松村 謙臣

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/16 07:16
 
アバター
研究者氏名
松村 謙臣
所属
近畿大学
部署
医学部 産科婦人科
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
近畿大学医学部 産科婦人科学 教授
 
2013年8月
 - 
2017年3月
京都大学大学院医学研究科医学専攻 婦人科学産科学 准教授
 
2012年12月
 - 
2013年7月
京都大学医学部附属病院 周産母子診療部 講師
 
2008年4月
 - 
2012年11月
京都大学医学部附属病院産科婦人科 助教
 
2007年4月
 - 
2008年3月
京都大学医学部附属病院 産科婦人科 特定病院助教
 
2002年9月
 - 
2003年3月
京都大学医学部附属病院 産科婦人科 医員
 
2000年4月
 - 
2002年8月
公立豊岡病院 産婦人科 医員
 
1998年5月
 - 
2000年3月
兵庫県立尼崎病院 産婦人科 医員
 
1996年5月
 - 
1998年4月
京都大学医学部附属病院 産科婦人科 研修医
 

学歴

 
2005年4月
 - 
2007年3月
Duke University Department of Obstetrics and Gynecology Division of Gynecologic Oncology
 
2003年4月
 - 
2007年3月
京都大学 大学院医学研究科器官外科学 婦人科学産科学
 
1990年4月
 - 
1996年3月
京都大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2017年6月
 - 
現在
日本産科婦人科学会  中央専門医制度委員会副委員長
 
