Hanako Ikeda

J-GLOBAL         Last updated: Jun 3, 2019 at 14:26
 
Avatar
Name
Hanako Ikeda
Affiliation
Kyoto University
ORCID ID
0000-0001-9572-8659

Published Papers

 
Miyata M, Oishi A, Hasegawa T, Oishi M, Numa S, Otsuka Y, Uji A, Kadomoto S, Hata M, Ikeda HO, Tsujikawa A
Investigative ophthalmology & visual science   60(4) 1044-1049   Mar 2019   [Refereed]
Hasegawa T, Ikeda HO
Neural regeneration research   14(1) 82-84   Jan 2019   [Refereed]
Suda K, Akagi T, Nakanishi H, Noma H, Ikeda HO, Kameda T, Hasegawa T, Tsujikawa A
Scientific reports   8(1) 17158   Nov 2018   [Refereed]
Miyata M, Oishi A, Ogino K, Oishi M, Hasegawa T, Nagasaku Y, Ikeda HO, Ohtsuki H, Tsujikawa A
Scientific reports   8(1) 14880   Oct 2018   [Refereed]
Suda M, Nakanishi H, Akagi T, Murakami T, Suzuma K, Suda K, Kameda T, Morooka S, Ikeda HO, Tsujikawa A
Clinical ophthalmology (Auckland, N.Z.)   12 2439-2449   2018   [Refereed]
Munemitsu Yoshikawa, Hideo Nakanishi, Kenji Yamashiro, Masahiro Miyake, Tadamichi Akagi, Norimoto Gotoh, Hanako O. Ikeda, Kenji Suda, Hiroshi Yamada, Tomoko Hasegawa, Yuto Iida, Ryo Yamada, Fumihiko Matsuda, Nagahisa Yoshimura and
Investigative Opthalmology {\&} Visual Science   58(5) 2510-2519   May 2017   [Refereed]
Miyata M, Oishi A, Oishi M, Hasegawa T, Ikeda HO, Tsujikawa A
BMC ophthalmology   18(1) 248   Sep 2018   [Refereed]
Masayuki Hata, Hanako O. Ikeda, Chinami Kikkawa, Sachiko Iwai, Yuki Muraoka, Tomoko Hasegawa, Akira Kakizuka, Nagahisa Yoshimura
Scientific Reports   7 44873   Mar 2017   [Refereed]
Akagi T, Uji A, Huang AS, Weinreb RN, Yamada T, Miyata M, Kameda T, Ikeda HO, Tsujikawa A
American journal of ophthalmology      Aug 2018   [Refereed]
Yoshikawa M, Akagi T, Nakanishi H, Ikeda HO, Morooka S, Yamada H, Hasegawa T, Iida Y, Yoshimura N, Japanese journal of ophthalmology, vol. 61, no. 1, pp. 105-112
Japanese journal of ophthalmology   61(1) 105-112   Jan 2017   [Refereed]
Yoshikawa M, Akagi T, Nakanishi H, Ikeda HO, Morooka S, Yamada H, Hasegawa T, Iida Y, Yoshimura N, Japanese journal of ophthalmology, 2017, vol. 61, no. 1, pp. 105-112, 2017
Numa S, Akagi T, Uji A, Suda K, Nakanishi H, Kameda T, Ikeda HO, Tsujikawa A
Journal of glaucoma      Aug 2018   [Refereed]
Muraoka Y, Iida Y, Ikeda HO, Iwai S, Hata M, Iwata T, Nakayama M, Shimozawa N, Katakai Y, Kakizuka A, Yoshimura N, Tsujikawa A
Heliyon   4(5) e00624   May 2018   [Refereed]
Daisuke Tanaka, Hideo Nakanishi, Masanori Hangai, Tadamichi Akagi, Satoshi Morooka, Hanako Ohashi Ikeda, Nagahisa Yoshimura
Japanese Journal of Ophthalmology   60(6) 446-453   Aug 2016   [Refereed]
Hata M, Ikeda HO, Iwai S, Iida Y, Gotoh N, Asaka I, Ikeda K, Isobe Y, Hori A, Nakagawa S, Yamato S, Arita M, Yoshimura N, Tsujikawa A
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   115(15) 3936-3941   Apr 2018   [Refereed]
Nakanishi H, Suda K, Yoshikawa M, Akagi T, Kameda T, Ikeda HO, Yokota S, Kurimoto Y, Tsujikawa A
