吉見 一人

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/09 11:14
 
アバター
研究者氏名
吉見 一人
 
ヨシミ カズト
所属
大阪大学
部署
大学院医学系研究科
職名
助教
その他の所属
大阪大学

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
大阪大学 医学系研究科 助教
 
2015年4月
 - 
2017年3月
国立遺伝学研究所 助教
 
2013年4月
 - 
2015年3月
京都大学 医学研究科 特定研究員
 

学歴

 
2008年4月
 - 
2013年3月
京都大学大学院 医学研究科 
 
2004年4月
 - 
2008年3月
京都大学 農学部応用生命科学科 
 

委員歴

 
2016年7月
 - 
現在
日本ゲノム編集学会  広報委員
 

受賞

 
2017年9月
大阪大学医学系第9回若手研究フォーラム ベストプレゼンテーション賞
 
2015年5月
第27回日本実験動物学会 奨励賞
 
2012年9月
Chinese Association for Laboratory Animal Science International Award for Young Scientists
 
2010年5月
京都大学 平成21年度医学部若手研究者優秀論文賞
 

論文

 
Kuramoto T, Yokoe M, Kunisawa N, Ohashi K, Miyake T, Higuchi Y, Yoshimi K, Mashimo T, Tanaka M, Kuwamura M, Kaneko S, Shimizu S, Serikawa T, Ohno Y
Brain research      2017年9月   [査読有り]
Horii Y, Nagasawa T, Sakakibara H, Takahashi A, Tanave A, Matsumoto Y, Nagayama H, Yoshimi K, Yasuda MT, Shimoi K, Koide T
Scientific reports   7(1) 6991   2017年8月   [査読有り]
Yoshimi K, Kunihiro Y, Kaneko T, Nagahora H, Voigt B, Mashimo T
Nature communications   7 10431   2016年1月   [査読有り]
Kuramoto T, Yokoe M, Tanaka D, Yuri A, Nishitani A, Higuchi Y, Yoshimi K, Tanaka M, Kuwamura M, Hiai H, Kabashima K, Serikawa T
Journal of dermatological science   80(2) 116-123   2015年9月   [査読有り]
Kochi T, Shimizu M, Shirakami Y, Yoshimi K, Kuramoto T, Tanaka T, Moriwaki H
European journal of cancer prevention : the official journal of the European Cancer Prevention Organisation (ECP)   24(3) 180-187   2015年5月   [査読有り]
Irving AA, Yoshimi K, Hart ML, Parker T, Clipson L, Ford MR, Kuramoto T, Dove WF, Amos-Landgraf JM
Disease models & mechanisms   7(11) 1215-1225   2014年11月   [査読有り]
Tanaka T, Shimizu M, Kochi T, Shirakami Y, Mori T, Watanabe N, Naiki T, Moriwaki H, Yoshimi K, Serikawa T, Kuramoto T
Cancers   6(3) 1522-1539   2014年7月   [査読有り]
Yoshimi K, Kaneko T, Voigt B, Mashimo T
Nature communications   5 4240   2014年6月   [査読有り]
Yoshimi K, Tanaka T, Serikawa T, Kuramoto T
The American journal of pathology   182(4) 1263-1274   2013年4月   [査読有り]
Yoshimi K, Hashimoto T, Niwa Y, Hata K, Serikawa T, Tanaka T, Kuramoto T
BMC cancer   12 448   2012年10月   [査読有り]
Mashimo T, Takizawa A, Kobayashi J, Kunihiro Y, Yoshimi K, Ishida S, Tanabe K, Yanagi A, Tachibana A, Hirose J, Yomoda J, Morimoto S, Kuramoto T, Voigt B, Watanabe T, Hiai H, Tateno C, Komatsu K, Serikawa T
Cell reports   2(3) 685-694   2012年9月   [査読有り]
Mashimo T, Takizawa A, Voigt B, Yoshimi K, Hiai H, Kuramoto T, Serikawa T
PloS one   5(1) e8870   2010年1月   [査読有り]
K. Yoshimi; T. Tanaka; A. Takizawa; M. Kato; M. Hirabayashi; T. Mashimo; T. Serikawa; T. Kuramoto
Cancer Science   100(11) 2022-2027   2009年11月   [査読有り]

