荒木 武昭

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/08 10:49
 
アバター
研究者氏名
荒木 武昭
 
アラキ タケアキ
URL
http://statphys.scphys.kyoto-u.ac.jp/~araki/
所属
京都大学
部署
大学院理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻
職名
准教授
学位
博士(工学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2008年4月
 - 
現在
京都大学 理学研究科 准教授
 
2007年4月
 - 
2008年3月
東京大学 生産技術研究所 助教
 
2001年7月
 - 
2007年3月
東京大学 生産技術研究所 助手
 
1995年4月
 - 
2001年6月
東京大学 生産技術研究所 技術館
 

学歴

 
1991年4月
 - 
1995年3月
東京大学 理学部 物理学科
 

受賞

 
2009年
文部科学省 文部科学大臣賞 若手科学者賞 複雑流体における相分離・相転移現象の数値的研究
 
2007年
日本物理学会 若手奨励賞 分散媒に自由度を取り入れたコロイド分散系の数値シミュレーション
 

論文

 
Colloidal suspensions in one-phase mixed solvents under shear flow
Armand Barbot and Takeaki Araki
Soft Matter   13 5911-5921   2017年6月   [査読有り]
Bistable director alignments of nematic liquid crystals confined in frustrated substrates
Takeaki Araki and Jumpei Nagura
Phys. Rev. E   95 012706   2017年1月   [査読有り]
Takeaki Araki
Soft Matter   12(28) 6119   2016年   [査読有り]
A. Onuki, S. Yabunaka, T. Araki and R. Okamoto
Current Opinion in Colloid & Interface Science   22 59-64   2016年   [査読有り]
Takayuki Uchida, Takeaki Araki and Akira Onuki
Soft Matter   11(14) 2874-2884   2015年   [査読有り]
ARAKI Takeaki, FUKAI Shintaro
Soft Matter   11(17) 3470-3479   2015年   [査読有り]
Takeaki Araki, Francesca Serra and Hajime Tanaka
Soft Matter   9(34) 8107-8120   2013年   [査読有り][招待有り]
Yuki Uematsu and Takeaki Arak
ournal of Chemical Physics   139(9)    2013年   [査読有り]
Takeak Araki
Physical Review Letters   109(25) 1-257801   2012年   [査読有り]
Selective Solvation in Aqueous Mixtures: Interface Deformations and Instability
Akira Onuki and Takeaki Araki
J. Phys. Soc. Jpn.   81(SUPPL. A) SA004   2012年   [査読有り]
Yuki Uematsu and Takeaki Araki
Journal of Chemical Physics   137(2)    2012年   [査読有り]
Takeaki Araki, Marco Buscaglia, Tommaso Bellini and Hajime Tanaka
Nature Materials   10(4) 303-309   2011年   [査読有り]
Akira Onuki, Ryuichi Okamoto and Takeaki Arak
Bulletin of the Chemical Society of Japan   84(6) 569-587   2011年   [査読有り]
Shunsuke Yabunaka and Takeaki Araki
Physical Review E   83(6,Pt.1) 1-61711   2011年   [査読有り]
Akira Onuki, Takeaki Araki and Ryuichi Okamoto
Journal of Physics: Condensed Matter   23(28) 1-13   2011年   [査読有り]
Keisuke Tojo, Akira Furukawa, Takeaki Araki and Akira Onuki
European Physical Journal E   30(1) 55-64   2009年   [査読有り]
Takeaki Araki and Akira Onuki
Journal of Physics: Condensed Matter   21(42) 1-9   2009年   [査読有り]
Hayato Shiba, Akira Onuki and Takeaki Araki
Europhysics Letters   86(6) 1-66004   2009年   [査読有り]
Kumiko Kamata, Takeaki Araki and Hajime Tanaka
Physical Review Letters   102(10) 1-108303   2009年   [査読有り]
Takehito Koyama, Takeaki Araki and Hajime Tanaka
Physical Review Letters   102(6) 1-65701   2009年   [査読有り]
Takeaki Araki and Hajime Tanaka
Europhysics Letters   82(1)    2008年   [査読有り]
Takeaki Araki and Hajime Tanaka
Journal of Physics: Condensed Matter   20(7) 1-6   2008年   [査読有り]
Takeshi Kawasaki, Takeaki Araki and Hajime Tanaka
Physical Review Letters   99(21) 1-215701   2007年   [査読有り]
Hajime Tanaka and Takeaki Araki
Europhysics Letters   79(5)    2007年   [査読有り]
Takeaki Araki and Hajime Tanaka
Physical Review Letters   97(12) 1-127801   2006年   [査読有り]
Takeaki Araki and Hajime Tanaka
Physical Review E   73(6,Pt.1) 1-61506   2006年   [査読有り]
Takeaki Araki and Hajime Tanaka
Journal of Physics : Condensed Matter   18(22) 305-314   2006年   [査読有り]
Takeaki Araki and Hajime Tanaka
Journal of Physics : Condensed Matter   18(15) 193-203   2006年   [査読有り]
Hajime Tanaka and Takeaki Araki,
Chemical Engineering Science   61(7) 2108-2141   2006年   [査読有り]
Hajime Tanaka, Takeaki Araki, Takehito Koyama and Yuya Nishikawa
ournal of Physics : Condensed Matter   17(45) 3195-3204   2005年   [査読有り]
Takeaki Araki and Hajime Tanaka
Physical Review E   72(4,Pt.1) 1-41509   2005年   [査読有り]
Takeaki Araki and Hajime Tanaka
Physical Review Letters   93(1) 1-15702   2004年   [査読有り]
Hiroya Kodama, Kimiya Takeshita, Takeaki Araki and Hajime Tanaka
Journal Physics: Condensed Matter   16(10) 115-123   2004年   [査読有り]
Takeaki Araki and Hajime Tanaka
Europhysics Letters   65(2) 214-220   2004年   [査読有り]
Hajime Tanaka, Takehito Koyama and Takeaki Arak
Journal of Physics : Condensed Matter   15(1) 387-393   2003年   [査読有り]
Polymerization-induced phase separation of polymer-dispersed liquid crystal
H. Nakazawa, S. Fujinami, M. Motoyama, T. Ohta, T. Araki, and H. Tanaka
Molecular Crystals and Liquid Crystals   366 2723-2730   2001年   [査読有り]
H. Nakazawa, S. Fujinami, M. Motoyama, T. Ohta, T. Araki, H. Tanaka, T. Fujisawa, H. Nakada, M. Hayashi, and M. Aizawa
Computational and Theoretical Polymer Science   11(6) 445-458   2001年   [査読有り]
Takeaki Araki and Hajime Tanaka
Macromolecules   34(6) 1953-1963   2001年   [査読有り]
Hajime Tanaka and Takeaki Arak
Physical Review Letters   85(6) 1338-1341   2000年   [査読有り]
Hajime Tanaka and Takeaki Araki
Europhysics Letters   51(2) 154-160   2000年   [査読有り]
Hajime Tanaka and Takeaki Araki
Physical Review Letters   81(2) 389-392   1998年   [査読有り]
Hajime Tanaka and Takeaki Araki
Physical Review Letters   78(26) 4966-4969   1997年   [査読有り]