2017年5月
 - 
現在
近畿産科婦人科学会  編集委員長
 
2015年7月
 - 
現在
日本婦人科腫瘍学会  専門医制度委員会委員
 
2012年10月
 - 
現在
日本婦人科腫瘍学会  卵巣がん治療ガイドライン作成委員
 
2008年4月
 - 
現在
近畿産科婦人科学会  学術委員会腫瘍研究部会委員
 
2013年6月
 - 
2017年6月
日本産科婦人科学会  専門医認定筆記試験問題作成委員
 
2013年6月
 - 
2017年6月
日本産科婦人科学会  中央専門医制度委員会委員
 

論文

 
Nakamura A, Yamaguchi K, Minamiguchi S, Murakami R, Abiko K, Hamanishi J, Kondoh E, Baba T, Mandai M, Matsumura N
Medical molecular morphology   52(1) 52-59   2019年3月   [査読有り]
Kawasaki K, Kondoh E, Chigusa Y, Kawamura Y, Mogami H, Takeda S, Horie A, Baba T, Matsumura N, Mandai M, Konishi I
Hypertension   73(3) 671-679   2019年3月   [査読有り]
Murakami R, Matsumura N, Michimae H, Tanabe H, Yunokawa M, Iwase H, Sasagawa M, Nakamura T, Tokuyama O, Takano M, Sugiyama T, Sawasaki T, Isonishi S, Takehara K, Nakai H, Okamoto A, Mandai M, Konishi I
Gynecologic oncology      2019年3月   [査読有り]
Inayama Y, Kondoh E, Chigusa Y, Io S, Funaki T, Matsumura N, Miyamoto S, Mandai M
World neurosurgery   122 684-691.e2   2019年2月   [査読有り]
Mulati K, Hamanishi J, Matsumura N, Chamoto K, Mise N, Abiko K, Baba T, Yamaguchi K, Horikawa N, Murakami R, Taki M, Budiman K, Zeng X, Hosoe Y, Azuma M, Konishi I, Mandai M
British journal of cancer   120(1) 115-127   2019年1月   [査読有り]
Shimaoka M, Yo Y, Doh K, Kotani Y, Suzuki A, Tsuji I, Mandai M, Matsumura N
Scientific reports   9(1) 509   2019年1月   [査読有り]
Inayama Y, Hamanishi J, Matsumura N, Murakami R, Abiko K, Yamaguchi K, Baba T, Horie K, Konishi I, Mandai M
The oncologist   23(11) 1382-1384   2018年11月   [査読有り]
Inayama Y, Abiko K, Miyamoto T, Horie A, Yamaguchi K, Baba T, Matsumura N, Minamiguchi S, Mandai M
Molecular and clinical oncology   9(5) 489   2018年11月   [査読有り]
Nakagawa E, Abiko K, Kido A, Kitamura S, Yamaguchi K, Baba T, Minamiguchi S, Matsumura N
BJR case reports   4(1) 20170062   2018年10月   [査読有り]
Yagi A, Ueda Y, Tanaka Y, Nakae R, Kakubari R, Morimoto A, Terai Y, Ohmichi M, Ichimura T, Sumi T, Murata H, Okada H, Nakai H, Matsumura N, Yoshino K, Kimura T, Saito J, Ikeda S, Asai-Sato M, Miyagi E, Sekine M, Enomoto T, Hirai K, Horikoshi Y, Takagi T, Shimura K
Human vaccines & immunotherapeutics   14(10) 2497-2502   2018年10月   [査読有り]
Nishio N, Kido A, Kataoka M, Kuwahara R, Nakao K, Kurata Y, Matsumura N, Mandai M, Togashi K
European journal of radiology   105 175-181   2018年8月   [査読有り]
Ujita M, Kondoh E, Chigusa Y, Mogami H, Kawasaki K, Kiyokawa H, Kawamura Y, Takai H, Sato M, Horie A, Baba T, Konishi I, Matsumura N, Mandai M
Pregnancy hypertension   13 225-234   2018年7月   [査読有り]
Takamatsu S, Murakami K, Takaya H, Tobiume T, Nakai H, Suzuki A, Mandai M, Matsumura N
Molecular and clinical oncology   9(1) 82-86   2018年7月   [査読有り]
Taha AAA, Koshiyama M, Matsumura N, Abiko K, Yamaguchi K, Hamanishi J, Baba T, Kharma B, Mohamed IH, Ameen MM, Ismail SA, Konishi I, Mandai M
Oncotarget   9(35) 23987-23999   2018年5月   [査読有り]
Taki M, Abiko K, Baba T, Hamanishi J, Yamaguchi K, Murakami R, Yamanoi K, Horikawa N, Hosoe Y, Nakamura E, Sugiyama A, Mandai M, Konishi I, Matsumura N
Nature communications   9(1) 1685   2018年4月   [査読有り]
Takaya H, Nakai H, Murakami K, Tobiume T, Suzuki A, Mandai M, Matsumura N
International journal of clinical oncology   23(4) 698-706   2018年3月   [査読有り]