Graefe's archive for clinical and experimental ophthalmology = Albrecht von Graefes Archiv fur klinische und experimentelle Ophthalmologie   256(3) 599-610   Mar 2018   [Refereed]
Hasegawa T, Ikeda HO, Iwai S, Muraoka Y, Tsuruyama T, Okamoto-Furuta K, Kohda H, Kakizuka A, Yoshimura N
Heliyon   4(2) e00544   Feb 2018   [Refereed]
Yoshikawa M, Akagi T, Uji A, Nakanishi H, Kameda T, Suda K, Ikeda HO, Tsujikawa A
PloS one   13(6) e0199739   2018   [Refereed]
Hata M, Ikeda HO
Neural regeneration research   12(8) 1252-1255   Aug 2017   [Refereed]
Nakanishi H, Akagi T, Hangai M, Kimura Y, Suda K, Kumagai KK, Morooka S, Ikeda HO, Yoshimura N
Graefe's archive for clinical and experimental ophthalmology = Albrecht von Graefes Archiv fur klinische und experimentelle Ophthalmologie   253(7) 1143-1152   May 2015   [Refereed]
Nakanishi H, Akagi T, Suda K, Hasegawa T, Yamada H, Yokota S, Yoshikawa M, Iida Y, Ikeda HO, Morooka S, Ishihara K, Yoshimura N
Investigative ophthalmology & visual science   57(7) 3203-3210   Jun 2016   [Refereed]
Yuto Iida, Tadamichi Akagi, Hideo Nakanishi, Hanako Ohashi Ikeda, Satoshi Morooka, Kenji Suda, Tomoko Hasegawa, Satoshi Yokota, Munemitsu Yoshikawa, Akihito Uji, Nagahisa Yoshimura
Scientific Reports   7(1)    Jul 2017   [Refereed]
Yamada H, Akagi T, Nakanishi H, Ikeda HO, Kimura Y, Suda K, Hasegawa T, Yoshikawa M, Iida Y, Yoshimura N
Ophthalmology   123(3) 542-551   Mar 2016   [Refereed]
Yamada H, Akagi T, Nakanishi H, Ikeda HO, Kimura Y, Suda K, Hasegawa T, Yoshikawa M, Iida Y, Yoshimura N, Ophthalmology, 2016, vol. 123, no. 3, pp. 542-551, 2016
Hasegawa T, Ikeda HO, Nakano N, Muraoka Y, Tsuruyama T, Okamoto-Furuta K, Kohda H, Yoshimura N
Japanese journal of ophthalmology   60(2) 111-125   Mar 2016   [Refereed]
Hasegawa T, Ikeda HO, Nakano N, Muraoka Y, Tsuruyama T, Okamoto-Furuta K, Kohda H, Yoshimura N, Japanese journal of ophthalmology, 2016, vol. 60, no. 2, pp. 111-125, 2016
Hasegawa T, Akagi T, Hangai M, Yamada H, Suda K, Kimura Y, Nakanishi H, Ikeda HO, Yoshimura N
Graefe's archive for clinical and experimental ophthalmology = Albrecht von Graefes Archiv fur klinische und experimentelle Ophthalmologie   254(2) 343-349   Feb 2016   [Refereed]
Hasegawa T, Ooto S, Takayama K, Makiyama Y, Akagi T, Ikeda HO, Nakanishi H, Suda K, Yamada H, Uji A, Yoshimura N, American journal of ophthalmology, vol. 171, pp. 53-66
171 53-66   Nov 2016   [Refereed]
Hasegawa T, Ooto S, Takayama K, Makiyama Y, Akagi T, Ikeda HO, Nakanishi H, Suda K, Yamada H, Uji A, Yoshimura N, American journal of ophthalmology, 2016, vol. 171, pp. 53-66, 2016
Suda K, Hangai M, Akagi T, Noma H, Kimura Y, Hasegawa T, Yamada H, Yoshikawa M, Nakanishi H, Ikeda HO, Yoshimura N
Investigative ophthalmology & visual science   56(9) 5477-5484   Aug 2015   [Refereed]
Nakanishi H, Akagi T, Hangai M, Kimura Y, Suda K, Hasegawa T, Yamada H, Yoshikawa M, Morooka S, Ikeda HO, Yoshimura N, Journal of glaucoma, vol. 25, no. 5, pp. e481-90
