto I, Takeyama Y, Kudo M
Oncology   93(Suppl 1) 102-106   2017年
Yamada M, Sakurai T, Komeda Y, Nagai T, Kamata K, Minaga K, Yamao K, Takenaka M, Hagiwara S, Matsui S, Watanabe T, Nishida N, Kashida H, Kudo M
Oncology   93(Suppl 1) 20-26   2017年   [査読有り]
Sakurai T, Adachi T, Kono M, Arizumi T, Kamata K, Minaga K, Yamao K, Komeda Y, Takenaka M, Hagiwara S, Watanabe T, Nishida N, Kashida H, Kudo M
Oncology   93(Suppl 1) 27-29   2017年
Hagiwara S, Nishida N, Watanabe T, Sakurai T, Ida H, Minami Y, Takita M, Minami T, Iwanishi M, Chishina H, Ueshima K, Komeda Y, Arizumi T, Kudo M
Oncology   92(Suppl 1) 3-9   2017年
Kamata K, Takenaka M, Minaga K, Sakurai T, Watanabe T, Nishida N, Kudo M
Oncology   93(Suppl 1) 87-88   2017年
Yamao K, Takenaka M, Nakai A, Omoto S, Kamata K, Minaga K, Miyata T, Imai H, Sakurai T, Watanabe T, Nishida N, Matsumoto I, Takeyama Y, Chikugo T, Kudo M
Oncology   93(Suppl 1) 81-86   2017年
Omoto S, Takenaka M, Kitano M, Miyata T, Kamata K, Minaga K, Arizumi T, Yamao K, Imai H, Sakamoto H, Harwani Y, Sakurai T, Watanabe T, Nishida N, Takeyama Y, Chiba Y, Kudo M
Oncology   93(Suppl 1) 55-60   2017年
Yamao K, Takenaka M, Imai H, Nakai A, Omoto S, Kamata K, Minaga K, Miyata T, Sakurai T, Watanabe T, Nishida N, Matsumoto I, Takeyama Y, Chikugo T, Kudo M
Oncology   93(Suppl 1) 76-80   2017年
Minaga K, Takenaka M, Katanuma A, Kitano M, Yamashita Y, Kamata K, Yamao K, Watanabe T, Maguchi H, Kudo M
Oncology   93(Suppl 1) 107-112   2017年
Kwok WY, Hagiwara S, Nishida N, Watanabe T, Sakurai T, Ida H, Minami Y, Takita M, Minami T, Iwanishi M, Chishina H, Kono M, Ueshima K, Komeda Y, Arizumi T, Enoki E, Nakai T, Kumabe T, Nakashima O, Kondo F, Kudo M
Oncology   92(Suppl 1) 16-28   2017年
Imai H, Takenaka M, Omoto S, Kamata K, Miyata T, Minaga K, Yamao K, Sakurai T, Nishida N, Watanabe T, Kitano M, Kudo M
Oncology   93(Suppl 1) 69-75   2017年
Kono M, Nishida N, Hagiwara S, Minami T, Chishina H, Arizumi T, Minaga K, Kamata K, Komeda Y, Sakurai T, Takenaka M, Takita M, Yada N, Ida H, Minami Y, Ueshima K, Watanabe T, Kudo M
Dig Dis   35(6) 556-564   2017年
Okamoto K, Matsui S, Watanabe T, Asakuma Y, Komeda Y, Okamoto A, Rei I, Kono M, Yamada M, Nagai T, Arizumi T, Minaga K, Kamata K, Yamao K, Takenaka M, Sakurai T, Nishida N, Kashida H, Chikugo T, Kudo M
Oncology   93(Suppl 1) 9-14   2017年
Komeda Y, Handa H, Watanabe T, Nomura T, Kitahashi M, Sakurai T, Okamoto A, Minami T, Kono M, Arizumi T, Takenaka M, Hagiwara S, Matsui S, Nishida N, KashidaH, Kudo M
Oncology   93(Suppl 1) 30-34   2017年   [査読有り]
Adachi T, Matsui S, Watanabe T, Okamoto K, Okamoto A, Kono M, Yamada M, Nagai T, Komeda Y, Minaga K, Kamata K, Yamao K, Takenaka M, Asakuma Y, Sakurai T, Nishida N, Kashida H, Kudo M
Oncology   93(Suppl 1) 15-19   2017年
Komeda Y, Kashida H, Sakurai T, Asakuma Y, Tribonias G, Nagai T, Kono M, Minaga K, Takenaka M, Arizumi T, Hagiwara S, Matsui S, Watanabe T, Nishida N, Chikugo T, Chiba Y, Kudo M
Oncology   93(Suppl 1) 49-54   2017年
Arizumi T, Minami T, Chishina H, Kono M, Takita M, Yada N, Hagiwara S, Minami Y, Ida H, Ueshima K, Kamata K, Minaga K, Komeda Y, Takenaka M, Sakurai T, Watanabe T, Nishida N, Kudo M
Dig Dis   35(6) 589-597   2017年
Arizumi T, Minami T, Chishina H, Kono M, Takita M, Yada N, Hagiwara S, Minami Y, Ida H, Ueshima K, Kamata K, Minaga K, Komeda Y, Takenaka M, Sakurai T, Watanabe T, Nishida N, Kudo M
Dig Dis   35(6) 583-588   2017年
Kwok WY, Hagiwara S, Nishida N, Watanabe T, Sakurai T, Ida H, Minami Y, Takita M, Minami T, Iwanishi M, Chishina H, Kono M, Ueshima K, Komeda Y, Arizumi T, Enoki E, Nakai T, Kumabe T, Nakashima O, Kondo F, Kudo M
Oncology   92(Suppl 1) 16-28   2017年
Okamoto K, Watanabe T*, Komeda Y, Kono T, Takashima K, Okamoto A, Kono M, Yamada M, Arizumi T, Kamata K, Minaga K, Yamao K, Nagai T, Asakuma Y, Takenaka M, Sakurai T, Matsui S, Nishida N, Chikugo T, Kashida H, Kudo M
Oncology   93(Suppl 1) 35-42   2017年
アミロイドーシスを疑う胃病変
松井繁長、樫田博史、河野匡司、岡元寿樹、米田頼晃、永井知行、朝隈豊、櫻井俊治、渡邉智裕、工藤正俊
消化器内視鏡   29 756-758   2017年
内視鏡所見からみた腸炎の鑑別診断.
