鎌田 康男

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/07 18:10
 
アバター
研究者氏名
鎌田 康男
 
カマタ ヤスオ
URL
http://kamata.de/
所属
関西学院大学
職名
名誉教授
学位
哲学博士(アウグスブルク大学(ドイツ)), 文学修士(京都大学), 文学士(京都大学)

プロフィール

研究テーマ:ショーペンハウアー哲学研究、共生と共同性のフィロソフィー 近代ドイツ哲学から出発し、西洋と東洋、および伝統思想と近代思想の交叉点に位置するショーペンハウアー哲学の研究が、現在の研究の出発点となった。ヨーロッパ(的)近代は、一方では民主主義や科学技術を産みだして人々の生活を豊かにした半面、自己利益ばかりを追求する人々を量産してきた。その結果、自然環境の破壊や、社会的な格差の増大や、コミュニティー、学校、家庭などの人間環境の崩壊が進行した。すべての営みが私的な利益追求に解消されつつあるかのように見える現代に、忘れられつつある共同性と公共性の思想を見いだすことが必要である。

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1969年3月
慶應義塾大学 経済学部 経済学科
 
 
 - 
1973年3月
京都大学 文学部 哲学科西洋哲学史近代
 
 
 - 
1975年3月
京都大学 文学研究科 哲学専攻
 
 
 - 
1985年10月
アウグスブルク大学(ドイツ) 哲学部博士候補生 哲学
 

委員歴

 
2019年4月
 - 
現在
日本ショーペンハウアー協会  会長
 
2009年
 - 
現在
国際ショーペンハウアー協会(ドイツ、フランクフルト)  学術委員
 
2005年11月
 - 
現在
国際フィリップ・マインレンダー協会(ドイツ、オッフェンバッハ)  設立発起会員(2005)、学術委員(2005)
 
2005年9月
 - 
現在
アルトゥーア・ショーペンハウアーおよびショーペンハウアー学派学際研究センター(イタリア、サレント大学)  学術委員
 
1998年4月
 - 
2019年3月
日本ショーペンハウアー協会  設立発起会員(1988)、幹事(1988~1998)、理事(1998~2019)
 

受賞

 
1986年7月
Gesellschaft der Freunde der Universität Augsburg e.V. (GdF) Universitätspreis der Gesellschaft der Freunde der Universität Augsburg Wille und Vorstellung - zum Grundgedanken der Schopenhauerschen Philosophie (Dissertation, 1985)
受賞者: Dr. Yasuo Kamata
 

論文

 
ショーペンハウアー哲学の誕生とその時代
鎌田 康男
実存思想論集   (XXXIII) 5-31   2018年7月   [招待有り]
鎌田 康男
Voluntas - Revista International de Filosofia   9(1) 39-52   2018年7月   [査読有り][招待有り]
Kants Unterscheidung zwischen Philosophie und Philosophieren bezieht sich auf die zwei traditionellen Fragen, nämlich die Frage nach den Relationen der Seienden und die nach dem Seienden als solchem, wobei Letztere nun transzendentalphilosophisch ...
意志と表象としての世界の超越論的観念性と死の問い
鎌田 康男、邦訳:林 由貴子
ショーペンハウアー研究   (22) 106-121   2017年11月   [招待有り]
Die transzendentale Idealität der Welt als Vorstellung und die Frage nach dem Tod(邦訳あり)
鎌田 康男
Schopenhauer-Jahrbuch   (97) 83-92   2016年12月   [招待有り]
若きショーペンハウアーとシェリング。よりよき意識と知的直観をめぐって
鎌田 康男
シェリング年報   (24) 88-98   2016年7月   [招待有り]
Die Kant-Rezeption des jungen Schopenhauer in Ueber die vierfache Wurzel des Satzes vom zureichenden Grunde (deutsch)
鎌田 康男
Beiträge zur Philosophie Schopenhauers Bd. 16, Dieter Birnbacher (Hrsg.): Schopenhauers Wissenschaftstheorie: Der "Satz vom Grund", Würzburg: Königshausen & Neumann, 2015   45-58   2015年2月   [招待有り]
公共性概念の再構築
鎌田 康男
総合政策研究   44 27-38   2013年7月   [招待有り]
Kunst - zwischen Mitleidsgemeinschaft und Diskursgesellschaft (deutsch)
鎌田 康男
Schopenhauer-Jahrbuch (Band 2012)   (93) 285-294   2013年6月   [招待有り]
意志が物自体である、とはどういうことか? ― ショーペンハウアー哲学形成期におけるカント『純粋理性批判』原則論の受容から見る「意志のアナロジー」
鎌田 康男
ショーペンハウアー研究   (第16)    2011年12月   [査読有り]
構想力としての世界 ― カント『純粋理性批判』演繹論の受容から見る初期ショーペンハウアー哲学の再構築 ―
鎌田 康男
『理想』   (第687 特集 ショーペンハウアー哲学の最前線) 2-22   2011年9月   [招待有り]
Parsifal - Mitleid in der neuzeitlichen Gesellschaft (deutsch)
鎌田 康男
Beiträge zur Philosophie Schopenhauers, Matthias Koßler (Hrsg.): Schopenhauers Philosophie der Musik, Würzburg: Königshausen & Neumann, 2011, Bd. 10   185-201   2011年   [招待有り]
Schopenhauer-Verständnisse in den Hegelschulen um 1848 (deutsch)
鎌田 康男
Beiträge zur Philosophie Schopenhauers Bd. 7, Fabio Ciraci, Domenico M. Fazio, Matthias Koßler (Fesg.): Schopenhauer und die Schopenhauer-Schule, Würzburg: Königshausen & Neumann, 2009   179-188   2009年4月   [招待有り]
Pessimistic Society versus Pessimistic Religion, Schopenhauer and Buddhism (English)
鎌田 康男
Arati Barua (Hrsg.): Schopehauer & Indian Philosophy. A Dialogue between India and Germany, New Delhi: Northern Book Centre, 2008, pp.216-224      2008年4月   [招待有り]
Yasuo Kamata
Universität Augsburg      1985年10月   [査読有り]

Misc

 
鎌田 康男
関西学院大学図書館報『時計台』   (87) 14-23   2017年4月   [依頼有り]
鎌田 康男
関西学院大学図書館報『時計台』   84 14-19   2014年4月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Daniel Schubbe, Matthias Koßler (Hrsg.)
Verlag J. B. Metzler, Stuttgart   2018年3月   ISBN:978-3-476-04558-4
『ショーペンハウアー哲学の再構築』
鎌田康男・齋藤智志・高橋陽一郎・臼木悦生 (担当:共著, 範囲:第1部(共訳)、第2部1(単著), 第1部 ショーペンハウアー『充足根拠律の四方向に分岐した根について』第一版 第2部1 ミレニアムのショーペンハウアー, 1-154, 157-184)
法政大学出版局・ウニベルシタス937   2010年5月   
『総合政策のニューフロンティア。公共性への多面的アプローチ』
鎌田 康男
関西学院大学総合政策学部(亀田啓悟編)   2010年3月   
Der junge Schopenhauer. Genese des Grundgedankens der Welt als Wille und Vorstellung, 333S.
KAMATA Yasuo
Freiburg/München: Verlag Karl Alber, 1988   1988年11月   ISBN:978-3495476291
Das Buch zeigt, wie Schopenhauers Welt als Wille und Vorstellung auf dem Nährboden der nachkantischen Philosophie, vor allem des Deutschen Idealismus, entstanden ist, und gewinnt daraus einen Grundrahmen für die systematische Gesamtinterpre...

担当経験のある科目