三浦 康生

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/14 22:44
 
アバター
研究者氏名
三浦 康生
 
ミウラ ヤスオ
eメール
ym58f5kuhp.kyoto-u.ac.jp
所属
藤田医科大学
部署
医学部輸血細胞治療科
職名
教授
学位
博士(医学)(京都大学)
その他の所属
藤田医科大学病院輸血部京都大学大学院医学研究科血液・腫瘍内科広島大学原医研

研究分野

 
 

経歴

 
2018年
   
 
藤田保健衛生大学(藤田医科大学) 医学部輸血細胞治療科 教授
 
2011年
   
 
京都大学 医学部附属病院輸血細胞治療部 助教
 
2006年
   
 
大阪赤十字病院 血液内科 医員
 
2006年
   
 
京都大学 医学部附属病院血液・腫瘍内科(血液内科) 医員
 
2002年
   
 
米国NIH NIDCR Visiting fellow (pos-doc)
 
1997年
   
 
京都大学 大学院医学研究科博士課程(内科系専攻) 大学院生
 
1996年
   
 
京都市立病院 内科 チーフレジデント
 
1994年
   
 
京都市立病院 内科 レジデント
 

学歴

 
2001年
   
 
京都大学 大学院医学研究科 博士課程(内科系専攻)修了[博士(医学)]
 