樫田博史 米田頼晃 岡元寿樹 足立哲平 永井知行 朝隈豊 櫻井俊治 渡邉智裕
消化器内視鏡   29 20-30   2017年
パターン認識受容体
渡邉智裕、工藤正俊
消化器病学サイエンス   1 150-152   2017年   [招待有り]
膵炎における腸管免疫機構破綻と重症化機序
渡邉智裕、三長孝輔、 鎌田研、 山雄健太郎、 竹中完、工藤正俊
肝•胆•膵   75 991-996   2017年   [招待有り]
Komeda Y, Watanabe T, Matsui S, Kashida H, Sakurai T, Kono M, Minaga K, Nagai T, Hagiwara S, Enoki E, Kuod M
JGH Open   1(2) 74-75   2017年   [査読有り]
Arizumi T, Ueshima K, Iwanishi M, Minami T, Chishina H, Kono M, Takita M, Yada N, Hagiwara S, Minami Y, Ida H, Komeda Y, Takenaka M, Sakurai T, Watanabe T, Nishida N, Kudo M
Liver Cancer   6(3) 227-235   2017年   [査読有り]
Minaga K, Takenaka M, Kitano M, Chiba Y, Imai H, Yamao K, Kamata K, Miyata T, Omoto S, Sakurai T, Watanabe T, Nishida N, Kudo M
Surg Endosc   31(11) 4764-4772   2017年   [査読有り]
Sakurai T, Yada N, Hagiwara S, Arizumi T, Minaga K, Kamata K, Takenaka M, Minami Y, Watanabe T, Nishida N, Kudo M
Cancer Sci   108(10) 1996-2003   2017年   [査読有り]
Kamata K, Takenaka M, Kitano M, Omoto S, Miyata T, Minaga K, Yamao K, Imai H, Sakurai T, Watanabe T, Nishida N, Chikugo T, Chiba Y, Imamoto H, Yasuda T, Lisotti A, Fusaroli P, Kudo M
J Gastroenterol Hepatol   32(10) 1686-1692   2017年   [査読有り]
Kamata K, Takenaka M, Kitano M, Omoto S, Miyata T, Minaga K, Yamao K, Imai H, Sakurai T, Watanabe T, Nishida N, Kudo M
World J Gastroenterol   23(4) 661-667   2017年   [査読有り]
Komeda Y, Kashida H, Sakurai T, Tribonias G, Okamoto K, Kono M, Yamada M, Adachi T, Mine H, Nagai T, Asakuma Y, Hagiwara S, Matsui S, Watanabe T, Kitano M, Chikugo T, Chiba Y, Kudo M
World J Gastroenterol   23(2) 328-335   2017年   [査読有り]
Komeda Y, Kashida H, Sakurai T, Kono M, Nagai T, Asakuma Y, Hagiwara S, Matsui S, Watanabe T, Chikugo T, Kudo M
Am J Gastroenterol   112(6) 833   2017年   [査読有り]
Sakurai T, Higashitsuji H, Kashida H, Watanabe T, Komeda Y, Nagai T, Hagiwara S, Kitano M, Nishida N, Abe T, Kiyonari H, Itoh K, Fujita J, Kudo M
Oncotarget   8(15) 24762-24776   2017年   [査読有り]
Sakurai T, Kashida H, Komeda Y, Nagai T, Hagiwara S, Watanabe T, Kitano M, Nishida N, Fujita J, Kudo M
Inflamm Bowel Dis   23(1) 66-74   2017年   [査読有り]
Hagiwara S, Nishida N, Park AM, Komeda Y, Sakurai T, Watanabe T, Kudo M
Sci Rep   7(1) 10440   2017年   [査読有り]
IgG4関連疾患に関わる自然免疫反応
渡邉智裕、千葉勉
アレルギーの臨床   36 145-147   2016年   [招待有り]
Watanabe T, Sadakane Y, Yamaga N, Sakurai T, Ezoe H, Kudo M, Chiba T, Strober W
Mucosal Immunol   9(5) 1234-1249   2016年   [査読有り]
Shiokawa M, Kodama Y, Kuriyama K, Yoshimura K, Tomono T, Morita T, Kakiuchi N, Matsumori T, Mima A, Nishikawa Y, Ueda T, Tsuda T, Yamauchi Y, Minami R, Sakuma Y, Ota Y, Maruno T, Kurita A,Sawai Y, Tsuji Y, Uza N, Matsumura K, Watanabe T, Notohara K, Tsuruyama T, Seno H, Chiba T
Gut   65(8) 1322-1332   2016年   [査読有り]
Asano N, Imatani A, Watanabe T, Fushiya J, Kondo Y, Jin X, Ara N, Uno K, Iijima K, Koike T, Strober W, Shimosegawa T
Cancer Res   76(5) 1135-1145   2016年   [査読有り]
Chishina H, Hagiwara S, Nishida N, Ueshima K, Sakurai T, Ida H, Minami Y, Takita M, Kono M, Minami T, Iwanishi M, Umehara Y, Watanabe T, Komeda Y, Arizumi T, Kudo M
Dig Dis   34(6) 659-664   2016年
Hagiwara S, Nishida N, Watanabe T, Sakurai T, Ida H, Minami Y, Takita M, Minami T, Iwanishi M, Chishina H, Ueshima K, Komeda Y, Arizumi T, Kudo M
Dig Dis   34(6) 620-626   2016年
Arai Y, Yamashita K, Kuriyama K, Shiokawa M, Kodama Y, Sakurai T, Mizugishi K, Uchida K, Kadowaki N, Takaori-Kondo A, Kudo M, Okazaki K, Strober W, Chiba T, Watanabe T
J Immunol   195(7) 3033-3044   2015年   [査読有り]