Misc

 
CRISPR/Cas9を用いた効率的なノックインラット・マウスの作製
吉見 一人、真下 知士
IDTテクニカルレポートvol.2      2015年12月   [依頼有り]
真下知士, 金子武人, 竹鶴裕亮, フォークト ビルガー, 吉見一人, 根小田祐基, 崔宗虎, 国広弥生, 林真智子, 服部晃佑, 濱地駿佑, 中西聡, 山崎賢一, 庫本高志
日本実験動物学会総会講演要旨集   62nd 208   2015年4月
吉見一人
日本実験動物学会総会講演要旨集   62nd 58   2015年4月
真下知士, 吉見一人, 金子武人
日本実験動物学会総会講演要旨集   62nd 76   2015年4月
吉見一人, 金子武人, 真下知士
日本実験動物学会総会講演要旨集   61st 242   2014年5月
真下知士, 金子武人, 竹鶴裕亮, VOIGT Birger, 吉見一人, 根小田祐基, 崔宗虎, 国広弥生, 古迫久実, 滝原裕喜, 浅田浩子, 中西聡, 山崎賢一, 庫本高志
日本実験動物学会総会講演要旨集   60th 246   2013年4月
吉見一人, 田中卓二, 芹川忠夫, 庫本高志
日本実験動物学会総会講演要旨集   60th 173   2013年4月
真下知士, 吉見一人, 金子武人
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   36th 1AW2-7 (WEB ONLY)   2013年
吉見一人, 田中卓二, 芹川忠夫, 庫本高志
日本実験動物学会総会講演要旨集   59th 163   2012年5月

書籍等出版物

 
さまざまなマウス系統 遺伝的多様性と表現型への影響、実験医学別冊 マウス表現型解析スタンダード(伊川正人,高橋 智,若菜茂晴/編)
吉見一人、小出剛
実験医学別冊 羊土社   2016年12月   
ラットでのゲノム編集―ゲノム編集がもたらす最先端の遺伝子改変ラットの作製法、実験医学増刊 All Aboutゲノム編集
吉見一人、真下知士
実験医学増刊 羊土社   2016年11月   
CRISPR/Cas9 システムを用いた自由自在なゲノム編集、進化するゲノム編集技術(真下知士、城石俊彦 監修)
吉見一人、真下知士
エヌ・ティー・エス   2015年10月   
Engineered Nucleases Lead to Genome Editing Revolution in Rats., Targeted Genome Editing Using Site-Specific Nucleases (ZFNs, TALENs, and the CRISPR/Cas9 System) Yamamoto, Takashi (Ed.)
Kazuto Yoshimi, Takehito Kaneko, Birger Voigt, Tomoji Mashimo
2015年   
ラットにおけるゲノム編集技術革命
吉見一人、金子武人、真下知士
実験医学 羊土社   2014年7月   
ラットにおけるTALENおよびCRISPR/Cas9を用いた遺伝子改変、 実験医学別冊 最強のステップアップシリーズ「今すぐ始めるゲノム編集」(山本卓/編)
吉見一人、金子武人、真下知士
実験医学別冊 羊土社   2014年3月   

