三野 和雄

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/29 10:52
 
アバター
研究者氏名
三野 和雄
 
ミノカズオ
eメール
kminomail.doshisha.ac.jp
URL
http://www.mino.kier.kyoto-u.ac.jp/
所属
同志社大学
部署
経済学部 経済学科
職名
特別客員教授
学位
Ph.D.(ブラウン大学), 経済学博士(神戸大学)
その他の所属
京都大学経済研究所

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
同志社大学 経済学部 特別客員教授
 
2015年4月
 - 
現在
京都大学  経済研究所 特任教授
 
2015年4月
 - 
現在
京都大学 名誉教授
 
2015年10月
 - 
2016年3月
同志社大学 経済学部 客員教授
 
2015年4月
 - 
2016年3月
京都大学 経済研究所 客員教授
 
2009年4月
 - 
2015年3月
京都大学 経済研究所 教授
 
2011年4月
 - 
2011年9月
立命館大学 経済学部 客員教授
 
2004年4月
 - 
2009年3月
大阪大学 大学院経済学研究科 教授
 
2001年4月
 - 
2009年3月
神戸大学大学院 大経済学研究科 教授
 
1996年4月
 - 
2001年3月
東北大学 経済学部 教授
 
1996年9月
 - 
1997年5月
ニューヨーク大学 スターンスクール’オブ・ビジネス 客員研究員
 
1984年4月
 - 
1991年3月
広島大学 経済学部 助教授
 
1975年4月
 - 
1991年3月
広島大学 経済学部 助手、講師、助教授
 
1987年1月
 - 
1987年8月
ジョージア大学 経済学部 客員准教授
 
1978年4月
 - 
1984年3月
広島大学 経済学部 講師
 

学歴

 
1980年9月
 - 
1984年5月
ブラウン大学 経済学博士課程 
 
1975年4月
 - 
1977年3月
神戸大学 経済学研究科博士課程 
 
1973年4月
 - 
1975年3月
神戸大学 経済学研究科修士課程 
 
1969年4月
 - 
1973年3月
関西学院大学 経済学部 
 

委員歴

 
2018年
 - 
現在
International Journal of Economic Theory  Associate editor
 
2014年
 - 
現在
毎日新聞社エコノミスト賞  選考委員
 
2013年
 - 
現在
Advances in Japanese and Economics (Springer)  Managing Editor
 
2015年7月
 - 
2016年6月
日本経済学会  会長
 
2014年7月
 - 
2015年6月
日本経済学会  副会長
 
2010年
 - 
2015年
Mathematical Social Sciences  Associate editor
 
1998年
 - 
2015年
Journal of Macroeconomics  editorial board member
 
2011年
 - 
2014年
日本経済学会  監事
 
2010年
 - 
2011年
Japanese Economic Review  Editor
 
2004年
 - 
2009年
Japanese Economic Review  Co-editor
 
2000年
 - 
2005年
Research Monograh in Japan-US Business and Economics (Springer)  editorial board member
 
