Keiichi Matsuzaki

J-GLOBAL         Last updated: Dec 3, 2019 at 15:05
 
Avatar
Name
Keiichi Matsuzaki
Affiliation
Kyoto University

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2013
   
 
Assistant Professor, Kyoto University Health Service, Kyoto University
 

Published Papers

 
Barbour SJ, Coppo R, Zhang H, Liu ZH, Suzuki Y, Matsuzaki K, Katafuchi R, Er L, Espino-Hernandez G, Kim SJ, Reich HN, Feehally J, Cattran DC; International IgA Nephropathy Network.
JAMA Internal Medicine   179(7) 942-952   Jul 2019   [Refereed]
Hirano K, Matsuzaki K, Yasuda T, Nishikawa M, Yasuda Y, Koike K, Maruyama S, Yokoo T, Matsuo S, Kawamura T, Suzuki Y
JAMA network open   2(5) e194772   May 2019   [Refereed]
Matsuzaki K, Taniguchi S, Inoue K, Kawamura T
Preventive medicine reports   13 170-174   Mar 2019   [Refereed]
Y. Suzuki; K. Matsuzaki; H. Suzuki; K. Okazaki; H. Yanagawa; N. Ieiri; M. Sato; T. Sato; Y. Taguma; J. Matsuoka; S. Horikoshi; J. Novak; O. Hotta; Y. Tomino
Clinical and Experimental Nephrology   18(5) 770-777   Oct 2014   [Refereed]
Suzuki Y, Matsuzaki K, Suzuki H, Sakamoto N, Joh K, Kawamura T, Tomino Y, Matsuo S
Clinical and experimental nephrology   18(3) 481-486   Jun 2014   [Refereed]
SUZUKI YUSUKE, SUZUKI HITOSHI, YANAGAWA HIROYUKI, MATSUZAKI KEIICHI, MAKITA IKUKO, TAKABATAKE AKIKO, TOMINO YASUHIKO
腎と透析   76(1) 31-35   Jan 2014
Suzuki Y, Suzuki H, Makita Y, Takahata A, Takahashi K, Muto M, Sasaki Y, Kelimu A, Matsuzaki K, Yanagawa H, Okazaki K, Tomino Y
International journal of nephrology and renovascular disease   7 409-414   2014   [Refereed]
Nakata J, Suzuki Y, Suzuki H, Sato D, Kano T, Yanagawa H, Matsuzaki K, Horikoshi S, Novak J, Tomino Y
PloS one   9(2) e89707   2014   [Refereed]
Matsuzaki K, Suzuki Y, Nakata J, Sakamoto N, Horikoshi S, Kawamura T, Matsuo S, Tomino Y
Clinical and Experimental Nephrology   17(6) 827-833   Dec 2013   [Refereed]
日本腎臓学会誌   55(7) 1249-1254   Oct 2013
[Proposal of remission criteria for IgA nephropathy].
Matsuo S, Kawamura T, Suzuki Y, Joh K, Tomino Y, Horikoshi S, Nishino T, Yoshikawa N, Hattori M, Kimura K, Yasuda T, Shirai S, Shibata T, Yoshimura M, Utsunomiya Y, Endoh M, Sakamoto N, Matsushima M, Miyazaki Y, Yasuda Y, Yokoo T, Kagami S, Hataya H, Suzuki H, Matsuzaki K, Uchida S, Ito T, Shimizu A, Katafuchi R, Hisano S, Hashiguchi A
Nihon Jinzo Gakkai shi   55(7) 1249-1254   2013   [Refereed]
K. Matsuzaki; I. Ohsawa; T. Nishitani; Y. Takeda; H. Inoshita; M. Ishii; M. Takagi; S. Horikoshi; Y. Tomino
Journal of Nephrology   24(2) 246-249   Mar 2011   [Refereed]
Matsuzaki K, Ohsawa I, Nishitani T, Takeda Y, Inoshita H, Ishii M, Takagi M, Horikoshi S, Tomino Y
Journal of nephrology   24(2) 246-249   Mar 2011   [Refereed]