Kotani Y, Tobiume T, Fujishima R, Shigeta M, Takaya H, Nakai H, Suzuki A, Tsuji I, Mandai M, Matsumura N
The journal of obstetrics and gynaecology research   44(2) 298-302   2018年2月   [査読有り]
Matsuo K, Shimada M, Yokota H, Satoh T, Katabuchi H, Kodama S, Sasaki H, Matsumura N, Mikami M, Sugiyama T
Oncotarget   8(63) 106866-106875   2017年12月   [査読有り]
Bixel K, Saini U, Kumar Bid H, Fowler J, Riley M, Wanner R, Deepa Priya Dorayappan K, Rajendran S, Konishi I, Matsumura N, Cohn DE, Selvendiran K
International journal of cancer   141(9) 1856-1866   2017年11月   [査読有り]
Murakami R, Matsumura N, Brown JB, Higasa K, Tsutsumi T, Kamada M, Abou-Taleb H, Hosoe Y, Kitamura S, Yamaguchi K, Abiko K, Hamanishi J, Baba T, Koshiyama M, Okuno Y, Yamada R, Matsuda F, Konishi I, Mandai M
The American journal of pathology   187(10) 2246-2258   2017年10月   [査読有り]
Inoue A, Yamaguchi K, Kurata Y, Murakami R, Abiko K, Hamanishi J, Kondoh E, Baba T, Kido A, Konishi I, Matsumura N
Journal of gynecologic oncology   28(5) e62   2017年9月   [査読有り]
Ohsuga T, Yamaguchi K, Kido A, Murakami R, Abiko K, Hamanishi J, Kondoh E, Baba T, Konishi I, Matsumura N
BMC cancer   17(1) 580   2017年8月   [査読有り]
Kitamura S, Abiko K, Matsumura N, Nakai H, Akimoto Y, Tanimoto H, Konishi I
Journal of gynecologic oncology   28(4) e31   2017年7月   [査読有り]
Jang JYA, Yanaihara N, Pujade-Lauraine E, Mikami Y, Oda K, Bookman M, Ledermann J, Shimada M, Kiyokawa T, Kim BG, Matsumura N, Kaku T, Kuroda T, Nagayoshi Y, Kawabata A, Iida Y, Kim JW, Quinn M, Okamoto A
Journal of gynecologic oncology   28(4) e54   2017年7月   [査読有り]
Tanaka T, Terai Y, Hayashi S, Aoki D, Miki M, Kobayashi E, Kimura T, Baba T, Matsumura N, Ohmichi M
Journal of gynecologic surgery   33(3) 105-110   2017年6月   [査読有り]
Koshiyama M, Matsumura N, Konishi I
Diagnostics   7(1)    2017年3月   [査読有り]
Combination of Aprepitant, Azasetron, and Dexamethasone as Antiemetic Prophylaxis in Women with Gynecologic Cancers Receiving Paclitaxel/Carboplatin Therapy.
Koshiyama M, Matsumura N, Imai S, Yamanoi K, Abiko K, Yoshioka Y, Yamaguchi K, Hamanishi J, Baba T, Konishi I
Medical science monitor   23 826-833   2017年2月   [査読有り]
Horikawa N, Abiko K, Matsumura N, Hamanishi J, Baba T, Yamaguchi K, Yoshioka Y, Koshiyama M, Konishi I
Clinical cancer research   23(2) 587-599   2017年1月   [査読有り]
Fukutani Y, Chigusa Y, Kondoh E, Kawasaki K, Io S, Matsumura N
Case reports in obstetrics and gynecology   2017 1073146   2017年   [査読有り]
Sakae C, Yamaguchi K, Matsumura N, Nakai H, Yoshioka Y, Kondoh E, Hamanishi J, Abiko K, Koshiyama M, Baba T, Kido A, Mandai M, Konishi I
Journal of gynecologic oncology   27(6) e57   2016年11月   [査読有り]
Hamanishi J, Mandai M, Matsumura N, Abiko K, Baba T, Konishi I
International journal of clinical oncology   21(3) 462-473   2016年6月   [査読有り]
Mandai M, Hamanishi J, Abiko K, Matsumura N, Baba T, Konishi I
International journal of clinical oncology   21(3) 456-461   2016年6月   [査読有り]
Yamanoi K, Matsumura N, Murphy SK, Baba T, Abiko K, Hamanishi J, Yamaguchi K, Koshiyama M, Konishi I, Mandai M
Oncotarget   7(30) 47620-47636   2016年6月   [査読有り]