2001年
 - 
2004年
日本経済学会  常任理事
 
1998年
 - 
2001年
日本経済学会  理事
 

論文

 
On the Nonlinear Relationship between Infation and Growth
荒渡良、堀健夫、三野 和雄
Journal of Monetary Economics   94 79-93   2018年   [査読有り]
Time Preference and Income Convergence in a Dynamic Heckscher-Ohlin Model
川岸岳人、三野 和雄
Review of International Economics   24 592-603   2016年   [査読有り]
Heterogenous Conformism and Wealth Distribution
三野 和雄、中元康裕
Economic Theory   62 689-717   2016年   [査読有り]
Fiscal Policy in a Growing Economy with Financial Frictions and Firm Heterogeneity
三野 和雄
Japanese Economic Review   67 3-30   2016年   [査読有り][招待有り]
Conformism and Structural Change
堀健夫、生藤晶子、三野 和雄
International Economic Review   56 939-961   2015年   [査読有り]
Welfare Implications and Equilibrium Indeterminacy in a Two-Sector Growth Model with Consumption Externalities
Been-Lon Chen, Yu-Shan Hsu, 三野 和雄
Macroeconomic Dynamics   19 536-577   2015年   [査読有り]
"A Simple Model of Endogenous Growth with Financial Frictions and Firm Heterogeneity
三野 和雄
Economics Letters   127 20-23   2014年   [査読有り]
Capital Accumulation and Structural Change in a Small-Open economy
胡云芳、 三野 和雄
Pacific Economic Review   19 634-656   2014年   [査読有り]
Trade Structure and Belief-Driven Fluctuations in a Global Economy
胡云芳、三野 和雄
Journal of International Economics   90 214-224   2013年   [査読有り]
Can Consumption Habit Spillovers be a Source of Equilibrium Indeterminacy?
Been-Lon Chen, Yu-Shan Hsu, 三野 和雄
Journal of Economics   109 245-269   2013年   [査読有り]
Time Preference and Long-Run Growth: the Role of Patience Capital
川岸岳人、三野和雄
Economics Bulletin   32 3243-3249   2012年   [査読有り]
Consumption Externalities and Equilibrium Dynamics with Heterogenous Agent
三野 和雄、中元康裕
Mathematical Social Sciences   64 225-233   2012年   [査読有り]
Wolfgang Eggerd, Jun-ichi Itaya and Kazuo Mino
Journal of Economc Behavior and Organization      2011年2月   [査読有り]
Long-Run Impacts of Inflation Tax in the Presence of Maintenance Expenditures
Seiya Fujisaki, , Osaka University. Kazuo Mino
Economics Bulletin, 30-1, 808-816      2010年3月   [査読有り]
Long-Run Impacts of Inflation Tax in the Presence of Multiple Capital Goods
Seiya Fujisaki, , Osaka University. Kazuo Mino
Economics Bulletin, 29-3, 1649-1657      2009年7月   [査読有り]
Daisuke Amano, , Hokkaido University. Jun-ichi Itaya, , Hokkaido University. Kazuo Mino.
International Trade and Economic Dynamics: Essays in Memory of Koji Shimomura, Tadashi Kamihigashi and Laixum Zhao, Springer, 532(361-382)      2009年   [査読有り]
Kazuo Mino
International Trade and Economic Dynamics: Essays in Memory of Koji Shimomura, Tadashi Kamihigashi and Laixum Zhao, Springer, 532(323-341)      2009年   [査読有り]
Junko Doi, Associate Professor, Kansai University. Kazuo Mino
Journal of Economic Dynamics and Control, 32-10, 3055-3083      2008年10月   [査読有り]
Kazuo Mino
Japanese Economic Review, 59-1, 33-53      2008年3月   [査読有り]
Kazuo Mino. Kazuo Nishimura, Professor, Kyoto University. Koji Shimomura, Professor, Kobe University. Ping Wang, Professor, WashingtonUniversity in St. Luis and NBER.
Economic Theory, 34-1, 1-23      2008年1月   [査読有り]
財政政策と資本蓄積:消費の外部性が存在する場合
三野和雄
広島大学経済論叢, 管壽一教授退職記念号      2008年
経済成長とインフレーション:消費の外部性が存在する場合
三野和雄
国民経済雑誌, マクロ経済動学特集号      2008年
Jun-ichi Itaya, Professor, Hokkaido University. Kazuo Mino
