山本 庸平

J-GLOBALへ         更新日: 19/12/04 03:00
 
アバター
研究者氏名
山本 庸平
 
ヤマモト ヨウヘイ
eメール
yohei.yamamotoecon.hit-u.ac.jp
URL
https://sites.google.com/site/yoheiyama/
所属
一橋大学
部署
経済学研究科
職名
教授
学位
経済学博士(Ph.D. in Economics)(ボストン大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1997年4月
 - 
2006年7月
日本政策投資銀行 - -
 
2009年7月
 - 
2012年3月
アルバータ州立大学 ビジネススクール 助教授
 
2012年4月
 - 
2014年10月
一橋大学 経済学研究科 講師
 
2014年11月
 - 
2017年3月
一橋大学 経済学研究科 准教授
 
2017年4月
 - 
現在
一橋大学 経済学研究科 教授
 

学歴

 
2003年9月
 - 
2009年5月
ボストン大学 経済学大学院 
 
 
 - 
1997年3月
東京大学 経済学部 経済学科
 

論文

 
Yohei Yamamoto, Dukpa Kim
Working Paper, University of Virginia      2012年1月
Yohei Yamamoto, Pierre Perron
Econometrics Journal   16(3) 400-429   2013年10月   [査読有り]
Yohei Yamamoto, Pierre Perron
Econometric Theory   30(2) 491-507   2014年4月   [査読有り]
Yohei Yamamoto,Rasmus Fatum
Journal of Banking and Finance   43 114-123   2014年6月   [査読有り]
山本 庸平
日本統計学会誌(シリーズJ)   44(1) 75-95   2014年9月   [査読有り]

書籍等出版物

 
「グローバル・ショックに対する地域経済の反応」(小川光編『グローバル化とショック波及の経済学』所収) (共著)
山本 庸平 (担当:共著)
有斐閣   2016年10月   ISBN:978-4641164857
統計学15講
山本 庸平
新世社   2017年12月   ISBN:978-4883842674

講演・口頭発表等

 
Bootstrap inference for Impulse Response Functions in Factor-Augmented Vector Autoregressions
Yohei Yamamoto
Canadian Econometric Study Group Meeting   2010年10月1日   
Using OLS to Estimate and Test for Structural Changes in Models with Endogenous Regressors
山本 庸平
名古屋マクロ公共経済コンファレンス   2010年12月26日   
Using OLS to Estimate and Test for Structural Changes in Models with Endogenous Regressors
山本 庸平
マクロ計量コンファレンス   2011年2月19日   
Bootstrap inference for Impulse Response Functions in Factor-Augmented Vector Autoregressions
Yohei Yamamoto
The 5th CIREQ Time Series Conference   2011年5月27日   
Bootstrap inference for Impulse Response Functions in Factor-Augmented Vector Autoregressions
Yohei Yamamoto
2011 North American Summer Meeting of Econometric Society   2011年6月9日   

競争的資金等の研究課題

 
動学的因子モデルにおける構造変化分析手法の開発と応用(研究代表者)
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
動学的因子モデルを用いた経済政策の効果・リスク分析に対するアプローチ(研究代表者)
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
構造変化分析の実用的発展に向けた研究(研究代表者)
科学研究費助成事業
研究期間: 2017年2月 - 2019年3月
構造変化分析の実用的発展に向けた研究(研究代表者)
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月
新たなマクロ計量モデルの構築と大規模データを用いた経済予測への応用(研究分担者)
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月