講演・口頭発表等

 
Single strand DNA-mediated knock-in for large genomic regions in rodents
吉見 一人、国広弥生、真下知士
The 14th Transgenic Technology Meeting   2017年10月3日   
ゲノムヒト化動物の開発に向けたゲノム編集技術の応用 [招待有り]
吉見 一人
第89回日本遺伝学会   2017年9月15日   
ゲノムヒト化動物作製にむけた効率的ゲノム編集技術の開発 [招待有り]
吉見 一人
第19回日本進化学会   2017年8月24日   
CRISPR/Cas9-mediated knock-in strategies in rodents [招待有り]
吉見 一人
第2回ゲノム編集学会 サテライトミーティング   2017年7月1日   
ゲノム編集を用いたノックイン動物作製の効率化 ~ゲノムヒト化モデルへの応用~
吉見 一人
平成29年度学融合推進センター萌芽的研究会「新たなヒト進化学の創成を検討するための研究会」   2017年6月18日   
CRISPR/Cas9-mediated knock-in strategies in rodents for humanized models [招待有り]
吉見 一人
Kyoto Diabetes Mini-Symposium - Beta-Cell Replacement Strategies   2017年6月5日   
ゲノム編集技術を用いたノックイン動物作製の効率化およびゲノムヒト化モデルへの応用 [招待有り]
吉見 一人
大阪大学ゲノム編集センター第2回セミナー   2017年3月21日   
長鎖一本鎖オリゴを用いたノックイン動物作製法の開発
吉見一人、今井悠二、田邉彰、真下知士、小出剛
日本遺伝学会第88回大会   2016年9月8日   
長鎖一本鎖オリゴを用いたノックイン動物の作製
吉見一人、今井悠二、真下知士、小出剛
第1回日本ゲノム編集学会   2016年9月7日   
ラット2細胞期胚の移植、ゲノム編集ラットの遺伝子解析法
吉見 一人
千里ライフサイエンス第64回技術講習会 技術実習   2016年9月2日   
ゲノム編集技術CRISPR/Cas9の利用法
吉見 一人
千里ライフサイエンス第64回技術講習会 技術解説   2016年9月1日   
マウス・ラットにおける長鎖一本鎖オリゴを用いた高効率なノックイン
吉見一人、今井悠二、田邉彰、真下知士、小出剛
第63回日本実験動物学会総会   2016年5月19日   
ゲノム編集技術をもちいてマウス・ラットのゲノムを操作する [招待有り]
吉見 一人
石川県立大学第6回腸内細菌共生機構学特別セミナー   2016年5月16日   
マウス・ラットにおける効率的なゲノム編集法の開発 [招待有り]
吉見 一人
富山大学動物実験施設セミナー   2016年2月23日   
CRISPR/Cas9を用いた新たなノックインラット作製法の開発および遺伝子入れ換えへの応用
吉見一人、金子武人、真下知士
第39回日本分子生物学会年会   2015年12月4日   
CRISPR/Cas9-mediated plasmid knock-in and replacement of genomic region with single stranded oligonucleotides in rodents
Kazuto Yoshimi, Takehito Kaneko, Tsuyoshi Koide, Tomoji Mashimo
29th International Mammalian Genome Conference   2015年11月10日   
ゲノム編集がもたらす自由自在な遺伝子改変 [招待有り]
吉見 一人
第8回北陸合同バイオシンポジウム   2015年10月30日   
ゲノム編集がもたらす動物モデル作製の新展開 [招待有り]
吉見 一人
「筋萎縮性側索硬化症(ALS)の新規治療法開発をめざした病態解明」 班  平成27年度ワークショップ   2015年9月25日   
Generation of genetically-modified rats with genome editing technologies [招待有り]
吉見 一人
第62回日本実験動物学会総会   2015年5月29日   
CRISPR/Casシステムによるノックインラットの作製法
吉見一人、金子武人、真下知士
第37回日本分子生物学会総会   2014年11月26日   
ゲノム編集技術がもたらす実験動物の新展開 ~ラットを中心に~ [招待有り]
吉見 一人
第31回藤田カンファレンス   2014年9月20日   
Allele-specific genome editing and correction of coat color-related phenotypes in rats using the CRISPR/Cas system
Kazuto Yoshimi, Takehito Kaneko, Birger Voigt, Tomoji Mashimo
Cold Spring Harbor Asia Conference “Systems Biology of Gene Regulation and Genome Editing”   2014年9月11日   
Allele-specific genome editing and correction of coat color-related phenotypes in rats using CRISPR/Cas9
Kazuto Yoshimi
