矢追 健

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/16 19:52
 
アバター
研究者氏名
矢追 健
 
ヤオイ ケン
URL
https://sites.google.com/site/kyaoi0919/
所属
金沢大学
部署
子どものこころの発達研究センター
職名
特任助教
学位
博士(文学)(京都大学)
科研費研究者番号
80647206

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
金沢大学 子どものこころの発達研究センター 特任助教
 
2015年4月
 - 
2018年3月
京都大学 文学研究科 助教
 
2015年10月
 - 
2016年3月
大阪大学 人間科学部 非常勤講師
 
2014年4月
 - 
2015年3月
京都府立大学 公共政策学部 非常勤講師
 
2012年4月
 - 
2015年3月
京都大学 文学研究科 研究員(科学研究費)
 

学歴

 
2008年4月
 - 
2011年3月
京都大学 文学研究科 博士後期課程
 
2006年4月
 - 
2008年3月
京都大学 文学研究科 修士課程
 
2002年4月
 - 
2006年3月
京都大学 文学部 
 

委員歴

 
2012年4月
 - 
現在
日本ワーキングメモリ学会  幹事
 
2016年4月
 - 
2017年3月
関西心理学会第128回大会  事務局幹事
 

論文

 
社会脳からみた自己と他者
苧阪直行・矢追健
生体の科学   69(1) 38-42   2018年
Osaka N, Minamoto T, Yaoi K, Azuma M, Shimada YM, Osaka M
Frontiers in psychology   6    2015年11月   [査読有り]
Yaoi K, Osaka M, Osaka N
Frontiers in Human Neuroscience   9    2015年6月   [査読有り]
実験心理学からみた機能的磁気共鳴画像法(fMRI)による脳画像解析.
苧阪直行・矢追健
基礎心理学研究   34 1-8   2015年
Effect of memory load on eye movement control: A study using the reading span test.
Azuma M, Minamoto T, Yaoi K, Osaka M, Osaka N
Journal of Eye Movement Research   7(3) 1-9   2014年   [査読有り]
Minamoto T, Azuma M, Yaoi K, Ashizuka A, Mima T, Osaka M, Fukuyama H, Osaka N
Frontiers in human neuroscience   8    2014年   [査読有り]
Koshino H, Minamoto T, Yaoi K, Osaka M, Osaka N
Scientific reports   4    2014年   [査読有り]
Osaka M, Yaoi K, Minamoto T, Osaka N
Scientific reports   4    2014年   [査読有り]
Minamoto T, Osaka M, Yaoi K, Osaka N
PloS one   9(1)    2014年   [査読有り]
Yaoi K, Osaka M, Osaka N
Journal of physiology, Paris   107(6) 517-525   2013年   [査読有り]
Osaka M, Yaoi K, Minamoto T, Osaka N
Scientific reports   3    2013年   [査読有り]
Osaka M, Yaoi K, Otsuka Y, Katsuhara M, Osaka N
Behavioural brain research   233(1) 90-98   2012年   [査読有り]
Osaka N, Minamoto T, Yaoi K, Osaka M
Neuroreport   23(1) 26-29   2012年   [査読有り]
Otsuka Y, Osaka N, Yaoi K, Osaka M
PloS one   6(4)    2011年   [査読有り]
Yaoi K, Osaka N, Osaka M
Social neuroscience   4(5) 455-463   2009年   [査読有り]

Misc

 
苧阪直行, 源健宏, 矢追健, 東美由紀, 苧阪満里子
日本心理学会大会発表論文集   78th 766   2014年8月
矢追健, 源健宏, 苧阪満里子, 苧阪直行
日本心理学会大会発表論文集   78th 753   2014年8月
源健宏, 東美由紀, 矢追健, 苧阪満里子, 苧阪直行
日本心理学会大会発表論文集   77th 591   2013年8月
勝原摩耶, 矢追健, 源健宏, 田邊亜澄
研究開発コロキアム : 平成21年度 成果報告書 (Colloquium for Educational Research and Development)   66-75   2010年3月
矢追健, 苧阪満里子, 苧阪直行
日本心理学会大会発表論文集   72nd 741   2008年7月

