MISC

2016年11月

The Japan NBI Expert Team(JNET)大腸拡大Narrow Band Imaging(NBI)分類の紹介

Gastroenterological Endoscopy
  • 斎藤 豊
  • ,
  • 松田 尚久
  • ,
  • 中島 健
  • ,
  • 坂本 琢
  • ,
  • 山田 真善
  • ,
  • 斎藤 彰一
  • ,
  • 池松 弘朗
  • ,
  • 和田 祥城
  • ,
  • 岡 志郎
  • ,
  • 河野 弘志
  • ,
  • 佐野 寧
  • ,
  • 田中 信治
  • ,
  • 藤井 隆広
  • ,
  • 工藤 進英
  • ,
  • 浦岡 俊夫
  • ,
  • 小林 望
  • ,
  • 中村 尚志
  • ,
  • 堀田 欣一
  • ,
  • 堀松 高博
  • ,
  • 坂本 直人
  • ,
  • 傅 光義
  • ,
  • 鶴田 修
  • ,
  • 樫田 博史
  • ,
  • 竹内 洋司
  • ,
  • 町田 浩久
  • ,
  • 日下 利広
  • ,
  • 吉田 直久
  • ,
  • 平田 一郎
  • ,
  • 寺井 毅
  • ,
  • 山野 泰穂
  • ,
  • 金子 和弘
  • ,
  • 山口 裕一郎
  • ,
  • 玉井 尚人
  • ,
  • 中野 尚子
  • ,
  • 丸山
  • ,
  • 林 奈那
  • ,
  • 岩館 峰雄
  • ,
  • 石川 秀樹
  • ,
  • 吉田 茂昭
  • ,
  • The Japan
  • ,
  • NBI Expert
  • ,
  • Team(JNET

58
11
開始ページ
2314
終了ページ
2322
記述言語
日本語
掲載種別
DOI
10.11280/gee.58.2314
出版者・発行元
(一社)日本消化器内視鏡学会

現時点で日本から提唱されている大腸NBI拡大分類(佐野分類、広島分類、昭和分類、慈恵分類)の臨床研究の結果から、大腸病変における質的・量的診断に対して、NBI拡大観察の有用性が数多く報告されている。また欧米と日本の共同グループから非拡大でも使用可能な分類としてNICE分類が提唱された。学会・研究会で討論を重ねるに従い、i)同一類似所見に対して複数の定義呼称が存在する、ii)拡大内視鏡分類におけるSurface patternの必要性の有無、iii)隆起型、表面型病変におけるNBI所見の相違などの問題点が議論されるようになった。2011年、この問題を解決するべく、大腸拡大NBI統一分類作成を目的とするThe Japan NBI Expert Team(JNET)が吉田茂昭先生の声かけのもと結成され、国立がん研究センターのがん研究開発費の班会議で検討が行われた。まずワーキンググループが結成され、JNET分類の元となるスケールが形成され、会議で了承を得た。このJNETスケールを元にWeb-baseでVessel pattern、Surface patternの診断精度を検討し、単変量・多変量解析の結果を基に議論を重ねたのち、2014年6月大腸拡大NBI統一分類がmodified Delphi methodによるコンセンサスを得て提唱されるに至った。JNET大腸拡大NBI分類はVessel pattern、Surface patternのカテゴリーからなるType 1、2A、2B、3の4分類に分類される。Type 1は過形成性ポリープ、Type 2Aは腺腫〜低異型度癌(Tis)、Type 2Bは高異型度癌(Tis/T1a)、Type 3は高異型度癌(T1b〜)の病理所見に相関する。所見の目合わせに関して現在班会議、日本消化器内視鏡学会附置研究会において議論を重ねている段階である。(著者抄録)

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.11280/gee.58.2314
ID情報
  • DOI : 10.11280/gee.58.2314
  • ISSN : 0387-1207
  • 医中誌Web ID : 2017141440

エクスポート
BibTeX RIS