Miki Nagao

J-GLOBAL         Last updated: Jun 13, 2019 at 22:37
 
Avatar
Name
Miki Nagao

Research Interests

 
 

Published Papers

 
Nakano S, Fujisawa T, Ito Y, Chang B, Matsumura Y, Yamamoto M, Suga S, Ohnishi M, Nagao M
Antimicrobial agents and chemotherapy   63(5)    May 2019   [Refereed]
Noguchi T, Matsumura Y, Kanahashi T, Tanaka M, Tsuchido Y, Matsumura T, Nakano S, Yamamoto M, Nagao M, Ichiyama S
Antimicrobial agents and chemotherapy   63(2)    Feb 2019   [Refereed]
Ueda T, Takesue Y, Tokimatsu I, Miyazaki T, Nakada-Motokawa N, Nagao M, Nakajima K, Mikamo H, Yamagishi Y, Kasahara K, Yoshihara S, Ukimura A, Yoshida K, Yoshinaga N, Izumi M, Kakeya H, Yamada K, Kawamura H, Endou K, Yamanaka K, Yoshioka M, Amino K, Ikeuchi H, Uchino M, Miyazaki Y
PloS one   14(5) e0216956   2019   [Refereed]
Matsumura Y, Tsuchido Y, Yamamoto M, Nakano S, Nagao M
Medical mycology      Dec 2018   [Refereed]

Misc

 
骨・関節感染症における抗菌薬治療の実際
長尾 美紀
日本骨・関節感染症学会プログラム・抄録集   41回 74-74   Jul 2018
新規肝線維化マーカーオートタキシン測定試薬の基礎的検討
橋田 葉子, 岡崎 一幸, 南谷 真衣, 辻 侑子, 山本 千穂, 大佐賀 順子, 西山 有紀子, 長尾 美紀
臨床化学   47(Suppl.1) 345-345   Jul 2018
臨床化学自動分析装置で使用される洗剤と測定試薬の関連性について
岡崎 一幸, 橋田 葉子, 辻 侑子, 南谷 真衣, 山本 千穂, 大佐賀 順子, 西山 有紀子, 長尾 美紀
臨床化学   47(Suppl.1) 370-370   Jul 2018
血液形態診断のためのケースカンファレンス 単球系細胞の増加を認めた一例
森田 真紀子, 中西 加代子, 長尾 美紀
日本検査血液学会雑誌   19(2) 188-194   Jul 2018
症例は9歳女児。前医にて白血球著増・高度の貧血および血小板減少を認め、当院受診。末梢血の白血球数は198.84×10^9/Lであり、白血球分画は芽球44%、前単球16%、単球9%、骨髄球8%、後骨髄球1%と、単球系・顆粒球系両方への分化を認めた。骨髄は高度過形成で単球系細胞が全有核細胞の83.5%を占め、うち単芽球比率は91.1%であり、中央診断にてFAB分類で急性単芽球性白血病(AML-M5a)、WHO分類第4版では急性単球性白血病(AMoL)と診断された。本症例は芽球(単芽球・骨髄芽球...
カルバペネマーゼ検出法Carba NP testとCarbapenem Inactivation Methodの比較検討
金橋 徹, 松村 康史, 山本 正樹, 田中 美智男, 長尾 美紀, 志賀 修一, 一山 智
医療と検査機器・試薬   41(3) 269-274   Jun 2018
京都・滋賀地域の急性期病院13施設で臨床分離し、同定した腸内細菌科細菌(CRE)104株、メタロβラクタマーゼ産生ブドウ糖非発酵グラム陰性桿菌(MBL-NF)18株を対象とした。CRE 104株のうち、カルバペネマーゼ遺伝子がPCR法により陽性となったのは8株、Carba NP test(CNP)陽性は7株、Carbapenem Inactivation Method(CIM)陽性は7株であった。CNPとCIMの結果は完全に一致した。PCR法を基準とした場合のCNP/CIM法の感度・特異度...