25(5) e481-90   May 2016   [Refereed]
Nakanishi H, Akagi T, Hangai M, Kimura Y, Suda K, Hasegawa T, Yamada H, Yoshikawa M, Morooka S, Ikeda HO, Yoshimura N, Journal of glaucoma, 2016, vol. 25, no. 5, pp. e481-90, 2016
Hasegawa T, Akagi T, Yoshikawa M, Suda K, Yamada H, Kimura Y, Nakanishi H, Miyake M, Unoki N, Ikeda HO, Yoshimura N
PloS one   10(6) e0130175   2015   [Refereed]
Hasegawa T, Akagi T, Yoshikawa M, Suda K, Yamada H, Kimura Y, Nakanishi H, Miyake M, Unoki N, Ikeda HO, Yoshimura N, PloS one, 2015, vol. 10, no. 6, pp. e0130175, 2015
Nakano N, Ikeda HO, Hasegawa T, Muraoka Y, Iwai S, Tsuruyama T, Nakano M, Fuchigami T, Shudo T, Kakizuka A, Yoshimura N, Heliyon, vol. 2, no. 4, pp. e00096
2(4) e00096   Apr 2016   [Refereed]
Nakano N, Ikeda HO, Hasegawa T, Muraoka Y, Iwai S, Tsuruyama T, Nakano M, Fuchigami T, Shudo T, Kakizuka A, Yoshimura N, Heliyon, 2016, vol. 2, no. 4, pp. e00096, 2016
Yamada H, Hangai M, Nakano N, Takayama K, Kimura Y, Miyake M, Akagi T, Ikeda HO, Noma H, Yoshimura N
American journal of ophthalmology   158(6) 1318-1329.e3   Dec 2014   [Refereed]
Hasegawa T, Muraoka Y, Ikeda HO, Tsuruyama T, Kondo M, Terasaki H, Kakizuka A, Yoshimura N, Scientific reports, vol. 6, pp. 31184
6 31184   2016   [Refereed]
Hasegawa T, Muraoka Y, Ikeda HO, Tsuruyama T, Kondo M, Terasaki H, Kakizuka A, Yoshimura N, Scientific reports, 2016, vol. 6, pp. 31184, 2016
Ikeda HO, Sasaoka N, Koike M, Nakano N, Muraoka Y, Toda Y, Fuchigami T, Shudo T, Iwata A, Hori S, Yoshimura N, Kakizuka A
Scientific reports   4(1) 5970   Aug 2014   [Refereed]
Yugo Kimura, Tadamichi Akagi, Masahiro Miyake, Kenji Yamashiro, Munemitsu Yoshikawa, Hiroshi Yamada, Tomoko Hasegawa, Kenji Suda, Hideo Nakanishi, Hanako Ohashi-Ikeda, Norimoto Gotoh, Masanori Hangai, Muka Moriyama, Kyoko Ohno-Matsui, Nagahisa Yoshimura
Ophthalmic Genetics   37(2) 242   Sep 2015   [Refereed]
Hangai M, Ikeda HO, Akagi T, Yoshimura N
Japanese journal of ophthalmology   58(2) 188-196   Mar 2014   [Refereed]
Nakanishi H, Akagi T, Hangai M, Kimura Y, Suda K, Hasegawa T, Yamada H, Yoshikawa M, Morooka S, Ikeda HO, Yoshimura N
Journal of glaucoma   25(5) e481-90   May 2016   [Refereed]
M. Yoshikawa; T. Akagi; M. Hangai; H. Ohashi-Ikeda; K. Takayama; S. Morooka; Y. Kimura; N. Nakano; N. Yoshimura
Investigative Ophthalmology and Visual Science   55(1) 477-484   Jan 2014   [Refereed]
Kimura Y, Akagi T, Hangai M, Takayama K, Hasegawa T, Suda K, Yoshikawa M, Yamada H, Nakanishi H, Unoki N, Ikeda HO, Yoshimura N
PloS one   9(12) e115313   2014   [Refereed]
Y. Kimura; M. Hangai; A. Matsumoto; T. Akagi; H.O. Ikeda; S. Ohkubo; K. Sugiyama; A. Iwase; M. Araie; N. Yoshimura
American Journal of Ophthalmology   156(5) 907-917.e1   Nov 2013   [Refereed]
N. Nakano; M. Hangai; H. Noma; M. Nukada; S. Mori; S. Morooka; K. Takayama; Y. Kimura; H.O. Ikeda; T. Akagi; N. Yoshimura
American Journal of Ophthalmology   156(3) 511-23.e6   Sep 2013   [Refereed]
