Profile Information

Degree
Doctor philosophiae (Dr. phil.)(University of Augsburg, Federal Republic of Germany)
M. A.(Kyoto University)
B. A.(Kyoto University)

J-GLOBAL ID
201401069672639385

External link

研究テーマ:ショーペンハウアー哲学研究、共生と共同性のフィロソフィー 近代ドイツ哲学から出発し、西洋と東洋、および伝統思想と近代思想の交叉点に位置するショーペンハウアー哲学の研究が、現在の研究の出発点となった。ヨーロッパ(的)近代は、一方では民主主義や科学技術を産みだして人々の生活を豊かにした半面、自己利益ばかりを追求する人々を量産してきた。その結果、自然環境の破壊や、社会的な格差の増大や、コミュニティー、学校、家庭などの人間環境の崩壊が進行した。すべての営みが私的な利益追求に解消されつつあるかのように見える現代に、忘れられつつある共同性と公共性の思想を見いだすことが必要である。

Research Interests

  3

Papers

  15

Books and Other Publications

  4

Presentations

  1