Abou-Taleb H, Yamaguchi K, Matsumura N, Murakami R, Nakai H, Higasa K, Amano Y, Abiko K, Yoshioka Y, Hamanishi J, Koshiyama M, Baba T, Yamada R, Matsuda F, Konishi I, Mandai M
Oncotarget   7(34) 54758-54770   2016年6月   [査読有り]
Murakami R, Matsumura N, Mandai M, Yoshihara K, Tanabe H, Nakai H, Yamanoi K, Abiko K, Yoshioka Y, Hamanishi J, Yamaguchi K, Baba T, Koshiyama M, Enomoto T, Okamoto A, Murphy SK, Mori S, Mikami Y, Minamiguchi S, Konishi I
The American journal of pathology   186(5) 1103-1113   2016年5月   [査読有り]
Mandai M, Hamanishi J, Abiko K, Matsumura N, Baba T, Konishi I
Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   22(10) 2329-2334   2016年5月   [査読有り]
Hino M, Yamaguchi K, Abiko K, Yoshioka Y, Hamanishi J, Kondoh E, Koshiyama M, Baba T, Matsumura N, Minamiguchi S, Kido A, Konishi I
Molecular and clinical oncology   4(5) 699-704   2016年5月   [査読有り]
Peng J, Yoshioka Y, Mandai M, Matsumura N, Baba T, Yamaguchi K, Hamanishi J, Kharma B, Murakami R, Abiko K, Murphy SK, Konishi I
Molecular carcinogenesis   55(4) 335-345   2016年4月   [査読有り]
Abou-Taleb HA, Koshiyama M, Matsumura N, Baba T, Yamaguchi K, Hamanishi J, Abiko K, Yamanoi K, Murakami R, Horikawa N, Taha AA, Kitamura S, Konishi I
The Journal of international medical research   44(2) 346-356   2016年4月   [査読有り]
Murakami R, Matsumura N, Brown JB, Wang Z, Yamaguchi K, Abiko K, Yoshioka Y, Hamanishi J, Baba T, Koshiyama M, Mandai M, Yamada R, Konishi I
Gynecologic oncology   141(1) 49-56   2016年4月   [査読有り]
Kitamura S, Matsumura N, Ohtake N, Kita M, Konishi I
The journal of obstetrics and gynaecology research   42(8) 1052-1057   2016年4月   [査読有り]
Sakai M, Abiko K, Matsumura N, Kondoh E, Yamaguchi K, Minamiguchi S, Kurata Y, Kido A, Konishi I
The journal of obstetrics and gynaecology research   42(8) 1046-1051   2016年4月   [査読有り]
Koshiyama M, Matsumura N, Konishi I
Journal of Cancer   7(10) 1311-1316   2016年   [査読有り]
Fujiwara K, McAlpine JN, Lheureux S, Matsumura N, Oza AM
American Society of Clinical Oncology educational book / ASCO. American Society of Clinical Oncology. Meeting   35 e247-57   2016年   [査読有り]
Hamanishi J, Mandai M, Ikeda T, Minami M, Kawaguchi A, Murayama T, Kanai M, Mori Y, Matsumoto S, Chikuma S, Matsumura N, Abiko K, Baba T, Yamaguchi K, Ueda A, Hosoe Y, Morita S, Yokode M, Shimizu A, Honjo T, Konishi I
Journal of clinical oncology   33(34) 4015-4022   2015年12月   [査読有り]
Peng J, Hamanishi J, Matsumura N, Abiko K, Murat K, Baba T, Yamaguchi K, Horikawa N, Hosoe Y, Murphy SK, Konishi I, Mandai M
Cancer research   75(23) 5034-5045   2015年12月   [査読有り]
Mandai M, Amano Y, Yamaguchi K, Matsumura N, Baba T, Konishi I
Oncotarget   6(31) 30704-30714   2015年10月   [査読有り]
Horikawa N, Baba T, Matsumura N, Murakami R, Abiko K, Hamanishi J, Yamaguchi K, Koshiyama M, Yoshioka Y, Konishi I
BMC cancer   15 739   2015年10月   [査読有り]
Matsuo K, Hasegawa K, Yoshino K, Murakami R, Hisamatsu T, Stone RL, Previs RA, Hansen JM, Ikeda Y, Miyara A, Hiramatsu K, Enomoto T, Fujiwara K, Matsumura N, Konishi I, Roman LD, Gabra H, Fotopoulou C, Sood AK
European journal of cancer   51(14) 1978-1988   2015年9月   [査読有り]
Amano Y, Mandai M, Yamaguchi K, Matsumura N, Kharma B, Baba T, Abiko K, Hamanishi J, Yoshioka Y, Konishi I
Oncotarget   6(28) 26002-26017   2015年9月   [査読有り]