K. Takayama; M. Hangai; Y. Kimura; S. Morooka; M. Nukada; T. Akagi; H.O. Ikeda; A. Matsumoto; N. Yoshimura
Investigative Ophthalmology and Visual Science   54(7) 4798-4807   Jul 2013   [Refereed]
T. Akagi; M. Hangai; Y. Kimura; H.O. Ikeda; A. Nonaka; A. Matsumoto; M. Akiba; N. Yoshimura
American Journal of Ophthalmology   155(5) 927-936   May 2013   [Refereed]
K. Takayama; S. Ooto; M. Hangai; N. Ueda-Arakawa; S. Yoshida; T. Akagi; H.O. Ikeda; A. Nonaka; M. Hanebuchi; T. Inoue; N. Yoshimura
American Journal of Ophthalmology   155(5) 870-881   May 2013   [Refereed]
K. Takayama; M. Hangai; M. Durbin; N. Nakano; S. Morooka; T. Akagi; H.O. Ikeda; N. Yoshimura
Investigative Ophthalmology and Visual Science   53(11) 6904-6913   Oct 2012   [Refereed]
Takayama K, Hangai M, Durbin M, Nakano N, Morooka S, Akagi T, Ikeda HO, Yoshimura N, Investigative ophthalmology & visual science, 2012, vol. 53, no. 11, pp. 6904-6913, 2012
Y. Kimura; M. Hangai; S. Morooka; K. Takayama; N. Nakano; M. Nukada; H.O. Ikeda; T. Akagi; N. Yoshimura
Investigative Ophthalmology and Visual Science   53(10) 6472-6478   Sep 2012   [Refereed]
Masayuki Nukada, Masanori Hangai, Satoshi Mori, Kohei Takayama, Noriko Nakano, Satoshi Morooka, Hanako O. Ikeda, Tadamichi Akagi, Atsushi Nonaka, Nagahisa Yoshimura
Journal of Glaucoma   23(3) 150   Mar 2014   [Refereed]
S. Morooka; M. Hangai; M. Nukada; N. Nakano; K. Takayama; Y. Kimura; T. Akagi; H.O. Ikeda; A. Nonaka; N. Yoshimura
Investigative Ophthalmology and Visual Science   53(8) 4805-4812   Jul 2012   [Refereed]
Y. Muraoka; H.O. Ikeda; N. Nakano; M. Hangai; Y. Toda; K. Okamoto-Furuta; H. Kohda; M. Kondo; H. Terasaki; A. Kakizuka; N. Yoshimura
PLoS ONE   7(4) e36135   Apr 2012   [Refereed]
Nukada M, Hangai M, Mori S, Takayama K, Nakano N, Morooka S, Ikeda HO, Akagi T, Nonaka A, Yoshimura N
Journal of glaucoma   23(3) 150-159   Mar 2014   [Refereed]
N. Nakano; M. Hangai; H. Nakanishi; S. Mori; M. Nukada; Y. Kotera; H.O. Ikeda; H. Nakamura; A. Nonaka; N. Yoshimura
Ophthalmology   118(12) 2414-2426   Dec 2011   [Refereed]
N. Nakano; H.O. Ikeda; M. Hangai; Y. Muraoka; Y. Toda; A. Kakizuka; N. Yoshimura
Investigative Ophthalmology and Visual Science   52(12) 8754-8762   Nov 2011   [Refereed]

Misc

 
池田華子
臨床眼科   72(11) 188‐191   Oct 2018
硝子体内注射の現況と進展 新規神経保護治療薬KUSの開発
池田 華子
眼薬理   32(1) 55-58   Aug 2018
VCP ATPase阻害薬として筆者らが開発したKUS剤は、細胞保護効果をもち、網膜色素変性、緑内障モデルマウスに投与すると、網膜菲薄化・視機能低下が抑制され、視細胞・網膜神経節細胞保護効果があることがわかった。KUS剤は、難治眼疾患に対する新たな神経保護治療薬となる可能性がある。現在、網膜中心動脈閉塞症急性期を対象とした医師主導治験(第I・II相)を実施中であり、KUS剤の硝子体内投与による安全性と細胞保護効果の検討を行っている。(著者抄録)
【脂質クオリティ 生命機能と健康を支える脂質の多様性】 (第3章)リポクオリティによる疾患制御 網羅的脂質解析によるクリスタリン網膜症の病態解明
畑 匡侑, 池田 華子
実験医学   36(10) 1738-1742   Jun 2018
網膜色素上皮細胞は、脂質に富んだ視細胞外節を貪食し、また脈絡膜血管からの脂質供給を受けて、活発な脂質代謝を行う。網膜色素上皮細胞の貪食・代謝機能は、網膜の維持に必須であり、これらが障害されると網膜変性が生じる。CYP4V2遺伝子変異が原因となるクリスタリン網膜症では、網膜色素上皮細胞および視細胞が変性を起こし、最終的に失明に至る。その病態は長らく不明であったが、患者由来iPS細胞から分化誘導した網膜色素上皮細胞に対して、網羅的脂質解析を用いることで、遊離コレステロール蓄積が細胞変性を引き起...
