松浦 純生

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/16 16:45
 
アバター
研究者氏名
松浦 純生
所属
京都大学

論文

 
The response of pore water pressure to snow accumulation on a low-permeability clay landslide
Okamoto, T., Matsuura, S., Larsen, J. O., Asano, S. and Abe, K.
Engineering Geology   https://doi.org/10.1016/j.engg    2018年   [査読有り]
Seasonal transition of hydrological processes in a slow-moving landslide in a snowy region
Osawa, H., Matsushi,Y., Matsuura, S., Okamoto, T., Shibasaki, T. and Hirashima, H.
Hydrological Processes   https://doi.org/10.1002/hyp.13    2018年   [査読有り]
樹木模型を用いた予備的な融雪実験
中町 聡、松浦純生、平島寛行、阿部 修、阿部和時
日本雪工学会誌   33(3) 10-15   2017年   [査読有り]
Shibasaki, T., Matsuura, S. and Hasegawa, Y.
Journal of Geophysical Research:Solid Earth   122(2) 1449-1469   2017年   [査読有り]
Osawa, H., Matsuura, S., Matsushi, Y. and Okamoto, T.
Engineering Geology   221 1-9   2017年   [査読有り]

Misc

 
海岸斜面における再活動型地すべりの変位特性
松浦 純生、大澤 光、土井一生、山崎新太郎、平石哲也、柴崎達也、土佐信一、渡邊達也
第57回日本地すべり学会研究発表会      2018年
再活動型地すべり地における降水に対する間隙水圧変動の予測
大澤 光、松四雄騎、松浦純生、岡本 隆
第57回日本地すべり学会研究発表会      2018年
融雪地すべりの予測にむけた積雪モデルの応用
平島寛行、松浦純生、大澤光、阿部修、岡本隆
第57回日本地すべり学会研究発表会      2018年
海岸地すべりにおける傾斜観測と大滑動に伴う移動土塊の変形プロセス
土井一生、松浦純生、大澤光、柴崎達也、土佐信一
第57回日本地すべり学会研究発表会      2018年
後静地すべりの地質構造とすべり面せん断強度特性
柴崎達也、松浦純生、大澤 光、土井一生、山崎新太郎、渡部達也、土佐信一
第57回日本地すべり学会研究発表会      2018年

書籍等出版物

 
想定外を生まない防災科学 ー全てを背負う「知の野生化」ー (積雪地帯に伝わる地方固有の「知」を科学し、地域防災の「技」に役立てる)
松浦 純生 (担当:分担執筆, 範囲:積雪地帯に伝わる地方固有の「知」を科学し、地域防災の「技」に役立てる)
古今書院   2015年   ISBN:ISBN978-4-7722-4189-2
森林土木における応用地形・地質学
松浦 純生
日本森林技術協会   2013年   
Studies on the 2011 OFF the Pacific Coast of Tohoku Earthquake (Sediment-Related Disasters Caused by the Nagano-ken Hokubu Earthquake in the Heavy Snow Season)
Springer   2013年   
治山事業百年史(地すべり防止)
松浦 純生 (担当:分担執筆, 範囲:地すべり防止 )
(社)日本治山治水協会   2012年   
自然災害と防災の事典(斜面災害対策、豪雪・雪崩災害 )
松浦 純生 (担当:分担執筆, 範囲:斜面災害対策、豪雪・雪崩災害 )
丸善   2011年