書籍等出版物

 
The Prefrontal Cortex as an Executive, Emotional and Social Brain
Masataka Watanabe (Ed.) (担当:共著, 範囲:Chapter 10)
Springer   2017年   
自己を知る脳・他者を理解する脳―神経認知心理学からみた心の理論の新展開
苧阪直行(編) (担当:分担執筆, 範囲:第3章)
新曜社   2014年   
脳イメージング―ワーキングメモリと視覚的注意からみた脳
苧阪直行(編) (担当:分担執筆)
培風館   2010年   

講演・口頭発表等

 
閾下呈示された自己関連情報によって自己参照効果は生じるか.
矢追健・苧阪満里子・苧阪直行
日本心理学会第81回大会   2017年9月   
Does self-reference effect occur for subliminally self-referenced items?
The 31st International Congress of Psychology   2016年7月   
How do you like English presentation?
矢追健
日本心理学会第79回大会   2015年9月   
前頭前野の機能的階層構造とワーキングメモリ容量の個人差.
源健宏・矢追健・苧阪満里子・苧阪直行
日本心理学会第79回大会   2015年9月   
Neural correlates of intention and relationship attribution of animated motion: an fMRI study.
Yaoi K, Minamoto T, Osaka M, Osaka N
44th annual meeting of the Society for Neuroscience   2014年11月   
Rinzai Zen meditators are superior to resolve semantic interference: An fMRI study based on a Stroop paradigm.
Osaka N, Minamoto T, Yaoi K, Azuma M, Osaka M
44th annual meeting of the Society for Neuroscience   2014年11月   
RST遂行中の眼球運動における記憶負荷の影響.
東美由紀・源健宏・矢追健・苧阪満里子・苧阪直行
日本心理学会第78回大会   2014年9月   
意図と関係性を理解する脳内神経基盤―fMRIによる検討―.
矢追健・源健宏・苧阪満里子・苧阪直行
日本心理学会第78回大会   2014年9月   
ハイパースキャニングによる協調活動時の脳同期的活動の測定―fNIRSによる検討―.
苧阪直行・源健宏・矢追健・東美由紀・苧阪満里子
日本心理学会第78回大会   2014年9月   
Neural synchronization during cooperated humming: A hyperscanning study using fNIRS.
Osaka N, Minamoto T, Yaoi K, Azuma M, Osaka M
International Conference on Timing and Time Perception   2014年4月   
Onomatopoeias and mimetic words represent mirror system but generate different mental images: An fMRI study.
Yaoi K, Minamoto T, Osaka M, Osaka N
43rd annual meeting of the Society for Neuroscience   2013年11月   
Polarity-dependent effect of tDCS on the left posterior parietal cortex in verbal attentional processing.
Minamoto T, Azuma M, Yaoi K, Mima T, Fukuyama H, Osaka N
43rd annual meeting of the Society for Neuroscience   2013年11月   
Neural modulation of executive function while performing emotional biased working memory task: An fMRI study.
Osaka M, Yaoi K, Minamoto T, Osaka N
43rd annual meeting of the Society for Neuroscience   2013年11月   
経頭蓋直流電気刺激(tDCS)による注意機能の促進―リーディングスパン課題を用いた検討―.
源健宏・東美由紀・矢追健・苧阪満里子・苧阪直行
日本ワーキングメモリ学会第11回大会   2013年11月   
擬態語と擬音語の脳内神経基盤―fMRIによる検討―.
矢追健・源健宏・苧阪満里子・苧阪直行
日本心理学会第77回大会   2013年9月   
頭頂皮質への径頭蓋直流磁気刺激(tDCS)が注意に及ぼす影響.
源健宏・東美由紀・矢追健・苧阪満里子・苧阪直行
日本心理学会第77回大会   2013年9月   
An important word automatically catches eyes: A study with a dual task paradigm.
Osaka N, Minamoto T, Azuma M, Yaoi K, Osaka M
17th European Conference on Eye Movements   2013年8月   
Medial PFC correlates of self in the human brain: An fMRI study.
Osaka N, Yaoi K, Osaka M
3rd International Symposium on Prefrontal Cortex   2012年11月   
Second-order false belief task needs working memory in normal adults: An event-related fMRI study based on theory of mind.
Osaka N, Yaoi K, Minamoto M, Osaka M
42nd annual meeting of the Society for Neuroscience   2012年10月   