【網膜変性診療の未来予想図】 薬物治療・創薬
池田 華子
あたらしい眼科   35(4) 475-481   Apr 2018
眼難治疾患に対する新規神経保護治療法開発
池田 華子
眼科   59(9) 948-948   Sep 2017
眼難治疾患に対する新たな神経保護治療の開発
池田 華子
日本応用酵素協会誌   (51) 64-65   Mar 2017
【網膜血管疾患診療:最新の知見】 網膜動脈閉塞症に対する神経保護治療の可能性
池田 華子
あたらしい眼科   34(5) 633-637   May 2017
【Coming Soon!新規治療】 VCP ATPase阻害剤の臨床応用
池田 華子, 京都大学医学部附属病院臨床研究総合センター網膜神経保護治療プロジェクト
Retina Medicine   6(1) 17-21   Apr 2017
近年、筆者らは眼難治疾患に対する新たな神経保護治療薬となりうる新規化合物、Kyoto University Substance(KUS剤)に対する研究をおこなってきた。このKUS剤は、VCPというストレス応答時に大事なはたらきをする蛋白のATP加水分解活性を阻害するはたらきをもち、ストレス下にある細胞のATP濃度低下を抑制し、小胞体ストレスを抑制することで、細胞死を抑制する。KUS剤は、網膜変性や緑内障のモデル動物で、網膜細胞障害を抑制し、病気の進行を緩徐にすることが明らかになった。このK...
網膜中心動脈閉塞症に対する神経保護治療薬KUS121の開発
池田 華子, 村岡 勇貴, 畑 匡侑, 村上 智昭, 飯田 悠人, 三輪 裕子, 鈴間 潔, 大音 壮太郎
眼科臨床紀要   10(4) 349-349   Apr 2017
京都大学における緑内障ロングチューブシャント手術の成績
須田 茉紗代, 中西 秀雄, 亀田 隆範, 諸岡 諭, 池田 華子, 須田 謙史, 長谷川 智子, 吉川 宗光, 横田 聡, 飯田 悠人, 田川 美穂, 赤木 忠道
眼科臨床紀要   10(4) 350-350   Apr 2017
【Coming Soon!新規治療】 VCP ATPase阻害剤の臨床応用
池田 華子, 京都大学医学部附属病院臨床研究総合センター網膜神経保護治療プロジェクト
Retina Medicine   6(1) 17-21   Apr 2017
近年、筆者らは眼難治疾患に対する新たな神経保護治療薬となりうる新規化合物、Kyoto University Substance(KUS剤)に対する研究をおこなってきた。このKUS剤は、VCPというストレス応答時に大事なはたらきをする蛋白のATP加水分解活性を阻害するはたらきをもち、ストレス下にある細胞のATP濃度低下を抑制し、小胞体ストレスを抑制することで、細胞死を抑制する。KUS剤は、網膜変性や緑内障のモデル動物で、網膜細胞障害を抑制し、病気の進行を緩徐にすることが明らかになった。このK...
網膜疾患に対する基礎研究の進め方 思考の過程とその成果 眼疾患モデルを用いた神経保護治療研究と創薬
池田 華子
日本眼科学会雑誌   121(臨増) 124-124   Mar 2017
VCPモジュレータを用いた難治眼疾患に対する新規治療法開発
池田 華子, 垣塚 彰, 吉村 長久
臨床薬理の進歩   (37) 8-15   Jun 2016
VCP(valosin-containing protein)のATPaseに対する阻害剤(VCPモジュレーター)として開発されたKUS(京都大学サブスタンス)剤の細胞保護メカニズムを明らかにし、眼難治疾患に対する新たな治療薬となりうるか検討した。培養細胞(HeLa細胞)におけるATP減少抑制効果、小胞体ストレス状態、網膜神経節細胞に対するアポトーシス抑制効果、網膜色素変性モデルマウスにおける神経保護効果などについて検討した。KUS剤に神経保護作用、網膜細胞保護作用を認め、その保護作用は、...