Macroeconomic Dynamcis, 11-5, 589-612      2007年11月   [査読有り]
成長・バブル・消費の外部性
三野和雄
現代経済学の潮流 2007, 東洋経済新報社, 市村英彦・伊藤秀史・小川一夫・二神孝一      2007年   [査読有り]
Generalized Taylor Rule and Determinacy of Growth Equilibrium
Seiya Fujisaki, , Osaka University. Kazuo Mino
Economics Bulletin      2007年   [査読有り]
Kazuo Mino
Economics Letters, 93-2, 278-284      2006年11月   [査読有り]
Junko Doi, Associate Professor, Kansai University. Kazuo Mino
Journal of Macroeconomics, 27-4, 557-578      2005年12月   [査読有り]
Schooling, Working Experiences, and Human Capital Formation
Yunfang Hu, , Kobe University. Mino Kazuo
Economics Bulletin, 15-3, 1-8      2005年1月   [査読有り]
Kazuo Mino. Koji Shimomura, Professor, Kobe University. Ping Wang, Professor, Vanderbilt University.
Review of Economic Dynamics, 8-1, 138-153      2005年1月   [査読有り]
Human Capital Formation and Patterns of Growth with Multiple Equilibria
Kazuo Mino
Human Capital, Trade And Public Policy In Rapidly Growing Economies: From Theory To Empirics (Academia Studies in Asian Economies Series), M.Boldrin, Been-Lon Chen, and P. Wang, Edward Elgar Pub.      2004年12月   [査読有り]
経済成長モデルにおける不決定性, 非線形均衡動学:不決定性と複雑性
三野和雄
東京大学出版会, 西村和雄・福田慎一      2004年9月   [査読有り]
Kazuo Mino
Japan and the World Economy, 16-3, 307-329      2004年8月   [査読有り]
Interest-Rate Rule and Multiple Equilibria with Endogenous Growth
Jun-ichi Itaya, Professor, Hokkaido University. Kazuo Mino
Economics Bulletin, 5-1, 1-8      2004年2月   [査読有り]
マクロ経済動学と均衡の不決定性
三野和雄
国民経済雑誌, volume-issue      2003年12月
Jun-ichi Itaya, Professor, Hokkaido University. Kazuo Mino
Economica, 70-279, 451-470      2003年8月   [査読有り]
Monetary Expansion and Converging Speed in a Growing Economy
Kazuo Mino
Economic Theory, 編集者, Dynamics and Markets      2002年10月   [査読有り]
インフレーション・成長・収束速度
三野和雄
国民経済雑誌, volume-issue      2001年12月
Growth and Welfare Effects of Monetary Expansion in an Overlapping Generations Economy
Akihisa Shibata, , Kyoto university. Kazuo Mino
Japanese Economic Review, 51-3, 407-430      2001年9月   [査読有り]
Kazuo Mino
Japan and the World Economy, 13-3, 235-253      2001年8月   [査読有り]
Kazuo Mino
Journal of Economic Theory, 97-1, 203-222      2001年3月   [査読有り]
Indeterminacy in Two-Sector Models of Endogenous Growth with Leisure
三野和雄
経済の数理解析(数理科学講究録1165), volume-issue      2000年8月
経済成長モデルにおける収束速度
三野和雄
国民経済雑誌, volume-issue      2000年2月
Non-separable Utility Function and Indeterminacy of Equilibrium in a Model with Human Capital
Kazuo Mino
Economics Letters, 62-3, 311-317      1999年3月   [査読有り]
Technological Gap and Economic Growth under Increasing Returns
Kazuo Mino
Global Integration and Competition, Ryuzo Sato, Rama Ramachandran and Kazuo Mino, Kluwer Academic Publishers      1999年   [査読有り]
経済成長と構造的失業
三野和雄
国民経済雑誌, 175-1      1998年1月
Long-Run Effects of Monetary Expansion in a Two-Sector Model of Endogenous Growth
Kazuo Mino
Journal of Macroeconomics, 19-4, 635-655      1997年10月   [査読有り]
International Technological Spillovers and Capital Mobility in a Two-Country Model of Economic Growth
Kazuo Mino
Competition, Coordination, and Equity: Perspectives on the Japanese Economy, R. Sato, H. Hori and R. Ramachandran, Kluwer Academic Publishers      1997年   [査読有り]
価格変動のマクロ経済学
福田慎一
東京大学出版会(書評), 東京大学経済学論集      1996年9月
Analysis of a Two-Sector Model of Endogenous Growth with Capital Income Taxation