1994年
   
 
京都府立医科大学 医学部医学科 卒業 
 
1988年
   
 
大阪星光学院高等学校 卒業  
 

委員歴

 
2018年
   
 
愛知県  合同輸血療法委員会委員
 
2018年
   
 
京都大学  医学研究科血液腫瘍内科 客員研究員
 
2019年
   
 
広島大学原爆放射線医科学研究所血液・腫瘍内科学分野  客員教授
 

受賞

 
2005年
NIH NIH Fellows Award for Research Excellence 2005
 

論文

 
三浦 康生
血液フロンティア   29(1) 3-5   2019年   [招待有り]
松井佑亮,三浦康生#(#責任著者)
臨床免疫・アレルギー科   70(1) 6-11   2018年   [招待有り]
Fujii S, Miura Y, Fujishiro A, Shindo T, Shimazu Y, Hirai H, Tahara H, Takaori-Kondo A, Ichinohe T, Maekawa T. (#Corresponding author)
Stem Cells   36(3) 434-445   2018年   [査読有り]
ヒト骨髄由来MSCが急性移植片対宿主病に対して効果を示すエフェクターとして細胞外小胞の役割を明らかにしました。
岩佐磨佐紀,三浦康生#,藤城綾,藤井紀恵,安藤朗,前川平,一戸辰夫 (#Corresponding author)
広島医学   71(4) 288-290   2018年   [査読有り]
三浦 康生
臨床血液   59(10) 1935-1941   2018年   [査読有り][招待有り]
大阪市で開催された第80回日本血液学会総会(総会長 松村到教授)において教育講演を行いました [Abstract #EL3-3D]. 平成30年10月14日
Hiwa R, Ikari K, Ohmura K, Nakabo S, Matsuo K, Saji H, Yurugi K, Miura Y, Maekawa T, Taniguchi A, Yamanaka H, Matsuda F, Mimori T and Terao C.
J Rheumatol   45(4) 470-480   2018年   [査読有り]
Nakagawa Y, Ashihara E, Yao H, Yokota A, Toda Y, Miura Y, Nakata S, Hirai H, Maekawa T.
Biochem Biophys Res Commun   496(2) 490-496   2018年   [査読有り]
Iwasa M, Miura Y#, Fujishiro A, Fujii S, Sugino N, Yoshioka S, Yokota A, Hishita T, Hirai H, Andoh A, Ichinohe T, Maekawa T.(Corresponding author)
Int J Hematol   105(5) 587-597   2017年   [査読有り]
B細胞性白血病細胞の抗がん剤抵抗性が骨髄MSCとの接着(CAMDR)にあることを示し、責任分子SPARCの同定とボルテゾミブの治療薬としての可能性を示しました。
Fujishiro A, Miura Y#, Iwasa M, Fujii S, Sugino N, Andoh A, Hirai H, Maekawa T, Ichinohe T. (#Corresponding author)
Inflamm Regen   37 19   2017年   [査読有り]
低線量電離放射線照射がヒトMSCの機能に与える影響を検討しました。東日本大震災とともに発生した原発事故後、放射線被ばくに対する社会的関心が高まるなか私たちとしてできることを考えて取り組みました。
Fujii S, Miura Y#, Iwasa M, Yoshioka S, Fujishiro A, Sugino N, Kaneko H, Nakagawa Y, Hirai H, Takaori-Kondo A, Ichinohe T, Maekawa T. (#Corresponding author)
J Clin Exp Hematopathol   57(1) 1-8   2017年   [査読有り]
凍結保存することでさい帯血からのMSC分離効率が約60%低下することを示しました。
Sugino N, Ichinohe T, Takaori-Kondo A, Maekawa T, Miura Y# (#Corresponding author)
Inflamm Regen   37 7   2017年   [査読有り][招待有り]
MSCの機能を薬物学的に機能賦活することで治療効果を増強させる(Pharmacological activation of MSC)私たちのこれまでの研究成果をまとめました。
三浦康生
Clin Calcium   27(6) 851-856   2017年   [査読有り][招待有り]
C/EBPβ is required for survival of Ly6C- monocytes.
Tamura A, Hirai H, Yokota A, Kamio N, Sato A, Shoji T, Kashiwagi T, Torikoshi Y, Miura Y, Tenen DG, Maekawa T.
Blood   130(16) 1809-1818   2017年   [査読有り]
Sugino N, Miura Y#, Yao H, Iwasa M, Fujishiro A, Fujii S, Hirai H, Takaori-Kondo A, Ichinohe T, Maekawa T (#Corresponding author).
Biochem Biophys Res Commun   469(4) 823-829   2016年   [査読有り]
ヒトMSCと成熟骨細胞の分化途上にある細胞が特徴的な機能を有することをマイクロアレイ法を用いて明らかにし、eMSC(early osteoinductive BMC)と名付けました。
Miura Y
Int J Hematol   103(2) 119-121   2016年   [査読有り][招待有り]
International Journal of Hematology誌の"Progress in Hematology Mesenchymal Stromal/Stem Cells"の編集をしました。掲載論文は
1. Miura Y. Human bone marrow mesenchymal stromal/stem cells: current clinical applications and potential for hematology. Int J Hematol. 201...
Miura Y
