舟山 眞人

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/16 18:03
 
アバター
研究者氏名
舟山 眞人
 
フナヤマ マサト
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/cca5f298d2655516c2d12102afaec76f.html
所属
東北大学
部署
大学院医学系研究科・医学部 公衆衛生学専攻 公共健康医学講座 法医学分野
職名
教授
学位
医学博士(東北大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1986年3月
東北大学 医学研究科 
 
 
 - 
1982年3月
東北大学 医学部 
 

委員歴

 
2013年7月
 - 
2017年6月
日本法医学会  理事
 
2010年4月
 - 
2016年3月
日本医療安全調査機構 モデル事業  地域代表
 
2008年10月
 - 
2016年3月
診療行為に関連した死亡の調査分析モデル事業  総合調整医
 
2004年1月
 - 
現在
Legal Medicine  査読委員
 
2003年4月
 - 
現在
日本法医学会  評議員
 

受賞

 
2013年11月
日本学術振興会 科研費審査委員の表彰
 
約5,300名の第1段審査(書面審査)委員の中から124名が選ばれたもの

論文

 
Kiyotaka Usui, Masaki Hashiyada, Yoshie Hayashizaki, Yui Igari, Tadashi Hosoya, Jun Sakai, Masato Funayama
Application of modified QuEChERS method to liver samples for forensic toxicological analysis   32(1) 139-147   2014年1月   [査読有り]
Nakajima A, Usui A, Hosokai Y, Kawasumi Y, Abiko K, Funayama M, Saito H.
Insights Imaging.   5 77-83   2014年   [査読有り]
Igari Y, Hosoya T, Hayashizaki Y, Ouchi T, Usui A, Kawasumi Y, Hashiyada M, Funayama M
Leg Med   16 44-47   2014年   [査読有り]
Kawasumi Y, Onozuka N, Kakizaki A, Usui A, Hosokai Y, Sato M, Saito H, Ishibashi T, Hayashizaki Y, Funayama M.
Eur J Radiol   82 361-365   2013年   [査読有り]
Usui K, Aramaki T, Hashiyada M, Hayashizaki Y, Funayama M.
Leg Med   16(4) 222-226   2014年   [査読有り]

Misc

 
医療関連死の「見える化」 医療関連死における行政解剖・司法解剖の役割
舟山眞人
日本外科学会誌   114(2) 101-104   2013年
AIと東北大法医学教室との理想とする関係
舟山眞人
宮城県放射線技師会会報   116(82) 8-11   2014年7月
実践的法医学カリキュラム 低体温症の診断 (日本法医学雑誌)
舟山眞人
日本法医学雑誌   62(2) 145-154   2008年11月
細貝良行、臼井章仁、川住裕介、齋藤春夫、舟山眞人
日本放射線技術学会雑誌   68(12) 1681-1687   2012年12月
ボタン型温度データロガを用いた直腸温連続モニタリング導入の手引き (法医学の実際と研究)
金武潤, 金涌佳雅, 高橋識志, 境純, 橋谷田真樹, 舟山眞人
法医学の実際と研究   49 223-228   2006年12月

書籍等出版物

 
Aiはどこまで事実に迫るか
舟山眞人・齋藤春夫監修 舟山眞人・臼井章仁・川住裕介・細貝良行・齋藤春夫著 (担当:監修)
医歯薬出版   2014年8月   
法医学 改訂第2版
福島弘文編 (担当:共著, 範囲:第2章 個体死・死体現象  第10章 死体の検査と事務的処理)
南山堂   2011年9月   
病理医にも役立つ法医解剖入門
舟山眞人, 齋藤一之, 笹野公伸 (担当:共著, 範囲:書籍名を参照, 1-200)
文光堂   2003年4月   
エッセンシャル法医学 第5版
高取健彦監修 (担当:共著, 範囲:第4章(内因死)197頁~212頁)
医歯薬出版   2012年6月   
医学大事典
伊藤正男、井村裕夫、高久文麿 ed. 舟山眞人 (担当:共著, 範囲:書籍名を参照(約30項目に関しての解説), 0)
医学書院   2003年4月   

講演・口頭発表等

 
Assessment of the relationship between drowning and accumulation in the airways using post-mortem computed tomography.
Nakajima A, Kawasumi Y, Usui A, Hosokai Y, Abiko K, Sakai J, Funayama M, Saito H
The 11th Indo Pacific Association of Low, Medicine and Science Congress   2013年10月5日   
Sudden, unexpected infant death from pulmonary arterial hypertension
Igari Y, Hosoya T, Hashiyada M, Ohuchi T, Usui A, Kawasumi Y, Funayama M.
The 11th Indo Pacific Association of Low, Medicine and Science Congress   2013年10月5日   
法医解剖とAi(死亡時画像診断)との理想とする関係
なし
第97次日本法医学会学術全国集会   2013年6月26日   
Postmortem Computed Tomography Finding of Lungs in Sudden Infant Death
Kawasumi Y, Usui A, Hosokai Y, Sato M, Nakajima A, Abiko K, Takane Y, Hayashizaki Y, Funayama M.
European Congress of Radiology   2013年3月6日   
The association between lumbar rib and lumbosacral transitional vertebrae
Nakajima A, Usui A, Hosokai Y, Kawasumi Y, Abiko K, Saito H, Funayama M
European Congress of Radiology   2013年3月6日   

競争的資金等の研究課題

 
乳幼児突然死
研究期間: 2006年1月 - 現在

社会貢献活動

 
法医解剖
【その他】  2013年1月1日 - 2013年12月31日
司法解剖等法医解剖を施行し、鑑定を行う この年で392件
法医解剖
【その他】  2012年1月1日 - 2012年12月31日
死亡解剖等法医解剖を施行し、その鑑定を行う この年で450件
[日本国内] 医学部後援会
【その他】  2008年4月1日 - 2012年3月31日
会長
[日本国内] 司法解剖
【その他】  2009年1月1日 - 2009年12月31日
この期間に233件
[日本国内] 承諾解剖
【その他】  2009年1月1日 - 2009年12月31日
この間に29件

その他

 
2007年4月   司法解剖検査(受託事業)
司法解剖関連経費として2006年度から交付開始となる。法医学教室のインフラ整備ならびに人員確保費用として利用可能。
2006年4月   各種検査(受託事業)
司法解剖関連経費として本年度から交付開始となる。法医学教室のインフラ整備ならびに人員確保費用として利用可能。
2006年4月   乱用薬物検査(受託事業)
受託事業であるが外部資金獲得という点でここに掲載した。
2005年11月   DNAインクの研究
DNAインクの研究
2005年4月   ヒト死体鼓膜温・外耳道温の冷却動態の解析
ヒト死体鼓膜温・外耳道温の冷却動態の解析