Adachi T, Sakurai T, Kashida H, Mine H, Hagiwara S, Matsui S, Yoshida K, Nishida N, Watanabe T, Itoh K, Fujita J, Kudo M
Inflamm Bowel Dis   21(1) 31-39   2015年   [査読有り]
Sakurai T, Kashida H, Hagiwara S, Nishida N, Watanabe T, Fujita J, Kudo M
Dig Dis Sci   60(4) 850-857   2015年   [査読有り]
Sakurai T, Yada N, Watanabe T, Arizumi T, Hagiwara S, Ueshima K, Nishida N, Fujita J, Kudo M
Cancer Sci   106(4) 352-358   2015年   [査読有り]
Watanabe T, Asano N, Meng G, Yamashita K, Arai Y, Sakurai T, Kudo M, Fuss IJ, Kitani A, Shimosegawa T, Chiba T, Strober W
Mucosal Immunol   7(6) 1312-1325   2014年   [査読有り]
Strober W, Asano N, Fuss I, Kitani A, Watanabe T
Immunological Reviews   260(1) 249-260   2014年   [査読有り][招待有り]
The molecular basis of NOD2 risk polymorphisms
Watanabe T, Asano N, Strober W
Autoantibodies and Autoimmunity   31-36   2014年
Arai Y, Nishinaka Y, Arai T, Morita M, Mizugishi K, Adachi S, Takaori-Kondo A, Watanabe T, Yamashita K
Biochem Biophys Res Commun   443(2) 556-561   2014年   [査読有り]
Sakurai T, Kashida H, Watanabe T, Hagiwara S, Mizushima T, Iijima H,Nishida N, Higashitsuji H, Fujita J, Kudo M
Cancer Res   74(21) 6119-6128   2014年   [査読有り]
渡邉智裕、辻喜久、千葉勉
膵臓   29(1) 45-50   2014年   [査読有り][招待有り]
良性膵疾患と腸内細菌
森田敏広、児玉裕三、大田悠司、辻喜久、渡邉智裕
肝•胆•膵   70 895-900   2014年
Watanabe T, Yamashita K, Sakurai T, Kudo M, Shiokawa M, Uza N, Kodama Y, Uchida K, Okazaki K, Chiba T
J Gastroenterol   48(2) 247-253   2013年   [査読有り]
Shiokawa M, Kodama Y, Yoshimura K, Kawanami C, Mimura J, Yamashita Y, Asada M, Kikuyama M, Okabe Y, Inokuma T, Ohana M, Kokuryu H, Takeda K, Tsuji Y, Minami R, Sakuma Y, Kuriyama K, Ota Y, Tanabe W, Maruno T, Kurita A, Sawai Y, Uza N, Watanabe T, Haga H, Chiba T
Am J Gastroenterol   108(4) 610-617   2013年   [査読有り]
Arai Y, Yamashita K, Mizugishi K, Watanabe T, Kondo T, Kitano T, Kawabata H, Kadowaki N, Takaori-Kondo A
Clin Immunol   147(1) 58-60   2013年   [査読有り]
Arai Y, Yamashita K, Mizugishi K, Takaori-Kondo A, Chiba T, Watanabe T
Eur J Haematol   90(6) 525-530   2013年   [査読有り]
Yada N, Kudo M, Chung H, Watanabe T
Dig Dis   31(5-6) 415-420   2013年   [査読有り]
Sakurai T, Kudo M, Watanabe T, Itoh K, Higashitsuji H, Arizumi T, Inoue T, Hagiwara S, Ueshima K, Nishida N, Fukumoto M, Fujita J
Dig Dis Sci   31(5-6) 440-446   2013年   [査読有り]
Arai Y, Yamashita K, Mizugishi K, Watanabe T, Sakamoto S, Kitano T, Kondo T, Kawabata H, Kadowaki N, Takaori-Kondo A
Biology of Blood and Marrow Transplantation   19(12) 1683-1689   2013年   [査読有り]
NOD2と腸管炎症
渡邉智裕、千葉勉
細胞   45 385-387   2013年   [招待有り]
自己免疫性肝炎とIgG4関連病態
矢田典久、工藤正俊、鄭浩柄、渡邉智裕
肝•胆•膵   67 381-387   2013年
腸管共生菌と膵炎
渡邉智裕、辻喜久、千葉勉
臨床免疫•アレルギー科   60 435-438   2013年   [招待有り]

書籍等出版物

 
ESMO HandBook Immuno-Oncology 2018
Harding JJ, Watanabe T, El-Dika I, Nishida N, Abou-alfa GK, Kudo M, (担当:共著, 範囲:2.5 GI Malignancies, 2.5.3 HCC)
2018年   
Mucosal Immunology 4th Edition
Watanabe T, Chiba T, Strober W (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 88 Immune mechanisms of pancreatitis)
Academic Press   2015年   
消化器内科診察 レジデントマニュアル
渡邉 智裕 (担当:共著)
医学書院   2018年   
展望 小林がん学術振興会
渡邉 智裕 (担当:分担執筆, 範囲:自然免疫反応の制御を用いた膵臓癌の予防法の開発)
2018年11月   
IgG4関連疾患と自然免疫
渡邉 智裕 (担当:分担執筆)
IgG4関連疾患 実践的臨床から病因へ   2015年   
炎症性腸疾患の基礎研究の進歩と展望
渡邉智裕、千葉勉 (担当:分担執筆)
炎症性腸疾患 病因解明と診断・治療の最新知見   2012年   
経口からの抗原投与により活性化される肝内CD11c+樹状細胞を用いた実験肝炎の治療
渡邉智裕、若月芳雄、千葉勉 (担当:分担執筆)
消化器と免疫   2009年   
NOD2の活性化を用いたクローン病の新たな免疫制御療法
渡邉智裕、 千葉勉 (担当:分担執筆)
消化器と免疫   2008年   
経口免疫寛容の誘導における肝内Tリンパ球の関与
