IZAWA Tomomi

J-GLOBAL         Last updated: Jun 14, 2018 at 14:46
 
Avatar
Name
IZAWA Tomomi
Degree
Master of Arts in International Relations(Ritsumeikan University), Doctor of Philosophy(Ritsumeikan University)

Research Areas

 

Academic & Professional Experience

 
 
   
 
Assistant Professor, Ritsumeikan University College of International Relations, Department of International Relations
 

Education

 
 
 - 
Mar 2006
Institute for Human Sciences, College of Letters, Ritsumeikan University
 
 
 - 
Mar 2008
International Relations Major, Graduate School of International Relations, Ritsumeikan University
 
 
 - 
Sep 2013
International Relations Major, Graduate School of International Relations, Ritsumeikan University
 

Published Papers

 
世界遺産と観光−インドネシア・バリ州の事例から−
井澤友美
立命館大学人文科学研究所紀要   110 139-160   Mar 2016
ポスト・スハルト期におけるインドネシア・バリ州の観光開発とその影響
井澤 友美
観光学評論   2(2) 143-154   Sep 2014
ポスト・スハルト期インドネシアにおけるバリの観光開発:民主化・分権化のインパクト
井澤友美
立命館大学国際関係研究科国際関係学専攻博士論文   144   Oct 2013
インドネシア・バリ州におけるサステイナブル・ツーリズムの実践−トリ・ヒタ・カラナをめぐる政策と政治−」
井澤 友美
立命館大学人文科学研究所紀要   (98) 49-78   Mar 2012
バリ観光開発の史的考察−観光地の形成・発展・課題−
井澤 友美
南方文化   第37 輯 23-43   Dec 2010

Books etc

 
「国連人間開発とコミュニティ」『コミュニティ事典』
春風社   Jun 2017   ISBN:978-4-86110-538-8
『バリと観光開発-民主化・地方分権化のインパクト』
ナカニシヤ出版   Jun 2017   ISBN:978-4-7795-1176-9
「復活する地方アイデンティティ:統合と分離−インドネシア・バリ州におけるポピュリズムの考察」『ポピュリズムのグローバル化を問う−揺らぐ民主主義のゆくえ』
法律文化社   Mar 2017   

Conference Activities & Talks

 
地方自治とポピュリズム:インドネシア・バリ州の事例から
立命館大学人文科学研究所「社会統合の比較分析」研究会   24 Jun 2016   
インドネシア・バリ州における世界遺産登録
グローバル化とアジアの観光研究会   17 Oct 2015   
ポスト・スハルト期インドネシア・バリにおける観光開発―民主化・分権化のインパクト―
観光学術学会 第1回研究集会 立命館大学人文科学研究所 国際ツーリズム公開シンポジウム   Feb 2014   
コミュニティ・ツーリズムへの期待とその実態―インドネシア・バリ州の事例―
グローバル化とアジアの観光研究会   Jul 2011   
インドネシア・バリ州におけるエコツーリズム
グローバル化とアジアの観光研究会   Jun 2009   

Teaching Experience

 

Association Memberships