Kazuo Mino
International Economic Review, 37-1      1996年4月   [査読有り]
Innovation and Agglomeration: Two Parables Suggested by City-size Distributions: Comment
Kazuo Mino
Japan and the World Economy, 7-4, 395-397      1995年11月   [査読有り]
Monetary Policy, Overlapping Generations, and Patterns of Growth
Akihisa Shibata, , Kyoto University. Kazuo Mino
Economica, 62-246      1995年10月   [査読有り]
Public Capital and Patterns of Growth in the Presence of Threshold Externalities
Koichi Futagami, , Ritsumeikan University. Kazuo Mino
Journal of Economics, 61-2, 123-146      1995年5月   [査読有り]
Innovation and Agglomeration: Two Parables Suggested by City-size Distributions
Paul Krugman
Japan and the World Economy 7, 395-397      1995年
Threshold Externalities and Cyclical Growth in a Stylized Model of Capital Accumulation
Koichi Futagami, , Ritsumeikan University. Kazuo Mino
Economics Letters, 41-1, 99-105      1993年7月   [査読有り]
マクロ経済動学:展望と課題
三野和雄
広島大学経済論叢, 15巻2号, 広島大学経済学会      1991年9月
Reputational Constraint and Signalling Effects in a Monetary Policy Game
Shunichi Tsutsui, , New York University. Kazuo Mino
Oxford Economic Papers, 42-4      1990年11月   [査読有り]
Nonlinear Strategies in Dynamic Duopolistic Competition with Sticky Prices
Shunichi Tsutsui, , New York University. Kazuo Mino
Journal of Economic Theory, 52-1, 136-161      1990年10月   [査読有り]
Income Taxation and Endogenous Growth
Kazuo Mino
Economics Letters, 31-4, 325-329      1989年12月   [査読有り]
Implications of Endogenous Money Supply Rules in Dynamic Models with Perfect Foresight
Kazuo Mino
Journal of Macroeconomics 11-2      1989年5月   [査読有り]
The Long-run Effects of Income Taxation under Endogenous Technical Progress
Kazuo Mino
Economics Letters, 27-4, 367-370      1988年12月   [査読有り]
A Model of Investment with External Adjustment Costs, Economic Studies Quarterly
三野和雄
季刊理論経済学, 38-1, 日本経済学会      1987年3月
A Model of Investment with External Adjustment Costs, Economic Studies Quarterly
三野和雄
季刊理論経済学, 38-1, 日本経済学会      1987年3月   [査読有り]
Stabilization Effect of Endogenous Money Supply in a Descriptive Neoclassical Growth Model
Kazuo Mino
Journal of Macroeconomics, 10-1      1987年2月   [査読有り]
Optimality, Credibility, and Time Consistency: Alternative Solutions for Dynamic Policy Games
三野和雄
広島大学経済論叢, 10-2, 広島大学経済学会      1986年10月
A Note on Dynamic Duality
三野和雄
広島大学経済論叢第9-2, 広島大学経済学会      1986年7月
経済システムの最適制御と時間整合性問題II
三野和雄
広島大学経済論叢, 9-1, 広島大学経済学会      1986年3月
経済システムの最適制御と時間整合性問題I
三野和雄
広島大学経済論叢, 8-2, 広島大学経済学会      1985年10月
市場構造と所得分配
三野和雄
広島大学年報経済学, 5      1984年2月
On the Homogeneity of Value Function of the Optimal Control Problem
Kazuo Mino
Economics Letters, 11-1 and 2, 149-154      1983年   [査読有り]
期待形成、価格調整と動学体系の安定性
三野和雄
広島大学経済論, 3-4      1980年2月
The Wage-Price Frontier and the Consumption Possibility Frontier in a Monopolistic Economy
三野和雄
広島大学経済論叢, 3-2, 広島大学経済学会      1979年8月
ケインズ体系の準均衡についての覚書
三野和雄
広島大学経済論叢, 3-1, 広島大学経済学会      1979年7月
Wage-Price Spiral の長期分析
三野和雄
季刊理論経済学, 29-2, 日本経済学会, 121-131      1978年8月   [査読有り]
不完全市場と貨幣:展望
北岡孝義, 三野和雄
広島大学経済論叢, 2-1, 広島大学経済学会      1978年2月
価格・利潤率・均衡成長
三野和雄
広島大学経済論叢, 1-2/3, 広島大学経済学会      1977年10月
循環的成長について:ハロッド的接近
三野和雄
広島大学経済論叢, 1-1, 広島大学経済学会      1977年7月
寡占経済の均衡成長
三野和雄
六甲台論集第, 23-4, 神戸大学大学院経済学研究科      1977年1月
成長過程と均衡条件
三野和雄
六甲台論集, 23-2, 神戸大学大学院経済学研究科      1976年7月