Misc

 
【外科解剖学から解き明かす広汎子宮全摘出術】 子宮周囲の解剖と広汎子宮全摘出術の工夫(3)
小谷 泰史, 松村 謙臣
産婦人科の実際   67(13) 1753-1758   2018年12月
<文献概要>腹腔鏡下広汎子宮全摘術は,開腹手術とは異なった視野や手技であり,特に膀胱子宮靱帯前層の処理を誤ると尿路系合併症が起こりうる。現在,われわれは,まず膀胱と腟の間隙の正中を内尿道口の高さまで剥離している。すると,その側方の血管を含む腟と膀胱の間の結合織が明らかになり,さらにその側方にある腟側腔を開放できる。次に,腟と膀胱の間の結合織を,シーリングデバイスを用いて切断する。この前処理の後に膀胱子宮靱帯前層を処理するが,その際には前層は薄い膜に包まれた血管だけになっており,尿管と遠い位...
超音波検査による胎児甲状腺機能評価を行った胎児甲状腺腫の5例
菅 智美, 伊尾 紳吾, 千草 義継, 谷 洋彦, 杉並 興, 濱西 潤三, 山田 重人, 松村 謙臣, 近藤 英治
日本周産期・新生児医学会雑誌   54(3) 844-850   2018年9月
鼠径ヘルニアを伴った小児の正常卵巣茎捻転に対して、腹腔鏡下で鼠径ヘルニア修復と卵巣固定術を行った1例
青木 稚人, 小谷 泰史, 高矢 寿光, 中井 英勝, 辻 勲, 松村 謙臣
産婦人科の進歩   70(3) 305-310   2018年8月
子宮腺筋症の妊孕性温存手術 腹腔鏡下子宮腺筋症切除術における術後妊娠率と再手術率 開腹手術との比較検討
小谷 泰史, 飛梅 孝子, 山本 貴子, 藤島 理沙, 宮川 知保, 青木 稚人, 葉 宜慧, 高松 士朗, 村上 幸祐, 高矢 寿光, 島岡 昌生, 中井 英勝, 鈴木 彩子, 辻 勲, 松村 謙臣
日本エンドメトリオーシス学会会誌   39 105-108   2018年7月
村上 幸祐, 松村 謙臣
臨床婦人科産科   72(6) 572-577   2018年6月
<文献概要>●免疫療法単独では治療効果に限界があり,現在,免疫療法と従来の治療法を組み合わせたさまざまな臨床試験が行われている.●免疫療法と抗がん剤,分子標的薬についてもさまざまな組み合わせで検討がなされているが,医療経済に与える影響も大きく,治療の個別化が重要である.●放射線療法により,腫瘍抗原が放出されて免疫機構が活性化され,免疫療法の効果を高める可能性がある.
【婦人科がん(第2版)-最新の研究動向-】 卵巣がん 卵巣癌の発生 子宮内膜症関連卵巣癌における分子生物学的な違い
山口 建, 松村 謙臣, 万代 昌紀, 小西 郁生
日本臨床   76(増刊2 婦人科がん) 506-511   2018年3月
【婦人科がん(第2版)-最新の研究動向-】 婦人科がん がんのクローン進化と腫瘍内不均一性
高矢 寿光, 松村 謙臣
日本臨床   76(増刊2 婦人科がん) 109-115   2018年3月
【婦人科がん(第2版)-最新の研究動向-】 卵巣がん 卵巣癌の診断 卵巣がん検診
越山 雅文, 松村 謙臣, 小西 郁生
日本臨床   76(増刊2 婦人科がん) 546-551   2018年3月
吉水 美嶺, 濱西 潤三, 近藤 英治, 伊尾 紳吾, 千草 義継, 谷 洋彦, 松村 謙臣, 小西 郁生
産婦人科の進歩   70(1) 1-10   2018年2月
1980年〜2014年の35年間に管理した絨毛性疾患を診療録から抽出し、妊娠絨毛性腫瘍(GTN)症例について後方視的に調査し、治療方法と予後について検討した。管理を行った絨毛性疾患は73例でそのうち、GTNは34例であった。GTN中、侵入奇胎(臨床的侵入奇胎を含む)が24例(71%)、絨毛癌(臨床的絨毛癌を含む)が9例(27%)、胎盤部トロホブラスト腫瘍が1例(2%)であった。有意差はないが、GTNの管理数は1980年代、1990年代に比べ、2000年代は減少傾向であった。病巣部位は臨床情...
隔膜破綻を伴う一絨毛膜二羊膜双胎妊娠の2例および文献的考察
佐藤 華子, 伊尾 紳吾, 菅 智美, 千草 義継, 谷 洋彦, 濱西 潤三, 近藤 英治, 山田 重人, 松村 謙臣
日本周産期・新生児医学会雑誌   53(4) 1109-1115   2017年12月
症例1(34歳、3経妊1経産婦)。一絨毛膜二羊膜(MD)双胎を妊娠し、妊娠19週に双胎間輸血症候群(TTTS)を認め、某周産期医療センターにて胎児鏡下胎盤吻合血管レーザー焼灼術(FLP)を施行され、当院へ転院となった。転院後、妊娠23週の超音波所見で隔膜破綻が判明した。症例2(32歳、4経妊1経産婦)。MD双胎妊娠23週の定期健診時に自然隔膜破綻が判明した。いずれの症例も出生前に臍帯相互巻絡と診断され、胎児機能評価を連日行うことで、健児を得ることができた。

