IMAI Nobuo

J-GLOBAL         Last updated: Nov 1, 2019 at 03:55
 
Avatar
Name
IMAI Nobuo
Affiliation
Tokyo University of Agriculture
Section
Faculty of Regional Environment Science Department of Forest Science
Job title
Associate Professor
Research funding number
00722638
ORCID ID
0000-0002-8435-7693

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2016
 - 
Today
Associate Professor, Faculty of Regional Environment Science Department of Forest Science, Tokyo University of Agriculture
 

Education

 
Apr 1996
 - 
Mar 2000
Forestry, Faculty of Agriculture, Tokyo University of Agriculture
 
Apr 2001
 - 
Mar 2003
Graduate School, Division of Agriculture, Tokyo University of Agriculture
 
Apr 2003
 - 
Mar 2007
Graduate School, Division of Agriculture, Tokyo University of Agriculture
 

Published Papers

 
Impacts of selective logging on spatial structure of tree species composition in Bornean tropical rain forests
Imai N, Sugau JB, Pereira JT, Titin J, Kitayama K
Journal of Forest Research   xxx    Sep 2019   [Refereed]
ボルネオ熱帯低地において、択伐施業が樹種組成の空間構造に及ぼす影響を調べた。原生林と弱度伐採林では任意の2森林間の距離が近いほど、樹種組成は互いに似ていた。しかし強度伐採林では、パイオニア優占パッチや原生林種優占パッチがランダムに分布するため、こうした空間構造は消失していた。
Climatic controls of decomposition drive the global biogeography of forest-tree symbioses
Steidinger BS et al. (Imai N 99/222人目)
Nature   569 404-408   May 2019   [Refereed]
樹木根圏の共生微生物相は、樹木制限元素の利用可能性、炭素貯留機能、気候変動への耐性に大きな影響を及ぼす。根圏微生物(アーバスキュラー菌根、外生菌根、窒素固定細菌)の共生状態に関するグローバルマップを、110万以上の森林調査プロット、2万8000種以上の樹種のデータベースから作成した。外生菌根性樹種は高標高・高緯度に、アーバスキュラー菌根性樹種は無季節熱帯低地に、窒素固定性樹木は乾燥地で優占していた。気候(特に気候に制御された有機物分解速度)が、優占する共生微生物の分布パターンを決めているこ...
Abrupt increase in phosphorus and potassium fluxes during a masting event in a Bornean tropical forest
Aoyagi R, Imai N, Hidaka A, Samejima H, Kitayama K
Ecological Research   33 1193-1205   Nov 2018   [Refereed]
東南アジア熱帯雨林では、フタバガキ科などの数百種もの樹木が数年に一度、一斉に同調して開花する。熱帯土壌は貧栄養であるが、この一斉開花・結実時に森林生態系内のどこが栄養塩のソース・シンクになっているのかを調べた。リターフォール、材、大径根を一斉開花の始まり(2010年)から終わりまで連続サンプリングし、主要元素の動態をしらべた。
Biodiversity observation for land and ecosystem health (BOLEH): a robust method to evaluate the management impacts on the bundle of carbon and biodiversity ecosystem services in tropical production forests
Kitayama K, Fujiki S, Aoyagi R, Imai N, Sugau JB, Titin J, Nilus R, Lagan P, Sawada Y, Ong R, Kugan F, Mannan S
Sustainablity   10 4224   Nov 2018   [Refereed]
森林認証FSC(forest stewardship council)は、最近新たな持続的管理メカニズムである"生態系サービス認証"をスタートさせた。しかし、森林管理主体が本当に生態系サービスを維持しているのかどうかを測定・報告・検証(MRV)する手法は、未だ確立されていない。そこで、主要な生態系サービスである生物多様性と炭素貯留機能を同時/広域/安価に把握できる"BOLEH:biodiversity observation for land and ecosystem health"法を...
Effects of nitrogen and phosphorus fertilization on the ratio of activities of carbon-acquiring to nitrogen-acquiring enzymes in a primary lowland tropical rainforest in Borneo, Malaysia
Mori T, Imai N, Yokoyama D, Kitayama K
Soil Science and Plant Nutrition   64 554-557   Jul 2018   [Refereed]
熱帯土壌は、リンが欠乏する一方、窒素は比較的多い。土壌微生物は、まず窒素を効率的に獲得したうえで高窒素なリン酸分解酵素をより多く産生することで、効率的にリンを獲得しようとしていると考えられる。そこで、ボルネオの野外施肥サイトにおいて、土壌微生物の窒素獲得に関する分解酵素活性パターン(BG:NAG比およびBG:(NAG+LAP)比)を調べた。

Misc

 
菌根菌への炭素配分に関する研究
今井伸夫
アグリバイオ   1(7) 67-71   Sep 2017   [Invited]

Books etc

 
Co-benefits of Sustainable Forestry: Ecological Studies of a Certified Bornean Tropical Rain Forest
Imai N, Titin J, Kita S, Ong R, Kitayama K (Kitayama K ed.) (Part:Joint Work, 7章, Co-benefits of sustainable forest management for carbon sequestration. pp.129-148)
Springer   Jan 2013   ISBN:978-4-431-54141-7
近年、熱帯諸国では、これまでの無秩序な森林伐採に対する反省から持続的森林管理が導入され始めている。この主目的は木材の持続的利用であるが、炭素貯留に対するプラス効果も持つ可能性がある。無秩序伐採林・持続的管理林・原生林において、生態系内の炭素貯留量を定量した。生態系モデルCENTURYを用いて様々な伐採/気候変動シナリオを組み込んだ炭素動態シミュレーションも行い、持続可能な施業方法の提案を行った。
Co-benefits of Sustainable Forestry: Ecological Studies of a Certified Bornean Tropical Rain Forest
Imai N, Seino T, Aiba SI, Takyu M, Titin J, Kitayama K (Kitayama K. ed.) (Part:Joint Work, 3章, 題名:Management effects on tree species diversity and dipterocarp regeneration. pp.41-61)
Springer   Jan 2013   
熱帯林における持続的森林管理は、生物多様性保全や有用樹種の更新促進の効果も持つ可能性がある。無秩序伐採林・持続的管理林・原生林において、樹木の種多様性とフタバガキ科実生の動態を調べ、持続的管理の有効性を明らかにした。
Co-benefits of Sustainable Forestry: Ecological Studies of a Certified Bornean Tropical Rain Forest
Ong R, Langner A, Imai N, Kitayama K (Kitayama K. ed.) (Part:Joint Work, 1章, Management history of the model sites: the Deramakot and Tangkulap Forest Reserves. pp.1-21)
Springer   Jan 2013   ISBN:978-4-431-54141-7
マレーシア・サバ州のデラマコット管理区とタンクラップ管理区では、持続的管理と無秩序伐採がそれぞれ行われてきた。ここをモデルサイトとして、施業方法の違いが生態系に及ぼす影響について様々な研究が行われている。調査地の環境や管理履歴などを詳述した。