Misc

 
マクロエコノミクス入門
W.ボウモル,A.ブラインダー
佐藤隆三監訳、川島康夫との共訳, H.B.J.出版,[W.Baumol and A.Blinder, Macroeconomics 5th Edition, Harcourt Brace Javanovich, の翻訳]      1993年
貨幣経済の動学理論
小野善康
東京大学出版会(書評), 季刊理論経済学      1991年12月
入門ミクロ経済学
H.ヴァリアン
佐藤隆三監訳、酒井泰弘、大住栄治、松下正弘他との共訳, 勁草書房,2000年 [Hal Varian, Intermediate Microeconomics: A Modern Approach, 第2版および第5版 (W.W. Norton の全訳]      1991年
マクロ経済学研究
吉川洋
東京大学出版会(書評), 季刊理論経済学      1987年12月
ミクロ経済分析
H.ヴァリアン
佐藤隆三と共訳, 勁草書房,[Hal Varian, Microeconomic Analysis 2nd edition, Norton の全訳]      1986年

書籍等出版物

 
Growth and Business Cycles with Equilibrium Indeterminacy
三野 和雄
シュプリンガー   2017年7月   
マクロ経済学
三野 和雄
培風館   2013年11月   
市場・動学・経済システムー佐藤隆三教授記念論文集
根岸隆・三野和雄(編)
日本評論社   2011年7月   
Economic Theory, Dynamics and Market: Essays in Honor of Ryuzo Sato
Takashi Negishi (editor), Rama V. Ramachandran (editor), Kazuo Mino (editor)
Kluwer Academic Publishers, 600頁   2001年3月   
Global Competition and Integration
Ryuzo Sato (editor), Rama V. Ramachandran (editor), Kazuo Mino (editor).
Kluwer Academic Publishers, 594頁   1998年11月   
ミクロ経済学の基礎
浜田文雅, 石井安憲, 前多康夫, 千田亮吉, 瀬古美喜, 三野和雄
有斐閣   1993年   
マクロ経済動学研究
三野和雄
広島大学経済学研究双書   1989年   
マクロ経済学の基礎
安井修二, 浜田文雅, 鴨池治, 井川一宏, 三野和雄
有斐閣   1989年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
産業構造変化に伴う経済成長における国際貿易と金融市場発展の役割
日本学術振興会: 科学研究費基盤研究 (B)
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月    代表者: 胡云芳
経済成長戦略に関するグローバル比較と文化基盤の影響に与える研究
日本学術振興会: 科学研究費基盤(B)(特設分野・グローバルスタディーズ)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 三野 和雄
企業の異質性とマクロ経済政策
日本学術振興会: 科学研究費基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 三野 和雄
経済危機と社会インフラの複雑系分析
日本学術振興会: 科学研究費特別推進研究
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 矢野誠
内生的技術進歩と経済成長についての理論的研究
日本学術振興会: 科学研究費基盤研究(C)
研究期間: 1992年4月 - 1994年4月    代表者: 三野 和雄
構造変化のマクロ経済分析
日本学術振興会: 科学研究費基盤研究(C)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 三野 和雄
非市場部門のマクロ動学分析
日本学術振興会: 科学研究費基盤研究(C)
研究期間: 2010年4月 - 2013年4月    代表者: 胡云芳
経済主体の異質性とマクロ経済動学
日本学術振興会: 科学研究費基盤研究(C)
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 三野 和雄
消費の外部性とマクロ経済動学
日本学術振興会: 科学研究費基盤研究(C)
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 三野 和雄
均衡の不決定性と財政・金融政策の役割
日本学術振興会: 科学研究費基盤研究(C)
研究期間: 2004年4月 - 2007年3月    代表者: 三野 和雄
不完全市場経済の成長と循環
日本学術振興会: 科学研究費基盤研究(C)
研究期間: 2002年4月 - 2004年3月    代表者: 三野 和雄
独占的競争経済における政策効果の動学分析
日本学術振興会: 科学研究費基盤研究(C)
研究期間: 1998年4月 - 2000年3月    代表者: 三野 和雄
独占的競争経済の動学分析
日本学術振興会: 科学研究費基盤研究(C)
研究期間: 1996年4月 - 1998年3月    代表者: 三野 和雄