渡邉智裕、若月芳雄、吉田優、伊藤俊之、臼井崇、白井泰彦、松永洋一、 垣生園子、千葉勉、北徹 (担当:分担執筆)
消化器と免疫   1999年   
腸内細菌叢からみた膵臓疾患の発症機序の解明と新規治療法の開発
渡邉 智裕 (担当:分担執筆)
ヤクルトバイオサイエンス研究財団 年報 第26号   2018年   
腸内細菌叢からみた膵炎の発症機序の解明と新規治療法の開発
渡邉 智裕 (担当:分担執筆)
先進医薬研究振興財団  2017年度研究成果報告集   2018年   
膵臓疾患と腸内細菌
渡邉 智裕 (担当:分担執筆)
内藤財団時報   2017年   
IgG4関連全身硬化性疾患の診断法の確立と治療方法の開発に関する研究
渡邉 智裕、千葉勉 (担当:分担執筆)
厚生労働科学研究委託費 難治性疾患実用化研究事業 平成26年度 委任業務成果報告書   2015年   
トップランナーに聞く。最先端の医療に挑む若手研究者への直撃インタビュー自然免疫反応と消化器疾患とのかかわり
渡邉 智裕 (担当:分担執筆)
最新医学   2013年   
IgG4関連型自己免疫性膵臓炎におけるTLR/NLRの活性化の関与
渡邉 智裕 (担当:分担執筆)
細胞科学研究財団助成研究報告集   2012年   
自然免疫システムの制御によるクローン病の新規治療法の開発
渡邉 智裕 (担当:分担執筆)
ヤクルト・バイオサイエンス研究財団年報   2012年   
腸内細菌由来抗原の免疫制御機能を用いた炎症性腸疾患の新規治療法の開発
渡邉 智裕 (担当:分担執筆)
厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服事業: 平成22年度 総括・分担研究報告書   2011年   
IgG4関連硬化性疾患の発症に関わる自然免疫及び獲得免疫反応の解明療
渡邉 智裕 (担当:分担執筆)
膵臓病研究財団第18回研究報告書   2010年   
腸内細菌由来抗原Muramyl Dipeptide (MDP)による自然免疫システムの活性化を利用した炎症性腸疾患の新規治療法の開発
渡邉 智裕 (担当:分担執筆)
ヤクルト・バイオサイエンス研究財団年報   2009年   
肝性脳症に対するInterventional radiology
樫田博史、 渡邉智裕、 藤堂彰男 (担当:分担執筆)
門脈圧亢進症   

講演・口頭発表等

 
腸内細菌叢からみた膵酵素補充療法の慢性膵炎に対する炎症抑制機序の解明
三長 孝輔, 渡邉 智裕, 工藤 正俊
第105回日本消化器病学会総会   2019年5月   
TNF-alphaと腸管免疫 [招待有り]
渡邉 智裕
第28回南大阪膠原病カンファレンス   2019年2月   
抗TNF製剤の寛解維持効果を基礎から考察する [招待有り]
渡邉 智裕
第33回大阪クローン病治療研究会   2019年2月   
乾癬の併存疾患〜炎症性腸疾患のサイトカイン反応〜 [招待有り]
渡邉 智裕
第48回 日本免疫皮膚アレルギー学会総会 モーニングセミナー   2018年11月   
腸内細菌叢からみたIgG4関連疾患の発症機序の解明
鎌田 研、渡邉 智裕、工藤 正俊
JDDW2018   2018年11月   
Cap polyposisにおける腸内細菌叢の解析
岡元 寿樹、渡邉 智裕、工藤 正俊
JDDW 2018   2018年11月   
表在型食道内分泌癌の一例
高島耕太、松井繁長、岡元寿樹、山田光成、正木翔、河野匡志、米田頼晃、永井知行、櫻井俊治、渡邉智裕、辻直子、樫田博史、工藤正俊
第101回 日本消化器内視鏡学会近畿支部例会   2018年11月   
若年性ポリポーシスより胃切除をした2症例
河野辰哉、松井繁長、工藤正俊、樫田博史、渡邉智裕、米田頼晃、山田光成、河野匡志、櫻井俊治、永井知行、辻直子、安田卓司、白石治、木村豊
第101回 日本消化器内視鏡学会近畿支部例会   2018年11月   
膵酵素補充療法が慢性膵炎の発症に及ぼす効果の解明
三長孝輔、渡邉 智裕、工藤正俊
第26回 若手膵臓研究会   2018年10月   
腸内細菌叢からみたIgG4関連疾患の発症機序の解明
鎌田 研、渡邉 智裕、工藤 正俊
第26回 若手膵臓研究会   2018年10月   
炎症性腸疾患におけるTNF-alphaの役割 [招待有り]
渡邉 智裕
第22回 日本脊椎関節炎学会ランチョンセミナー   2018年9月   
偽性腸閉塞に対し、胃瘻造設が有効であった一例
田中秀和、永井知行、櫻井俊治、河野辰哉、高島耕太、正木翔、岡元寿樹、河野匡志、山田光成、米田頼晃、渡邉智裕、松井繁長、辻直子、樫田博史、工藤正俊
第109回日本消化器病学会近畿支部例会   2018年9月   
腸内細菌に対する自然免疫反応が膵臓の慢性炎症に果たす役割 [招待有り]
渡邉 智裕
第1回宮城消化器学術講演会   2018年8月   
タビガトランによる薬剤性食道潰瘍の検討
益田康弘、松井繁長、河野匡志、岡元寿樹、山田光成、米田頼晃、永井知行、櫻井俊治、渡邉 智裕、樫田博史、工藤正俊
第100回日本消化器内視鏡学会近畿支部例会   2018年5月   
パンクレリパーゼ摂取による腸管内および便の腸内細菌叢に対する影響の検討
永井知行 西山拓輝 櫻井俊治 渡邉智裕 緒方博之 工藤正俊
第104回日本消化器病学会総会   2018年4月   
mFOLFOX6+Cetuximab併用により画像的にComplete Responseが得られた切除不能肝転移を伴う S状結腸癌の1例
大塚康生  永井知行 櫻井俊治 福永明洋 半田康平 高田隆太郎 岡元寿樹 木下淳 河野匡志 山田光成 米田頼晃 松井繁長 渡邉智裕 汐見幹夫 樫田博史 工藤正俊
第108回日本消化器病学会近畿支部例会   2018年3月   
超音波内視鏡下吸引細胞診(EUS-FNA)にて診断に至ったスキルス胃癌の1例
高田隆太郎 米田頼晃 櫻井俊治 福永明洋 半田康平 木下淳 河野匡志 岡元寿樹 山田光成 永井知行  松井繁長 渡邉智裕 樫田博史
第108回日本消化器病学会近畿支部例会   2018年3月   
セツキシマブを含む抗がん剤にて肺胞出血を来した一例
福永明洋 岡元寿樹 櫻井俊治 半田康平 高田隆太郎 木下淳 石川嶺 河野匡志 山田光成 永井知行  米田頼晃 松井繁長 渡邉智裕 汐見幹夫 樫田博史 工藤正俊
第108回日本消化器病学会近畿支部例会   2018年3月   
乾癬の併存疾患〜炎症性腸疾患のサイトカイン反応〜 [招待有り]
渡邉 智裕
第4回 南大阪PsA治療の医療連携の会   2018年2月   
空腸穿通魚骨を小腸内視鏡にて除去し得た一例
福永朋洋, 永井知行, 櫻井俊治, 岡元寿樹, 岡本彩那, 河野匡志, 山田光成, 米田頼晃, 松井繁長, 渡邉智裕, 樫田博史, 工藤正俊
第99回日本消化器内視鏡学会近畿支部例会   2017年11月   
大網裂孔ヘルニアによるレイウスの1例
吉川馨介, 木下 淳, 櫻井俊治, 高島耕太, 河野辰哉, 石川 嶺, 岡本彩那, 河野匡志, 岡元寿樹, 山田光成, 永井知行, 米田頼晃, 松井繁長, 渡邉智裕, 樫田博史, 工藤正俊
第99回日本消化器内視鏡学会近畿支部例会   2017年11月   
止血に難渋した十二指腸静脈瘤出血の1例,
中野省吾, 松井繁長, 高島耕太, 河野辰哉, 石川 嶺, 岡元寿樹, 山田光成, 河野匡志, 木下 淳, 米田頼晃, 永井知行, 朝隈 豊, 櫻井俊治, 渡邉智裕, 樫田博史, 工藤正俊
第99回日本消化器内視鏡学会近畿支部例会   2017年11月   
乾癬の併存疾患〜炎症性腸疾患のサイトカイン反応〜 [招待有り]
渡邉 智裕
第81回 日本皮膚科学会東京支部学術大会ランチョンセミナー   2017年11月   
Bleeding after endoscopic resection for early gastric lesions in patients on antithrombotic therapy
