清長 友和

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/13 22:03
 
アバター
研究者氏名
清長 友和
所属
久留米工業高等専門学校
部署
材料システム工学科
職名
助教
学位
博士(工学)(近畿大学)

研究分野

 
 

論文

 
Dependence of crystal size on the catalytic performance of a porous coordination polymer
清長 友和
Chemical Communications, 2015, 51, pp. 2728-2730.      2014年12月   [査読有り]
清長 友和
Chemical Science, 2014, 5, pp. 660-666.   5(2) 660-666   2013年10月   [査読有り]
Size-dependence of Catalytic Activities of Gold Nanoparticles Loaded on Metal Oxide Supports
清長 友和
近畿大学      2010年3月
Size-Dependence of Catalytic Activity of Gold Nanoparticles Loaded on Titanium (IV) Dioxide for Hydrogen Peroxide Decomposition
清長 友和
ChemPhysChem, 2009, 10, pp. 2935-2938.      2009年10月   [査読有り]
Rational Design and Applications of Highly Efficient Reaction Systems Photocatalyzed by Noble Metal Nanoparticle-loaded Titanium(IV) Dioxide            
清長 友和
Chemical Society Reviews, 2009, 38, pp. 1849-1858.      2009年4月   [査読有り]
Au Nanoparticle Electrocatalysis in a Photoelectrochemical Solar Cell using CdS Quantum dot-Sensitized TiO2 Photoelectrodes
清長 友和
Chemical Communications, 2009, pp. 2011-2013.      2009年2月   [査読有り]
Size-dependence of Fermi Energy of Gold Nanoparticles Loaded on Titanium(IV) Dioxide at Photostationary State          
清長 友和
Physical Chemistry Chemical Physics, 2008, 10, pp. 6553-6561.      2008年9月   [査読有り]
Photoinduced Sulfur Desorption from Platinum Nanoparticles Loaded on Titanium Dioxide           
清長 友和
Chemistry Letters, 2007, 36, pp. 1214-1215.      2007年9月   [査読有り]
TiO2 上に担持された Au ナノ粒子表面からの光誘導硫黄脱離機構の検討およびその低温クリーニングへの応用
清長 友和
近畿大学      2007年3月
All-solid-state Z-scheme in CdS–Au–TiO2 Three-component Nanojunction System
清長 友和
Nature Materials, 2006, 5, pp. 782-786.      2006年9月   [査読有り]
Ultrafast Photosynthetic Reduction of Elemental Sulfur by Au Nanoparticle-Loaded TiO2
清長 友和
The Journal of Physical Chemistry B, 2006, 110, pp. 10771-10778.      2006年5月   [査読有り]
Low-Temperature Photocleaning of Sulfur-Poisoned Au Nanoparticles on Titanium Dioxide Film
清長 友和
Electrochemical and Solid-State Letters, 2006, 9, pp. E9-E12.      2006年1月   [査読有り]
Kinetic and DFT Studies on the Photoinduced Desorption of Sulfur from Gold Nanoparticles Loaded on Titanium Dioxide          
清長 友和
ChemPhysChem, 2005, 6, pp. 2508–2512.      2005年11月   [査読有り]
Photoinduced Dissolution and Redeposition of Au Nanoparticles Supported on TiO2
清長 友和
Journal of Colloid and Interface Science, 2005, 286, pp. 816–819.      2005年4月   [査読有り]