講演・口頭発表等

 
卵巣癌治療戦略におけるバイオマーカーの重要性 [招待有り]
松村 謙臣
城南Ovarian Cancer Conference   2019年3月19日   
卵巣癌の診断・治療とゲノム情報 再発予防のためにできること [招待有り]
松村 謙臣
熊本産科婦人科学会第229回学術講演会   2019年3月9日   
がんを食事と運動で治す! [招待有り]
松村 謙臣
近畿大学医学部産科婦人科市民公開講座   2019年3月2日   
Perspective of individualized molecularly targeted therapy of ovarian cancer based on genomic profile. [招待有り]
松村 謙臣
The 2019 KGOG Winter Ovarian Cancer Workshop   2019年2月17日   
ゲノム解析による卵巣がんの個別化治療 [招待有り]
松村 謙臣
第33回大阪温知会総会   2019年2月16日   
腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術のための外科解剖 [招待有り]
松村 謙臣
愛仁会グループ産婦人科講演会・合同カンファレンス   2019年2月2日   
婦人科腫瘍のゲノム情報に基づく新たな分子標的治療 [招待有り]
松村 謙臣
第7回日本HBOCコンソーシアム学術総会   2019年1月27日   
卵巣癌治療戦略におけるバイオマーカーの重要性 [招待有り]
松村 謙臣
アストラゼネカTVシンポジウム   2018年12月11日   
腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術のための外科解剖 [招待有り]
松村 謙臣
第2回和歌山婦人科腹腔鏡下手術セミナー   2018年11月21日   
卵巣がんの予防と早期発見 〜子宮内膜症・女性ホルモンとの関わり〜 [招待有り]
松村 謙臣
第42回中河内産婦人科勉強会   2018年10月20日   
Perspective of individualized molecularly targeted therapy of ovarian cancer based on genomic profile [招待有り]
松村 謙臣
第56回日本癌治療学会学術集会   2018年10月20日   
安全に鏡視下広汎子宮全摘術を行うための外科解剖 [招待有り]
松村 謙臣
第10回奈良産婦人科手術手技研究会   2018年9月7日   
がんと診断されてからの食事と運動 [招待有り]
松村 謙臣
第13回はびきやま産婦人科セミナー    2018年6月28日   
〜卵巣がんの予防と早期発見〜 悪性化を念頭に置いた内膜症の管理について [招待有り]
松村 謙臣
滋賀県産科婦人科医会総会・学術研修会   2018年6月17日   
卵巣がんの予防と早期発見 [招待有り]
松村 謙臣
尼崎市産婦人科医会学術講演会   2018年5月26日   
卵巣癌の病理組織像に基づく薬物療法の個別化 [招待有り]
松村 謙臣
先端治療薬研究会第6回学術集会   2018年5月18日   
卵巣癌におけるBRCA遺伝子変異と治療薬開発の最新情報 [招待有り]
松村 謙臣
Scientific Exchange Meeting in Kanazawa   2018年2月1日   
卵巣癌の個別化治療 [招待有り]
松村 謙臣
岐阜産科婦人科研究会   2018年1月25日   
シンポジウム Selection of antitumor drugs for ovarian cancer based on molecular and pathological subtypes
松村 謙臣
ASGO the 5th Biennial Meeting   2017年12月   
卵巣がんの予後改善を目指して 〜卵巣がんの早期発見〜 [招待有り]
松村 謙臣
大阪産婦人科医会第9ブロック年末勉強会   2017年11月18日   
卵巣癌の個別化治療 [招待有り]
松村 謙臣
Gynecologic Cancer Conference in 岡山 2017   2017年11月17日   
卵巣癌の個別化治療 [招待有り]
松村 謙臣
第31回婦人科オンコロジスト若手の会   2017年11月8日   
腹腔鏡下手術の合併症とその対策〜腹腔鏡下広汎子宮全摘術の尿路系合併症対策〜 [招待有り]
松村 謙臣
第2回阿倍野産婦人科手術研究会   2017年10月27日   
卵巣がんの予後改善のための取り組み 〜卵巣がんの早期発見〜 [招待有り]
松村 謙臣
婦人科腫瘍セミナー   2017年10月26日   
卵巣がんの予後改善のための取り組み 〜卵巣がんの早期発見〜 [招待有り]
松村 謙臣
近畿大学医学部産科婦人科同門会   2017年10月8日   
卵巣がんの予後改善のための取り組み 〜ライフスタイルと卵巣がんの予後〜 [招待有り]
松村 謙臣
第16回OCEAN study臨床セミナー   2017年10月7日   
新専門医制度について [招待有り]
松村 謙臣
第137回近畿産科婦人科学会   2017年10月   
卵巣がんの予後改善のための取り組み [招待有り]
松村 謙臣
神戸市産婦人科医会特別講演会   2017年9月2日   