Nagai T, Matsui S, Okamoto A, Okamoto K, Kono M, Yamada M, Komeda Y, Sakurai T, Watanabe T, Kashida H, Kudo M
UEGW2017   2017年10月   
抗血栓薬内服での大腸ESDにおける検討
岡元寿樹 米田頼晃 樫田博史 岡本彩那 河野匡志 永井知行 櫻井俊治 松井繁長 渡邉智裕 工藤正俊
JDDW2017   2017年10月   
抗血栓薬服用に対する胃病変のESD/EMRの安全性の評価検討
永井知行 松井繁長 岡本彩那 岡元寿樹 河野匡志 山田光成 米田頼晃 櫻井俊治 渡邉智裕 樫田博史 工藤正俊
JDDW2017   2017年10月   
カテーテルアブレーション後に急性胃拡張を来した2例
久家 沙希那 永井 知行 木下淳 石川嶺 岡元寿樹 河野匡志 山田光成 米田頼晃 櫻井俊治 松井繁長 渡邉智裕  樫田博史 工藤正俊
第107回日本消化器病学会近畿支部例会   2017年9月   
IBD治療における抗体療法を基礎・臨床の両面から考える [招待有り]
渡邉 智裕
第54回 日本消化器免疫学会イブニングセミナー   2017年9月   
炎症性サイトカインから見るクローン病治療 [招待有り]
渡邉 智裕
ヒュミラインターネットライブセミナー   2017年9月   
I型IFNとIL-33が慢性膵炎と自己免疫性膵炎の発症に果たす役割
渡邉智裕、工藤正俊
第48回日本膵臓学会大会   2017年7月   
IL-33 plays a pathogenic role in chronic and autoimmune pancreatitis  [招待有り]
Tomohiro Watanabe
International Congress of Mucosal Immunology   2017年7月   
膵炎の発症に関わる免疫反応 [招待有り]
渡邉 智裕
第126回NIH金曜会セミナー   2017年7月   
大腸早期印環細胞癌の一例
高島耕大, 樫田博史, 朝隈 豊, 岡本彩那, 岡元寿樹, 河野匡志, 山田光成, 足立哲平, 米田頼晃, 櫻井俊治, 松井繁長, 渡邉智裕, 工藤正俊
第98回日本消化器内視鏡学会近畿支部例会   2017年6月   
ESDを施行した胃底腺型胃癌の検討
河野辰哉, 松井繁長, 岡本彩那, 岡元寿樹, 河野匡志, 足立哲平, 米田頼晃, 永井知行, 朝隈 豊, 櫻井俊治, 渡邉智裕, 樫田博史, 工藤正俊
第98回日本消化器内視鏡学会近畿支部例会   2017年6月   
Follow-up examination of the recurrence after endoscopic treatment of colorectal tumors
Komeda Y, Kashida H, Sakurai T, Asakuma Y, Nagai T, Matsui S, Watanabe T, Kudo M
DDW 2017   2017年5月   
広範囲食道表在癌ESD後の狭窄に対する治療成績の検討
岡元寿樹, 松井繁長, 樫田博史, 河野匡志, 山田光成, 足立哲平, 永井知行, 朝隈 豊, 米田頼晃, 櫻井俊治、渡邉智裕、樫田博史、工藤正俊
第93回日本消化器内視鏡学会総会   2017年5月   
IgG4関連疾患の病因と自然免疫   [招待有り]
渡邉 智裕
第61回日本リウマチ学会総会   2017年4月   
Plasmacytoid dendritic cells producing both IFN-alpha and IL-33 mediate chronic fibro-inflammatory responses in IgG4-related disease
Watanabe T, Kudo M
3rd International Symposium on IgG4-RD & Fibrosis   2017年2月   
大腸腫瘍内視鏡治療後の局所再発に対するサーベイランスについて
米田頼晃 樫田博史 橋本有人 岡元寿樹 河野匡志 山田光成 足立哲平峯 宏昌 永井知行 朝隈 豊 櫻井俊治 松井繁長 渡邉智裕 工藤正俊
第13回日本消化管学会総会学術集会   2017年2月   
腸管症型T細胞リンパ腫の一例
岡本彩那, 樫田博史, 米田頼晃, 岡元寿樹, 河野匡志, 足立哲平, 永井知行, 朝隈 豊, 櫻井俊治, 松井繁長, 渡邉智裕, 工藤正俊
第106回日本消化器病学会近畿支部例会   2017年2月   
形質細胞様樹状細胞が産生するIL-33がIgG4関連疾患の病態に果たす役割
渡邉智裕、工藤正俊
24th JDDW   2016年11月   
Single balloon enteroscopy in the elderly
Yamada M, Kashida H, Komeda Y, Mine H, Nagai T, Asakuma Y, Sakurai T, Matusi, S Watanabe T, Kudo M
APDW2016   2016年11月   
自己免疫性膵炎の発症に関わる腸内細菌叢の解析
渡邉智裕、工藤正俊
53回日本消化器免疫学会総会   2016年7月   
透析患者の胃粘膜組織からリン酸ランタン沈着を証明できた一例
橋本有人、松井繁長、岡元寿樹、河野匡志、田中梨絵、山田光成、足立哲平、峯宏昌、永井知行、米田頼晃、朝隈豊、櫻井俊治、渡邉智裕、樫田博史、工藤正俊
第105回日本消化器病学会近畿支部例会   2016年9月   
腸内細菌により活性化されるNOD1が膵炎の発症に果たす役割
渡邉智裕、千葉勉
23th JDDW   2015年10月   
NOD2 Downregulates Colonic Inflammation Through IRF-4 Mediated Inhibition of K63 Directed Polyubiquitination of RICK and TRAF6 Molecules [招待有り]
Watanabe T, Asano N, Kitani A, Fuss IJ, Strober W
DDW2015   2015年   
消化器の炎症に関わる自然免疫反応 [招待有り]
渡邉 智裕
岡山大学第二内科 最新医学セミナー   2015年   
Immune mechanisms of pancreatitis [招待有り]
Tomohiro Watanabe
1st Kyoto University UC San Diego Joint Symposium (Kyoto)   2015年   
Sensing of commensal organisms by the intracellular sensor NOD1 mediates experimental pancreatitis [招待有り]
Tomohiro Watanabe
GI Research Academy (Tokyo)   2015年   
Neutrophil extracellular trapsによるPlasmacytoid dendritic cellの活性化とIgG4関連疾患
新井康之、渡邉智裕、山下浩平、髙折晃史、千葉勉
51回日本消化器免疫学会総会   2014年7月   
Plasmacytoid dendritic cells activated by neutrophil extracellular traps contribute to the pathogenesis of IgG4-related disease
Arai Y, Yamashita K, Watanabe T, Takaori A, Chiba T
2nd International Symposiumon IgG4-related disease & Associated Conditions   2014年2月   
