八杉 公基

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/16 02:57
 
アバター
研究者氏名
八杉 公基
 
ヤスギ マサキ
URL
https://sites.google.com/site/yasugimasaki/
所属
宇都宮大学
部署
工学部
職名
産学官連携研究員(JST, ACCEL)
学位
博士(理学)(京都大学)
ORCID ID
0000-0001-7876-405X

研究分野

 
 

論文

 
Koeda S, Sato K, Saito H, Nagano A.J, Yasugi M, Kudoh H, Tanaka Y.
Theoretical and Applied Genetics   132(1) 65-80   2019年   [査読有り]
Abe E, Yasugi M, Takeuchi H, Watanabe E, Kamei Y, Yamamoto H.
Optical Review   26(1) 221-229   2019年   [査読有り]
Yasugi Masakiand Tezuka Ayumiand Nagano Atsushi J.
Conservation Genetics Resources      2018年   [査読有り]
Fujii K, Kakinuma R, Ito S, Yasugi M, Yamamoto H.
Optics InfoBase Conference Papers   Part F125-JSAP 2018    2018年   [査読有り]
Yasugi M, Fujii K, Shimose K, Ito S, Kawai K, Nakajima M, Iwane T, Takeda Y, Yamamoto H.
Optics InfoBase Conference Papers   Part F125-OPJ 2018    2018年   [査読有り]

書籍等出版物

 
月刊OPTRONICS6月号
八杉 公基 (担当:分担執筆, 範囲:動物実験用の空中ディスプレイシステムの開発)
(株)オプトロニクス社   2019年6月   
動物学の百科事典
(公社)日本動物学会 編 (担当:分担執筆, 範囲:11章 左右性)
丸善出版   2018年9月   

講演・口頭発表等

 
Aerial Image as a Visual Stimulus for Animal Experiment and Evaluation of its Sharpness
OPTICS & PHOTONICS International 2019 Congress   2019年4月22日   
Forming Aerial Images at the Center of Triangular Container by Using Polarized Aerial Imaging by Retro-reflection (pAIRR)
IDW’18   2018年12月13日   
Multi-layered aerial images formed by AIRR and a light-field display
JSAP-OSA Joint Symposium 2018   2018年9月19日   
The application of 3D virtual fish to the study about fish cognition [招待有り]
IMID 2018   2018年8月   

Works

 
Masaki Yasugi, Eiji Watanabe   その他   2018年2月
Masaki Yasugi, Eiji Watanabe   その他   2018年2月

競争的資金等の研究課題

 
アフリカの二つの古代湖におけるシクリッド科魚類の摂食戦略の多様化と多種共存機構
科研費 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))
研究期間: 2018年10月 - 2022年3月    代表者: 丸山 敦
魚類の他者認知における「動き」の重要性
科研費 若手研究(B)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 八杉 公基
魚類個体の行動の左右非対称性が群れ行動に与える影響
科研費 若手研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 八杉 公基