共同研究・競争的資金等の研究課題

2014年4月 - 2017年3月

神経発生過程における遺伝子発現動態の解明と神経分化の誘導

日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)
  • 播磨 有希子

課題番号
26830010
配分額
(総額)
3,770,000円
(直接経費)
2,900,000円
(間接経費)
870,000円

神経発生は、発達中の胎児脳だけではなく成体脳でも行われているが、その活性は老化とともに低下し、成体脳に存在する神経幹細胞の多くは静止状態にある。海馬に存在する静止状態の神経幹細胞の活性化に成功すれば、記憶形成に関わる神経新生を誘導できる可能性が高い。そこで我々は、海馬における静止状態の神経幹細胞を活性化させ、神経新生を誘導することを目的に研究を行っている。その結果、静止状態の神経幹細胞を活性化できる遺伝子発現の組み合わせが培養細胞レベルで見つかった。現在、マウス成体脳を用いてそれらの結果が再現できるか検証を行っている。

リンク情報
URL
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-26830010/26830010seika.pdf
ID情報
  • 課題番号 : 26830010