Int J Hematol   103(2) 122-128   2016年   [査読有り][招待有り]
三浦 康生
血液内科   73(3) 410-415   2016年   [査読有り]
Yoshioka S, Miura Y
Transl Med   6 171   2016年   [査読有り][招待有り]
Matsui Y, Miura Y#, Takaori-Kondo A (Corresponding author)
Tenri Med Bull   19(2) 122-123   2016年   [査読有り]
CLLで見られた肝孤発病変の病理診断と詳細な画像診断の報告です
Yamakawa N, Oe K, Yukawa N, Murakami K, Nakashima R, Imura Y, Yoshifuji H, Ohmura K, Miura Y, Tomosugi N, Kawabata H, Takaori-Kondo A, Mimori T.
Inter Med   55(18) 2697-2701   2016年   [査読有り]
若年性白内障を伴い、本邦初となるFerroportin1のH507R変異を伴う遺伝性ヘモクロマトーシス4型の報告です。
Terao C, Yoshifuji H, Yamano Y, Kojima H, Yurugi K, Miura Y, Maekawa T, Handa H, Ohmura K, Saji H, Mimori T, Matsuda F.
Rheumatology   55(9) 1686-1692   2016年   [査読有り]
Yoshioka S, Miura Y#, Iwasa M, Fujishiro A, Yao H, Miura M, Fukuoka M, Nakagawa Y, Yokota A, Hirai H, Ichinohe T, Takaori-Kondo A, and Maekawa T (#Corresponding author).
Int J Hematol   102(2) 218-229   2015年   [査読有り]
わが国のさい帯血バンクで使用されない少容量のさい帯血ユニットからMSC分離を試みた研究の成果です。実容量=60mLで約60%のMSCが分離されることを示しました。
Uchiyama T, Kawabata H, Miura Y, Yoshioka S, Iwasa M, Yao H, Sakamoto S, Fujimoto M, Haga H, Kadowaki N, Maekawa T, Takaori-Kondo A.
Cancer Med   4(10) 1558-1572   2015年   [査読有り]
三浦康生
臨床血液   56(10) 2195-2204   2015年   [査読有り][招待有り]
金沢市で開催された第77回日本血液学会総会(総会長 中尾眞二教授)において教育講演を行いました [Abstract #EL-7]. (2015年10月16日)
Miura Y#, Ichinohe T, Maekawa T (#Corresponding author)
Japanese Journal of Transfusion and Cell Therapy   61(5) 489-490   2015年   [査読有り][招待有り]
笠井泰成,三浦康生,前川平.
臨床検査   59(13) 1504-1509   2015年   [招待有り]
Terao C, Yano K, Ikari K, Furu M, Yamakawa N, Yoshida S, Hashimoto M, Ito H, Fujii T, Ohmura K, Yurugi K, Miura Y, Maekawa T, Taniguchi A, Momohara S, Yamanaka H, Mimori T, Matsuda F
Arthritis Rheumatol   67(4) 1744-1750   2015年   [査読有り]
Terao C, Suzuki A, Ikari K, Kochi Y, Ohmura K, Katayama M, Nakabo S, Yamamoto N, Suzuki T, Iwamoto T, Yurugi K, Miura Y, Maekawa T, Takasugi K, Kubo M, Saji H, Taniguchi A, Momohara S, Yamamoto K, Yamanaka H, Mimori T, Matsuda F.
Arthritis Rheumatol   67(8) 2038-2045   2015年   [査読有り]
Tamura A, Hirai H, Yokota A, Sato A, Shoji T, Kashiwagi T, Iwasa M, Fujishiro A, Miura Y, Maekawa T.
Biochem Biophys Res Commun   464(2) 654-658   2015年   [査読有り]
Yoshioka S, Miura Y#, Yao H, Satake S, Hayashi Y, Tamura A, Hishita T, Ichinohe T, Hirai H, Takaor-Kondo A, Maekawa T (#Corresponding author)
Stem Cells.   32 730-740   2014年   [査読有り]
CEBPβ欠損骨髄由来MSCの機能異常が前駆B細胞造血異常を引き起こすことをCEBPβ欠損小動物を利用して明らかにしました。造血微小環境異常が造血異常を引き起こすこと検討したラボからの重要な論文です。
Yao H, Miura Y# Yoshioka S, Miura M, Hayashi Y, Tamura A, Iwasa M, Sato A, Hishita T, Higashi Y, Kaneko H, Ashihara E, Ichinohe T, Hirai H, and Maekawa T (#Corresponding author)
Stem Cells   32(8) 2245-2255   2014年   [査読有り]
副甲状腺ホルモンが骨髄MSCの機能を賦活し、造血促進をもたらすこすことを明らかにしました。薬物的なMSCの機能賦活が造血をサポートすることを検討したラボからの重要な論文です。
Yamakawa N, Fujimoto M, Kawabata D, Terao C, Nakashima R, Imura Y, Yukawa N, Yoshifuji H, Ohmura K, Fujii T, Yurugi K, Miura Y, Maekawa T, Saji H, Matsuda F, Haga H and Mimori T
J Rheumatol   41(2) 293-299   2014年   [査読有り]