Misc

 
行動科学的アプローチによる宿泊型保健指導プログラムが生活習慣病指標にもたらす影響
松崎 慶一, 井上 佳菜, 川村 孝
日本成人病(生活習慣病)学会会誌   44 68-68   Jan 2018
【IgA腎症update】 臨床経過 「臨床的寛解」に至らない例の特徴
松崎 慶一, 鈴木 祐介
腎と透析   82(4) 531-534   Apr 2017
大学における健康診断・健康関連情報の標準化に向けた試み
石見 拓, 松崎 慶一, 藤井 智子, 小林 大介, 上床 輝久, 岡林 里枝, 武本 一美, 潤間 励子, 川村 孝
全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集   54回 56-56   Sep 2016
大学における健康診断・健康関連情報の標準化に向けた試み
石見 拓, 松崎 慶一, 潤間 励子, 梶谷 康介, 木内 喜孝, 羽賀 將衛, 安宅 勝弘, 山本 明子, 山本 裕之, 吉原 正治, 国立大学保健管理施設協議会「大学における健康診断・健康関連情報の標準化と利活用に関わる調査研究班」
CAMPUS HEALTH   54(1) 178-181   Mar 2017
IgA腎症の寛解が予後に与える影響 後方視的多施設コホート研究における検証
松崎 慶一, 鈴木 祐介, 鈴木 仁, 川村 哲也, 堀越 哲, 富野 康日己, 安田 宜成, 安田 隆, 松尾 清一
日本腎臓学会誌   58(3) 308-308   May 2016
自閉症スペクトラム指数および精神的健康度と大学生の生活傾向
上床 輝久, 武本 一美, 石見 拓, 岡林 里枝, 松崎 慶一, 川村 孝
CAMPUS HEALTH   52(1) 406-408   Mar 2015
平成24年度と25年度にA大学の学生健診を受けた5788名を対象に、自閉症スペクトラム指数日本語版(AQ-J)と、精神健康調査票短縮版(GHQ-28)、および「友人関係」「課外活動・授業への参加」「生活の充実感」「携帯電話やネット依存傾向」などについて問う自作の学生生活調査票(CLQ)からなる質問紙調査を行い、各指標の関連性について検討した。2382名から回答が得られた。検討の結果、AQ-JとGHQ-28との間に有意な相関が認められたほか、AQ-JとCLQとの間、GHQ-28とCLQとの間...
イバンドロネートは透析患者に使用できるか
後藤 公彦, 松崎 慶一, 西村 賢二, 長澤 雅世, 高橋 利和
日本透析医学会雑誌   48(Suppl.1) 821-821   May 2015
血液透析患者における疲労度とBlood Volume(BV)計による循環血液量変化についての検討
長澤 雅世, 松崎 慶一, 栗田 宜明, 池之上 辰義, 耒海 美穂, 西村 賢二, 後藤 公彦, 高橋 利和
大阪透析研究会会誌   33(2) 141-147   Sep 2015
背景・目的:疲労は透析患者の重要な合併症である。透析によるBlood Volume(BV)変化が疲労に関わるという報告はあるが、BV測定は容易でなくBVと疲労度の関連についての報告は殆どない。本研究は透析患者におけるΔBVの意義について検討した。対象・方法:外来透析患者40例。疲労度はChalder疲労尺度、透析後疲労回復時間(RT)で測定し、経時的なΔBV、各臨床パラメータとの相関を検討した。結果:収縮期血圧変化量とChalder疲労尺度(r=0.32、P=0.02)。RT(r=0.54...
血圧の基準値を巡って
松崎 慶一, 川村 孝
循環器内科   79(3) 253-255   Mar 2016
MATSUZAKI KEIICHI, KAWAMURA TAKASHI
IgA腎症新規バイオマーカーを用いた血尿の2次スクリーニングの試み 平成26年度 総括・分担研究年度終了報告書   35-38   2015
KAWAMURA TETSUYA, MATSUZAKI KEIICHI
IgA腎症新規バイオマーカーを用いた血尿の2次スクリーニングの試み 平成25年度 総括・分担研究報告書   41-46   2014
MATSUZAKI KEIICHI, KAWAMURA TAKASHI
IgA腎症新規バイオマーカーを用いた血尿の2次スクリーニングの試み 平成25年度 総括・分担研究報告書   37-40   2014
UWATOKO TERUHISA, TAKEMOTO KAZUMI, IWAMI TAKU, OKABAYASHI RIE, MATSUZAKI KEIICHI, KAWAMURA TAKASHI
全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集   52nd 97   Aug 2014
自閉症スペクトラム指数および精神的健康度と大学生の生活傾向
上床 輝久, 武本 一美, 石見 拓, 岡林 里枝, 松崎 慶一, 川村 孝
全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集   52回 97-97   Aug 2014
KAWAMURA TETSUYA, MATSUZAKI KEIICHI
IgA腎症新規バイオマーカーを用いた血尿の2次スクリーニングの試み 平成26年度 総括・分担研究年度終了報告書   39-43   2015
KAWAMURA TETSUYA, MATSUZAKI KEIICHI
IgA腎症新規バイオマーカーを用いた血尿の2次スクリーニングの試み 平成24年度 総括・分担研究報告書   15-19   2013
SUZUKI HITOSHI, YANAGAWA HIROYUKI, MATSUZAKI KEIICHI
IgA腎症新規バイオマーカーを用いた血尿の2次スクリーニングの試み 平成24年度 総括・分担研究報告書   23-26   2013
Novel Diagnostic Approach for IgA Nephropathy
Yanagawa H, Suzuki H, Suzuki Y, Matsuzaki K, Horikoshi S, Novak J, Tomino Y
J Am Soc Nephrol 2011; 22: 554A      2011   [Refereed]
A nation wide questionnaire on treatments for IgA nephropathy in Japan
Matsuzaki K, Suzuki Y, Nakata J, Sakamoto N, Horikoshi S, Kawamura T, Matsuo S, Tomino Y
J Am Soc Nephrol 2011; 22: 556A      2011   [Refereed]
Nation-wide consciousness investigation about the clinical remission of IgA nephropathy in Japan
Matsuzaki K, Suzuki Y, Kawamura T, Suzuki H, Sakamoto N, Yanagawa H, Horikoshi S, Matsuo S, Tomino Y
J Am Soc Nephrol 2012; 23: 1054A      2012   [Refereed]