Misc

 
光触媒還元反応による酸化チタン上への金ナノ粒子の析出ならびにその速度論解析
坂井優斗、清長友和、川内咲蘭、佐々木萌実
第55回化学関連支部合同九州大会 外国人研究者交流国際シンポジウム 講演予稿集 pp.27      2018年6月
光触媒還元反応による水溶液中でのAu/TiO2の1段階合成
清長友和、坂井優斗、川内咲蘭、佐々木萌実、楢原嘉輝
第55回化学関連支部合同九州大会 外国人研究者交流国際シンポジウム 講演予稿集 pp.11      2018年6月
ルテニウム錯体を用いる不斉還元的アミノ化反応
宮本久一、梶木屋翔磨、清長友和
日本化学会 第98春季年会 講演番号:2PA-141      2018年3月
金ナノ粒子ならびに白金ナノ粒子担持酸化チタン(Au-Pt/TiO2)における貴金属担持状態解析
清長 友和、平間 慧
第54回化学関連支部合同九州大会 外国人研究者交流国際シンポジウム 講演予稿集 pp. 122      2017年7月
金プラズモニック光触媒とPt/TiO2ナノ粒子の複合化についての検討
清長友和、平間 慧、石垣 友也、三浦 桃貴、豊福 克伸、梅野 浩司
第53回化学関連支部合同九州大会 外国人研究者交流国際シンポジウム 講演予稿集 pp. 53      2016年7月
Dependence of Crystal Size on the CatalyticPerformance of a Porous Coordination Polymer
樋口雅一、清長友和、 北川進
錯体化学会 第65回討論会 講演要旨集 pp. 103      2015年9月
多孔性配位高分子を用いた触媒反応の結晶サイズ依存性
樋口雅一、清長友和、北川進
日本化学会 第95春季年会 要旨集 pp. 273      2015年3月
Crystal Size Dependency of Catalytic Performance Using Porous Coordination Polymer
清長友和、樋口雅一、北川進
4th International Conference on Metal-Organic Frameworks & Open Framework Compounds pp.241      2014年9月
Mesoscopic Yb(III)-based Porous Coordination Polymer with High Catalytic Performance
清長友和、樋口雅一、北川進
The 10th MicRO Alliance Meeting pp. 5      2013年11月
イッテルビウム(III)を用いた多孔性配位高分子によるルイス酸触媒反応と粒子サイズ効果
清長友和、樋口雅一、北川進
日本化学会 第93春季年会 要旨集 pp 103      2013年3月
Size Dependent Hydrogen Peroxide Activation of Titanium (IV) Dioxide-supported Gold Nanoparticles
清長友和、多田弘明
GOLD 2012 (The 6th international conference on gold science, technology and it's applications), pp. 40 (ポスター発表)      2012年9月
TiO2ナノ結晶薄膜表面へのCdS量子ドット光析出およびその太陽電池への応用
清長友和、陣内康亮、納谷真一、多田弘明
日本化学会 西日本大会2009 講演要旨集 pp. 28      2009年11月
光電気化学的手法を用いたPbS量子ドット(QD)担持TiO2の合成とその太陽電池への応用
陣内康亮、清長友和、多田弘明
2009年度色材協会研究発表会      2009年10月
金ナノ粒子触媒による過酸化水素分解反応における粒子サイズ効果
清長友和、金奇良、多田弘明、小林久芳
日本化学会 第89春季年会 要旨集 pp. 196      2009年3月
CdS/TiO2|Sx2-/S2-|Au/SnO2 型太陽電池における対極上への金ナノ粒子担持効果
清長友和、多田弘明
表面技術協会 第118回 講演大会 講演要旨集 pp. 191-192      2008年9月
Photoelectrochemistry of Au(core)- CdS(shell)Composite Nanoparticle-Loaded TiO2 Films
清長友和、多田弘明
The 17th International Conference on Photochemical Conversion and Storage of Solar Energy (IPS 17) pp. 97      2008年7月
A gold nanoparticle-sensitized titanium(IV) dioxide solar cell using electrolyte solutions sontaining Sx2-/S2- as a redox pair
清長友和、岡本仁志、松井英雄、吉原正邦、多田弘明
17th International Photovoltalic Science and Engineering Conference(PVSEC-17) pp. 137      2007年12月
Au (コアー)-CdS(シェル) 複合ナノ粒子担持 TiO2 薄膜の作製とその太陽電池特性
清長友和、多田弘明
2007年 電気化学会 秋季大会 講演要旨集 pp 258      2007年9月
TiO2上に担持された Ptナノ粒子表面からの光誘導硫黄脱離
宮崎聡、清長友和、多田弘明
2006年度 色材研究発表会 講演要旨集 pp. 100-101      2006年9月
CdS-Au-TiO2 ナノカップリング系光触媒によるエタノールからの脱水素反応
清長友和、多田弘明
2006年 電気化学会 秋季大会 講演要旨集 pp.10      2006年9月
Kinetic and DFT Studies on the Photoinduced Desorption of Sulfur from Gold Nanoparticle Loaded on Titanium Dioxide 
多田弘明、清長友和、三津井知宏、副島哲郎、伊藤征司郎、秋田知樹、田中孝治、小林久芳
International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2005) Program Number:53      2005年12月
TiO2 上に担持された金属クラスター表面からの光誘導硫黄脱離の速度論解析
清長友和、岩崎光伸、伊藤征司郎、多田弘明、小林久芳
第58回 コロイドおよび界面化学討論会 講演要旨集 pp.187      2005年9月

書籍等出版物

 
多孔性配位高分子によるガス吸着やバイオマテリアル応用
樋口 雅一、 清長 友和、 北川 進
ナノ学会   2013年4月   
Metal Oxide-Supported Gold Nanoparticles
清長 友和 (担当:共著)
Lambert Academic Publishing(LAP) 全70頁   2012年7月   

特許

 
特開2014-28350 : 複合触媒材料及びその製造方法
清長友和、永島和郎、梶原隆史、東村秀之、樋口雅一、北川進
特開2014-47178 : 多孔性金属錯体、多孔性金属錯体の製造方法、吸蔵材料及び光機能材料
梶原隆史、東村秀之、清長友和、永島和郎、樋口雅一、北川進
特開2014-172830 : 多孔性金属錯体の製造方法
清長友和、永島和郎、梶原隆史、東村秀之、樋口雅一、北川進
特開2014-43435 : 炭化水素の製造方法、クラッキング触媒、多孔性金属錯体、触媒の活性化方法、及び酸強度測定方法
北川進、樋口雅一、梶原隆史、東村秀之、望月勝紀、永島和郎、清長友和