Atsuta I, Liu S, Miura Y, Akiyama K, Chen C, An Y, Shi S, Chen FM
Stem Cell Res Ther   4(5) 111   2013年   [査読有り]
三浦康生
臨床血液 (Cover figure selection)   54(5) 431-435   2013年   [査読有り]
京都市で開催された第74回日本血液学会総会(総会長 小澤敬也教授)においてシンポジストとして講演(Regulation of hematopoiesis by mesenchymal stem cells)を行いました [Abstract #SY4-3]. 2012年10月20日
Symposium 4 “Mesenchymal stem cells: progress toward clinical application for hematopoietic stem cell tran...
三浦康生
血液内科   67(2) 227-231   2013年   [招待有り]
三浦康生
血液フロンティア   23(4) 21-27   2013年   [招待有り]
Miura Y, Yoshioka S, Yao H, Takaori-Kondo A, Maekawa T, Ichinohe T
Chimerism   4(3) 78-83   2013年   [査読有り]
Terao C, Yoshifuji H, Kimura A, Matsumura T, Ohmura K, Takahashi M, Shimizu M, Takahisa T, Chen Z, Naruse TK, Sato-Otsubo A, Ebana Y, Maejima Y, Kinoshita H, Murakami K, Kawabata D, Wada Y, Narita I, Tazaki J, Kawaguchi Y, Yamanaka H, Yurugi K, Miura Y, Maekawa T, Ogawa S, Komuro I, Nagai R, Yamada R, Tabara Y, Isobe M, Mimori T, Matsuda F
Am J Hum Genet   93(2) 289-297   2013年   [査読有り]
Terao C, Yoshifuji H, Ohmura K, Murakami K, Kawabata D, Yurugi K, Tazaki J, Kinoshita H, Kimura A, Akizuki M, Kawaguchi Y, Yamanaka H, Miura Y, Maekawa T, Saji H, Mimori T
Rheumatology (Oxford, England)   52(10) 1769-1774   2013年   [査読有り]
万木紀美子、小島裕人、平位秀世、菱田理恵、藤井直樹、大久保和俊、三浦康生、兼松明弘、近藤忠一、吉岡聡、小川修、高折晃史、佐治博夫、前川平
日本輸血・細胞治療学会誌   59(3) 462-469   2013年   [査読有り]
Hayashi Y, Hirai H, Kamio N, Yao H, Yoshioka S, Miura Y, Ashihara E, Fujiyama Y, Tenen DG, Maekawa T.
Leukemia   27(3) 619-628   2013年   [査読有り]
Satake S, Hirai H, Hayashi Y, Shime N, Tamura A, Yao H, Yoshioka S, Miura Y, Inaba T, Fujita N, Ashihara E, Imanish J, Sawa T, Maekawa T.
J Immunol   189(9) 4546-4555   2012年   [査読有り]
Miura Y#, Matsui Y, Sugino N, Nakato Y, Takeda H, Iwai F, Toyooka N, Kaneko H, Watanabe M and Tsudo M (#Corresponding author)
Brit J Haematol   152(2) 237-238   2011年   [査読有り]
IVLBCL(血管内大細胞型 B 細胞リンパ腫)の骨髄スメアで認められるリンパ腫細胞の特徴をまとめた論文です。
三浦 康生#, 豊岡 奈央, 岩井 文絵, 松井 佑亮, 平井 三保子, 金子 仁臣, 渡邊 光正, 通堂 満 (#Corresponding author)
臨床血液 (Cover figure selection)   52(12) 1876-1881   2011年   [査読有り]
中枢神経再発IVLBCL(血管内大細胞型 B 細胞リンパ腫)に対してチオテパ・ブスルファン・エンドキサン併用自家末梢血幹細胞移植が有効であった症例報告です。雑誌のカバーフィギュアに選ばれました。
Matsui Y, Miura Y, Sugino N, Kaneko H, Watanabe M, Tsudo M.
Int J Hematol   93(2) 253-256   2011年   [査読有り]
この論文はNEJM誌のCase Records of the Massachusetts General Hospitalに引用されました。
https://www.nejm.org/doi/10.1056/NEJMcpc1214220
杉野典子, 中村知志保, 藤井紀恵, 松井佑亮, 金子仁臣, 渡邊光正, 三浦康生, 若狭朋子, 通堂満
臨床血液   52(3) 129-135   2011年   [査読有り]
Miura Y# and Tsudo M (Corresponding author).
Mayo Clinic Proc   85(8) e56-57   2010年   [査読有り]
IVLBCL(血管内大細胞型 B 細胞リンパ腫)のPET-CT所見の特徴をまとめた論文です。
三浦康生
血液フロンティア   20(1) 76-77   2010年   [招待有り]
Miura Y#, Matsui Y, Kaneko M, Watanabe M and Tsudo M (#Corresponding author)
Case Rep Med   2010(2010) 675060   2010年   [査読有り]
デフェロシロックスによる鉄キレート療法が鉄過剰症患者さんの肝機能改善に有効であることを報告しました。
Nishizawa M, Sugino N, Matsui Y, Kaneko H, Watanabe M, Miura Y, Tsudo M
Bone Marrow Transplant   45(12) 1760-1762   2010年   [査読有り]
Matsui Y, Sugino N, Kaneko M, Watanabe M, Miura Y and Tsudo M.