Sensing of commensal organisms by the intracellular sensor NOD1 mediates experimental pancreatitis [招待有り]
Tomohiro Watanabe
JSGE-APAGE Joint Conference Asian-Pacific Topic Conference   2014年   
Activation of Toll-like receptors and NOD-like receptors in monocytes and basophils is involved in the immunopathogenesis of IgG4-related disease [招待有り]
Tomohiro Watanabe
2nd International Symposium on IgG4-RD & Associated Conditions    2014年   
IgG4産生に関わる自然免疫反応の解明 [招待有り]
渡邉 智裕
金沢医科大学血液免疫内科   2011年   
Activation of Toll-like receptors and NOD-like receptors is involved in enhanced IgG4 responses in autoimmune pancreatitis  [招待有り]
Tomohiro Watanabe
The International Pancreatic Research Forum   2011年   
急性膵炎の重症化に関わる自然免疫担当分子の同定とその分子機序の解明
辻喜久、渡邉智裕、千葉勉
18th JDDW   2010年10月   
消化管粘膜に存在するIgG4陽性形質細胞のIgG4関連硬化性疾患における役割
渡邉智裕、千葉勉
96回日本消化器病学会総会   2010年4月   
Infliximabが奏功した壊疽性膿皮症を合併したステロイド抵抗性潰瘍性大腸炎の一例
平松有紀子、松浦稔、宇座徳光、塩川雅広、渡邉智裕、仲瀬裕志、千葉勉
日本消化器病学会近畿支部例会   2010年   
NOD1 contributes to mouse host defense against Helicobacter pylori via induction of type I IFN and activation of the ISGF3 signaling pathway [招待有り]
Tomohiro Watanabe
US-Japan GI & Liver Meeting in 21st Century (Tokyo)   2010年   
NOD1を介するHelicobacter pylori感染免疫防御機構の解明 [招待有り]
渡邉 智裕
16回日本ヘリコバクター学会学術集会   2010年   
NOD1を介する Helicobacter pylori感染免疫防御機構の解析
渡邉智裕、千葉勉
17th JDDW    2009年10月   
経口からの抗原投与により活性化される肝内CD11c+樹状細胞を用いた実験肝炎の治療
渡邉智裕、若月芳雄、千葉勉
46回日本消化器免疫学会総会    2009年7月   
CREST症候群合併原発性胆汁性肝硬変の免疫学的解析
福原学、渡邉智裕、上尾太郎、依田広、児玉裕三、千葉勉
日本消化器病学会近畿支部例会    2009年   
Muramyl dipeptide activation of NOD2 negatively regulates TLR9-induced Th1 chemokine production
Watanabe T, Tsuji Y, Wakatsuki Y, chiba T, Strober W
14th International Congress of Mucosal Immunogy (Boston)   2009年   
HCV Core抗原、NS3蛋白によるTLR2を介するCross Tolerance の誘導      
鄭浩柄、渡邉智裕、工藤正俊
95回日本消化器病学会総会    2008年5月   
NOD1 mediates mucosal host defense utilizing a novel mechanims involving the IFN-stimulated gene factor 3 signaling pathway
Watanabe T, Chiba T
Kyoto University Global COE International Symposium / Retreat 2009   2009年   
Muramyl dipeptide activation of NOD2 inhibits multiple Toll-like receptors pathways vi ainduction of IRF4
Watanabe T, Asano N, Chiba T, Strober W
38回日本免疫学会総会   2008年12月   
NOD2の活性化を用いたクローン病の新たな免疫制御療法
渡邉智裕、千葉勉
45回日本消化器免疫学会総会    2008年7月   
IgG4関連自己免疫性肝炎の臨床的特徴像及び治療反応性に関する検討
鄭浩柄、渡邉智裕、工藤正俊
94回日本消化器病学会総会    2008年5月   
ダブルバルーン小腸内視鏡にて診断・止血し得たHeyde症候群の小腸出血の一例
太田彩貴子、森田周子、岩本諭、上野晢、渡邉智裕、仲瀬裕志
日本消化器内視鏡学会近畿地方会   2008年   
自己免疫性膵炎に併発したIgG4陽性大腸ポリープの一例
川田有希子、上野憲司、後藤知之、辻喜久、依田広、多田真輔、八隅秀二郎、渡邉智裕、千葉勉
日本消化器病学会近畿支部例会    2008年   
Muramyl dipeptide activation of nucleotide-binding oligomerization domain 2 protects mice from experimental colitis [招待有り]
Watanabe T, Asano N, Murray P, Ozato K, Kitani A, Fuss IJ, Strober W
DDW2008   2008年   
Muramyl dipeptide activation of NOD2 protects mice from experimental colitis [招待有り]
Tomohiro Watanabe
Annual Meeting of the Japanese Society for Immunology   2008年   
NOD2の活性化による腸管免疫の制御機構
渡邉智裕、千葉勉
13th JDDW   2007年10月   
A liver tolerates to a portal antigen by generating CD11c+ cells wich select regulatory Cd4+ T cells via apoptosis
Watanabe T, Yamori M, ChibaT, Wakatsuki Y
12th International Congress of Mucosal Immunogy (Orlando)   2005年7月   
CD4+CD25+ T cells regulate colonic localization of CD4 T cells reactive to a microbial antigen
Wakatsuki Y, Watanabe T, Yamori M, Yoshida M, Chiba T
12th International Congress of Mucosal Immunogy (Orlando)   2005年   
NOD2 deficiency leads to enhanced peptidoglycan-induced IL-12 secretion [招待有り]