Wanting to be “above average” increases social motivation and task performance.
Yaoi K, Minamoto T, Osaka N, Osaka M
42nd annual meeting of the Society for Neuroscience   2012年10月   
When and how positive and negative emotionality affect working memory performance?
Osaka M, Yaoi K, Minamoto T, Osaka N
42nd annual meeting of the Society for Neuroscience   2012年10月   
社会的動機づけにおける尾状核の役割―自己モニタリングによる平均以上効果の観点から―.
矢追健・源健宏・苧阪直行・苧阪満里子
日本心理学会第76回大会   2012年9月   
自己や他者への参照プロセスと前頭前野内側部.
矢追健
日本心理学会第76回大会   2012年9月   
The self represented in the dorsomedial prefrontal cortex: an fMRI study.
Osaka N, Yaoi K, Osaka M
18th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping   2012年6月   
自己と心の理論に関わる神経基盤.
大塚結喜・矢追健・苧阪満里子・苧阪直行
第9回日本ワーキングメモリ学会大会   2011年12月   
Neural basis of the self reference effect: An fMRI study.
Yaoi K, Osaka M, Osaka N
41st annual meeting of the Society for Neuroscience   2011年11月   
Neural correlates of humor understanding by four-frame comic strip (Manga).
Osaka M, Yaoi K, Minamoto T, Osaka N
41st annual meeting of the Society for Neuroscience   2011年11月   
The default mode network helps you to get ready for tasks.
Koshino H, Minamoto T, Yaoi K, Osaka M, Osaka N
41st annual meeting of the Society for Neuroscience   2011年11月   
Neural correlates of self reference effect.
Yaoi K, Osaka N, Osaka M
第34回日本神経科学会大会   2011年9月   
自己参照効果に関わる脳内神経基盤―fMRIによる検討―.
矢追健・苧阪直行・苧阪満里子
日本心理学会第75回大会   2011年9月   
自己への参照過程に関わる脳内神経基盤―反応時間の観点から―.
矢追健・苧阪満里子・苧阪直行
第13回日本ヒト脳機能マッピング学会   2011年9月   
Effect of negative and positive emotion on working memory performance: an fMRI study.
Osaka N, Minamoto T, Yaoi K, Osaka M
The 14th European Congress on Clinical Neurophysiology and 4th International Conference on Transcranial Magnetic and Direct Current Stimulation   2011年6月   
自己参照プロセスに関わる脳内神経基盤―fMRIによる検討―.
矢追健
日本動物心理学会第154回例会   2011年3月   
MPFC dissociation between self and others in referential task: An fMRI study based on word traits indicated by reaction time.
Yaoi K, Osaka M, Osaka N
International Workshop for Young Researchers “Knowing self, knowing others”   2011年1月   
自己への参照過程に関わる脳内神経基盤―反応時間の観点から―.
矢追健・苧阪満里子・苧阪直行
日本心理学会第74回大会   2010年9月   
Training of inhibitory control of attention introduce effective control of executive function in elderly working memory: An fMRI study.
Osaka M, Otsuka Y, Kinoshita Y, Yaoi K, Osaka N
39th annual meeting of the Society for Neuroscience   2009年10月   
自己や他者への参照過程に関わる脳内神経基盤―E-networkとdual-process model―.
矢追健・苧阪満里子・苧阪直行
日本心理学会第73回大会   2009年8月   
自己を含む人物表象へのメタ的評価とその脳内神経基盤.
矢追健・苧阪直行・苧阪満里子
日本心理学会第72回大会   2008年9月   
自己を含む人物表象へのメタ的評価とその脳内神経基盤.
矢追健・苧阪直行・苧阪満里子
第5回日本ワーキングメモリ学会大会   2008年3月   
言語性ワーキングメモリにおけるフォーカス効果.
矢追健・大塚結喜・苧阪直行
日本心理学会第71回大会   2007年9月   
複雑な暗算の遂行とワーキングメモリ.
矢追健・大塚結喜・苧阪直行
第4回日本ワーキングメモリ学会大会   2006年12月   
複雑な暗算の遂行とワーキングメモリ.
矢追健・大塚結喜・苧阪直行
関西心理学会第118回大会   2006年11月   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 矢追 健
ヒトの自己認識と社会性―脳内神経基盤の観点から
文部科学省: 特別研究員奨励費
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 矢追 健