佐藤 正弘

J-GLOBALへ         更新日: 18/07/12 18:05
 
アバター
研究者氏名
佐藤 正弘
 
サトウ マサヒロ
URL
http://intergreen.jp
所属
東北大学
部署
大学院国際文化研究科 国際環境資源政策論講座
職名
准教授
学位
学士(教養)(東京大学), 修士(学術)(東京大学), M.A. Economics(ジョージタウン大学), 博士(経済学)(京都大学)
Twitter ID
masahiro_sato
ORCID ID
0000-0001-9679-5212

プロフィール

東北大学 大学院国際文化研究科 国際環境資源政策論講座准教授、経済学博士。1999年東京大学教養学部卒、2001年同大学院国際社会科学専攻修士課程修了。2001年より内閣府経済財政政策担当。2004年より米国ジョージタウン大学経済学博士課程留学。帰国後、内閣府国民生活局企画課課長補佐、慶応義塾大学経済学部非常勤講師、金融庁総務企画局市場課課長補佐、京都大学経済研究所准教授、内閣府経済社会総合研究所研究官、内閣府計量分析室参事官補佐を経て、2017年4月より現職。

研究分野

 
 

経歴

 
2014年8月
 - 
現在
内閣府 経済社会総合研究所 研究官
 
2011年8月
 - 
2014年7月
京都大学 経済研究所 准教授
 
2009年7月
 - 
2011年7月
金融庁 総務企画局市場課 課長補佐
 
2008年7月
 - 
2009年7月
内閣府 国民生活局 課長補佐
 
2007年9月
 - 
2009年3月
慶應義塾大学 経済学部 非常勤講師
 

学歴

 
2004年9月
 - 
2006年6月
ジョージタウン大学 大学院 経済学博士課程
 
1999年4月
 - 
2001年3月
東京大学 大学院総合文化研究科 国際社会科学専攻
 
1994年4月
 - 
1999年3月
東京大学 教養学部 教養学科
 

論文

 
経済分析   194 9-44   2017年   [査読有り]
KHARRAZI Ali, KHARRAZI Ali, SATO Masahiro, SATO Masahiro, YARIME Masaru, YARIME Masaru, NAKAYAMA Hirofumi, YU Yadong, KRAINES Steven
Energy Policy   87 455-464   2015年9月   [査読有り]
Energy is a critical component of achieving sustainable development. In addition to the three aspects of promoting access, renewables, and efficiency, the dimension of resilience in energy systems should also considered. The implementation of resi...
佐藤 正弘, 佐藤 峻, 和氣 未奈
KIER Discussion Paper   (1404)    2014年
佐藤 正弘, 本間 友香里, 仲山 紘史
KIER Discussion Paper   (1406)    2014年
佐藤 正弘, 仲山 紘史
KIER Discussion Paper   (1408)    2014年
本稿と佐藤・仲山 (2014)では、物理的に離れた複数の地域(国)が賦存形態の異なる水資源を保有する場合に、バーチャル・ウォーターを媒介として各地域での水利用を調節することで、水の変動の影響の緩和や取水費用の削減、資源や生態系の保全など、単独の地域では得られない様々な機能を引き出す水利用法――地域間連結利用(inter-regional conjunctive use)を提示する。特に本稿では、変動パターンの異なるフロー型の水資源を有する地域間におけるフロー型×フロー型地域間連結利用を扱い...
佐藤 正弘, 仲山 紘史
KIER Discussion Paper   (1407)    2014年
本稿と佐藤・仲山 (2014)では、物理的に離れた複数の地域(国)が賦存形態の異なる水資源を保有する場合に、バーチャル・ウォーターを媒介として各地域での水利用を調節することで、水の変動の影響の緩和や取水費用の削減、資源や生態系の保全など、単独の地域では得られない様々な機能を引き出す水利用法――地域間連結利用(inter-regional conjunctive use)を提示する。特に本稿では、変動しないストック型水資源を有する地域と、変動するフロー型水資源を有する地域間におけるストック型...
佐藤 正弘, 和氣 未奈
KIER Discussion Paper   (1310)    2013年
包括的富指標と持続可能な発展
佐藤 正弘
生活経済政策   (195) 16-21   2013年
自然資本論から見たグリーンエコノミー
佐藤 正弘
環境経済・政策研究   5(1) 84-87   2012年   [査読有り]
生物多様性と農業を結ぶ資金メカニズム
佐藤 正弘
農業と経済   78(7) 25-35   2012年
新時代のマルチステークホルダー・プロセスとソーシャル・イノベーション
佐藤 正弘
季刊政策・経営研究   (3) 109-132   2010年
金融市場における環境社会情報の開示
佐藤 正弘
ESP: economy, society, policy   (440) 94-98   2009年
マルチステークホルダー・プロセスと企業の社会的責任について
佐藤 正弘
ESP: economy, society, policy   (429) 47-50   2007年
OECDによる日本経済への提言
佐藤 正弘
ESP: economy, society, policy   (538) 44-46   2002年

書籍等出版物

 
The Economics of Green Growth: New indicators for sustainable societies
Shunsuke Managi (ed.) (担当:分担執筆, 範囲:Ch.4 (Measuring Natural Capital Use in the Global Economy) pp.71-93)
Routledge   2015年9月   
自然資本入門:国、自治体、企業の挑戦
自然資本研究会編著 (担当:分担執筆, 範囲:1.1(自然資本国民会計についての国際機関の取り組み)14項〜38項, 1.2(グローバル経済下の自然資本利用)39項〜59項))
NTT出版   2015年9月   
水資源の国際経済学―気候・人口問題と水利用のネットワーク化
佐藤 正弘
慶應義塾大学出版会   2015年4月   
グリーン成長の経済学〜持続可能社会の新しい経済指標
馬奈木 俊介・地球環境戦略研究機関編 (担当:分担執筆, 範囲:第2章(国際貿易と持続可能性指標)27項〜51項, 第3章(指標・勘定体系の国際動向―物質フロー指標,環境・経済統合勘定)53項〜90項)
昭和堂   2013年10月