Tomohiro Watanabe
Experimental Biology   2005年   
H. pylori感染胃における宿主免疫反応は胃粘膜上皮のリモデリングを制御する
家森正志、吉田優、渡邉智裕、白井泰彦、洪壽、千葉勉、北徹、飯塚忠彦、若月芳雄
第34回日本免疫学会総会   2004年   
抗原特異的SCID細胞移入潰瘍性大腸炎モデルを用いたCD4+CD25+細胞の腸炎抑止機構の解明
若月芳雄、渡邉智裕、家森正志、白井泰彦、吉田優、千葉勉
第33回日本免疫学会総会   2003年   
感染胃粘膜上皮のリモデリングにおける宿主の免疫遺伝学的背景の果たす役割
家森正志、吉田優、白井泰彦、渡邉智裕、勝倉浩昭、岸野小葉、飯塚忠彦、千葉勉、北徹、若月芳雄
第33回日本免疫学会総会   2003年   
Deficient Th1 response to a gastritogenic antigen suppresses cell turnover and augments apoptosis of gastric epithelium
Wakatsuk Y, Yamori M, Watanabe T, Shirai Y, Kita T, Chiba T
DDW2003   2003年   
CD4+CD25+ regulatory T cells inhibit antigen-specific colitis by altering the localization of colitogenic CD4+ T cells
Watanabe T, Yoshida M, Chiba T, Wakatsuki Y
DDW 2003   2003年   
肝内CD4T細胞の選択に関わる抗原提示細胞の機能解析
渡邉智裕、勝倉浩昭、家森正志、白井泰彦、千葉勉、北徹、若月芳雄
第32回日本免疫学会総会    2002年   
The chemokine response in the stomach is regulated by the host immune status
Yamori M, Watanabe T, Shirai Y, Katsukura H, Iizuka T, Chiba T, Kita T, Wakatsuki Y
DDW2002   2002年   
Differential localization of colitogenic CD4 T cell subsets monospecific to a micro flora-associated antigen in a SCID-transfer model
Wakatsuki Y, Yoshida M, Shirai Y, Watanabe T, Yamori M, Kita T, Chiba T
DDW2002   2002年   
Development of immunoregulatory CD4+ T cells expressing CD95 ligand and secreting IL-4 in the liver
Watanabe T, Katsukura H, Yoshida M, Shirai Y, Yamori M, Kita T, Chiba T, Wakatsuki Y
DDW2002   2002年   
胃炎組織のリモデリングにおける宿主免疫応答の果たす役割
家森正志、吉田優、渡邉智裕、白井泰彦、勝倉浩昭、、飯塚忠彦、千葉勉、北徹、若月芳雄
第32回日本免疫学会総会    2002年   
抗原の経口投与による抗原特異的肝炎の発症抑制  (ワークショップ)
勝倉浩昭、渡邉智裕、家森正志、白井泰彦、北徹、若月芳雄
第32回日本免疫学会総会    2002年   
抗原非特異的なT細胞免疫応答によってもHeliobacter pylori菌量制御に影響する
白井泰彦、若月芳雄、吉田優、渡邉智裕、家森正志、飯塚忠彦、北徹
第31回日本免疫学会総会    2001年   
A role played by salivary glands in the induction and maintenance of oral immunization to Helicobacter pylori in the stomach
Shirai Y, Kusumoto T, Yamori M, Watanabe T, Nakagawa A, Iizuka T, Kita T, Wakatsuki Y
DDW2001   2001年   
Peripheral tolerance mediated by CD4 T cells expressing CD95 ligand and screting IL-4 in the liver
Wakatsuki Y, Watanabe T, Chiba T, katsukura H, Kita T
11th International Congress of Mucosal Immunogy   2001年   
SCID腸炎モデルにおける管腔内微生物性抗原特異的CD4T細胞の産生するサイトカインと組織病理の比較検討
若月芳雄、吉田優、渡邉智裕、白井泰彦、家森正志、千葉勉、北徹
第31回日本免疫学会総会    2001年   
経口シグナルによる全身性免疫制御と肝臓の果たす役割について
渡邉智裕、千葉勉、若月芳雄
9th JDDW   2001年   
抗原刺激とFas/FasL系を介して、肝内に誘導される免疫調節性T細胞の同定
渡邉智裕、吉田優、白井泰彦、家森正志、八木田秀雄、千葉勉、北徹、若月芳雄
第31回日本免疫学会総会 (東京)   2001年   
経口免疫は胃粘膜におけるT細胞のサイトカイン産生能を制御する
家森正志、若月芳雄、吉田優、渡邉智裕、白井泰彦、垣生園子、千葉勉、飯塚忠彦、北徹
第31回日本免疫学会総会    2001年   
経口免疫応答の唾液腺による調節機構について
白井泰彦、若月芳雄、楠元貴司、吉田優、渡邉智裕、家森正志、中川淳、飯塚忠彦、北徹
第30回日本免疫学会総会   2000年   
抗原特異的実験大腸炎における経口免疫寛容誘導療法の検討
吉田優、若月芳雄、渡邉智裕、白井泰彦、家森正志、垣生園子、千葉勉、北徹
第30回日本免疫学会総会   2000年   
High dose-antigen feeding induces CD4 T cells with suppressor activity in the liver
Watanabe T, Wakatsuki Y, Yoshida M, Itoh T, Usui T, Chiba T, Kita T
Immunology 2000   2000年   
大量の経口抗原投与後における肝内Tリンパ球の機能
渡邉智裕、若月芳雄、吉田優、白井泰彦、家森正志、中川淳、千葉勉、北徹
30回日本免疫学会総会    2000年   
Involvement of intrahepatic lymphocyte in the induction of oral tolerance
Watanabe T, Yoshida M, Shirai Y, Itoh T, Usui T, Wakatsuki Y
10th International Congress of Mucosal Immunology   1999年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
Akkermansia muciniphilaとBifidobacterium pseudolongumが慢性炎症性膵臓 疾患の病態に果たす役割の解明と新規治療法の開発
ヤクルトバイオサイエンス研究財団: 特別研究助成
研究期間: 2019年 - 2021年    代表者: 渡邉 智裕
自然免疫担当分子RIP2を標的とする炎症性腸疾患の新規治療法の開発
科学研究費補助金: 基盤研究C