上皮性卵巣癌の分子サブタイプ診断と治療選択 [招待有り]
松村 謙臣
第14回婦人科がん会議   2017年6月9日   
卵巣癌のゲノム解析 [招待有り]
松村 謙臣
第18回北陸GOG open clinical conference   2017年2月11日   
卵巣癌のゲノム解析 [招待有り]
松村 謙臣
第3回新潟シンポジウム   2016年10月9日   
シンポジウム Retrospective Analysis of 22 Cases Who Underwent Pelvic Exenteration for Gynecological Malignancies and Review of Literatures
松村 謙臣
40th World Congress of the International College of Surgeons   2016年10月   
シンポジウム Integrated analysis of single nucleotide variants and copy number variants in ovarian clear cell adenocarcinoma [招待有り]
松村 謙臣
Ovarian Rare Tumor Conference   2015年11月6日   
シンポジウム Integrated analysis of single nucleotide variants and copy number variants in ovarian clear cell adenocarcinoma
松村 謙臣
第53回日本癌治療学会   2015年10月   
教育講演 子宮内膜がんのTCGAデータの概要
松村 謙臣
第53回日本癌治療学会   2015年10月   
シンポジウム Genomic Alterations of Ovarian Clear Cell Carcinoma
松村 謙臣
第57回日本婦人科腫瘍学会学術講演会   2015年8月   
専門研修プログラム整備基準の解説 [招待有り]
松村 謙臣
関東連合産科婦人科学会   2015年6月   
がんにかかってからの食事と運動 [招待有り]
松村 謙臣
非感染性疾患(NCDs)シンポジウム2014   2014年10月18日   
卵巣癌治療ガイドライン2014コンセンサスミーティング 再発に対するsecondary debulking(cytoreductive)surgery(SDS、SCS)の適応と手術方針は?
松村 謙臣
第55回日本婦人科腫瘍学会学術講演会   2014年7月   
Selection of drugs against ovarian cancer based on gene expression profile.
松村 謙臣
The 3rd Asian Society of Gynecologic Oncology meeting   2013年12月   
検診対象としての卵巣癌 [招待有り]
松村 謙臣
第22回婦人科がん検診学会学術集会   2013年11月   
シンポジウム 卵巣癌のMolecular Medicine 遺伝子発現解析に基づく卵巣癌の薬剤選択を目指して
松村 謙臣, 村上 隆介, 山ノ井 康二, 山村 省吾, 山口 建, 濱西 潤三, 吉岡 弓子, 馬場 長, 森 誠一, 小西 郁生, 万代 昌紀
第54回日本婦人科腫瘍学会学術講演会   2013年7月   
ワークショップ 発現マイクロアレイ解析に基づく卵巣明細胞腺癌の病態の解明〜分子標的薬選択に向けて〜
松村 謙臣
第25回京都がん研究会   2013年3月15日   
シンポジウム 発現マイクロアレイ解析に基づく卵巣明細胞腺癌(OCCC)の病態の解明
松村 謙臣, 万代 昌紀, 山口 建, 岡本 尊子, 天野 泰彰, Abou-Taleb Hisham, 馬場 長, 濱西 潤三, 吉岡 弓子, 小阪 謙三, 小西 郁生
第53回日本婦人科腫瘍学会学術講演会   2012年11月   
ワークショップ Biology of Ovarian Clear Cell Carcinoma: Microarray Analysis and Bioinformatics
松村 謙臣
ASGO the 2 nd International Workshop   2012年9月28日   
ワークショップ Investigation of a novel molecular target therapy against ovarian clear cell carcinoma based on the analysis of expression microarray using bioinformatics.
松村 謙臣
Global COE Area Meetings; Cancer Area Session   2009年11月1日   
教育講演 新たな治療を求めて Bioinformaticsを用いた、卵巣明細胞腺癌に対する新規治療法の開発 [招待有り]
松村 謙臣
日本癌治療学会   2009年10月   
シンポジウム 卵巣癌における化学療法感受性バイオマーカーの開発と組織型による分子標的の同定 治療個別化に向けたBioinformaticsの応用
松村 謙臣
第61回日本産科婦人科学会   2009年4月   

