山道 真人

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/12 17:39
 
アバター
研究者氏名
山道 真人
URL
https://sites.google.com/site/mstyamamichi/home/japanese
所属
東京大学
部署
総合文化研究科 広域システム科学系
職名
講師
学位
博士(理学)(総合研究大学院大学)
ORCID ID
0000-0003-2136-3399

研究分野

 
 

経歴

 
2017年9月
 - 
現在
東京大学 総合文化研究科 広域システム科学系 講師
 
2014年4月
 - 
2017年8月
京都大学 白眉センター/生態学研究センター 特定助教
 
2012年4月
 - 
2014年3月
コーネル大学 生態学進化生物学部 日本学術振興会 海外特別研究員
 
2009年4月
 - 
2012年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC1)
 

学歴

 
2007年4月
 - 
2012年3月
総合研究大学院大学 先導科学研究科 生命共生体進化学専攻
 
2003年4月
 - 
2007年3月
東京大学 農学部 フィールド科学専修
 

委員歴

 
2016年4月
 - 
現在
日本生態学会  将来計画専門委員会 委員
 
2014年1月
 - 
現在
日本進化学会  日本進化学会ニュース 編集委員
 

受賞

 
2017年3月
日本生態学会 英語口頭発表賞 最優秀賞
 
2016年11月
個体群生態学会 個体群生態学会奨励賞
 
2015年3月
日本生態学会 英語口頭発表賞 優秀賞
 
2015年3月
日本生態学会 日本生態学会奨励賞(鈴木賞)
 
2015年2月
井上科学振興財団 井上研究奨励賞
 
2012年10月
個体群生態学会 ポスター賞 優秀賞
 
2012年3月
日本生態学会 ポスター賞 優秀賞
 
2010年4月
総合研究大学院大学 学長賞
 
2010年3月
日本生態学会 ポスター賞 優秀賞
 
2007年3月
東京大学農学部 学部長賞
 

論文

 
Yamamichi M, Hoso M
Evolution; International Journal of Organic Evolution   71(2) 449-457   2017年2月   [査読有り]
Adachi T, Costa DP, Robinson PW, Peterson SH, Yamamichi M, Naito Y, Takahashi A
Functional Ecology   31(2) 361-369   2017年2月   [査読有り]
Toju H, Yamamichi M, Guimarães Jr. PR, Olesen JM, Mougi A, Yoshida T, Thompson JN
Nature Ecology & Evolution   1 0024   2017年1月   [査読有り]
Yen JD, Cabral RB, Cantor M, Hatton I, Kortsch S, Patrício J, Yamamichi M
Journal of Animal Ecology   85(2) 537-547   2016年3月   [査読有り]
Yamamichi M, Ellner SP
Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences   283(1827) 20152926   2016年3月   [査読有り]
Sato NJ, Tanaka KD, Okahisa Y, Yamamichi M, Kuehn R, Gula R, Ueda K, Theuerkauf J
Current Biology   25(24) R1164-R1165   2015年12月   [査読有り]
Yamamichi M, Miner, BE
Evolutionary Applications   8(8) 787-795   2015年9月   [査読有り]
Yamamichi M, Meunier CL, Peace A, Prater C, Rúa MA
Oikos   124(7) 960-969   2015年7月   [査読有り]
Kasada M, Yamamichi M, Yoshida T
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   111(45) 16035-16040   2014年11月   [査読有り]

Misc

 
山道 真人
日本数理生物学会ニュースレター   81 18-19   2017年2月   [依頼有り]
遺伝的多様性の新しい意義:生態と進化のフィードバックへの影響
笠田 実, 山道 真人, 吉田 丈人
生物の科学 遺伝   69(3) 154-158   2015年5月   [依頼有り]
山道 真人
日本進化学会ニュース   15(2) 8-9   2014年7月   [依頼有り]
山道 真人
日本数理生物学会ニュースレター   71 8-11   2013年9月   [依頼有り]
山道 真人
日本生態学会関東地区会会報   61 22-26   2013年3月   [依頼有り]
山道 真人, 印南 秀樹
日本生態学会誌   62(1) 95-109   2012年3月
山道 真人, 印南 秀樹
日本生態学会誌   61(2) 237-249   2011年7月
山道 真人
数理解析研究所講究録   1751 140-147   2011年7月
山道 真人, 印南 秀樹
日本生態学会誌   60(2) 293-302   2010年7月

書籍等出版物

 
東京化学同人   2013年11月   ISBN:4807908375
文一総合出版   2013年6月   ISBN:4829962038

講演・口頭発表等

 
Light and nutrient balance, and mass transfer efficiency: a field manipulation experiment with plankton
Kazama T, Tokita K, Yamamichi M, Yin X, Katano I, Doi H, Yoshida T, Hairston N, Urabe J
日本生態学会第64回大会   2017年3月16日   
Roles of maternal effects in maintaining genetic variation: Maternal storage effect
Yamamichi M, Hoso M
日本生態学会第64回大会   2017年3月16日   
Why the turbidity of the macrophytes-dominated pond is low? Verification of allelopathic effects of Chara and Elodea on phytoplankton
Tokita K, Kazama T, Yamamichi M, Yin X, Katano I, Doi H, Yoshida T, Hairston N, Urabe J
日本生態学会第64回大会   2017年3月15日   
Daphnia eco-evolutionary process meets the clear water phase: seasonal plankton dynamics when the consumer evolves
Hairston NG, Schaffner LR, Miner BE, Bonner E, Spaak P, Yamamichi M, Ellner SP
ASLO 2017 Aquatic Sciences Meeting   2017年3月2日   
How does rapid evolution alter the theory of population ecology? [招待有り]
山道 真人
第32回個体群生態学会大会   2016年11月4日   
群集の理解における進化の役割 [招待有り]
山道 真人
日本微生物生態学会第31回大会   2016年10月24日   
A shady phytoplankton paradox: Why phytoplankton increases under low light
Yamamichi M, Kazama T, Tokita K, Katano I, Doi H, Yoshida T, Hairston Jr. NG, Urabe J
101st Ecological Society of America (ESA) Annual Meeting   2016年8月9日   
Effects of "light:nutrient balance" and herbivorous zooplankton community: an experimental study
Kazama T, Tokita K, Yamamichi M, Katano I, Doi H, Yoshida T, Hairston NG, Urabe J
日本生態学会第63回大会   2016年3月24日   
CCMと移動エントロピーの比較 [招待有り]
山道 真人
日本生態学会第63回大会   2016年3月24日   
遮光のパラドックス:なぜ弱光下で植物プランクトンは増えるのか
時田 紘太朗, 風間 健宏, 山道 真人, 片野 泉, 土居 秀幸, 吉田 丈人, Hairston NG, 占部 城太郎
日本生態学会第63回大会   2016年3月22日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 山道 真人
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 近藤 倫生
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 占部 城太郎
表現型可塑性と環境変動の生態・進化相互作用動態ー理論と実証ー
日本学術振興会: 海外特別研究員
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 山道 真人
日本学術振興会: 特別研究員奨励費(DC1)
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 山道 真人