和田 勝行

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/12 18:15
 
アバター
研究者氏名
和田 勝行
所属
京都大学

論文

 
判例批評:第三債務者が差押債務者に対する弁済後に差押債権者に対してした更なる弁済は、差押債務者が破産手続開始の決定を受けた場合、破産法一六二条一項の規定による否認権行使の対象とならないとした事例[最高裁平成29.12.19判決]
和田 勝行
判例時報   (2395) 168-173   2019年4月
Numerus clausus-Prinzip im japanischen Sachenrecht
和田 勝行
Zeitschrift fuer japanisches Recht/Journal of Japanese Law   (Sonderheft Nr.14) 117-129   2019年
債権譲渡の対抗要件としての債務者の承諾に関する覚書
和田 勝行
法学論叢   183(6) 1-38   2018年9月
物上代位における「差押え」の意義
和田 勝行
法学教室   (456) 47-50   2018年9月
信用状取引における動産譲渡担保と間接占有者による占有改定――最二小決平成29.5.10の検討――
和田 勝行
金融法務事情   (2091) 32-44   2018年6月

Misc

 
譲渡人倒産時における将来債権譲渡担保の効力―ドイツの法状況を参考にして
和田 勝行
私法   (77) 151-158   2015年4月

書籍等出版物

 
『Law Practice 民法Ⅰ【総則・物権編】〔第4版〕』
和田 勝行 (担当:分担執筆, 範囲:302~309頁)
商事法務   2018年6月   
『新・判例ハンドブック債権法Ⅰ』
和田 勝行 (担当:分担執筆, 範囲:145~151頁)
日本評論社   2018年3月   
『民法判例百選Ⅱ 債権[第8版]』
和田 勝行 (担当:分担執筆, 範囲:56~57頁(債権譲渡における異議をとどめない承諾の効力))
有斐閣   2018年3月   
『民法判例百選Ⅰ 総則・物権[第8版]』
和田 勝行 (担当:分担執筆, 範囲:204~205頁(動産留保所有権者に対する土地所有者の明渡し等の請求))
有斐閣   2018年3月   
『Before/After 民法改正』
和田 勝行 (担当:分担執筆, 範囲:268~273頁)
弘文堂   2017年9月   

講演・口頭発表等

 
Digitale Registerpublizitaet im Recht der Mobiliarsicherheiten [招待有り]
和田 勝行
Ruhr-Universitaet Bochum Japan Science Days 2018 Schutzbeduerfnisse und Gestaltungsmoeglichkeiten im Recht der Society 5.0   2018年7月6日   
日本法における物権法定主義
和田 勝行
京都大学大学院法学研究科・マックスプランク比較私法・国際私法研究所 二国間交流事業国際ワークショップ   2018年1月30日   
債権譲渡の効果
和田 勝行
第7回東アジア民事法学国際シンポジウム   2017年12月16日   
譲渡人倒産時における将来債権譲渡担保の効力―ドイツの法状況を参考にして
和田 勝行
日本私法学会第78回(2014年度)大会   2014年10月11日