iPS細胞による網膜細胞治療
高橋 政代, 万代 道子, 杉田 直, 大西 明志, 坂井 徳子, 鎌尾 浩行, 岡本 理志, 小坂田 文隆, 森永 千佳子, 山田 千佳子, 柴田 由美子, 寺田 基剛, 秋丸 裕司, 白井 博志, Assawachananont Juthaporn, 金子 兵, 孫 嘉南, 永楽 元次, 笹井 芳樹, 平見 恭彦, 栗本 康夫, 金村 星余, 西下 直樹, 郷 正博, 川真田 伸, 西田 明弘, 石田 和寛, 宮本 紀子, 広瀬 文隆, 亀田 隆範, 下園 正剛, 藤原 雅史, 大石 明生, 川越 直顕, 大音 壮太郎, 雨宮 かおり, 赤木 忠道, 秋田 穣, 池田 華子, 鈴木 拓也, 春田 雅俊, 秋元 正行, 本田 孔士, 山中 伸弥, 桐生 純一, 寺崎 浩子, Gage Fred H.
日本眼科学会雑誌   120(3) 210-224   Mar 2016
1990年代の中頃からの神経幹細胞,胚性幹細胞(ES細胞),人工多能性幹細胞(iPS細胞)と続く基礎科学の進歩を受けて,最近では,中枢神経を含めさまざまな組織の細胞移植による治療(再生医療)が将来医療の大きな流れになると考えられている.著者らは実用化研究を経て,2014年,iPS細胞由来網膜色素上皮(RPE)細胞シートを滲出型加齢黄斑変性患者1例目に移植した.加齢黄斑変性というRPEの老化によって引き起こされる疾患を患者本人の若返った正常な組織で置き換えることは根本治療につながると考える....
眼難治疾患に対する新たな神経保護治療の開発
池田 華子
日本応用酵素協会誌   (50) 48-49   Mar 2016
緑内障眼における視神経乳頭周囲ブルッフ膜開口部の形状・面積と眼軸長との関連の検討
中西 秀雄, 須田 謙史, 吉川 宗光, 赤木 忠道, 亀田 隆範, 諸岡 諭, 池田 華子, 長谷川 智子, 横田 聡, 飯田 悠人, 田川 美穂, 細田 祥勝, 辻川 明孝
日本眼科学会雑誌   121(臨増) 210-210   Mar 2017
緑内障にも女性医師の力を
谷原 秀信, 平澤 裕代, 池田 華子, 小島 祥
Frontiers in Glaucoma   (50) 113-120   Aug 2015
視神経網膜保護の基礎と臨床最前線 VCP ATPase阻害薬による新規神経保護治療
池田 華子
眼薬理   29(1) 50-53   Aug 2015
VCP ATPase阻害薬として開発したKUS剤に細胞保護効果があることが明らかになった。KUS剤を網膜色素変性モデルであるrd10マウスに投与すると、網膜菲薄化・視機能低下が抑制され、視細胞保護効果があることがわかった。緑内障モデルマウスにおいても神経節細胞保護効果を確認している。KUS剤は、難治眼疾患に対する新たな神経保護治療薬となる可能性がある。今後、急性の眼疾患を対象とした臨床治験を計画していく予定である。(著者抄録)
Basic surgical skills トラベクロトミーの基本手技 トラベクロトミーの手順
池田 華子
眼科グラフィック   3(3) 278-281   Jun 2014
IKEDA HANAKO, IKEDA HANAKO
上原記念生命科学財団研究報告集(CD-ROM)   28 ROMBUNNO.183-7   Dec 2014
VCPモジュレータが、眼難治疾患に対し、新たな神経保護薬となりうるか、眼疾患モデル動物を用いて検討した。VCPのATPase阻害剤(VCPモジュレータ)であるKUS剤に、細胞保護作用、網膜細胞保護作用を認め、その保護作用は、細胞内ATP濃度低下の抑制および小胞体ストレスの軽減を介す可能性が示唆された。網膜色素変性モデルマウスにおける投与にて、機能・形態の両面から、KUS剤が疾患進行・網膜変性抑止作用を持つことが明らかになった。VCPモジュレータが、新規神経保護剤として、眼難治疾患の新たな治...
