山根 登茂彦

J-GLOBALへ         更新日: 20/01/10 09:20
 
アバター
研究者氏名
山根 登茂彦
 
ヤマネ トモヒコ
所属
埼玉医科大学
部署
国際医療センター 核医学科
職名
准教授
学位
博士(医学)(奈良県立医科大学)

プロフィール

埼玉医科大学国際医療センターの核医学科で、核医学・放射線医学に関する診療、研究、教育に従事しています。研究の専門分野は「腫瘍核医学」ですが、脳や心疾患等の核医学、その他画像診断全般にも関与。
核医学専門医、アジア核医学専門医、放射線診断専門医。埼玉医科大学放射線科教育主任。国内外の臨床施設・研究施設での経験を活かし、機能イメージングの普及と効果的な臨床応用を目指します。

Advancement through nuclear medicine, less-invasive, from diagnosis to treatment.

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
2014年3月
ヴュルツブルク大学病院(ドイツ) 核医学科 Humboldt Fellow for Experienced Researchers
 
2008年8月
 - 
2012年3月
財団法人先端医療振興財団先端医療センター 分子イメージング研究グループ 主任研究員
 
2000年4月
 - 
2008年7月
医療法人大雄会 総合大雄会病院 放射線科
 
1999年4月
 - 
2000年3月
医療法人大雄会 総合大雄会病院 臨床研修医
 
1998年4月
 - 
1999年3月
奈良県立医科大学附属病院 放射線科 臨床研修医
 

学歴

 
1992年4月
 - 
1998年3月
奈良県立医科大学 医学部 
 
1988年4月
 - 
1991年3月
大阪府立四條畷高等学校  
 

受賞

 
2016年2月
島津科学技術振興財団 研究開発助成
 
2012年8月
アレクサンダー・フォン・フンボルト財団 Humboldt Research Fellowship for Experienced Researchers
 

論文

 
Miyawaki Y, Sato H, Fujiwara N, Oya S, Sugita H, Hirano Y, Yamane T, Sakuramoto S, Okamoto K, Yamaguchi S, Koyama I
International Journal of Clinical Oncology      2019年12月   [査読有り]
Yamane T, Kondo A, Takahashi M, Miyazaki Y, Ehara M, Koga K, Kuji I, Matsunari I
European Journal of Nuclear Medicine and Molecular Imaging   46(8) 1672-1677   2019年5月   [査読有り]
Yamane T, Aikawa M, Yasuda M, Fukushima K, Seto A, Okamoto K, Koyama I, Kuji I
EJNMMI Research   9 39   2019年5月   [査読有り]
Asano A, Ueda S, Kuji I, Yamane T, Takeuchi H, Hirokawa E, Sugitani I, Shimada H, Hasebe T, Osaki A, Saeki T
Breast Cancer Research   20(1) 78   2018年7月   [査読有り]
Yamane T, Kuji I, Seto A, Matsunari I
Skeletal Radiology   47(6) 805-810   2018年6月   [査読有り]
Yamane T, Ueda S, Seto A, Kuji I
Clinical Nuclear Medicine   43(5) 379-380   2018年5月   [査読有り]
Ueda S, Saeki T, Osaki A, Yamane T, Kuji I
Clinical Cancer Research   23(19) 5769-5778   2017年10月   [査読有り]
Yamane T, Ishii K, Sakata M, Ikari Y, Nishio T, Ishii K, Kato T, Ito K, Senda M, J-ADNI Study Group.
European Journal of Nuclear Medicine and Molecular Imaging   44(5) 850-857   2017年5月   [査読有り]
Hayakawa N, Yamane T, Arias-Lozab AP, Shinaji T, Wakabayashi H, Lapa C, Werner RA, Javadi MS, Pelzer T, Higuchi T
International Journal of Cardiology   227 257-260   2017年1月   [査読有り]
Kuji I, Yamane T, Seto A, Yasumizu Y, Shirotake S, Oyama M
European Journal of Hybrid Imaging   1(1) 2   2017年10月   [査読有り]