書籍等出版物

 
ソフトマター入門 高分子・コロイド・両親媒性分子・液晶
好村 滋行,荒木 武昭,樹神 弘也,森河 良太,福田 順一 (担当:共訳, 範囲:第二章)
シュプリンガー・フェアラーク東京   2002年2月   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 荒木 武昭
ネマチック液晶を多孔質に封入した系において、単純なセルに封入した場合に見られる弾性力による早い緩和とは別に、遅い緩和とそれに由来するメモリー効果が見られることが知られている。我々はこれまで、Lebwohl-Lasherポテンシャルを用いたモンテカルロシミュレーションによって、この振る舞いを調べ、この遅い緩和が熱的に誘起された配向欠陥の組み換えによるものであることを示した。また、規則的な構造を持つ多孔質を用いることで配向欠陥の構造も規則的に配置することができることも示した。一方、非平衡状態下...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2011年 - 2014年    代表者: 瀬戸 秀紀
研究代表者の瀬戸は研究協力者の貞包、長尾、及び本研究経費によって雇用した研究員のKuperkerと共に、3メチルピリジンなどの有機溶媒と水を混合した系や非イオン界面活性剤水溶液系に、塩を加えた時に見られる秩序形成について中性子小角散乱及び中性子反射率計を用いて調べた。その結果、陽イオンも陰イオンも親水性の塩を加えた時にはほとんど影響が現れないのに対して、一方のイオンが疎水性である「拮抗的塩」を加えた場合にはラメラ構造が形成されることを示した。またこのラメラ構造を安定化させる力は、親水性のイ...
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 小貫 明
相転移と流体運動の結合する現象を時間・空間に依存した数理モデルを構築しその数値解析を行なった。ミクロな大規模分子動力学計算も複雑な現象の理解のために遂行した。具体的な研究対象としては、蒸発・気化が起こる濡れ層の動力学、水・アルコール混合溶液に選択的水和効果の著しい不純物が混入した場合の相分離現象、水・アルコール混合溶液中のコロイド粒子間相互作用、異方的粒子から構成されたガラス転移の動力学、多孔性物質中の液晶相転移である。これらの問題に対し代表者及び分担者の英文論文が査読付き雑誌に掲載された...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 荒木 武昭
ディスプレイなどに用いられるネマチック液晶を多孔質に閉じ込めると、ガラス的な遅い緩和が現れる。我々はこの現象の物理的起源を明らかにするために、多孔質の構造をあらわに扱ったモンテカルロシミュレーションを行った。その結果、緩和には液晶の弾性に由来する早い緩和と、欠陥の組み換えによる遅い緩和が現れることを明らかにした。また、多孔質の構造を制御することで、その遅い緩和を抑えることができることを見出した。
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年 - 2010年    代表者: 小貫 明
水などの高い電気的極性をもつ溶媒中での選択的相互作用によって多くの相分離が引き起こされることが古くから報告されてきた。しかし多くの場合は不思議な現象としてのみ扱われ深い理解がなかった。当研究ではこのような現象の理論的・実験的研究を進めて数多くの成果を得た。過去の実験の理解と共に新しい効果の予言と検証があった。また実験的には、イオン流体の動力学や高分子薄膜のガラス転移動力学の実験研究も進んだ。