網膜色素変性の視野進行評価と神経保護治療のとりくみ
長谷川 智子, 池田 華子, 村岡 勇貴, 後藤 謙元, 石原 健司, 菅原 麻紗子, 平島 貴子, 宮田 学
眼科   58(9) 1001-1001   Sep 2016
網膜中心動脈閉塞症に対する神経保護治療法開発の取り組み
池田 華子, 村岡 勇貴, 畑 匡侑, 村上 智昭, 飯田 悠人, 三輪 裕子, 鈴間 潔, 大音 壮太郎
眼科   58(9) 1001-1001   Sep 2016
網膜変性治療薬としての分岐鎖アミノ酸の効果の検討
長谷川 智子, 池田 華子, 村岡 勇貴, 岩井 祥子, 垣塚 彰, 吉村 長久
眼科臨床紀要   9(6) 534-534   Jun 2016
VCPモジュレータによる眼難治疾患の新規神経保護治療
池田 華子, 中野 紀子, 村岡 勇貴, 長谷川 智子, 畑 匡侑, 飯田 悠人, 岩井 祥子, 垣塚 彰, 吉村 長久
眼科臨床紀要   9(6) 534-535   Jun 2016
SUMIDA Aki, IKEDA Hanako, MATSUKAWA Miu, YAMANA Takayuki
眼科手術 = Journal of ophthalmic surgery   22(3) 389-393   Jul 2009
背景:水晶体欠損は、胎生期のZinn小帯の発達異常によって起こるとされる、稀な疾患である。両眼性水晶体欠損例への白内障手術を経験した。症例:35歳、男性、左眼の視力低下を主訴に初診。初診時視力は右眼0.8、左眼0.08で、両眼の水晶体欠損と核白内障および左眼には前嚢下混濁を認めた。経過観察中、両眼白内障が進行し、視力は右眼0.04、左眼指数弁に低下した。水晶体欠損の範囲は両眼とも120°を超え、水晶体欠損部に一致したZinn小帯欠損を認めた。眼内レンズの水晶体嚢内・嚢外への固定は術後に偏位...
IKEDA HANAKO
眼科グラフィック   3(3) 278-281   Jun 2014
IKEDA HANAKO
日本眼薬理学会プログラム・講演抄録集   34th 27   2014
寛解導入療法中にステロイド緑内障を発症し、acetazolamide併用にて化学療法を継続出来た急性リンパ性白血病の1女児例
森下 英明, 加藤 格, 納富 誠司郎, 大封 智雄, 梅田 雄嗣, 平松 英文, 渡邉 健一郎, 池田 華子, 平家 俊男, 足立 壯一
日本小児血液・がん学会雑誌   50(4) 619-623   Dec 2013
小児の副腎皮質ステロイド(Corticosteroid;CS)長期使用者では緑内障発症の頻度が高いとの報告があるが、初発急性リンパ性白血病(ALL)の寛解導入療法中に発症した報告は見当たらない。今回寛解導入療法中ステロイド緑内障を発症したALLの4歳女児例を経験した。JACLS ALL-HR02に準じた寛解導入療法開始7日目にステロイド緑内障を発症し、acetazolamide投与とtimolol maleate点眼にて眼圧をコントロールした。経過中CSとacetazolamide併用によ...
IKEDA HANAKO, NAKANO NORIKO, MURAOKA YUKI, HASEGAWA TOMOKO, KAKIZUKA AKIRA, YOSHIMURA NAGAHISA
日本眼科学会雑誌   117 295   Mar 2013
IKEDA HANAKO, MATSUI YOSHIE, UEDA YOSHIKI, ISHIGOOKA HITOSHI
臨床眼科   57(6) 1129-1133   Jun 2003
48歳男.両眼霧視を主訴とした.数日前より両眼に霧視と,全身に痺れ感が生じ,磁気共鳴画像検査(MRI)で右視床外側と外側膝状体部に出血と浮腫が発見された.ゴールドマン視野検査で,両眼の左上・左下部に扇型の視野沈下(四重分画視野障害)を認めた.3ヵ月後に左下腿の知覚異常は消失し,1ヵ月後のMRI画像で出血巣は縮小していた.初診から9ヵ月後に視野はほとんど正常化した.四重分画視野障害は,前脈絡叢動脈で灌流される外側膝状体障害に続発したものと考えられた
IKEDA HANAKO
日本眼科学会雑誌   117 129   Mar 2013
IKEDA Hanako, TAKAGI Hitoshi, KIRYU Junichi, NISHIWAKI Koichi, YASUKAWA Tsutomu, OTANI Atsushi, MATSUMURA Miyo
眼科手術 = Journal of ophthalmic surgery   14(2) 241-244   Apr 2001
活動性の高い線維血管増殖を伴い,術前視力0.3以上の35例36眼に対する早期硝子体手術の術後経過について検討した.術前,全例に黄斑剥離はなく,23眼に黄斑外牽引性網膜剥離を認め,そのうち4眼は網膜裂孔を併発していた.また,5眼に黄斑偏位を認めた.術後の最高視力は12眼(33%)が2段階以上の改善,21眼(58%)が不変であり,91%で視力が維持された.平均30ヵ月の経過観察により,最終的に23眼(64%)では0.3以上,30眼(83%)では0.1以上に視力が維持された.最終的に極端な視力低...