Inter Med   49(12) 1265-1267   2010年   [査読有り]
中藤裕子、松田尚子、濱崎幹二、竹田英世、岡原美保、三浦康生
日赤検査   43(2) 29-32   2010年   [査読有り]
金子仁臣, 岡田典子, 松井佑亮, 西澤正俊, 渡邊光正, 三浦康生, 通堂満
臨床血液   50(2) 110-112   2009年   [査読有り]
Yamaza T#, Miura Y#, Akiyama K, Bi Y, Sonoyama W, Gronthos S, Chen W, Le A, and Shi S (Equal contributors).
Blood   113(11) 2595-2604   2009年   [査読有り]
エリスロポエチンによって骨髄由来MSCのSTAT5活性と骨・骨髄形成能などが増強し、さまざまな生物学的機能にfavorableであることを小動物を用いた検討で明らかにしました。
Miura Y#, Nishizawa M, Kaneko H, Watanabe M and Tsudo M (#Corresponding author).
Am J Hematol   84(3) 191-192   2009年   [査読有り]
男性に発症した稀な乳房原発DLBCLの症例報告です。
Matusi Y, Okada N, Nishizawa M, Kaneko H, Watanabe M, Miura Y, Horiguchi Y and Tsudo M.
Inter Med   48(16) 1487-1488   2009年   [査読有り]
西澤正俊, 平山文也, 松山宣樹, 多田浩平, 金子仁臣, 渡邊光正, 三浦康生, 通堂満
臨床血液   50(1) 16-22   2009年   [査読有り]
Yamaza T#, Miura Y#, Bi Y, Liu Y, Akiyama K, Sonoyama W, Patel V, Gutkind S, Young M, Gronthos S, Le A, Wang CY, Chen W, and Shi S (#Equal contributor).
PLoS ONE   3(7) e2615   2008年   [査読有り]
アスピリンによって骨髄由来MSCのテロメラーゼ活性と骨形成能が増強し、骨粗鬆症治療に効果があることを小動物を用いた検討で明らかにしました。
小西朝子、樋上敦、太田深雪、酒井利恵、堀口裕治、三浦康生、河崎昌子、安澤数史、田邉洋
臨床皮膚科   62(1) 81-84   2008年   [査読有り]
Miura Y#, Kaneko M, Nishizawa M, Okamoto K, Hirai M, Kaneko H, Watanabe M and Tsudo M (#Corresponding author).
Int J Hematol   85(2) 177-178   2007年   [査読有り]
山内周, 青笹克之, 通堂満, 三浦康生
臨床血液   48(7) 539-539   2007年   [査読有り]
金子仁臣, 西澤正俊, 岡本浩平, 渡邊光正, 三浦康生, 通堂満
血液フロンティア   17(12) 94-99   2007年
Miura Y, Gao Z, Miura M, Seo BM, Sonoyama W, Chen W, Gronthos S, Zhang L and Shi S.
Stem Cells   24(11) 2428-2436   2006年   [査読有り]
ヒト骨髄由来MSCが機能的な骨・骨髄組織を生体内に構築することを示した論文です。BMOS(Bone marrow organ system)という概念を提起しました。
Miura M, Miura Y, Padella-Nash H, Molinolo AA, Fu B, Patel V, Seo BM, Sonoyama W, Zheng JJ, Baker CC, Chen W, Ried T and Shi S.
Stem Cells   24(4) 1095-1103   2006年   [査読有り]
マウスMSCの造腫瘍性を検討した論文です。
Miura M, Miura Y, Sonoyama W, Yamaza T, Gronthos S, Shi S.
Oral Dis   12(6) 514-522   2006年   [査読有り]
Miura Y, Miura M, Gronthos S, Allen MR, Cao C, Uveges TE, Bi Y, Ehirchiou D, Kortesidis A, Shi S and Zhang L.
Proc Natl Acad Sci U S A   102(39) 14022-14027   2005年   [査読有り]
β2インテグリン(CD18)欠損MSCの機能異常が骨格形成不全を来すことをノックアウトマウを用いて明らかにしました。
Nishihara T, Miura Y, Tohyama Y, Mizutani C, Hishita T, Ichiyama S, Uchiyama T and Tohyama K.
Int J Hematol   78(3) 233-240   2003年   [査読有り]
Mizutani C, Tohyama Y, Miura Y, Hishita T, Nishihara T, Yamamura H, Ichiyama S, Uchiyama T and Tohyama K.
Biochem Biophys Res Commun   297(3) 664-671   2002年   [査読有り]
Miura Y, Mizutani C, Nishihara T, Hishita T, Yanagi S, Ichiyama S, Yamamura H, Uchiyama T and Tohyama K.
Biochem Biophys Res Commun   288(1) 80-86   2001年   [査読有り]
Hishita T, Tada-Oikawa S, Tohyama K, Miura Y, Nishihara T, Yoshida Y, Uchiyama T and Kawanishi K.
Cancer Res   61(7) 2878-2884   2001年   [査読有り]
Miura Y, Tohyama Y, Hishita T, Lala A, De Nardin E, Yoshida Y, Yamamura H, Uchiyama T and Tohyama K.
Blood   96(5) 1733-1739   2000年   [査読有り]
HL60の好中球分化・活性化過程において2つの非レセプター型チロシンキナーゼ(Pyk2とSyk)が異なる役割を果たすことを示しました。
リレー研修日誌
三浦 康生
日本医事新報   356 36-36   1996年   [招待有り]