5th Young EURAT Investigators Symposium   2014年6月6日   
CRISPR/Casシステム:ラット遺伝子改変技術のさらなる展開 [招待有り]
吉見 一人
第7回ラットリソースリサーチ研究会   2014年1月31日   
Knockout and knock-in mutations for rat albino gene generated by CRISPR/Cas
Kazuto Yoshimi, Takehito Kaneko, Tomoji Mashimo
Rat Genomics & Models meeting 2013   2013年12月11日   
Tumor Suppressor APC Protein Is Essential In Mucosal Repair From Colonic Inflammation Through Angiogenesis
Kazuto Yoshimi, Takuji Tanaka, Tadao Serikawa, Takashi Kuramoto
Rat Genomics & Models meeting 2012   2012年12月5日   
新規Apc変異ラットの開発とその活用 [招待有り]
吉見一人
平成24年度若手研究者シンポジウム 「マウス以外のモデル動物におけるLife Science」   2012年11月27日   東京大学医科学研究所
Tumor suppressor APC is essential in the mucosal repair from colonic inflammation through the angiogenesis [招待有り]
Kazuto Yoshimi
the 10th Annual Conference of CALAS   2012年9月27日   
DSS誘発大腸炎におけるApc遺伝子C末端領域の機能解析
吉見一人、田中卓二、庫本高志
第71回日本癌学会学術総会   2012年9月20日   
Apc変異ラットにおけるDSS誘発大腸炎感受性機構の解明
吉見一人、田中卓二、芹川忠夫、庫本高志
第59回日本実験動物学会総会   2012年5月25日   
Establishment of chemotherapeutic in vivo test for colon cancer using Kyoto Apc Delta rat
吉見一人、田中卓二、庫本高志
第70回日本癌学会学術総会   2011年10月4日   
Kyoto Apc Deltaラットを用いた大腸癌化学療法試験法の確立
吉見一人、橋本貴生、田中卓二、丹羽佑介、芹川忠夫、庫本高志
第58回日本実験動物学会総会   2010年12月10日   
Enhanced colonic inflammation in an Apc-mutant rat strain that lacks carboxyl terminal domains
Yoshimi K, Tanaka T, Serikawa T, Kuramoto T
XVIIIth International Workshop on Genetic Systems in the Rat   2010年12月2日   
APCタンパク質C末端ドメインは大腸炎症に重要な役割を果たす
吉見 一人、田中 卓二、庫本 高志
第69回日本癌学会学術総会   2010年9月23日   
APCタンパク質C末端ドメインはDSS誘発大腸炎に重要な役割を果たす
吉見 一人、田中 卓二、芹川 忠夫、庫本 高志
第25回発癌病理研究会   2010年8月26日   
炎症性腸疾患モデルとしてのKyoto Apc Delta(KAD)ラット
吉見 一人、田中 卓二、芹川 忠夫、庫本 高志
第104回関西実験動物研究会   2009年12月11日   
Kyoto Apc Delta (KAD) ラットを用いた大腸腫瘍誘発試験
吉見 一人、田中 卓二、尾山 武、真下 知士、滝澤 明子、芹川 忠夫、庫本 高志
第56回日本実験動物学会総会   2009年5月15日   
Kyoto Apc Deltaラットを用いた大腸腫瘍誘発試験
吉見一人、真下知士、滝澤明子、加藤めぐみ、平林真澄、芹川忠夫、庫本高志
関西実験動物研究会第100回記念大会   2008年12月5日   
テトラヒドロキノリン類縁体の合成および脱皮ホルモン受容体との結合親和性測定
吉見一人、原田俊幸、小倉岳彦、中川好秋、宮川 恒
日本農薬学会第33回大会   2008年3月31日   

競争的資金等の研究課題

 
効率的ゲノムヒト化マウス作製技術で明らかにするヒト大脳化の遺伝的基盤
科学研究費(若手研究(B))
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 吉見 一人
野生由来マウス系統における効率的な遺伝子改変技術の開発
中部科学技術センター: 学術奨励研究助成金
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 吉見 一人
CRISPR/Cas9を用いた多重遺伝子ノックアウトラット作製技術の開発
科学研究費(研究活動スタート支援)
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 吉見 一人
組換えBAC遺伝子導入ラットを用いたAPCタンパク質の炎症抑制ドメインの同定
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 吉見 一人

特許

 
特願2014-235898 : 哺乳動物の標的ゲノム領域にDNAをノックインする方法及び細胞
真下知士、吉見一人、金子武人