競争的資金等の研究課題

 
卵巣癌における腫瘍内不均一性の解析に基づく新規治療法の開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究B
研究期間: 2018年4月 - 2023年3月    代表者: 松村 謙臣
超常磁性酸化鉄製剤による子宮悪性腫瘍におけるリンパ節転移診断法の開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究C
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 鈴木 彩子
進行・再発卵巣明細胞癌のゲノム解析
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究A
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 小西 郁生
エピジェネティクスによる乳癌血中循環DNAの由来プロファイリングとその臨床応用
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究B
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 佐藤 史顕
食品の違いが卵巣がんの進展に影響を及ぼすメカニズムの解析
日本学術振興会: 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 松村 謙臣
In vivo機能ゲノミクススクリーニングによる卵巣がん腹膜播種メカニズムの解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 小西 郁生
卵巣癌における抗VEGF抗体療法感受性・耐性機序の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究B
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 越山 雅文
卵巣癌の発生・進展に関わる宿主免疫のゲノミクス解析と治療開発への基礎的検討
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究B
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 濱西 潤三
真に実用可能な、卵巣癌の薬剤感受性予測バイオマーカーの確立
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究A
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 小西 郁生
cDNAライブラリーを用いた卵巣癌における新規免疫抑制因子の探索と治療応用
日本学術振興会: 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 濱西 潤三
卵巣癌細胞の足場非依存性増殖能獲得に伴う化学療法耐性機序の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 三瀬 裕子
卵巣癌における「癌幹細胞化」機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 越山 雅文
卵巣癌における“hot spot”変異解析に基づく新規薬剤の探索
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究C
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 松村 謙臣
Bioinformatics による、卵巣明細胞腺癌における代謝異常の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手研究B
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 松村 謙臣
卵巣癌の薬剤獲得耐性における「進化」を標的とした治療法の開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 鈴木 彩子
卵巣癌幹細胞は卵巣癌細胞の「iPS化」により生じるか
日本学術振興会: 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 小阪 謙三
卵巣癌播種性転移における癌細胞"進化"のゲノムワイド解析とその臨床応用
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究B
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 小西 郁生
卵巣癌の腹腔内免疫環境と化学療法の相互作用の解析に基づいた免疫療法の構築
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究C
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 万代 昌紀
母体血小板と絨毛細胞の相互作用:PIH、IUGRの病因解明をめざして
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究C
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 佐藤 幸保
Chemogenomicsによる、卵巣明細胞腺癌に対する治療薬の開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手研究B
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 松村 謙臣
マイクロアレイによる、卵巣明細胞腺癌に有効な薬剤の探索
日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手研究スタートアップ
研究期間: 2007年9月 - 2009年3月    代表者: 松村 謙臣
卵巣癌播種性転移のシグナル経路解析とその抑制物質の探索
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究B
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月    代表者: 小西 郁生