義村 さや香

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/07 23:41
 
アバター
研究者氏名
義村 さや香
所属
京都大学
部署
医学研究科
職名
特定助教
学位
医学博士(京都大学)

経歴

 
2014年10月
 - 
現在
京都大学大学院 発達障害支援医学講座 特定助教
 
2012年4月
 - 
2014年9月
京都家庭裁判所 医務室技官
 
2004年4月
 - 
2006年4月
公立豊岡病院 精神科 医師
 
2003年5月
 - 
2004年3月
京都大学医学部附属病院 精神科 研修医
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2012年3月
京都大学 大学院医学研究科 精神医学教室
 
1997年4月
 - 
2003年3月
京都大学 医学部 医学科
 

論文

 
Zhao S, Uono S, Yoshimura S, Toichi M
Autism research : official journal of the International Society for Autism Research   11(11) 1522-1531   2018年11月   [査読有り]
Sato Wataru, Sawada Reiko, Uono Shota, Yoshimura Sayaka, Kochiyama Takanori, Kubota Yasutaka, Sakihama Morimitsu, Toichi Motomi
SCIENTIFIC REPORTS   7    2017年10月   [査読有り]
Zhao Shuo, Uono Shota, Li Chunlin, Yoshimura Sayaka, Toichi Motomi
FRONTIERS IN HUMAN NEUROSCIENCE   12 199   2018年5月   [査読有り]
Yoshimura S, Sato W, Kochiyama T, Uono S, Sawada R, Kubota Y, Toichi M
Human brain mapping   38(12) 6206-6217   2017年9月   [査読有り]
Uono S, Sato W, Kochiyama T, Kubota Y, Sawada R, Yoshimura S, Toichi M
Brain topography   30(6) 774-784   2017年7月   [査読有り]
Zhao S, Uono S, Yoshimura S, Kubota Y, Toichi M
Journal of autism and developmental disorders   47(7) 1978-1986   2017年7月   [査読有り]
Zhao S, Li C, Uono S, Yoshimura S, Toichi M
Scientific reports   7(1) 2962   2017年6月   [査読有り]
Otsuka S, Uono S, Yoshimura S, Zhao S, Toichi M
Journal of autism and developmental disorders   47(4) 1166-1182   2017年4月   [査読有り]
Sato W, Kochiyama T, Uono S, Yoshimura S, Kubota Y, Sawada R, Sakihama M, Toichi M
Frontiers in human neuroscience   11 395   2017年8月   [査読有り]
Sato W, Uono S, Kochiyama T, Yoshimura S, Sawada R, Kubota Y, Sakihama M, Toichi M
Frontiers in human neuroscience   11 361   2017年7月   [査読有り]
Sato W, Kochiyama T, Uono S, Yoshimura S, Toichi M
Frontiers in human neuroscience   11 339   2017年6月   [査読有り]
Uono S, Sato W, Kochiyama T, Kubota Y, Sawada R, Yoshimura S, Toichi M
Human brain mapping   38(4) 2067-2079   2016年12月   [査読有り]
Uono S, Sato W, Kochiyama T, Sawada R, Kubota Y, Yoshimura S, Toichi M
Social cognitive and affective neuroscience   12(3) 487-495   2016年9月   [査読有り]
Yan T, Zhao S, Uono S, Bi X, Tian A, Yoshimura S, Toichi M
Attention, perception & psychophysics   78(8) 2373-2382   2016年11月   [査読有り]
Sato W, Kochiyama T, Kubota Y, Uono S, Sawada R, Yoshimura S, Toichi M
Neuropsychologia   85 237-244   2016年5月   [査読有り]
Sawada R, Sato W, Uono S, Kochiyama T, Kubota Y, Yoshimura S, Toichi M
PloS one   11(4) e0153400   2016年4月   [査読有り]
Sato W, Kochiyama T, Uono S, Sawada R, Kubota Y, Yoshimura S, Toichi M
Frontiers in human neuroscience   10 151   2016年4月   [査読有り]
Kubota Y, Sato W, Kochiyama T, Uono S, Yoshimura S, Sawada R, Sakihama M, Toichi M
Psychiatry research   249 97-104   2016年3月   [査読有り]
Zhao S, Uono S, Yoshimura S, Toichi M
Molecular autism   6(1) 67   2015年12月   [査読有り]
Zhao S, Uono S, Yoshimura S, Toichi M, Molecular autism, 2015, vol. 6, pp. 67
Sato W, Kochiyama T, Uono S, Kubota Y, Sawada R, Yoshimura S, Toichi M
Scientific reports   5 16891   2015年11月   [査読有り]
Sato W, Kochiyama T, Uono S, Kubota Y, Sawada R, Yoshimura S, Toichi M, Scientific reports, 2015, vol. 5, pp. 16891

Misc

 
義村さや香, 十一元三, 十一元三
月刊精神科   32(6) 508‐512   2018年6月
田中 真理, 義村 さや香, 田中 さえ子, 岡野 憲一郎, 松下 姫歌
京都大学大学院教育学研究科附属臨床教育実践研究センター紀要 = The Annual Bulletin of Praxis and Research Center for Clinical Psychology and Education   21 3-33   2018年3月
2016.8.21 於 : 京都大学百周年時計台記念館シンポジスト : 田中真理(九州大学教授/臨床心理士)「震災が特別支援教育に問うたもの」, 義村さや香(京都大学大学院医学研究科発達障害支援医学講座特定助教/精神科医)「発達障害をめぐる現状」, 田中さえ子(元公立小学校養護教諭)「特別な配慮を要する子どもへのチーム支援の実際 --「つながる」支援づくりを通して--」, 挨拶 : 岡野憲一郎(京都大学大学院教育学研究科附属臨床教育実践研究センター長), 司会 :松下姫歌(京都大学教育学研...
志澤 美保, 義村 さや香, 趙 朔, 十一 元三, 星野 明子, 桂 敏樹
日本公衆衛生雑誌   65(8) 411-420   2018年
<p>目的 本研究は,地域在住の幼児の養育者を対象に,子供の食行動の問題への子供側の要因および環境要因の食行動への影響を検討することを目的とした。</p><p>方法 対象は,A県2市において研究協力の同意が得られた保育所,幼稚園,療育機関に通う4~6歳の子供1,678人の養育者であった。協力機関を通じて養育者に無記名自記式質問紙を配布し,回答は協力機関に設置した回収箱および郵送で回収した。調査項目は,①子供の基本属性,②養育者による食行動評価,③対人応答性尺度(...
義村 さや香, 十一 元三
児童青年精神医学とその近接領域 = Japanese journal of child and adolescent psychiatry   59(2) 177-186   2018年
志澤美保, 義村さや香, ZHAO Shuo, ZHAO Shuo, 十一元三, 星野明子, 桂敏樹
京都府立医科大学看護学科紀要   27 35‐44-44   2017年12月
 本研究は、4~6歳の幼児を持つ養育者を対象に、養育環境が子供の食行動に与える影響について検討することを目的とした。 対象は、A県2市において研究協力の同意が得られた保育所、幼稚園、療育機関に通う4~6歳の子供1,678人の養育者であった。協力機関を通じて養育者に無記名自記式質問紙を配布し、回答は協力機関に設置した回収箱および郵送で回収した。調査項目は、①子供の基本属性、②養育者による食行動評価、および③育児環境指標(Index of Child Care Environment;ICCE...