内記 理

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/20 16:34
 
アバター
研究者氏名
内記 理
所属
京都大学

論文

 
ガンダーラ地方チャナカ・デリーの丘の歴史
内記 理
東方學報   90 243-276   2015年12月   [査読有り]
スワート地方とペシャーワル盆地におけるガンダーラ美術様式の年代
内記理
仏教芸術   (325) 43-68,図巻頭2p   2012年11月   [査読有り]
ガンダーラ彫刻の腕の接合方法
内記理
西南アジア研究   (78) 1-30   2013年   [査読有り]
ガンダーラ紀年銘彫刻の製作年代
内記理
美術史, 176, Vol. LXIII, No.2      2014年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
宮治昭編『アジア仏教美術論集 中央アジアⅠ ガンダーラ~東西トルキスタン』
内記 理 (担当:共著, 範囲:ガンダーラ彫刻の制作時期について)
中央公論美術出版   2017年2月   
ガンダーラ彫刻と仏教
内記 理
京都大学学術出版会   2016年3月   

講演・口頭発表等

 
内記 理
Gandhara Connections workshop "The Geography of Gandharan Art"   2018年3月22日   Classical Art Research Centre, University of Oxford
西北インドの仏教寺院におけるストゥーパとガンダーラ彫刻 [招待有り]
内記 理
トルコ文化研究センター研究会   2018年3月8日   武庫川女子大学トルコ文化研究センター
Geographical Differences in Material Cultures in North-west India. [招待有り]
内記 理
International Workshop on Pre-modern Kashmir 2018   2018年3月5日   小倉智史・斉藤茜
ガンダーラ彫刻にみる西北インドの仏教美術 [招待有り]
内記 理
守屋多々志美術館「美術史講座」   2018年1月20日   守屋多々志美術館(館長:中井正幸)
ガンダーラ地方出土浮彫画像帯にみる仏伝図像変容の諸段階 [招待有り]
内記 理
「東アジア美術における仏伝の表象」第3回ワークショップ   2017年12月23日   研究会「東アジア美術における仏伝の表象」(代表:稲本泰生)