THOMPSON, Mieko

J-GLOBAL         Last updated: Aug 18, 2019 at 22:38
 
Avatar
Name
THOMPSON, Mieko
E-mail
m-thompsonygu.ac.jp
Affiliation
Yamanashi Gakuin University
Section
Research Council (Research Organization)/Affiliated organization Center for Japanese Language
Job title
Associate Professor(without tenure)
Degree
Ph.D.(Ochanomizu University)
Research funding number
20401606

Research Areas

 
 

Education

 
2003
 - 
2005
Teaching Japanese as a Second Language, Ochanomizu University
 
2007
 - 
2011
Applied Linguistics, Graduate School of Humanities and Sciences (Doctoral Program), Ochanomizu University
 

Published Papers

 
「共生日本語教育実習における対話の縦断的分析-共生を目指すアプローチの変遷-」
トンプソン(平野)美恵子・鈴木寿子
『人間文化創成科学研究論叢』   15 349-357   2013
「留学時の論文執筆経験が帰国後の論文執筆指導に与える影響-インタビューの質的研究から-」
清水まさ子・トンプソン美恵子・張瑜珊
『留学生教育』   (18) 91-99   2013
「『共生日本語教育実習』における共生を目指した対話活動のデザイン分析-ポジショニング理論による検討-」
鈴木寿子・トンプソン(平野)美恵子
『異文化コミュニケーション研究』   (25) 1-16   2013
「大学院留学生は‘研究’をどのように捉えているのか-修正版グラウンデッド・セオリ-・アプローチによる質的研究-」
トンプソン(平野)美恵子
『国際経営・文化研究』   17(1) 69-76   2012
「言語少数派の子どもを支える言語と教科の統合学習:清田淳子(2007)『母語を用した内容重視の教科学習支援方法の構築に向けて』」
トンプソン(平野)美恵子
『言語文化と日本語教育』   (43) 31-35   2012

Books etc

 
「多文化共生指向の日本語教育実習での非対称な関係性に見る実習生間の学び-準備期間3ヶ月の話し合い分析-」『共生日本語教育学:多言語多文化共生のために』
岡崎眸監修
雄松堂書店   2007   
‘Perception of Teaching Japanese by Japanese Native Speakers Living in Romania: A Case Study through PAC Analysis.’ Traditii in Dialog 2009.
Visan, F., & Focseneanu, A. (eds.)
University of Bucharest Press   2009   
‘Teaching Japanese as a Second Language for Multicultural Coexistence in Japan.’ Traditii in Dialog 2008.
Visan, F., & Zlotea, M. (eds.)
University of Bucharest Press   2008