IKEDA HANAKO, NAKANO NORIKO, MURAOKA YUKI, HANGAI MASANORI, KAKIZUKA AKIRA, YOSHIMURA NAGAHISA
日本眼科学会雑誌   116 251   Mar 2012
IKEDA HANAKO, NAKANO NORIKO, MURAOKA YUKI, HANGAI MASANORI, KAKIZUKA AKIRA, YOSHIMURA NAGAHISA
日本緑内障学会抄録集   23rd 65   2012
池田華子, 山口正洋, 成宮周, 垣塚彰
日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集   19th(7) 693-1205   Jul 1996
【緑内障・糖尿病網膜症・加齢黄斑変性 中途失明に至る3大疾患】 中途失明に至る3大疾患 緑内障患者さんへの説明のしかた
池田 華子
眼科ケア   13(8) 753-755   Aug 2011
IKEDA HANAKO
日本眼科学会雑誌   112 186   Mar 2008
水晶体 水晶体欠損
山名 隆幸, 池田 華子
眼科プラクティス   18 411-411   Nov 2007
ヒトおよびサルES細胞からの網膜細胞への分化制御
小坂田 文隆, 池田 華子, 赤池 昭紀, 笹井 芳樹, 高橋 政代
Inflammation and Regeneration   27(4) 394-394   Jul 2007
peripherin/RDS遺伝子異常による網膜変性に脈絡膜新生血管を認めた症例
川越 直顕, 高橋 政代, 万代 道子, 秋元 正行, 鈴木 拓也, 村上 智昭, 平見 恭彦, 池田 華子, 吉村 長久
日本眼科学会雑誌   111(4) 336-342   Apr 2007
目的:黄斑部脈絡膜新生血管(CNV)を伴う非定型網膜変性に対し遺伝子診断を行った.症例:47歳女性.初診時は両眼とも視力良好であったが周辺部に散在性の網脈絡膜変性巣と少量の色素沈着を認め,黄斑部に軽度の網膜色素上皮萎縮を認めた.視野は両眼耳側と上方の周辺部が狭窄していた.初診時から7年後に左眼黄斑部にCNVを認め,左眼矯正視力は0.4に低下した.光干渉断層計にてtype 2 CNVを認めたが網膜下液はわずかであり,蛍光眼底撮影では蛍光漏出もほとんど認めなかった.変性高速液体クロマトグラフィ...
IKEDA HANAKO, WATANABE TAKEKAZU, TAKAHASHI MASAYO, SASAI YOSHIKI, YOSHIMURA NAGAHISA
日本眼科学会雑誌   110 107   Mar 2006
池田 華子, 高橋 政代
医学のあゆみ   216(7) 548-550   Feb 2006
IKEDA HANAKO, TAKAHASHI MASAYO
医学のあゆみ   216(7) 548-550   Feb 2006

Patents

 
垣塚 彰, 池田 華子, 吉村 長久, 長谷川 智子, 村岡 勇貴, 竹鼻 健司
垣塚 彰, 池田 華子, 吉村 長久, 畑 匡侑
垣塚 彰, 池田 華子, 吉村 長久, 村岡 勇貴
垣塚 彰, 堀 清次, 池田 華子, 吉村 長久, 中野 紀子, 首藤 敏之, 渕上 智弘
垣塚 彰, 堀 清次, 池田 華子, 吉村 長久, 中野 紀子, 首藤 敏之, 渕上 智弘