研究期間: 2019年 - 2021年    代表者: 渡邉 智裕
自然免疫反応からみた膵臓疾患の発症機序の解明と新規治療法の開発
武田科学振興財団: 生命科学研究助成
研究期間: 2017年 - 2021年    代表者: 渡邉 智裕
IgG4関連疾患の新規バイオマー カーと治療ターゲット開発に 関する研究
日本医療研究開発機構: 難治性疾患実用化研究事業
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 三森経世
腸内細菌に対する免疫反応からみた喫煙関連膵臓疾患の発症機序の解明
喫煙科学研究財団: 
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 渡邉 智裕
自然免疫反応の制御を用いた膵臓癌の予防法の開発
小林がん学術振興会: 研究助成
研究期間: 2017年 - 2017年    代表者: 渡邉 智裕
腸内細菌叢からみた膵臓疾患の発症機序の解明と新規治療法の開発
内藤記念科学振興財団: 内藤記念科学奨励金・研究助成
研究期間: 2017年 - 2017年    代表者: 渡邉 智裕
腸内細菌叢からみた膵炎の発症機序の解明と新規治療法の開発
先進医薬研究振興財団 : 
研究期間: 2017年 - 2017年    代表者: 渡邉 智裕
腸内細菌叢からみたIgG4関連疾患の発症機序の解明と新規治療法の開発
加藤記念難病研究助成基金: 
研究期間: 2016年 - 2016年    代表者: 渡邉 智裕
腸内細菌叢からみたIgG4関連疾患の発症機序の解明と新規治療法の開発
科学研究費補助金 萌芽研究: 
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 渡邉 智裕
自然免疫システムの制御を用いた膵炎の新規治療法の開発
科学研究費補助金 基盤研究B: 
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 渡邉 智裕
IgG4関連疾患の病因病態解明と新規治療法確立に関する研究
厚生労働科学研究委託費: 難治性疾患実用化研究事業
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 三森経世
NOD-like receptorの活性化からみた消化器疾患の発症機序の解明
科学技術振興機構: 京都大学「次世代免疫制御を目指す創薬医学融合拠点」
研究期間: 2011年 - 2015年    代表者: 渡邉 智裕
炎症からの消化器発癌におけるゲノム・エピゲノム異常の統合的解析と生成機構の解明
科学研究費補助金: 基盤研究S
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 千葉勉
自然免疫シグナルの活性化からみた炎症性腸疾患の発症機序の解明と新規治療法の開発
持田記念医学薬学振興財団 : 
研究期間: 2011年 - 2011年    代表者: 渡邉 智裕
Nod-like receptorの活性化からみたHelicobacter pylori感染免疫防御機構の解明
日本消化器病学会 学術研究助成金: 
研究期間: 2011年 - 2011年    代表者: 渡邉 智裕
自然免疫システムの制御による炎症性腸疾患の新規治療法の開発
先進医薬振興財団: 
研究期間: 2010年 - 2010年    代表者: 渡邉 智裕
自然免疫システムの活性化によるクローン病の新規治療法の開発 (継続助成)
武田科学振興財団: 
研究期間: 2010年 - 2010年    代表者: 渡邉 智裕
自然免疫システムの制御を用いた炎症性腸疾患の新規治療法の開発
病態代謝研究会: 
研究期間: 2010年 - 2010年    代表者: 渡邉 智裕
炎症を背景とした消化器発癌過程におけるゲノム不安定性の生成機構の解明
科学研究費補助金: 基盤研究S
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 千葉勉
腸内細菌由来抗原の免疫制御機能を用いたクローン病の新規治療法の開発
科学研究費補助金 基盤研究C: 
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 渡邉 智裕
自然免疫シグナルの制御によるクローン病の新規治療法の開発
ヤクルトバイオサイエンス研究財団: 
研究期間: 2010年 - 2010年    代表者: 渡邉 智裕
IgG4関連硬化性疾患の発症に関わる自然免疫及び獲得免疫反応の解明
膵臓病研究財団: 
研究期間: 2010年 - 2010年    代表者: 渡邉 智裕
急性膵炎による多臓器不全の免疫学的解析と新規治療法の開発
加藤記念難病研究 助成基金: 
研究期間: 2009年 - 2009年    代表者: 渡邉 智裕
NOD1及びNOD2を介するHCV宿主免疫防御機構の解明
ウイルス肝炎研究 財団: 
研究期間: 2009年 - 2009年    代表者: 渡邉 智裕
Nod-like receptorの活性化からみた消化器疾患発症機序の 解析
細胞科学研究財団: 
研究期間: 2009年 - 2009年    代表者: 渡邉 智裕
Nod-like receptor の活性化からみた消化器疾患発症機序の解析
清水免疫学振興財団: 
研究期間: 2009年 - 2009年    代表者: 渡邉 智裕
炎症性腸疾患の新規治療法の開発
上原記念生命科学財団: 
研究期間: 2008年 - 2008年    代表者: 渡邉 智裕
H.pylori感染胃炎の病態形成・疾患予後に関わる宿主側因子の研究
科学研究費補助金: 基盤研究C
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 若月芳雄
自然免疫システムの活性化によるクローン病の新規治療法の開発
武田科学振興財団: 
研究期間: 2008年 - 2008年    代表者: 渡邉 智裕
自然免疫システムの活性化を用いた急性膵炎の新規治療法の開発
膵臓病研究財団: 
研究期間: 2008年 - 2008年    代表者: 渡邉 智裕
自然免疫システムの活性化を用いた炎症性腸疾患の新規治療法の開発
藤原記念財団: 
研究期間: 2008年 - 2008年    代表者: 渡邉 智裕
クローン病感受性蛋白質NOD2の活性化による腸管免疫制御機構の解析
金原一郎記念医学医療振興財団: 
研究期間: 2008年 - 2008年    代表者: 渡邉 智裕
細菌性抗原受容体NOD2の活性化による腸管免疫制御機構の解析
科学研究費補助金 基盤研究C: 
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 渡邉 智裕
細菌性抗原受容体NOD2の免疫制御機構を利用した炎症性腸疾患新規治療法の開発
持田記念医学薬学振興財団 : 
研究期間: 2007年 - 2007年    代表者: 渡邉 智裕
自然免疫システムの活性化を用いた炎症性腸疾患新規治療法の開発
住友基礎科学研究助成: 
研究期間: 2007年 - 2007年    代表者: 渡邉 智裕
クローン病感受性蛋白質NOD2の活性化による腸管免疫制御機構の解析
病態代謝研究会: 
研究期間: 2007年 - 2007年    代表者: 渡邉 智裕
腸内細菌由来抗原Muramyl Dipeptide (MDP)による自然免疫システムの活性化を利用した炎症性腸疾患の新規治療法の開発
ヤクルトバイオサイエンス研究財団: 
研究期間: 2007年 - 2007年    代表者: 渡邉 智裕
NOD1/NOD2の機能解析とその消化器疾患における役割
清水免疫学振興財団: 
研究期間: 2006年 - 2006年    代表者: 渡邉 智裕
海外留学補助金
病態代謝研究会: 
研究期間: 2003年 - 2003年    代表者: 渡邉 智裕