清長 友和

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/18 17:38
 
アバター
研究者氏名
清長 友和
所属
久留米工業高等専門学校
部署
材料システム工学科
職名
助教
学位
博士(工学)(近畿大学)

研究分野

 
 

Misc

 
TiO2上に担持されたAuナノ微粒子表面からの光誘導硫黄脱離の速度論解析
清長友和、岩崎光伸、伊藤征司郎、多田弘明、小林久芳
第58回コロイドおよび界面化学討論会      2005年9月
CdS-Au-TiO2 ナノカップリング系光触媒によるエタノールからの脱水素反応
清長友和、多田弘明
2006年電気化学会秋季大会      2006年9月
Au (コアー)-CdS(シェル) 複合ナノ粒子担持 TiO2 薄膜の作製とその太陽電池特性
清長友和、多田弘明
2007年電気化学秋季大会      2007年9月
金ナノ粒子触媒による過酸化水素分解反応における粒子サイズ効果
清長友和、金奇良、多田弘明、小林久芳
日本化学会第89春季年会      2009年3月
光電気化学的手法を用いたPbS量子ドット(QD)担持TiO2の合成とその太陽電池への応用
陣内康亮、清長友和、多田弘明
2009年度色材協会研究発表会      2009年10月

書籍等出版物

 
多孔性配位高分子によるガス吸着やバイオマテリアル応用
樋口 雅一、 清長 友和、 北川 進
ナノ学会   2013年4月   

特許

 
特願2012-170348 : 複合触媒材料及びその製造方法
清長友和、永島和郎、梶原隆史、東村秀之、樋口雅一、北川進
特願2012-192210 : 多孔性金属錯体、多孔性金属錯体の製造方法、吸蔵材料及び光機能材料
梶原隆史、東村秀之、清長友和、永島和郎、樋口雅一、北川進
特願2013-044862 : 多孔性金属錯体の製造方法
清長友和、永島和郎、梶原隆史、東村秀之、樋口雅一、北川進
特願2013-151102 : 炭化水素の製造方法、クラッキング触媒、多孔性金属錯体、触媒の活性化方法、及び酸強度測定方法
北川進、樋口雅一、梶原隆史、東村秀之、望月勝紀、永島和郎、清長友和