Misc

 
三浦 康生
日本経済新聞電子版      2017年
三浦 康生
文科省 がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動      2015年   [依頼有り]
「悪性リンパ腫とは」
三浦 康生
ラジオ大阪「むっちゃ健康」健康コーナー      2008年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
ベーシック薬学教科書シリーズ 薬物治療学(第2版)第8章 血液疾患の薬物治療
三浦康生 (担当:分担執筆)
化学同人   2019年   
みんなに役立つ造血幹細胞移植の基礎と臨床 改訂3版 Ⅰ. 基礎編 14.生着の判定とキメリズム解析
三浦康生 (担当:分担執筆, 範囲:Ⅰ. 基礎編 14.生着の判定とキメリズム解析)
医薬ジャーナル社   2016年   
New専門医を目指すケースメソッドアプローチ3血液疾患. 第2版 MALTリンパ腫
三浦康生、通堂満 (担当:分担執筆, 範囲:MALTリンパ腫)
日本医事新報社   2012年   
Blood Master 慢性骨髄性白血病に対する造血幹細胞移植
三浦康生 (担当:分担執筆, 範囲:慢性骨髄性白血病に対する造血幹細胞移植)
Blood Master   2011年   
みんなに役立つ悪性リンパ腫の基礎と臨床. 改訂版
三浦康生、通堂満 (担当:分担執筆, 範囲:慢性炎症関連びまん性大細胞型B細胞リンパ腫)
医薬ジャーナル社   2011年   
New専門医を目指すケースメソッドアプローチ3血液疾患. 第1版
三浦康生、通堂満 (担当:分担執筆, 範囲:第25章 MALTリンパ腫)
日本医事新報社   2010年   

