松下 佳世

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/06 03:18
 
アバター
研究者氏名
松下 佳世
 
マツシタ カヨ
eメール
kayo.matsushitarikkyo.ac.jp
所属
立教大学
部署
異文化コミュニケーション学部 異文化コミュニケーション学科
職名
准教授
学位
文学士(ジャーナリズム)(上智大学), 修士(ジャーナリズム)(コロンビア大学ジャーナリズム大学院), 博士(異文化コミュニケーション)(立教大学)
その他の所属
サイマル・アカデミー立教大学立教大学
科研費研究者番号
90746679

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1997年4月
 - 
2011年3月
株式会社朝日新聞社 記者
 
2011年9月
 - 
2014年3月
株式会社サイマル・インターナショナル 専属通訳者
 
2013年4月
 - 
現在
サイマル・アカデミー 講師
 
2014年4月
 - 
2014年8月
駒澤大学 外国語第一部門 非常勤講師
 
2014年9月
 - 
2017年8月
国際基督教大学 教養学部 准教授
 

学歴

 
1992年4月
 - 
1997年3月
上智大学 文学部 
 
2001年7月
 - 
2002年5月
コロンビア大学 ジャーナリズム大学院 
 
2011年4月
 - 
2016年3月
立教大学 異文化コミュニケーション研究科 
 

委員歴

 
2018年10月
 - 
現在
日本通訳翻訳学会  理事
 
2016年10月
 - 
2018年9月
日本通訳翻訳学会  学会誌編集委員
 
2015年10月
 - 
2018年9月
日本通訳翻訳学会  関東支部運営委員
 

論文

 
Kayo Matsushita, Christina Schäffner
Across Languages and Cultures   19(2) 165-184   2018年11月   [査読有り]
Advances in news gathering and dissemination technologies have made it possible that news stories are being shared simultaneously around the world. One internationally newsworthy event can generate dozens of news reports in multiple languages almo...
Anthony Pym, Kayo Matsushita
Across Languages and Cultures   19(1) 1-18   2018年5月   [査読有り]
The translator’s risk management while translating can involve several general dispositions, of which risk taking, risk avoidance, and risk transfer have been modeled previously (Pym 2015). In this paper we propose a fourth type of disposition, ri...
通訳とは何か―いくつかの通訳モデルを例に―
松下佳世
要約筆記問題研究第29号   (29)    2018年3月   [招待有り]
Risk Management in the Decision-Making Process of English-Japanese News Translation
Kayo Matsushita
立教大学異文化コミュニケーション研究科博士後期課程学位論文      2016年3月
政治上の発言を通訳する際のリスク管理ー記者会見の日英逐次通訳の考察を通じてー
松下佳世
通訳翻訳研究   (15) 1-16   2015年12月   [査読有り]

Misc

 
通訳翻訳研究の世界ー「努力モデル」と「綱渡り仮説」
松下佳世
通訳翻訳ジャーナル   122-123   2018年8月   [依頼有り]
通訳翻訳研究の世界ー「意味の理論」を考える
松下佳世
通訳翻訳ジャーナル   130-131   2018年2月   [依頼有り]
通訳翻訳研究の世界ー「導管モデル」とは何か
松下佳世
通訳翻訳ジャーナル 2017年10月号      2017年8月   [依頼有り]
【 ニュース翻訳を考える 】トランプ語が突きつけた課題 2言語併記ルール化の検討も
松下佳世
Journalism   (325) 70-75   2017年6月   [依頼有り]
The Interpreter’s One Hundred Years of Solitude: Between History and Memory
松下佳世, 篠原有子
「第1回国際通訳史シンポジウム」(立教大学)における展示パネルの翻訳監修      2014年5月

書籍等出版物

 
松下佳世 (担当:単訳)
John Benjamins Publishing   2017年   
池田理知子, 五十嵐紀子 (担当:共著, 範囲:医療通訳の現場)
ミネルヴァ書房   2016年9月   ISBN:4623077861
松下佳世
岩波書店   2016年4月   ISBN:4005008305
2020年東京オリンピックを控え、注目を集める通訳。スポーツ通訳やボランティア通訳といった、オリンピックでも活躍が予想される分野から、会議通訳、ビジネス通訳、エンターテインメント通訳に至るまで、現役の通訳者たちの声を通して通訳の仕事の魅力を探ります。
松下佳世 (担当:単訳)
John Benjamins Publishing   2016年   
Alberto Fuertes, Esther Torres-Simon (担当:共著, 範囲:Chapter 6: Omission as a key strategy in Japanese news translation: A case study of President Obama's speeches)
Cambridge Scholars Publishing   2015年2月   ISBN:1443871133

講演・口頭発表等

 
Interpreters as newsmakers: How press conference interpreter’s renderings affect news reports
Kayo Matsushita
The 7th Asia-Pacific Forum on Translation and Intercultural Studies (APFTIS) Conference   2019年1月4日   Asia-Pacific Forum on Translation and Intercultural Studies (APFTIS)
According to journalist-turned-sociolinguist Allan Bell, “News is what people say more than what people do,” and much of what journalists report is “talk not action” (Bell 1991: 53). This statement holds true in the case of Japanese newspapers, wh...
英日通訳コーパスの活用法ワークショップ
松下佳世, 山田優
日本通訳翻訳学会関西支部第49回例会   2018年12月1日   日本通訳翻訳学会
A new approach to self-practice and self-assessment: Testing the effectiveness of using a parallel corpus in interpreter training [招待有り]
Kayo Matsushita
GSTI Conference   2018年11月17日   Ewha Womans University
Professional and non-professional interpreters’ roles in the Tokyo Olympics: Opportunities and challenges for institutes of higher education [招待有り]
Kayo Matsushita
Public Lecture at Wenzao Ursuline University of Languages   2018年10月24日   Wenzao Ursuline University of Languages
プロの通訳者による実現場でのパフォーマンス・データを活用した通訳コーパスの構築とその応用可能性
松下佳世, 山田優
日本通訳翻訳学会第19回年次大会   2018年9月9日   日本通訳翻訳学会

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 松下佳世

社会貢献活動

 
東京地方裁判所登録法廷通訳人
【】  2016年9月 - 現在