Misc

 
全身用半導体SPECT/CTの可能性 ―Discovery NM/CT 670 CZTの使用経験―
山根 登茂彦, 松成 一朗
映像情報Medical   50(11) 66-70   2018年10月   [依頼有り]
拡散光イメージングと機能的PETを用いたベバシズマブによる乳がんの急性低酸素と転移誘導の解明
上田 重人, 佐伯 俊昭, 大崎 明彦, 山根 登茂彦, 久慈 一英
臨床薬理の進歩   (39) 38-46   2018年6月
生体機能イメージングによる癌微小環境の可視化と乳癌治療への新たな展望
上田 重人, 山根 登茂彦, 久慈 一英, 浅野 彩, 大崎 昭彦, 佐伯 俊昭
乳癌の臨床   33(1) 83-91   2018年2月
【乳癌研究:最近のトピックス】 低酸素イメージングの臨床応用
上田 重人, 山根 登茂彦
細胞   48(7) 327-330   2016年7月
【PET薬剤と合成装置の進歩】 腫瘍イメージング剤 低酸素領域イメージング剤 FMISO
山根 登茂彦, 千田 道雄
PET Journal   (19) 29-31   2012年9月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Yamane T (担当:共著)
Springer-Verlag Berlin Heidelberg   2011年5月   ISBN:3642157416

講演・口頭発表等

 
異なる日に行われた2回の骨SPECT/CTにおける定量値の再現性
山根 登茂彦, 城武 卓, 岡部 尚志, 西本 紘嗣郎, 金子 剛, 小山 政史, 瀬戸 陽, 福島 賢慈, 久慈 一英
第59回日本核医学会学術総会   2019年11月2日   
Test-retest reliability of quantitative bone SPECT/CT performed on different days
Yamane T, Kondo H, Shirotake S, Okabe T, Nishimoto K, Kaneko G, Oyama M, Seto A, Fukushima K, Kuji I
32th Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine   2019年10月11日   
FES-PETの現状と乳癌への臨床応用. [招待有り]
山根 登茂彦
Advanced Breast Cancer Meeting 2019   2019年7月29日   ファイザー株式会社
[F-18]FES-PETの将来展望 [招待有り]
山根 登茂彦
第3回島津マンモPETユーザー円卓会議   2019年7月13日   島津製作所
骨シンチグラフィ: 最近の臨床的立場と技術的進歩 [招待有り]
山根 登茂彦
第91回日本核医学会関東甲信越地方会   2019年6月29日   
Tumor hypoxia evaluated by [F-18]FMISO PET/CT as a preoperative prognostic factor in patients with pancreatic cancer
Yamane T, Fukushima K, Seto A, Kuji I
SNMMI 2019 Annual Meeting   2019年6月25日   
全身用CZT半導体ガンマカメラを用いた骨シンチグラフィの超短時間撮像
山根 登茂彦, 近藤 敦之, 宮崎 雄貴, 高橋 将史, 江原 敏彦, 古閑 健次, 久慈 一英, 松成 一朗
第58回日本核医学会学術総会   2018年11月15日   
乳癌PETの現状と将来の可能性: 乳癌のその他PET(エストロゲン受容体その他) [招待有り]
山根 登茂彦
第58回日本核医学会学術総会   2018年11月14日   
膵癌切除例における予後因子としての18F-FMISO PET/CTの意義
合川 公康, 山根 登茂彦, 上野 陽介, 高瀬 健一郎, 岡田 克也, 佐藤 弘, 渡邉 幸博, 櫻本 信一, 山口 茂樹, 小山 勇, 久慈 一英, 安田 政実
第48回日本膵臓学会大会   2018年7月   
Ultrafast bone scan by the use of CZT whole body gamma camera
Yamane T, Kondo A, Miyazaki Y, Takahashi M, Ehara T, Koga K, Kuji I, Matsunari I.
SNMMI 2018 Annual Meeting   2018年6月24日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
拡散光イメージングを用いた薬物療法における乳がん微小環境の変化の多面的測定
日本学術振興会: 科学研究費補助金・基盤研究 (B)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 佐伯 俊昭
非侵襲的なエストロゲン受容体および低酸素PETによる乳癌治療戦略構築のための研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金・基盤研究 (C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 久慈 一英
低酸素PETによる膵癌の治療ストラテジー構築
日本学術振興会: 科学研究費補助金・基盤研究 (C)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 山根 登茂彦
ホルモン受容体PETによる乳癌の新規治療ストラテジー開発
島津化学技術振興財団: 研究開発助成
研究期間: 2016年2月       代表者: 山根 登茂彦
Positron emission tomography for the early monitoring after molecular targeted therapy
アレクサンダー・フォン・フンボルト財団: Humboldt Fellowship for Experienced Researchers
研究期間: 2012年8月 - 2014年1月    代表者: Tomohiko Yamane
子宮筋腫・肉腫鑑別のためのPETによる細胞増殖イメージング
日本学術振興会: 科学研究費補助金・若手研究 (B)
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 山根 登茂彦