講演・口頭発表等

 
間葉系幹細胞による免疫の話題. [招待有り]
三浦 康生
第31回ふくしま免疫フォーラム   2019年   
伝統ある「ふくしま免疫フォーラム」@福島県立医科大学で鈴木先生、池田先生をはじめ多くのみなさまの謦咳に接する機会を得ました。
Next-step MSC-based theray [招待有り]
Yasuo Miura
The 81st Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology [Symposium 6] “Aiming for safer transplants”,   2019年   
[Abstract #SY6-3]
三浦 康生
The 80th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology[教育講演]   2018年   
[Abstract #EL3-3D]
三浦 康生
第65回日本輸血・細胞治療学会総会[シンポジウム]   2017年   
[Abstract #S-12-1] 
シンポジウム12 「胎児組織由来間葉系細胞と新たな可能性」
Perspectives of MSC-based clinical therapy [招待有り]
三浦 康生
第22回東海HSCT懇話会[特別講演]   2017年   
三浦 康生
第14回京阪神輸血・免疫・血液研究会[招待講演]   2016年   
伝統ある京阪神輸血・免疫・血液研究会の最終回で発表する機会を頂きました。
ヒト間葉系幹細胞 [招待有り]
三浦 康生
第36回セルセラピーセミナー[招待講演]   2016年   
間葉系幹細胞の基礎と臨床 [招待有り]
三浦 康生
第45回福島造血幹細胞移植治療研究会[特別講演]   2016年   
三浦 康生
第64回日本輸血・細胞治療学会総会[シンポジウム]   2016年   
[Abstract #S-6-1] 
シンポジウム6 間葉系幹細胞を用いた細胞治療<細胞治療サイエンス・フォーラム>
Yasuo Miura
第37回日本炎症・再生医学会[シンポジウム]   2016年   
シンポジウム5 組織幹細胞治療と炎症
[Abstract #S5-4]
ヒト間葉系幹細胞を標的とした難治性造血器悪性疾患治療 [招待有り]
三浦 康生
第8回播磨血液疾患・輸血療法研究会[特別講演]   2016年   
Effects of irradiation on the characteristics of human bone marrow mesenchymal stromal/stem cells.
三浦 康生
The 5th RIRBM International Symposium[シンポジウム]   2015年   
三浦 康生
The 77th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology[教育講演]   2015年   
[Abstract #EL-7]
三浦 康生
第33回武庫川女子大学薬学講座[特別講演]   2014年   
Physiological & pathological precursor B-cell lymphopoiesis regulated by bone marrow mesenchymal stromal/stem cells. [招待有り]
三浦 康生
第13回先端血液フォーラム[特別講演]   2014年   
Yauso Miura
AsiaCORD 2013[シンポジウム]   2013年   
The 74th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology[シンポジウム]   2012年   
Symposium 4 “Mesenchymal stem cells: progress toward clinical application for hematopoietic stem cell transplantation”[Abstract #SY4-3]
間葉系幹細胞による造血制御と臨床応用に向けた基礎的検討 [招待有り]
三浦 康生
京滋免疫血液研究会[特別講演]   2012年   
間葉系幹細胞の機能解析と臨床応用に向けた基礎的検討 [招待有り]
三浦 康生
京滋免疫血液研究会[特別講演]   2009年   
間葉系幹細胞により誘導される骨髄組織の機能解析 [招待有り]
三浦 康生
第2回 Meet the Hematologists[特別講演]   2007年   
Osteogenic differentiation of bone marrow stromal stem cells organizes bone marrow niches.
三浦 康生
Board of Scientific Counselors, Bethesda, Maryland, USA,   2005年   
Culture-expanded human bone marrow stromal stem cells organize functional bone marrow niches in vivo.
American Society of Hematology, 47th Annual Meeting, Atlanta, Georgia, USA,   2005年   
Adhesion via CD43 induces activation of Syk and supports survival in a hematopoietic progenitor cell line, TF-1.
International Society for Experimental Hematology, 30th Annual Scientific Meeting   2001年   

特許

 
特許US7732126 B2 : Integrin CD18 is a Novel Stromal Stem Cell Marker and Functions to Promote Osteogenesis.
Zhang L, Shi S, Miura Y

その他

 
第80回日本血液学会学術集会 座長
大阪,平成30年10月12日 一般演題OS-1-15D(口演)「造血器疾患の基礎・臨床/その他」
第79回日本血液学会学術集会 座長
東京,平成29年10月11日 一般演題OS-2-13C(口演)「Progress in Transfusion Medicine(輸血療法の進歩)」
第65回日本輸血・細胞治療学会総会 座長
千葉, 平成29年6月24日 シンポジウム12「胎児組織由来間葉系細胞と新たな可能性」
第19回宝ヶ池セミナー 座長
京都,平成28年11月5日 一般演題
第78回日本血液学会学術集会 座長
横浜,平成28年10月14日 一般演題PS-125(ポスター)「間葉系幹細胞」
第13回Blood Mater 座長
京都,平成28年7月16日 シンポジウム「若手医師が知っておきたい輸血副作用」
第64回日本輸血・細胞治療学会総会 座長
京都, 平成28年4月9日 シンポジウム「間葉系幹細胞を応用した細胞治療<細胞治療サイエンス・フォーラム>」
第9回Kyoto Hematology Forum 座長
京都,平成26年2月1日 指定演題「MDS」
第75回日本血液学会学術集会 座長
札幌,平成25年10月11日 一般演題(ポスター)「細胞療法」
第96回近畿血液学地方会 座長
大阪,平成23年11月12日 一般演題(リンパ腫)
第93回近畿血液学地方会 座長
大阪,平成22年6月19日 一般演題